僕の私の話題まとめ

いつも気になるあんな事やこんな事をまとめています。

*

吐き気 下痢 腹痛という病気

      2015/04/07

吐き気、下痢、腹痛の症状を伴う病気についての原因や改善法、
予防法などについてまとめました。
いま、お腹がいたい方必見です!

  こんな記事もよく読まれています

wpid-2015_08_10_08_55_7.jpg
大学生が健康診断を必要とする場合、費用はいくらかかる?

大学生がさまざまな場面で

健康診断の提出があります。

どのくらいの費用がかかるか調べてみました。

wpid-2015_08_10_08_01_4.jpg
健康診断の結果が遅いって大丈夫?

健康診断の結果が来るのが遅いのは

何かあるのでしょうか?

調べてみました。

15_05_16_01_54_52_1
頭痛・・・後頭部が寝起きに痛い場合

寝起きに頭痛がひどい。特に後頭部が痛い。そんなことありませんか?
寝起きに頭痛が発生する原因や対策をまとめました。
最悪の場合、クモ膜下出血の場合もありますので、続くようでしたら早めに病院へ行きましょう。

15_03_01_18_19_54_1
仕事ができない病気または仕事で病気ができないときは

自分って仕事ができない人間なのか?そう思ったことありますか?

それは病気のせいかもしれません。

前半では仕事ができないというのはこの病気が原因では?ということをお話します。

後半では病気、怪我で仕事ができないときに受けられる補償についてご紹介します。

15_03_31_01_56_38_1
怒られるのが怖い・・・という病気とは。

人に怒られることが怖い・・・と常に感じるようになると

それが病気として出てくることがあります。

ここではその病気についてお話したいと思います。

wpid-2015_08_01_12_29_5.jpg
子宮がんの検診に行く時の服装と気をつけること

子宮検診など婦人科を受診するのは不安ですよね。

どんなことに気をつければいいのか調べてみました。

15_05_16_02_01_43_1
心臓が痛い!呼吸したときに一体なにが!?

呼吸するときに心臓が痛むことはありませんか?
もし、万が一、呼吸すると心臓が痛む場合は要注意かもしれません!
心臓が痛む原因は?受診は必要なの?という疑問にお答えします!

15_03_03_21_32_04_1
肥満にはホルモンが関係しているの?

食事のとりすぎ、運動不足などいろいろ重なって肥満気味に

でもちょっと待って。。。肥満ってホルモンって関係しているの?

というあなたに、肥満の原因にホルモンが関係しているのか、ここでご紹介しましょう。

wpid-2015_08_10_08_01_5.jpg
健康診断を受ける費用は個人だといくら?

会社員だと会社の費用で受けれますが、

主婦やフリーランスの方は個人で受けます。

その時の費用などを調べたみました。

15_03_01_19_20_39_1
アルコールの分解を早める方法のまとめ

アルコールを飲み過ぎた経験はありませんか?飲み過ぎると二日酔いや、その他様々な影響をもたらすアルコールの分解を早める方法をまとめました。

wpid-2015_07_23_09_40_3.jpg
メガネでの視力の限界とは!?もっと見えるようになるの?

メガネをかけるとよく見えるけど、

どこまで見る事ができる?2.0まで見えるようになるの?

今回はそんなメガネでの視力の限界についてまとめてみました。

wpid-2015_08_01_11_51_7.jpg
健康診断で再検査・・・。肝臓に異常??・・・。

健康診断での再検査は不安ですよね。

調べてみました。

15_03_22_18_17_31_1
【心血管が石灰化!?】動脈硬化性プラークとは!

心臓の血管が石灰化する・・・そんな恐ろしいことが実はよく起きています。

動脈硬化は「沈黙の病気」ともいわれ、発症しても初期症状が殆どなく、深く静かに、でも確実に進行していきます。

今回はそんな恐ろしい病「動脈硬化性プラーク」についてまとめました!

15_05_25_01_10_10_1
栄養バランス勉強しよう!どうしたらいい?

