僕の私の話題まとめ

いつも気になるあんな事やこんな事をまとめています。

*

猫と遊ぶ時間はどれくらい?

   

せっかく家族の一員になったネコと遊びたいですよね。
でも、あまり遊びすぎて疲れたらかわいそうだし・・・。
どれくらい遊べばいいだろう?
と疑問に思うこともしばしばありそうですね。
ここではネコとどれだけ遊べばいいのか?ご紹介しますね。

  こんな記事もよく読まれています

15_04_23_22_53_51_1
犬を吠えるのをやめさせるには・・・

家に新しい家族を受け入れることはなんだかドキドキしますね。

でも、訪問客に吠えるなどをやめさせたい。

そんな悩みもでてくるはず。

そんな悩みを解消するためにここでは犬の遠吠えに対するしつけ方について

ご紹介しますね。

15_03_17_19_43_24_1
猫の睡眠中の痙攣について

大事な家族である猫の睡眠中の痙攣は正常なのか、それとも病気なのか?猫の睡眠中の痙攣についてまとめました。

15_04_23_22_55_13_1
寂しいときの犬の吠え方とは?対策と解決法まとめ

犬の心を読めると気持ちがわかっていいですよね?

寂しいと感じているときはきちんと遊んであげたりとか対処も万全にできますし。

犬が寂しいときなどの鳴き方についてここではご紹介します。

15_04_02_19_43_48_1
猫の怪我と抗生物質

猫が怪我をしたとき、本当に心配ですよね?

一体どうすればいいのか?分からないときは病院に連れて行くしかありません。

猫が怪我をした場合の治療法をここではご紹介します。

15_03_01_16_49_51_1
犬のトイレを手作りしてみよう。トイレのしつけ方

犬を家族の一員に迎えるのって楽しみですね。
でも一番大変なのはトイレのこと。
トイレも手作りして、きちんとしつけたいですよね。
ここではトイレを手作りする上での注意点についてご紹介します。

15_04_23_23_02_40_1
猫も夢を見るの?

猫って夢を見てるのでしょうか?

そういう疑問ってありますよね?

見てるとしたら、どんな夢を見ているのか興味がありませんか?

ここでは、猫は夢を見るのか?見るとしたらどういった夢を見るのか?

ご紹介します。

15_04_23_23_00_00_1
猫の爪の除去について

猫が家のあちこちをひっかく。

猫にひっかかれて怪我をした

猫の爪の除去を考えたほうがいいのだろうかと悩むあなたに

ここでは猫の爪の除去についてご紹介します。

犬 トイレ 失敗
犬がトイレを失敗!どうすればいいの?

家族の一員の犬がトイレを失敗して、

床やカーペットがぐちゃぐちゃ・・・

では、どうしてトイレを失敗するのでしょう。

どうすれば失敗しなくなるのか調べてみました。

15_03_01_18_37_00_1
猫が噛む理由とその対処法

みなさんはどうして猫が噛むのか?その理由についてご存知ですか?
またその対処法についても知っておくとよいかもしれませんね。
ここでは猫がどうして噛むのか?また噛まなくなるようにするには?など対処法をまとめてみました。

猫と遊ぶ時間はどれくらい?

この記事はおよそ 15 分くらいで読めます。

猫はどのくらい遊べば満足するのか

猫と一緒に遊ぶのはいいけど、どれくらい遊べばいいのか困ったことがあります。
特に子猫の頃はなんにでも夢中になるので、
飼い主さんも疲れてしまう人が多いかもしれません。

忙しくて遊ぶ時間がとれそうにない人もいますよね!
私も忙しいときは、なかなか遊んであげられません。
では、猫と遊ぶ時間はどのくらいが丁度いいのでしょうか。

猫は短い時間で疲れる

猫って瞬発力がすごいし動きが素早いので、体力がすごくあると思いがちですが、
猫は、短時間動いたら疲れてしまう動物です。

肉食動物は本来瞬発力に優れてますが、すぐに疲れてしまいます。
そういえば、テレビで見たりするライオンや、
他の肉食動物も草食動物を追いかけて、途中でやめることが多いですね!

