僕の私の話題まとめ

いつも気になるあんな事やこんな事をまとめています。

*

枝豆の効能と栄養

      2015/04/16

ビールのおつまみにGOODな枝豆、いいですよね。
ビール片手に枝豆をつまむというのは至福のひと時でもありますね。
その枝豆、そういった栄養、効能があるのでしょうか?
それを知りたいというあなたにご紹介します。

  こんな記事もよく読まれています

wpid-2015_08_10_08_55_8.jpg
炭水化物って太りやすい?!炭水化物のカロリーは1gで何kcal??

炭水化物抜きダイエットがあるように、

炭水化物は太りやすいと思われてますよね。

カロリーなどから本当にそうなのか調べてみました。

15_03_08_20_07_01_1
にんにくを醤油で保存すると長持ちします

にんにくの保存に困ったことはありませんか?

にんにくというのは醤油に漬けて保存しておくと長持ちする上に、重宝します。

あなたもにんにく醤油作ってみませんか?

ここではにんにくについて、にんにく醤油の作り方、にんにく醤油を使ったレシピについてお話します。

15_03_08_20_06_39_1
MEC食とは?肉、卵、チーズなどを食べてもよい・・・食事法に迫る

MEC食とは?聞いたことありませんか?

糖質を制限して・・・蛋白源をよく噛んで食べる。

ダイエット効果もあるといわれますか、果たしてそうなのかどうか?

ここでは、MEC食について、チーズをはじめどの種類の食べ物を食べたらいいのかなど

ご紹介しますね。

15_03_08_20_09_46_1
節約料理で健康なろう!

このご時世、節約生活はつきもの。

一番のウェイトを占める食費で節約できるといいですよね?

ここではどうしたら食事面で節約できるのか、更に健康な生活を送れるのか。

ご紹介しますね・・・。

15_03_08_20_10_12_1
大豆のたんぱく質は筋肉を作るのに役に立つのかどうか

大豆のたんぱく質が植物性のたんぱく質だということはご存知でしたか?
肉や魚に含まれる動物性たんぱく質には筋肉をつくるこうかがあるといいますが、
果たして大豆のたんぱく質にはその効果があるのかどうか?
ここではたんぱく質についてと大豆に含まれる植物性たんぱく質について
ご紹介します。

赤ワイン 白ワイン 料理
赤ワインと白ワイン、どう料理で使い分けてる??

ワインを飲む時、どんな料理を合わせますか?

ここではワインをいろいろな角度から調べてみました。

15_03_13_22_33_12_1
飲みかけのワインの保存方法について

ワインで一息つく時間って貴重でとても楽しいものですね。

けれど一晩のうちにワインというのは飲みきらないといけないのでしょうか?

ワインが残っちゃった。どうしよう?という経験はありませんか?

ここではワインは飲みきらないといけないのか?ということと保存方法について

ご紹介します。

15_03_08_20_06_03_1
B2とB6の多い食べ物とその作用について

食べ物を摂るにあたって、栄養のバランスを考えることは大事ですよね?

そこで、ここではB2とB6にスポットを当て、それらがどんな栄養素なのか?

どの食べ物に含まれているのか?どんな働きをするのか?

ここでご紹介したいと思います。

15_03_13_22_26_10_1
オリーブ油とバターはどちらがいいの?またそのカロリーは?

バターもオリーブ油も油脂に変わりないけど、一体どちらが健康にいいの?

どちらがカロリー多いの?とかいろいろな疑問が浮かんできそうですね。

ここではバターとオリーブ油について、カロリーの話も交えながらご紹介します。

15_03_13_22_31_09_1
みかんにカビが生える理由と保存方法

みかんにカビが生えてしまって、食べられなかったという経験はありませんか?

箱のみかんを買ったけれど、長持ちするにはどうすればいいのだろう?

そう悩んだことはありませんか?

ここではみかんにカビが生える理由と保存方法についてご紹介します。

15_03_20_20_12_57_1
グリーンスムージーは危険なのでしょうか?

健康に疋ゥダイエットに良いとされているスムージーですが、本当は危険性もはらんでいるといいます。

健康のために飲んでいるはずなのに、体にとってよくないこともあるようなのです。

グリーンスムージー本当に危険性があるのでしょうか?

ここでは本当に危険性があるのか?についてご紹介します。

15_06_03_01_03_54_1
卵のアレルギー、原因は一体なに??

アレルギーとはアレルゲンによって引き起こされる症状ですが、その中でも食物アレルギーが多く、
さらに卵のアレルギーが日本ではかなり多いそうです。ちなみに、食物アレルギーの場合、頑張れば食べれるとか、
たくさん食べて慣れるという事はありませんので誤解しないでくださいね!
今回は卵アレルギーの原因をまとめてみました。

15_03_08_20_07_23_1
冷凍ほうれん草をお浸しにしよう

ほうれん草が多くて、どうしよう?となった経験はありませんか?
でもほうれん草は冷凍しておくと、のちのちお浸しに変身させたりできるんです!
この機会にほうれん草を冷凍保存してみませんか?
ちょっとしたときに一品としてお浸しを作ることができます。

15_03_08_20_11_47_1
豆腐と納豆は良質な蛋白源?

