僕の私の話題まとめ

いつも気になるあんな事やこんな事をまとめています。

*

【これは!?】胃もたれを解消するのは寝方にあった

      2015/04/18

胃もたれを解消する方法は寝方を変えるだけでよくなることがあります。
辛い胃もたれ、少しでも寝方を変えるだけでよくなるのならぜひ実行したいですね。
ということで、ここでは胃もたれ解消法として寝方をどういうふうにすればいいのか
ご紹介します。

  こんな記事もよく読まれています

15_03_20_20_14_12_1
体重より見た目の変化?それとも体重を減らすことは大事なの?

ダイエットは永遠の目標だったりしますよね?

でもよく考えてみてください・・・体重を減らすことより見た目の変化のほうが大事だと

考えることはありませんか?

ここでは、体重を減らすことが大切なことなのか?それによって見た目も変わってくるのか?

ということをお話しますね。

wpid-2015_08_01_11_51_5.jpg
健康診断の再検査はどこで受けたらいいの?

健康診断で再検査になった場合、

どこで受けるのがいいのか調べてみました。

15_03_17_19_41_04_1
寝起きに心臓が痛むときに考えられることまとめ

寝起きに心臓が痛む原因として考えられることや、病気などについてまとめました。

wpid-2015_08_10_08_01_4.jpg
健康診断の結果が遅いって大丈夫?

健康診断の結果が来るのが遅いのは

何かあるのでしょうか?

調べてみました。

wpid-2015_08_01_11_51_8.jpg
健康診断で再検査・・・料金はいくらくらいかかる?

健康診断の結果は再検査。

再検査に行く前に知っておきたい料金などを調べてみました。

15_03_01_19_20_39_1
アルコールの分解を早める方法のまとめ

アルコールを飲み過ぎた経験はありませんか?飲み過ぎると二日酔いや、その他様々な影響をもたらすアルコールの分解を早める方法をまとめました。

????????????????????????????????????
幼児が受けるストレスについてどういった影響があるのか?

幼児が受けるストレスについてどんなことが影響しているのか

親としては知りたいところですよね?

子育てに生かせたら疋ゥという思いもあるはず。

ここでは親の行動が幼児にどんな影響を及ぼすのかについてご紹介します。

15_03_08_20_12_08_1
野菜を食べないとどうなる?

野菜を食べないとどうなるのか?

あまり考えることがないかもしれません。

でもこの機会に一回見直してみませんか?

野菜不足がおこす健康への影響について・・・。

15_03_01_19_13_13_1
夕方に起こるめまいと頭痛について

頭痛やめまい、現代病だといわれていますよね。

これらの症状がみられたら注意!の病気について

ここではご紹介します。

15_06_03_01_00_06_1
交感神経と副交感神経を上手に切り替えるためには?

最近なんだんかよく眠れない・・・なんてことありませんか?
そんな症状が出る場合、交感神経と副交感神経の切り替えが上手く行っていない可能性があります。
今回は交感神経と副交感神経を上手く切り替える方法についてまとめてみました。

15_06_22_23_11_53_1
流産の手術で日帰りで可能なのか?

胎内の赤ちゃんが育たなくなってしまった場合、稽留流産が確定します。
また、稽留流産が確定した場合、流産の手術を行わなければなりません。
基本的に流産の手術は日帰りとなります。
今回はその体験談や、手術の内容をまとめました。

15_03_03_21_32_04_1
肥満にはホルモンが関係しているの?

食事のとりすぎ、運動不足などいろいろ重なって肥満気味に

でもちょっと待って。。。肥満ってホルモンって関係しているの?

というあなたに、肥満の原因にホルモンが関係しているのか、ここでご紹介しましょう。

15_05_16_02_01_43_1
心臓が痛い!呼吸したときに一体なにが!?

呼吸するときに心臓が痛むことはありませんか?
もし、万が一、呼吸すると心臓が痛む場合は要注意かもしれません!
心臓が痛む原因は?受診は必要なの?という疑問にお答えします!

15_03_01_18_19_54_1
仕事ができない病気または仕事で病気ができないときは

自分って仕事ができない人間なのか?そう思ったことありますか?

それは病気のせいかもしれません。

前半では仕事ができないというのはこの病気が原因では?ということをお話します。

後半では病気、怪我で仕事ができないときに受けられる補償についてご紹介します。

15_06_08_01_11_48_1
斜視を手術する!入院は必要?

何でも手術ときくと入院が思い浮かびますよね?いまですと日帰り入院なんて言葉もあり、入院しなくても手術を受ける事が出来るみたいです。では、目に関することでも日帰りは可能なのでしょうか?今回は斜視をテーマに手術と入院が必要なのかまとめてみました!

15_03_17_19_40_25_1
子連れ再婚の養子縁組に関するまとめ

子連れで再婚する時の養子縁組に関する知っておいた方が良い事や必要な事をまとめました。

15_07_01_00_44_44_1
社会人の一人暮らしはどんな食事?

