僕の私の話題まとめ

いつも気になるあんな事やこんな事をまとめています。

*

犬を吠えるのをやめさせるには・・・

      2015/04/27

家に新しい家族を受け入れることはなんだかドキドキしますね。
でも、訪問客に吠えるなどをやめさせたい。
そんな悩みもでてくるはず。
そんな悩みを解消するためにここでは犬の遠吠えに対するしつけ方について
ご紹介しますね。

  こんな記事もよく読まれています

15_04_23_22_55_13_1
寂しいときの犬の吠え方とは?対策と解決法まとめ

犬の心を読めると気持ちがわかっていいですよね?

寂しいと感じているときはきちんと遊んであげたりとか対処も万全にできますし。

犬が寂しいときなどの鳴き方についてここではご紹介します。

15_04_02_19_41_05_1
子犬の散歩デビュー時期について

家の新しい家族として、犬を迎えるということは楽しみなことも多いですよね。

でも、よく考えてみれば、「お散歩デビューの時期っていつなんだろう?」

なんて考えることありませんか?

ここでは、散歩デビューの時期についてお話したいと思います。

15_03_01_18_37_00_1
猫が噛む理由とその対処法

みなさんはどうして猫が噛むのか?その理由についてご存知ですか?
またその対処法についても知っておくとよいかもしれませんね。
ここでは猫がどうして噛むのか?また噛まなくなるようにするには?など対処法をまとめてみました。

15_04_23_23_02_40_1
猫も夢を見るの?

猫って夢を見てるのでしょうか?

そういう疑問ってありますよね?

見てるとしたら、どんな夢を見ているのか興味がありませんか?

ここでは、猫は夢を見るのか?見るとしたらどういった夢を見るのか?

ご紹介します。

15_04_23_23_03_34_1
猫と遊ぶ時間はどれくらい?

せっかく家族の一員になったネコと遊びたいですよね。

でも、あまり遊びすぎて疲れたらかわいそうだし・・・。

どれくらい遊べばいいだろう?

と疑問に思うこともしばしばありそうですね。

ここではネコとどれだけ遊べばいいのか?ご紹介しますね。

15_04_02_19_43_48_1
猫の怪我と抗生物質

猫が怪我をしたとき、本当に心配ですよね?

一体どうすればいいのか?分からないときは病院に連れて行くしかありません。

猫が怪我をした場合の治療法をここではご紹介します。

15_03_17_19_43_24_1
猫の睡眠中の痙攣について

大事な家族である猫の睡眠中の痙攣は正常なのか、それとも病気なのか?猫の睡眠中の痙攣についてまとめました。

15_04_23_23_00_00_1
猫の爪の除去について

猫が家のあちこちをひっかく。

猫にひっかかれて怪我をした

猫の爪の除去を考えたほうがいいのだろうかと悩むあなたに

ここでは猫の爪の除去についてご紹介します。

犬 トイレ 失敗
犬がトイレを失敗!どうすればいいの?

家族の一員の犬がトイレを失敗して、

床やカーペットがぐちゃぐちゃ・・・

では、どうしてトイレを失敗するのでしょう。

どうすれば失敗しなくなるのか調べてみました。

犬を吠えるのをやめさせるには・・・

この記事はおよそ 5 分くらいで読めます。

犬の無駄吠えを止めさせる5つのしつけ方法

あなたは、愛犬の無駄吠えで困っていませんか?

ジュンはもう何年も前から、何匹かの犬を飼い続けています。

最初に飼っていた犬はやたらと吠える犬で、筆者も困らされました。

でも、2匹目の犬からは、無駄吠えはほとんどしなくなりました。

最初の犬のときの失敗や成功の経験から、

犬にも人間にも無理のない、無駄吠えの止め方が分かったからです。

実は、犬の無駄吠えを止めるのは難しいことではありません!

正しい知識があれば誰でもできるのです!!

無駄吠えを止めるコツ

犬の無駄吠えを止めさせるには5つの大きなコツがあります。

犬のしつけのスタート ⇒ 『ムダ吠えを直す』

犬にも人にもストレスをあたえない ⇒ 『治す方法』

犬が吠える理由を考える ⇒ 『犬の気持ちを知る』

根本的な解決方法を考える ⇒ 『原因を解消する』

犬も飼い主も、皆が快適に暮らすために ⇒ 『マナーを守る』

犬の無駄吠えは、だれでも簡単に止めることができます。

しかし、間違ったしつけをしていると、かえって余計悪化することがあります。

あなたは正しいしつけができていますか?

ここでは、ジュンの経験も踏まえながら、ワンちゃんの無駄吠えに関するしつけを

簡単に分かりやすく紹介していきます。

一緒に成長しよう

一番大事なことは、飼い主のあなたが、愛情を持って

犬の気持ちを考えながら教えていくことです。

難しく考える必要はありません。

最初は分からないことがあっても、少しずつ理解して覚えて行けば良いのです。

犬の性格や特徴を知れば、自然とどう接すれば良いのか分かるようになります。

「飼い主も犬と一緒に成長して行くんだ」ぐらいの気持ちで、

楽しくトレーニングをはじめましょう!