生きていく上で栄養ってとても大切ですよね!ダイエット中でも栄養を軽視したらキレイに痩せられないとも。それだけ大切なのに学校の家庭科の授業で習うくらい。大人になるほど大切と感じる栄養に関する勉強。今回はそんな栄養と勉強についてまとめてみました。

15_06_17_01_50_20_1
寝起きにふくらはぎが痛いのは冷えが原因だった!対処法とは?

寝起きにふくらはぎが痛い!というか攣った!すごい激痛!
なんてことありませんか?寝起きにふくらはぎを攣るのってすごい痛いんですよね・・・
その原因は一体なんなのか?今回まとめてみました!

15_03_24_00_21_56_1
【畑の青魚】エゴマ油とその効果とは

【畑の青魚】と呼ばれるエゴマ油。
エゴマの葉にはEPAやDHAの元となるαーリノレン酸が豊富に含まれています。
今回は、エゴマ油の効果・効能についてまとめてみました。

15_03_08_20_07_50_1
歯周病にならないために、歯茎の健康を守る食事について

歯茎を健康に保つために、歯周病にならないために

口腔内を清潔に保つとともに、毎日の食事も大切になってきます。

今一度、歯茎の健康を考えるために、食事を見直してみましょう。

15_03_20_20_11_22_1
まぶたが乾燥する原因とその対処法

まぶたは乾燥しやすいところですね・・・その乾燥するのを何とかしたいと

思うこともあると思います。

ここではまぶたが乾燥する原因についてとその対処法についてお話します。

15_06_03_01_10_54_1
生理痛が辛い!!痛みをどう例える?

女性にとって生理痛って辛いですよね。ただその痛みも個人差があり、女性同士でも伝わらないことも。男性だったらなおさら分からない!こんな時は例えることで痛みをイメージしてもらいたい。今回はそんな生理痛の痛みの例え方をまとめてみました。

吐き気 下痢 腹痛という病気

この記事はおよそ 17 分くらいで読めます。

吐き気、下痢、腹痛を伴う病気とは

感染性胃腸炎について

(1)感染性胃腸炎とは

ウィルス、あるいは細菌などの感染性病原体が原因になり、吐き気・嘔吐、下痢、腹痛などの急性の胃腸炎症状を引き起こす病気です。その結果として種々の程度の脱水、電解質喪失症状、発熱などの全身症状が加わるものを感染性胃腸炎と言います。
年長児や成人では細菌性腸炎の頻度が高いのですが、乳幼児ではウィルス性腸炎が圧倒的に多くなります。
特に1歳以下の乳児では症状の進行が早く、乳児嘔吐下痢症と呼ばれます。

(2)感染性胃腸炎の原因

ウィルスによるものと細菌によるものに分かれます。
ウィルス性:ロタウィルス・ノロウィルス・アデノウィルスなどで、主に冬場に見られます。
細菌性:サルモネラ・腸炎ビブリオ・カンピロバクター・病原性大腸菌などがあり、主に夏場に見られます。夏場の食中毒の原因は主にこれによるものです。

(3)感染性胃腸炎の症状と治療

1) 感染性胃腸炎の症状
吐き気や嘔吐・下痢疋発熱・腹痛・全身倦怠感などの症状が見られます。下痢は軟便〜水様便が頻回に認められ、時に血便を呈することもあります。この際に特に注意しなければならないのは脱水症状です。下痢や嘔吐による水分の喪失に加え、飲水ができず、また発熱による不感蒸泄の増加もあり、脱水には要注意です。特に老人や子供の場合、自覚症状が出現しにくいこともあり、全身倦怠感が強い時やグッタリした時などは脱水症の可能性が考えられます。
感染症の特徴として見られる発熱は、時に高熱を呈します。
一般的にウィルス性に比べ細菌性のものの方が症状は重篤です。
またウィルス性のものでは咳や鼻水などの上気道炎症状を伴うこともあります。