猫と一日に遊ぶ最適な時間

猫が急に素早くダッシュして、途中で座り込むことはありませんか?
上記であげたように猫の体力はそんなにないみたいです。
私は犬も飼っているのですが、犬の方が十分に体力があることがわかります。

では、どのくらいの時間猫と遊んであげればいいのかですが、
大体一日10分〜15分とされています。

うちの猫の場合も10分前後でおもちゃ遊びをやめます。
このくらいの時間なら毎日遊べる人も多いと思います!

猫の運動量を十分にするには

猫の遊びがなかなか終わらない!
そんな経験はありませんか?
15分以上遊び続けている場合は猫が疲れていません。

飼い主の遊ばせ方によっては猫は疲れないことがあります。
休ませながらダラダラと遊ぶと長時間遊び続けるられるのです。
猫もダラダラ遊ぶより、瞬発力が必要な遊びの方が大好きです!

・ドギーマン じゃれ猫 宙返り

遊ぶときにはじゃらし棒を使うと思うのですが、
この場合も猫の瞬発力を発揮させるように動かしてみましょう!

猫の目の前でおもちゃを動かすだけではなく、
たまには物陰に隠してみたり、動きをつけてみてください。
そうすることで猫に十分な運動をさせることができます。

あっちへ行ったりこっちへ行ったりしているうちに
猫も全身の筋肉を使うので遊び疲れてきます。

飼い主が遊ぶ時間をとれないときは

毎日遊ぶ時間が確保できないときってありますよね〜
でも猫はひとり遊びすることがあります。
床におもちゃを置いておくといつの間にか夢中に遊んでることもしばしば…
なので、必ず毎日飼い主が相手をしてあげなくても大丈夫です!

・スポーツペット キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2 スティックつき

私は手が離せないときは自動で遊んでくれるおもちゃを使ってます。
取り出したときは猫も怖がって様子を見ているだけでしたが、
今ではスイッチを入れてしばらくすると遊びだします!
どうしても手でじゃらし棒を持っていると疲れてしまうので
そういうときにも使えるのは嬉しいですね!

猫が疲れたかを判断する方法

ぱっと見、猫が疲れてるかはとてもわかりにくいですが、
呼吸数で疲れているか判断することができます。

判断するときにはお腹を見てみてください。
呼吸が早くなっていれば猫がいい運動をしています!
そのまま運動を続けたら猫も休みたくなってきます。

猫のオーバーワーク

犬が走ったあと息を鳴らしながら、
「ハッ、ハッ」と呼吸が乱れ熱い息をはくことがあります。

これはパンチング呼吸といわれ、
体内にある熱を外に放出するための動作です。
動物の体温調節には大切なことです。
私たちも汗をかくことで体温調節していますね!

しかし、猫は汗をかかない動物です。
このパンチング呼吸もめったにすることはありません。
体温調節については別記事を参照にしてみてください。

猫も遊びに夢中になるとこのような呼吸法になるので、
遊んでいる最中にパンチング呼吸をはじめたら
すぐに中止し、休ませてあげましょう!

引用元- ネコとともだち

今日の人気記事ランキング

猫と遊ぶ

 遊びには、猫のストレスを解消すると同時に、脳や体への刺激、適度な疲労による夜中の「運動会」予防など、様々な効果があります。刺激が少なくなりがちな、室内飼いの猫と効果的に遊ぶ方法について考えて見ましょう。

猫の遊びとは?

子猫の社会的遊び

子猫の単独遊び

猫と上手に遊ぶ方法

猫の心を知る

猫の習性

猫の言葉

猫の心を読む訓練

猫の幸福とストレス

猫マッサージ

猫の遊びとは?