引用元- 犬の無駄吠えをやめさせる5つのしつけ方法

今日の人気記事ランキング

[無駄吠え] プロが教えるしつけアドバイス

まず二つのやり方、すなわち吠えることそのものをやめさせることと、原因を除去すること、の双方を実施しなければなりません。
私は庭に住んでいる犬の状況を変えただけで・・・家の中に入れてやったのですが・・・この問題が瞬時に消えた数えきれない例を知っています。

多くの人は、犬にお尻の始末を教えていないとか、物を噛むと困るから、などの理由で犬を家の中に入れたがりません。
もし、あなたもそうお考えでしたら、「吠える問題より、お尻の始末と物を噛むことを治す方が簡単だ」、と申し上げたいのです。

もし、あなたの外で飼っている犬がもう成犬になっていて、小さかった時お尻の始末が悪かった、というのであれば、
数日の間、家にいる時間を少なめにし、徐々に長くしたらどうでしょうか?
成犬になるこの種の問題はなくなってしまうことがおわかりになるでしょうし、それと同時 に吠声のことも解決してしまいます。

常時吠える犬

この原因は犬がたいへん幼い時期に根ざしており、犬を吠えるように習慣づけたのは飼い主自身である場合をしばしば見受けます。例えば、仔犬が自分の縄張りを守るため、最初に吠えた時、勇気づけてやったりすると、それが原因で犬を吠えさせるようになります。

仔犬が最初に吠えた時なすべき一番よい方法は、手元に呼び、落ち着いて原因を一緒に見に行くことです。こうすれば、仔犬はあなたの行動を通じて、どういう具 合に振舞うのか学ぶことになります。もちろん、何か本当に異常な事が起きれば犬はまた吠えますし、結果は信用するに足る番犬になります。

不幸にして、大部分の飼い主は、吠える犬を吠えるような声で叱ります。そして全ての犬は飼い主のことを「吠え親分だ」、と学びます。そしてあなたがいなくなると、「吠え親分」の役割を取って替わろうとして吠えるのです。

あなたのいる時、犬が吠え始めたなら、そのまま吠えつづけてもよい、という態度で手元に静かに呼びなさい。もし、原因に若干でも思い当たることがあれば静かに犬と一緒に見に行きなさい。
犬がまた吠えたら静めてやって下さい。そして、もとの場所に帰り、犬を近くに呼び一件終わりにするのです。

このやり方を六週間続けてください。すぐ、犬は一声吠えてあなたの顔色をうかがうようになります。そしてこれこそがよい番犬のとるべき行動なのです。

留守中に吠える犬

留守中に吠える犬の矯正はもっと複雑です。犬の果たすべき役割のうちの一つとして、縄張りを守るため吠えるのは自然なことです。しかし、日常茶飯事のことに対しても常時吠えるとしたら、縄張りを守ることに代わりうる何かの役割を与えなければなりますまい。

最初にしなければならないことは、犬があなたの要求に応えることです。もっとも有効な方法は、犬が何かをしてもらうためには、自分が何かしなければならないことを教え込むことです。
ですから、犬が撫でてもらうために近寄って来たら、それらをしてやる前にまず何か(例えば「お坐り」)をさせなければなりません。これを家中の人が実行する のです。このやり方は犬に、撫でてもらったり誉めてもらうには、何かを(ある役割)果たさなければならないことを教えます。

意味なく長い間撫でるのはやめなければなりません。さもないと、この矯正は成功しません。飼い主は犬を撫でたがるものですから、これは犠牲であるに間違いないことです。

でも吠える犬は威張った、甘やかされた犬に多いものなのです。そして長く撫でることは犬を大変甘やかしてしまいます。特に吠えたがる犬を!!この「お坐り」そして「短時間撫でる」方法を二日続けてたら留守中の無駄吠えの矯正を始めます。

引用元-犬の学校

犬の無駄吠えに対するしつけ

犬が無駄吠えをしてしまった際に、きちんと無駄吠えを辞めさせるための基本的な犬の無駄吠えのしつけをお教えします。基本的な事をしっかりとおさえないと、無駄吠えのしつけは取り返しがつかなくなるのでしっかりと基本から学びましょう。

基本となる犬の無駄吠えのしつけの方法

概念や情報を覚えて頂いた後は、実際に、ここから犬の無駄吠えに関するしつけの方法について、説明・解説ををしていきたいと思います。

犬の無駄吠えのしつけにおいても、他のしつけと同様に低いしっかりとした声で、だめと伝えてる事にあります。

この時、注意しなければいけないのは、もちろん体罰は厳禁です。
そして、犬の名前を呼ぶ行為もしない事、犬が無駄吠えをしていたとしても、それを一切無視する事になります。

させないのではなくしなくて良い環境作りをめざす

最初にも述べたように、犬の無駄吠えというのは実際には様々な理由が含まれています。

そのため、犬が無駄吠えをしたから吠える事を止めさせようとするのではなく、無駄吠えをしなければならない、してしまうような状況を出来るだけ避けて、無駄吠えをさせないという事を第一に考えなければならないのです。

こうしておくことで、そういった生活を心がけている事によって、たとえば怪我や体の不調を無駄吠えで訴えてきた場合には、普段無駄吠えをしないのにいきなりしているという事もあって、比較的発見がしやすくなるというメリットもあるのです。

100%無くすのではなく、本当の意味での無駄吠えをなくす

しかしながら、犬の無駄吠えというのは、100%しないようにしつけるという事は、まず不可能と考えておきましょう。
これは、人間に笑うな、泣くなと言っているようなものに当たります。

そのため、無駄吠えは出来るだけ抑えるようにしつけ、もし無駄吠えをしてしまったとしても、それをきちんとコントロールできるような犬の無駄吠えのしつけを目指していきましょう。

管理人の実家の愛犬が、インターフォンで無駄吠えをしなくなったしつけは、これです

引用元-犬のしつけ館

twitterの反応

 - ペット・動物

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です