社会人で一人暮らしをすると気をつけないと食事面がおろそかになってしまうこともありますよね?
付き合いで急に食事や飲み会もしばしば。
今回はそんな社会人の一人暮らしでの食事の実態をまとめてみました。

15_05_20_23_55_36_1
背中の筋肉が痛い!そんなときの原因と予防法まとめ

背中の筋肉が痛い場合の原因とは?寝起きに背中が痛い場合や、
急激な痛みの「ギックリ背中」など背中の筋肉の痛みの原因や、
予防法についてまとめています。

wpid-2015_08_10_08_01_3.jpg
健康診断の結果はどのくらいの期間でわかるもの?健康診断のあれこれ

普段なにげなく受けている健康診断の

結果が来るまでの期間や

本当の意味など調べてみました。

【これは!?】胃もたれを解消するのは寝方にあった

この記事はおよそ 7 分くらいで読めます。

胃もたれを解消する寝方はありますか?

食べ過ぎやストレスなどで起こりがちな胃もたれですが、そんな状態でもつらいときは横になりたくなるものです。

しかし、その状態のままで寝てしまうと体に悪いような気がする人も多いのではないでしょうか。

実際は、胃に負担を掛けないような寝方をすれば、胃もたれは解消できます。

具体的に言うと、体の右側を下にして横になるのが一番良いとされています。

これは、体内に入った食べ物を消化するときに左側から右側へ流れていくためです。

こうすることで、スムーズに消化器官へ食べ物が運ばれるので、胃もたれの心配はありません。

また、眠っている最中はどうしても寝返りを打ってしまうものですが、出来るだけ寝る前に意識して右を向いて眠ることで負担を減らすことは可能です。

さらに、寝る前に注意した方が良いのは、食後から就寝まで二時間ほど時間を開けてから眠るようにしましょう。

睡眠中は起きている間よりも内臓の働きがゆるやかになっており、そのために胃の中の食べ物が消化しきれずに胃もたれを起こしてしまうのです。

こういった寝方で胃もたれは解消することが出来ますが、水分はしっかりと補給しましょう。

冷たい水を飲むと胃に掛かる負担も大きいので、出来るだけぬるま湯や白湯を飲むことをおすすめします。

胃もたれが起こっている際は、出来るだけ何も食べない方が良いのですが、どうしても空腹になってしまい頭がぼーっとしたりふらふらしてしまうときは、軽い食事を摂るようにします。

フルーツジュースなど、糖分が多く含まれている飲み物は、空腹感を解消することが出来ます。

他にも、果物うどんやおかゆは消化に良いです。

一方で、食物繊維が多く含まれている野菜ジュースなどは実は胃に負担が掛かるので、胃もたれのときは飲むのを避けることをおすすめします。

ヨーグルトや豆腐などは消化には良いですが、タンパク質が豊富に含まれている食べ物なので胃に負担を掛けやすいので注意しましょう。

このように胃もたれになった際には、これらの点に気をつけて睡眠を摂ることで解消が出来るのです。

引用元- 胃の不調 119番

今日の人気記事ランキング

胃もたれ解消の寝方とは?!症状と原因、主治医が見つかる診療所

胃もたれの症状と原因についてイマイチ分からないという方が多いとおもいます。暴飲暴食がいけないというのはわかりますが、どういったことが胃もたれの原因になり、どんな症状なのか気になるところ。また、胃もたれ解消の寝方というのもあるそうです。主治医が見つかる診療所では、掛谷式胃もたれ解消法が紹介されていました。

胃もたれの症状と原因

暴飲暴食で起こる胃の不調の一つに胃もたれがある。胃もたれの症状は主に食後にでる。重い感じがする、ムカムカする、鈍痛がする、ゲップがでるなどといったのが胃もたれの代表的な症状。

胃もたれの原因は胃が弱り切って胃酸が出にくい胃酸過少の状態になるため。胃もたれは、胃酸過少によって食べ物がうまく消化できない消化不良が胃の中で起きている状態。

胃をリセットさせる。胃もたれで弱った胃は休ませてリセットさせる。

掛谷式72時間リセット法

半蔵門胃腸クリニックの院長の掛谷和俊医師が番組で胃もたれの解消法紹介していました。その先生の胃もたれ解消法は胃を72時間でリセットする方法。

1日目(24時間)断食と胃もたれ解消の寝方

・1日目は食事を抜いて胃を休ませる(24時間食事を抜く)。食べたものが完全に胃から無くなるまでの時間は、通常、食後6時間〜8時間、長い人で12時間かかる。さらに空っぽになった胃は、12時間かけて自動的に回復し始める。

胃もたれはそもそも、食べちゃいけないと警告している。そういう時に無理して食べるのは良くない。この胃もたれの状態で食事を摂ると胃炎や胃潰瘍の原因になることもあるという。

・水分補給はしっかりと摂る。1日2リットルを目安に白湯か水をとる

・なるべく運動は避ける。体の右側をしたにして寝る。胃の中にたまっている食べ物が腸に流れやすくなって胃を休めることができる。

食事を抜いて胃を休ませた後2日、3日目(48時間)