猫にとって遊びとは、娯楽であり学習でもある。  遊びとは、生きていく上で必要ない行動を、不明確な目的ために行うことです。猫における遊びは、生後4〜16週齢の間に最もよく見られますが、成猫になってもなくなるわけではありません。
 遊びの目的には諸説あり、娯楽、体力の増進、狩猟行動の練習、神経系の発達、周囲の環境への慣れ、などが主なところです。
 遊び行動は猫以外の動物でもよく見られます。以下は、家畜として代表的な動物の遊び行動一覧です。
「家畜行動図説」(朝倉書店)

家畜動物の遊び行動

ウシ
 枯れ枝や雑草の茎などを鼻や頭を使って動かす。尾を上げ、体をくねらせながら飛び跳ねる。子ウシ同士が頭と頭で押し合う。追いかけっこをする。マウンティングをする。

ウマ
 落ちている小枝などを前足で軽く叩いたり口でくわえたりする。尾を上げて飛び跳ねる。子ウマ同士が後足で立ち上がってじゃれあう。

ブタ
 丸いものを鼻先で押して転がす。活発に跳ね回る。子ブタ同士で追いかけっこやマウンティングをする。

ヤギ
 枯れ枝などをくわえて運んだり、頭部や前足を用いて動かす。体をくねらせながら跳ね回ったり急旋回したりする。母ヤギの背中や樹木に登ることもある。子ヤギ同士で追いかけっこやマウンティングをする。

ヒツジ
 ぶら下がっているものを角などで動かす。尾を上げ、体をくねらせながら飛び跳ねる。箱や切り株などの上に上がる。子ヒツジ同士で押し合ったりマウンティングをする。

イヌ
 目の前にあるものを前足で動かす。活動的に跳ね回る。舐める。物をかむ。子イヌ同士で追いかけっこをしたりマウンティングをする。遊びに誘うプレイバウ(play bow)を見せることもある。

チンパンジー
 地面に腕や背中をこすり付ける。物を手で転がしたり振り回したりする。片足を軸にしてグルグルと旋回する。子ザル同士でかみ合ったり軽く叩いたりする。笑うようなプレイフェイス(play face)を見せ、追いかけあったりする。

 このように家畜動物の多くは、子獣時代において遊び行動に夢中になるようです。以下では子猫同士で行う「社会的遊び」と、独りで行う「単独遊び」について解説します。

子猫の社会的遊び

 生後4週齢の頃は、兄弟猫とじゃれあう社会的遊びがメインです。離乳の早い猫、オスだけからなる群れにおいては社会的遊びが促進されるといいます。また兄弟猫がいない「一人っ子」に関しては、母猫が遊び相手になってやることが多いようです。
 子猫同士が行う社会的遊びは、以下の7つに分類されます。なお前肢(ぜんし)とは前足、後肢(こうし)とは後足のことです。
「猫の行動学」(インターズー)

子猫の社会的遊び

ベリーアップ(belly up)
 仰向けになって前肢は引っかき行動を示し、後肢は歩行行動を示す。21〜23日齢の間で初めて登場する。6週齢では社会的遊びの13%を占め、12週齢では16%を占める。

スタンドアップ(stand up)
 仰向けになっている子猫の前で立ち上がって見せる。67%の確率でベリーアップと同時に見られる。

サイドステップ(side step)
 1頭の猫が横向きの姿勢を取り、もう1頭の猫に対して体をやや弓なりに反らせ、尾は上向きに曲げる。その姿勢のまま横歩きで歩み寄ったり、他の猫の周囲を回ったりする。32日齢から見られ、6週齢では社会的遊びの20%を占める。

バウンス(bounce)
 子猫が後肢を体の下に置き、尾をまっすぐ後方に伸ばして身を低くかがめる。後肢を使って体重を前後に移動させ、ほかの子猫に向かって飛びかかる。33〜35日齢から登場し、6週齢では社会的遊びの42%を占めるものの、12週齢までには5%まで激減する。

