僕の私の話題まとめ

いつも気になるあんな事やこんな事をまとめています。

*

手の指の関節が痛くて曲がらない・・ときの原因とは

   

日常の中で手の指が痛くて曲がらない・・・なんて経験をしたことはありませんか?
その原因とはなにか?悩んだこともあると思います。
手の指の関節が痛くて曲がらないときの原因についてご紹介します。

  こんな記事もよく読まれています

15_04_13_18_52_19_1
【これは!?】胃もたれを解消するのは寝方にあった

胃もたれを解消する方法は寝方を変えるだけでよくなることがあります。

辛い胃もたれ、少しでも寝方を変えるだけでよくなるのならぜひ実行したいですね。

ということで、ここでは胃もたれ解消法として寝方をどういうふうにすればいいのか

ご紹介します。

15_04_23_22_58_05_1
全身の関節で痛みがある症状が考えられる病気

全身の関節痛が痛むという症状がでると「いったい何の病気だろう?」

と不安になってしまいますよね。

原因が分からないでは困りますよね。ということでここではこの症状で考えられる病気について

ご紹介します。

wpid-2015_08_10_08_01_3.jpg
健康診断の結果はどのくらいの期間でわかるもの?健康診断のあれこれ

普段なにげなく受けている健康診断の

結果が来るまでの期間や

本当の意味など調べてみました。

15_03_31_01_56_38_1
怒られるのが怖い・・・という病気とは。

人に怒られることが怖い・・・と常に感じるようになると

それが病気として出てくることがあります。

ここではその病気についてお話したいと思います。

15_03_01_18_16_21_1
ブリーチをしたときの頭皮のケアについて

ブリーチすると頭皮もいためるし・・・

けれど、おしゃれはしたいし・・・と悩むことがありますよね?

ここではブリーチしたときに頭皮に与える影響とそのケアについてお話しますね。

15_06_03_01_10_54_1
生理痛が辛い!!痛みをどう例える?

女性にとって生理痛って辛いですよね。ただその痛みも個人差があり、女性同士でも伝わらないことも。男性だったらなおさら分からない!こんな時は例えることで痛みをイメージしてもらいたい。今回はそんな生理痛の痛みの例え方をまとめてみました。

15_04_02_21_15_44_1
精神疾患の症状で攻撃的になることについてのまとめ

精神疾患の症状のひとつで攻撃的な性格になってしまう事があるようです。

精神疾患症状の攻撃的になることについてまとめました。

15_05_15_00_29_24_1
子どもの咳が夜に多いのは?

咳って出はじめるとなかなか長いですよね?そして特に夜に出る事が多いように感じますよね?子どもが苦しそうに咳き込んでいると心配になりますよね。今回はそんな咳についてまとめてみました!

15_07_02_00_42_57_1
特に夕方に頭痛が多いです。前頭部が痛む

頭痛ってけっこう突然なりますよね。頭が痛い箇所や頭が痛くなる時間帯、頭の痛くなる頻度によっては心配になることも。病院に行った方がいいかもしれないけど、しばらくすれば治るし・・・。今回はそんな頭痛。特に夕方と前頭部の痛みについてまとめてみました。

15_06_08_01_11_48_1
斜視を手術する!入院は必要?

何でも手術ときくと入院が思い浮かびますよね?いまですと日帰り入院なんて言葉もあり、入院しなくても手術を受ける事が出来るみたいです。では、目に関することでも日帰りは可能なのでしょうか?今回は斜視をテーマに手術と入院が必要なのかまとめてみました!

wpid-2015_08_10_08_01_5.jpg
健康診断を受ける費用は個人だといくら?

会社員だと会社の費用で受けれますが、

主婦やフリーランスの方は個人で受けます。

その時の費用などを調べたみました。

15_03_08_20_06_21_1
月経の前のPMS 豆乳を飲んだら症状は軽くなる?

月経前のPMS,女性としてはつらいところです。

でも、健康にいいとされている豆乳には女性ホルモンと同じ作用のあるイソフラボンが含まれています。

ということで、PMSは豆乳を飲めばよくなるのかどうか、ここではご紹介します。

15_03_01_18_19_54_1
仕事ができない病気または仕事で病気ができないときは

自分って仕事ができない人間なのか?そう思ったことありますか?