胃の粘膜が再生するのに最低3日はかかる。3日も食べないのは酷なので、食べるとしたら消化にいいお粥、うどんなどをよく噛んで食べる。なので2日目、3日目は消化にいいものを食べる。

胃もたれした時は胃の粘膜は弱くなっていてよく剥がれ落ちて薄くなっている。この胃の粘膜が再生するのには3日かかる。この3日間はなるべく負担をかけないことが大切。

4日目以降(72時間以降)

・大根おろしを食べる。大根おろしには胃の代わりに食べ物を消化してくれる消化酵素が多く含まれている。これで、胃の負担を減らすことができる。

・パイナップルなどにも消化酵素が多く含まれている。大根おろし(大さじ2)とパイナップル(200g)をミキサーにかけてジュースにすると良いそうです。

引用元-てれネタ

胃もたれを解消する寝方は

胃もたれは、胃が弱っていて胃酸が少ない状態であるために食べ物が消化しにくくなったために起こります。 辛い胃もたれを解消する寝方があり、その寝る方法とは右側を下にして横向きにします。それにより、胃にたまっている食べ物が腸に流れていき胃を休めることが出来ます。

引用元-胃もたれを解消する11の方法

胃もたれ解消のコツは“寝方”にあった!

“胃もたれ”が毎日続くと本当につらい。

好きなものも食べれなくなり、普通の食事もままならくなってしまう。きちんと1日3食食べなければ新陳代謝が下がり、体調不良になる。

胃もたれを何とかして解消したい人は必見。

解消のコツとなる「寝方」について説明しよう。

寝方を工夫すればスムーズに胃もたれが解消されるのでオススメ。誰でも気軽にできることなのでぜひ実践してほしい。

胃に負担をかけない寝方が効果的!

胃もたれ解消に効果的とされる「寝方」は“胃に負担をかけない寝方”。

その寝方は“体の右側を下にして横になること”。

なぜ体の右側なのか疑問に思っている人も多いが、それは体内に入った食べ物が左側ではなく右側に流れていくことが理由になる。

食べ物がどんどん右側に流れていくのでより流れをスムーズにするために右側を下にして練ると解消されるのだ。

実際に今まで仰向けで寝ていた人が体を右側にして横になる寝方に変えてみたところ、それから胃もたれになることがなくなったという。

また、食べ物がスムーズに流れるだけではない。

体を右側にすることで胃の中に入っている食べ物を腸に押し流すことができるのだ。

胃もたれは胃の中にずっと食べ物が消化しきれずに残っているから症状が起きてしまうのできちんと食べ物が腸に流されればきっと解消されるはず。

悩んでいる人はぜひ寝方を“右側を下にして寝る”体勢に変えてみてはいかがだろうか。

“上体を高くする”と胃もたれを解消できる

人によって胃もたれの症状も変わってくるが、飲みすぎや食べすぎで気持ちが悪いとき、いつもより上体を高くしてみてはいかがだろうか。

上体をほんの少し高くしただけでだいぶ楽になり、解消される。

上体を高くすることで、食道から胃腸まで食べ物が流れる空間が確保される。これによってスムーズに食べ物が流れるのだ。

しかし、横向きになると逆効果になり、余計気分が悪くなってしまうこともある。

たとえ胃もたれ解消によい寝方だとしても、気分が悪いときに無理やり横になってしまっては意味がない。

横向きになってさらに気分が悪くなったときは横にならず、座ったまま少しうつむく常態にしよう。

座ったままでもうつむき程度に頭を下げれば、気持ち悪さが解消されるので是非試してほしい。

そのときの状況・ケースによってさまざまな寝方を使い分けていくとよりスムーズに胃もたれが解消できるだろう。

寝る前も注意!食べてすぐ寝る行為はNG

もしかすると寝方だけでなく、寝る前の状況が胃もたれを悪化させる原因になっているかもしれない。

あなたは食べてからすぐに寝てはいないだろうか。

食後すぐに寝てしまうと胃の中にある食べ物が消化しきれず、朝まで残ってしまい胃もたれにつながってしまうので注意しておかなければならない。

できるだけ寝る前の2時間は何も食べないこと。食後から終身まで時間を最低2時間は空けてほしい。

この2時間の間で胃の中の食べ物は消化され、腸へと流れていくだろう。

睡眠中は胃腸の活動が起きているときよりも弱くなってしまうので寝る前の食事には注意しておこう。

また、胃もたれを解消のコツは“寝方”もあるが、“水分補給”も忘れてはならない。

冷水ではなくぬるま湯や白湯が解消に効果的。しっかり水分をとることでよりスムーズに食べ物が消化され、胃もたれで悩まされることはない。

このように、胃もたれで悩んでいる人は
体の右側を下にして横向きになる
上体を少し高くする
横に寝ても悪化した場合はうつむき加減にして座る
食後から就寝まで最低2時間の間を空ける
水分補給をこまめにする

以上の5つのポイントに注目するとよいだろう。

日常生活を少しずつ見直しながら実践していこう。

引用元-Worry Catcher

twitterの反応

 - 健康

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です