肉はあまり食べないほうがいいよね・・・

さかなはどうなんだろう?ほかに大豆製品は?

そんな疑問を持つあなたに。

ここでは大豆製品の代表格といえば豆腐と納豆について、たんぱく質の食品としては

どうなのか?ということをお話します。

15_03_13_22_36_53_1
豚ホルモンの部位を知ろう!

焼肉屋にいっていざホルモンを頼もうとして

「はて、コレってどこの部位?」なんて疑問に思うことありませんか?

店員さんにもなかなか聞けないというあなたに・・・

ここでは豚ホルモンについてご紹介しますね

15_06_24_00_12_39_1
糖質制限中の方へ!赤ワインと白ワインの糖質はどちらが高い?

糖質制限中だとお酒の糖質も気になりますよね?
お酒の中でもワインは糖質が低めのものがあるので、しっかりとチョイスして飲めば大丈夫なんだそうです!
赤ワインと白ワインでの糖質の比較や糖質制限中でも飲めるワインをご紹介します!

枝豆の効能と栄養

この記事はおよそ 14 分くらいで読めます。

えだまめの成分・効能

えだまめの
「注目の成分」
たんぱく質・糖質・脂質・ビタミンC・ビタミンB1・ビタミンB2・カルシウム・葉酸
肝機能強化・疲労回復・動脈硬化予防・夏バテ防止

「畑の肉」と呼ばれている大豆同様、良質なたんぱく質が豊富。
さらに、糖質、脂質・ビタミンB1・ビタミンB2・カルシウムが多く含まれ、栄養価が高です。
大豆にはないビタミンCをたっぷり含まれているのも特徴。
葉酸も多く、体の成長促進、貧血の予防などに効果も。

えだまめの保存法
すぐに味が落ちるので、かためにゆでて冷凍保存。

さやのつきがよく、うぶ毛がついているものが良い。

品種
「丹波黒大豆」
丹波黒大豆の若さや。さやの色が茶色っぽく、粒は丸々と大粒。10月頃から出回る。

「だだちゃ豆」
独特の風味とコクがあり、ブランド枝豆の先駆けとなった品種。山形県鶴岡市の特産品。

引用元- 野菜の成分、効能ガイド

今日の人気記事ランキング

夏野菜「枝豆」は美肌効果、ダイエット、二日酔いに効くスーパー万能野菜だった!

枝豆の美味しい季節になりました♪簡単に食べられて美味しいのに美容にも良くて、健康UPにも一役買う存在。旬のこの時期に美味しい枝豆を食べたいですね。

えだまめの

肝機能強化・疲労回復・動脈硬化予防・夏バテ防止

「畑の肉」と呼ばれている大豆同様、良質なたんぱく質が豊富。
さらに、糖質、脂質・ビタミンB1・ビタミンB2・カルシウムが多く含まれ、栄養価が高です。
大豆にはないビタミンCをたっぷり含まれているのも特徴。
葉酸も多く、体の成長促進、貧血の予防などに効果も。

主な栄養、ビタミン(100gあたり)

・カロリー 134kcal
・ビタミンC 15mg
・葉酸(ビタミンB群) 260μg
・カルシウム 76mg ・βカロテン(ビタミンA) 290μg
・ビタミンB1 0.24mg
・カリウム 490mg
・食物繊維 4.6g

*上記の数値は、ゆでた枝豆の栄養の含有量です。

美肌に良い秘密はコラーゲン生成とメチオニン

植物性のタンパク質の代表と言えば大豆ですが、枝豆は大豆の若いさやを収穫したもの。大豆と違いビタミンCも豊富です。
お肌のコラーゲンができる美の方程式
「タンパク質+ビタミンC=コラーゲン生成」
単品野菜で実現する優れものなのです。

そしてこのタンパク質の中にはメチオニンという成分が含まれ、アルコールを分解してくれる成分が入っています。飲みすぎによる翌朝のお肌のむくみも解消してくれますよ。

枝豆ダイエット

おやつを枝豆に変えるだけでやせられる!?枝豆は脂肪の吸収を抑え、食べ過ぎを防ぐ効果があり、ダイエット効果の高い食材です。

枝豆ダイエットとは、枝豆を食事に取り入れたり、おやつの代わりにしたりして、摂取カロリーを抑えながらしっかり栄養を摂取できるダイエット法です。

食事に取り入れる場合には、枝豆を食べてから他のものを食べるようにすると、食欲が抑えられ、食べすぎを防止できます。

冷たいビールとエダマメの取り合わせは、飽きがこないおいしさですが、健康面でも相性がよいのです。

エダマメに含まれるビタミンB1や、メチオニンという成分は、アルコールの分解を促し肝臓の負担を低下するのをサポートします。大豆に豊富に含まれる蛋白質などはアルコールの分解を助ける働きがあり、枝豆をつまみにするのは理にかなっているといわれる。