それは病気のせいかもしれません。

前半では仕事ができないというのはこの病気が原因では?ということをお話します。

後半では病気、怪我で仕事ができないときに受けられる補償についてご紹介します。

15_05_28_01_52_49_1
妊娠初期の生理痛のような痛みの原因とは?

妊娠おめでとうございます。とはいえ、妊娠初期の痛みはつらい!
生理痛のような腹痛が続く方もいらっしゃるようです。
今回はそんな妊娠初期の生理痛のような痛みの原因をまとめてみました。

15_03_13_22_35_36_1
小麦アレルギーの原因を探ろう。また治療法を知ろう!

あなたが日頃感じている体の不調が案外アレルギーからくるものだったりします。

小麦は特に卵、牛乳と同じで三大アレルギーの原因の一つになっています。

小麦アレルギーについて、ここで理解を深めてみましょう。

15_06_07_01_50_58_1
統合失調症での入院は一生続いてしまうものなのか?

統合失調症は病気ではなく、症候群と言われています。ひどい被害妄想により幻聴・幻覚を引き起こす場合が多く、
多くの場合の死因は自殺によるものといわれ、いまだ明確な治療法が確立されていません。
統合失調症は重度の場合、入院も必要となります。その場合は一生入院しなければならないのでしょうか?

15_03_20_20_09_31_1
つわり・・・夕方に出てくる頭痛に対処するには・・・

赤ちゃんが授かった喜び・・・けどその裏ではつらいつわりがありますよね。

その中でも夕方の頭痛がとてもつらいもの。

そのつらさ、ちょっとでも軽減したいというあなたに、

それらを軽減する方法をお話します。

15_03_17_19_45_03_1
毎日ビールを飲むことが健康に与える影響のまとめ

毎日飲むと太いやすいとか、病気になりやすいと悪いイメージを持たれがちなビールですが、実は毎日適量のビールを飲むことが健康に良い影響を与えるそう。毎日ビールを飲むことが健康に与えるいい影響をまとめました。

15_06_25_00_35_31_1
ひじを骨折してしまった!リハビリ方法は?

ひじを骨折してしまったらどのように治すのか、
どんな治療方法があるのか分からないですよね。
リハビリはどんなことをするのか。
もしそうなってしまったら?
今回はそんなひじを骨折してしまった場合のリハビリ方法をまとめます。

手の指の関節が痛くて曲がらない・・ときの原因とは

この記事はおよそ 6 分くらいで読めます。

手の指が痛い・曲がらない

手の指が痛くて曲げるのがつらかったり、関節が腫れるなどの指のトラブルは、更年期を過ぎてからの女性や、指を昔からよく使っていた人に起こる人が多いといわれています。

痛みがひどいと指を曲げることもできませんし、物をうまくつかめないという状態になり、日常生活にも支障が出てしまいます。
このような状態になるとリウマチなどを心配されると思いますが、力を入れてもいたくなければ、加齢による間接の変形の可能性があります。

可能性として考えられる病気

変形性関節症(へバーデン結節)
変形性関節症は関節軟骨がすり減って、関節の変形や痛みを生じる状態です。
関節を覆っている軟骨に老化現象が起こることが原因で、特に指先を酷使する人に起きやすいといわれています。

特徴としては指の先端の関節に変形性関節症が起こりやすく、関節の腫れと痛みが現れ、進行していくと物がつかめなくなってしまいます。
なお、この関節に生じたふしくれをへバーテン結節と呼んでいます。

関節リウマチ
関節リウマチでも手の指の関節に腫れや痛みが現れますが、変形性関節症と違って付け根に近い部分の指関節が腫れる傾向にあります。
関節リウマチは30代〜50代に発症が多いく、特に30代以上の女性に多い病気です。
原因ははっきりとは分かっていませんが、なんらかの自己免疫反応が原因と考えられています。

ばね指
ばね指は曲げた指が曲がったままになったり、伸ばした指が伸びたままになり、それを無理に伸ばしたり曲げたりするとばねの様に伸びたり曲がったりする状態です。
これは指の腱鞘炎で、機械的な刺激によっておこることがあります。