イレクト(erect)
 後肢の関節を伸ばして二足歩行し、直立姿勢をとる。35日齢から登場し、12週齢では社会的遊びの25%を占める。

チェイス(chase)
 複数の子猫が、互いに追いかけたり逃げたりする。38〜41日齢頃から登場する。

フェイスオフ(face off)
 2匹の子猫が互いににらみ合い、相手に向かって極端な前傾姿勢をとる。前肢を相手の顔面に向かって動かす。48日齢頃から登場する。

引用元-ネコの部屋

猫の遊び

餌探し

餌・水なども時には思考を凝らして与え、猫・飼い主共々気分転換をはかりましょう。特に室内飼で、退屈気味、運動不足気味の猫にお勧めします。

少し工夫するだけで、簡単に猫の好奇心をそそり満足度をアップすることができます。例えば、ドライフードを隠したり、ラップなどの芯に穴を開けてつめたり、紙袋や空き箱に入れたりするだけでも、猫は餌を取ろうとやる気を見せ運動量も増えます。

その他、ツナ缶を水で薄め、氷をつくるように凍らせ与えたり、(注:胃腸が敏感で消化不良などの症状があれば、すぐに中止!)と、いろいろ工夫してみましょう。

おもちゃ

ペットショップなどに、たくさんの猫用のおもちゃが並んでいますが、いくら高価なおもちゃも床の上にほったらかしでは猫は興味を示しません。飼い主とおもちゃで遊ぶことで、猫と飼い主との関係も強まります。おもちゃは猫によっても好みがあるので、いろいろ試すとよいでしょう。やはり、猫は獲物を連想させる物(ネズミ、鳥、とかげ、蛇など)をキャッチする遊びを好みます。それらの動きを真似るのは、飼い主の腕のみせどころでしょうか。人間の手や足など追わせたりすることは、それが獲物の対象になることがないよう最初から避けましょう。遊ぶ時間は、それぞれの猫の気質や健康状態などに合わせ、一日に一回15−20分を1−2回で十分です。猫と決まった一定の時間に遊んでやることが、時として問題行動解決の近道になることもよくあります。

例えば、

・ピンポンボールやネズミのおもちゃ、

・釣り用おもちゃ(棒の先に捕まえる物がついてるもの)、

・時間があまりとれない人は、電池で動くパニックマウスなどのおもちゃも試してみると良いかもしれません。

・太めのひもやロープ、

・水を利用した遊び(ピンポン玉を小さめの水槽に入れたり)や、

・野外から葉っぱなどのにおいを取り入れたりすると、猫は喜びます。

レーザーポイントなどを使用する場合は、キャッチできない物を追いかけることで、猫にフラストレーションがたまらないように、最後に必ず、実際に獲物になるおもちゃを与えるか隠した餌を探させたりすることで、猫に満足感を与えることが大事です。

おもちゃは、猫が誤って呑んでしまうことがないよう、必ず遊んだらかたずけましょう。紐などは呑みこむ事故が多く、特に注意が必要です。言うまでもありませんが、猫に有害な塗料や素材、有毒になる植物などを使ったおもちゃ、プラスチックの袋、先のとがったおもちゃなど、けがや事故の原因になる物は避けましょう。

引用元-猫の遊び

遊び

遊びは、猫の狩猟本能を満たし、飼い主との絆を深める

 獲物を捕まえる名ハンターである猫は、物にじゃれついて遊ぶことが大好きです。人と一緒に暮らし、食事も毎日きちんと与えられている現代の猫は、狩りをして獲物を捕まえる必要はありませんが、「狩りをしたい」という気持ちは今でも本能として持ち続けています。
 その狩りをしたいという衝動を満たすのが、遊びです。猫は遊びの天才で、家にあるものを何でもおもちゃにして遊びます。ひとり遊びもしますが、飼い主と一緒に遊ぶことを好みます。ただし、猫はマイペースなので、飼い主が呼んでも遊びたくないときには来ないし、遊んでほしいときには自分から近寄ってきます。
 猫と楽しく遊ぶには、猫の様子を観察し、タイミングよく遊ぶことが大切。甘えて近寄ってきたときには、やさしく撫でて猫が楽しがることをたくさんしてあげます。反対に「かまわないで!」というサインを出しているときは、しつこくせずにそっとしておきましょう。