実は、枝豆には、二日酔いや悪酔い防止に役に立つ成分が豊富に含まれています。
枝豆には、アルコールの代謝を促進させるビタミンB1、それに、肝臓の働きを向上させるうえで 役に立つコリンが豊富ですから、悪酔いや、二日酔いの防止に効果的なわけです。

便秘解消

枝豆は便秘解消にはかなりの効果があるんです。

枝豆というのは大豆になる前の未成熟な状態ですから、
大豆の方が効果があるのではと思われる方もいるかもしれませんが、
便秘解消にはこの枝豆の方が最適です。

枝豆には便秘解消には必須の食物繊維がたっぷり含まれていることも当然ですが、
さらにビタミンB1、B2を含む多くのビタミンがたっぷり含まれています。
そしてこのビタミン類がとても重要になってきます。
大豆よりも、枝豆の方がビタミンが豊富に含まれているということが、
便秘解消のポイントです。
その中でも一番ポイントとなるのがビタミンCです。
美容のための成分として有名なのですが、実はこのビタミンCは便秘解消にももってこいです。
ビタミンCはとりすぎると下痢になってしまうということもありますが、
それならそれで便秘解消にはなります。

夏の疲労回復にも

枝豆は夏ばて解消にとっても効果の高いビタミンB1,またビタミンCやAも豊富に含まれている優秀食品なのです。

枝豆はタンパク質、ビタミンB1、ビタミンB2、カルシウム、食物繊維を多く含んでおり、ビタミンB1は糖質をエネルギーに変え、体内で疲労物質に変わるのを防ぎ、代謝を促す効果 があります。たいていのスタミナ回復ドリンクにはビタミンB1がいるのはそんなわけです。

引用元-NEVER まとめ

枝豆の栄養や効能は?大豆と比べてイソブラボンなど効果あるの?

                       

夏の定番メニューとして代表的とも言える枝豆。

居酒屋の定番メニューでもありますし、
夏場は特に食卓に上がる機会も多いのではないでしょうか?

実は、枝豆は非常に豊富な栄養素を持つ
優れた食材の一つなのです。

そこで、そんな枝豆の栄養や美味しい食べ方について紹介したいと思います。

枝豆は大豆?含まれる栄養素とその効能

まず、大豆は枝豆が熟成したものだと
いうことを知っていましたか?

時期の違いだけで、元は同じものなんです。

大豆で有名なのはタンパク質やイソフラボンですが、
枝豆はどうでしょうか?

枝豆に含まれる主な栄養素

・タンパク質(メチオニン)
・ビタミンB1
・カリウム
・鉄分
・食物繊維

もちろんこれだけではありませんが、比較的多く含有しており、
体に良い影響を与える代表的なものを挙げています。

ビタミンB1はスタミナ不足の解消に!

メチオニンは ビタミンB1やビタミンCと共に
アルコールの分解を促し、肝機能の働きを助けるので
二日酔いなどに効果があります。

おつまみとして登場するのは理にかなっているわけです。

カリウムは塩分を排出する働きがあります。

高血圧に効果的ですし、利尿作用があるので
体内の水分量を調節し、むくみにも効きます。

鉄分は、特に女性ならよくご存知かとは思いますが、
貧血の予防効果があります。

鉄分といえば有名な、ほうれん草よりも含有量が多いんですよ。

食物繊維は有名ですね。
便秘によく効きます。

大豆と枝豆の栄養はどっちがイソブラボンの効果があるの?

枝豆には、もちろん大豆と同じように
イソフラボンも含まれています。

大豆のほうがその点ではかなり有名ですが・・・
結局のところ、両者の栄養素に大きな違いはありません。

大豆はタンパク質や炭水化物の含有量が多く、
枝豆はビタミンなどのミネラルを多く含んでいます。

量の違いってことですね。

ですから、大豆の方がカロリーは高くなります。
「畑の肉」と言われる所以です。

低カロリーで低糖質な枝豆はダイエット中などに最適ですよ。

どちらも、それぞれ食べるメリットのある、
体に良い 食材であることには違いありません。

枝豆の栄養や効能は?大豆と比べてイソブラボンなど効果あるの?

枝豆の食べ過ぎは逆効果なので注意!!

栄養豊富で体に良い枝豆ですが、食べ過ぎは禁物です。

塩ゆでするのが一般的なので、食べ過ぎると
塩分過多になりますし、食物繊維は取りすぎると
お腹を壊してしまいます。

また、プリン体という痛風の原因となる物質も
含まれているので、過剰摂取は避けたい所です。

どんなものでも食べ過ぎてしまうと悪影響を及ぼします。

バランスのいい食事の中で適度に取り入れることで、
枝豆の良い部分をもらうようにしましょう。

引用元-なにそれ倶楽部

twitterの反応

 - 食品

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です