引用元-中高年の病気や症状

今日の人気記事ランキング

指を曲げると痛い

―ばねゆび―

指の関節は屈筋腱(くっきんけん)が指の骨を引っ張ることで曲がるようになっています。屈筋腱(くっきんけん)はいくつかの“腱鞘(けんしょう)”というトンネルの中を通っています。この“腱鞘(けんしょう)”で炎症が起こると“腱鞘炎(けんしょうえん)”となります。この“腱鞘炎(けんしょうえん)”により狭くなった腱鞘(けんしょう)に屈筋腱(くっきんけん)が引っかかる現象を“ばね現象(弾発(だんぱつ)現象)”といいます。引っかかった屈筋腱が通り抜けるときに、ばねのように指がはねることから名前がついています。

1 2
鏡視下手術では、通常の手術より小さな傷で、はやく水仕事ができます。

原因 日常生活での手や指の使いすぎがおもな原因です。
診断
方法 朝起きたときに指が曲がったままになっていて、のばすとパチンと音がして痛みをともない、ひどい場合には痛くて伸ばせないといった症状がみられます。慢性期には、引っかかったままになったり、伸ばすたび、曲げるたびにパチンと音がしたりします。
治療 はじめは、腱鞘(けんしょう)というトンネルに炎症を和らげる注射をしたり、塗り薬で炎症を抑えたりします。多くはこの方法でよくなります。
手術 なかなか症状がよくならない場合や、痛みが強い場合には、腱鞘(けんしょう)を切開して治療します。手術時間は10分程度です。手術の傷は2週間程度で治ります。 小さなカメラを使い腱鞘を切開する鏡視下腱鞘切開術も行うことができます。傷も小さくより早く水仕事に復帰できる利点があります。

引用元- 平山病院

.女性に多い手指のトラブル..

変形性関節症と腱鞘炎は女性に多い2大トラブル
痛風は男性に、自己免疫疾患は女性に多いなど、いくつかの病気には男性と女性とでかかりやすい病気、かかりにくい病気があります。整形外科で扱う病気では、女性がかかりやすい病気として骨粗鬆症などが知られていますが、意外と知られていないものに手指に起こるトラブルがあります。今回は、女性に多くみられる「手指の変形性関節症」と「腱鞘炎」についてお話しましょう。

更年期以降の女性に多い手指の変形性関節症

手指の先がこわばる、痛んで腫れる、変形してくる、など関節リウマチに似た症状が出る病気に、手指の変形性関節症があります。
膝の変形性関節症と同様に、手指の場合も加齢などで関節に繰り返し負担がかかって、関節軟骨がすり減って起こります。更年期以降の女性に多くみられるため、女性ホルモンの変動と関連して起こるのではないかといわれていますが、はっきりしたことはまだわかっていません。起こる部位によって「へバーデン結節」、「ブシャール結節」、「母指CM関節症」などがあります。

手指の変形性関節症が起こる部位

指先からいちばんめの関節に起こるものをヘバーデン結節といいます。手指の変形性関節症の中ではもっとも多く見られるもので、女性の発症頻度は、男性の10倍にも及びます。最初は手指のこわばりからはじまって痛み、腫れ、熱感などの症状がでてきます。進行すると指が伸びなくなったり、指が横に曲がった状態でかたまってしまったりします。
また、人によっては「粘液腫」といって変形した関節上や脇の部分にゼリー状の物質がたまり、水ぶくれのようなものができることもあります。粘液腫ができると、悪性の腫瘍ではと心配される方もいますが、良性のものなので心配はいりません。気になるときには、注射針を刺して中の液体を抜く治療を行いますが、とくに治療をしなくても自然になくなることが多いものです。

ブシャール結節

変形性関節症が指先から二番目の関節に起こる場合をブシャール結節といい、へバーデン結節に伴って起こることが多くあります。関節リウマチは、指先から2番目の関節に出ることが多いので、この部分に症状が出たときは、関節リウマチかどうかを見分けることがとても重要です。症状は、へバーデン結節と同じで、関節のこわばりや痛み、腫れ、変形などがでてきます。