成長に合わせた遊びをしよう

 猫の遊びは成長段階によって変化するので、その時期に合った遊び方を心がけてください。
 子猫は、周囲にある物をかじったり舐めたりすることで、環境や食べ物を認識していきますし、仲間とじゃれあう遊びを通して、相手との力関係や咬む力加減を身につけていきます。子猫時代は、猫としての社会性を身につけ、感性を育てる遊びを好みます。
 成長するに従って、単純な動きでは満足できなくなり、より高度な遊びに楽しみを見出すようになります。猫の遊びの基本は「狩り」。動くものをじっと見つめていたかと思ったら、お尻を小刻みに振ってはじけたように飛びかかったり、猫パンチしたり、おもちゃをくわえて駆け回ったりします。
 さらに年をとって老齢期になると、次第に遊ばなくなってきます。動きたがらなくなったら、運動量を減らして、スキンシップの機会を増やしてあげましょう。やさしく声をかけ、体を撫でられるだけで、十分に満足します。

運動不足解消のためにも、遊びの時間を充実させよう

 猫は、室内飼育でも自分の生活のリズムで1日に何度か、人やおもちゃに向かって猛ダッシュしたり、飛び回ったりします。犬と違って散歩にも行かない、完全室内飼育の猫は運動不足になりがちです。子猫のうちから飼い主と一緒に遊ぶ習慣をつくり、遊びによって十分に運動させてあげましょう。じゃらし棒などを使って、飼い主が1日に何度か遊び相手となり、愛猫が飽きるまで遊んであげることも大切です。

猫が大好きな遊びをいろいろ覚えよう

 猫は、選り好みが激しくて飽きっぽい性格をしています。おもちゃは何種類か用意して使い分けることが大切。いつも同じ遊ばせ方だと、猫は飽きてしまうので、猫の遊び心をくすぐる遊びのバリエーションを充実させましょう。また、猫は散らかしの名人でもあります。家具の下や部屋の隅などに隠れた行方不明のおもちゃも、時々回収しましょう。

<飛びつく・くわえる>

 子猫は動く物、動きそうな物、小さな物、転がる物を見ると、素早く反応して飛びつきます。ピンポン玉、アルミ箔や紙を丸めて作ったボールを与えたり、猫じゃらしを動かしたりすると、猫は夢中になって遊びます。ただし、ワンパターンの動きではすぐに飽きてしまいます。狩猟本能を満たすように、野生時代の猫の狩りの習性を理解し、獲物に似た動きをマスターして、その欲求を満たしてあげるのも飼い主の務めです。じゃらし棒などを生き物のように動かす工夫をして、猫を喜ばせてください。

<高いところに登る>

 すぐれたジャンプ力をもつ猫は、上下運動も大好きです。飛び上がったり飛び降りたりできるスペースを用意してください。市販の猫用タワーを用意したり、家具を階段のように並べたりします。タンスや棚の上は、猫が登ってもよいように、日頃から物を置かないように片づけておきましょう。

<箱や袋に入る>

 箱や袋の中に入ることが好きな猫は多く、気がつくと中に入っていることがあります。中に何が入っているのか、という好奇心をかき立てますし、袋のカサカサという音は、獲物の動きを連想させ、猫もわくわくしてくるのです。
 また、猫は隠れて落ち着ける場所が好きです。しかも、箱や袋のように、体をピタリと寄せてガードできることに安心感を覚えます。また、単独生活を好む猫は、時には箱の中でひとりっきりになりたいのかもしれません。箱の中で休んでいるときは、そっとしておいてあげましょう。

引用元-花王

twitterの反応

 - ペット・動物

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です