母指CM関節症

親指の付け根に起こるものが母指CM関節症です。親指が痛むと、ものをつまむことができにくくなります。そのため、ドアノブノブをまわしたり、はさみをつかったり、瓶のふたをあけるといった日常の簡単な動作が困難になり、生活上いろいろと不便がでてきます。

治療

手指の変形性膝関節症の多くは、2〜3年で進行が止まり、痛みもとれてきます。しかし、残念ながら変形した関節はもとに戻すことはできません。
手指が変形してしまうと、女性はなんといっても見た目の問題が気になるでしょう。また、痛みも2〜3年でおさまるとはいえ、それまでの間、痛みとどう付き合うかが問題になります。そこで、治療では痛みを緩和させ、関節の変形の進行を食い止めることが中心になります。
痛みに対しては、消炎鎮痛剤の内服や湿布、軟膏などを使います。また、テーピングや小さな装具による固定も有効です。そのほか、温熱療法も痛みを軽減するのに効果があります。自宅でのケアとしては、手の血行を良くしたり、関節が曲がった状態で固まらないようにするために、入浴時は湯船の中で手指を動かすようにするとよいでしょう。
へバーデン結節やブシャール結節は、痛みがあまりにもひどいときは関節を固定する手術をすることもありますが、通常はあまり手術は行われません。
母指CM変形関節症では、装具を使った療法などで効果が得られない場合、関節を固定する手術やじん帯の手術をすることがあります。
(CM関節症の場合は関節がグラグラする不安定な状態になったり、亜脱臼の状態になりやすいので靭帯を移植して関節を安定化させたり、もうすでに関節の破壊が進んでいる場合は関節固定術を行います)

手の使い過ぎや、妊娠・出産、更年期に起こりやすい腱鞘炎

筋肉と骨をつなぐ腱の外側を包むトンネル状の腱鞘という部分に起こる炎症が腱鞘炎。正式には狭窄性腱鞘炎といいます。腱鞘に炎症が起こって内腔が狭くなると、腱鞘の中を通っている腱がスムーズに通過できなくなります。そのため、指を曲げたり伸ばしたりすると引っかかる感じがしたり、手首や指を動かすと痛みます。
多くは手の使いすぎが原因で起こりますが、妊娠中や出産後、更年期など女性ホルモンが大きく動くときにも多く見られます。代表的な腱鞘炎には、次の2つがあります。

ドゥ・ケルバン病

手首の親指側に起こる腱鞘炎です。おもな症状は手首の痛みと腫れです。親指を中に入れて手を握り、手首を小指側に曲げるとひどく痛むことで診断がつきます。

ばね指

指の屈筋腱という部分に起こる腱鞘炎です。もっとも多く起こるのは親指ですが、中指、薬指、人差指、小指でもみられます。指を曲げたり伸ばしたりするときに、腱がしばしばひっかかり、ばねではじかれるような動きをします。ひどくなると指が伸びなくなり、無理に伸ばそうとすると「カクン」とか「パキッ」という音がしたりします。

治療

手の使いすぎが原因で起こるので、手をできるだけ使わないようにして安静を保つことが大事です。治療では、添え木や装具を使って手首や指を安定させたり、炎症を止める薬を使います。また、ステロイド剤の注射を打つこともあります。ステロイド剤の注射は非常によく効きますが、頻繁に行うと腱を弱くすることがあるので、基本的には2〜3回程度しか行いません。
これらの治療をしてもなかなかよくならないときは、狭くなった腱鞘を一部切る手術をします。手術は、外来で行える簡単な手術で、所要時間は、局所麻酔も含めて20分程度ですみます。手術をすると、指がスムーズに動くようになります。

ひと言アドバイス

パソコンを1日中打ったり、重いものをもったり、長時間赤ちゃんを抱っこするなど、毎日の生活の中で手を酷使していることが多いものです。手を使い過ぎたときや手首や指にこわばりを感じたときには、もみほぐしたり、休憩を入れたりして、手をいたわってあげてくださいね。

引用元-+wellness

twitterの反応

 - 健康

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です