引用元-菊地医院

食中毒の症状(下痢・嘔吐・腹痛)と食中毒の種類

食中毒の症状と食中毒の種類について説明しています。細菌性食中毒では、食事のときに一緒に入ってきた細菌や細菌による毒素によって急性の中毒症状を引き起こす病気です。ほとんどの場合は加熱することで食中毒は避けることができますが、ボツリヌス菌の毒素のように少しの加熱でも壊れないこともあります。食中毒にならない為のポイントとしては、清潔な環境で調理する事(食中毒をつけない)、75度1分以上の過熱(食中毒菌をころす)、調理したものはすぐに食べる(食中毒菌を増やさない)の3つのポイントが大切です。ここでは食中毒菌の種類別に症状・潜伏期間を紹介します。

食中毒の症状は、下痢、嘔吐、腹痛が多い

食中毒による症状は、下痢、嘔吐、腹痛、発熱の4症状が主症状になります。食中毒の原因物質によって下痢が激しかったり、嘔吐が激しかったりします。原因であろう食事の時間から発症までの時間(潜伏期間)と症状である程度原因物質を特定する事も可能です。ここのページでは、日本で発生している食中毒にピックアップをして症状別のリストを作成してみました。

食中毒の種類は症状(下痢・嘔吐)から推測が可能

食中毒を引き起こす原因物質によって症状が異なる事がわかっております。以下のマトリックスは、食中毒を引き起こす原因物質と代表的な症状をまとめたものです。下痢や嘔吐などの症状から原因物質(細菌、ウイルス、化学物質など)がわかり、原因物質を特定する事で原因物質を摂取した時間や食品まで調べる事ができます。ここ表にまとめた内容は、あくまでも一般的なもので、年齢、体調、原因物質の摂取量で症状が異なる事もあります。

引用元-食と健康の総合サイト e840.net

今日の人気記事ランキング

吐き気、下痢、腹痛を伴う感染性胃腸炎の原因とは

1.ウィルス性腸炎
基本的には経口感染で、主に次の場合が考えられます。

1.感染したひとの便や吐物に触れた手指を介して、ウィルスが口に入る場合
2.乾燥した便や吐物中から、空中に浮遊したウィルス粒子を吸い込んだ場合。
3.感染した人が不十分な手洗いで調理して、食品を汚染した場合
4.ウィルスを内臓に取りこむことがある食品(ノロウィルスではカキやホタテ貝などの二枚貝)を生または不十分な加熱処理で食べた場合、ノロウィルス感染症では、症状がなくなった後も2週間も糞便中にウィルスを放出し続けるとされ、周囲への感染について注意が必要です。

2.細菌性腸炎
細菌性腸炎では食品に付着、増殖した細菌により感染するもので、ヒトからヒトへの感染はウィルス性腸炎よりも起きにくいとされています。
発症のメカニズムは次のように分けられます。
1.感染型:
食品中に混入して増殖した原因菌が、腸管内でさらに増殖し、その毒作用によって胃腸炎症状を発症する。
(サルモネラ疋腸炎ビブリオ疋病原性大腸菌疋カンピロバクターなど)
2.毒素型:
原因菌が食品中で増殖し、毒素を産生する。この毒素で汚染された食品を摂取して発症する。感染型に比べて発症までの潜伏期が短い。
 (ボツリヌス菌疋ブドウ球菌疋セレウス菌嘔吐型など)
3.中間型:
食品とともに接種された原因菌が腸管内で増殖して毒素を産生し、胃腸炎症状を発症する。
(腸管出血性大腸菌疋毒素原性大腸菌疋ウェルシュ菌疋セレウス菌腸炎型疋エルシニアなど)

引用元-菊地医院

ウィルス性胃腸炎と細菌性胃腸炎の違いとは

ウイルス性と細菌性の違い

ウイルス性と細菌性の違いで大きなものとしては、流行する時期に違いがあり、ウイルス性胃腸炎は冬場に流行するのに対し、細菌性胃腸炎は夏場に流行する傾向があります。しかし、O-157の感染が冬場にもみられるなど、油断はできません。

もうひとつ大きな違いが、細菌には薬剤(抗生物質)が効くという点です。ウイルス性の胃腸炎に対しては薬剤での治療はできませんので、ここは大きな違いです。しかし細菌性のほうが、症状は重くなる傾向があります。

ウイルス性胃腸炎は成人でも発症しますが、細菌性胃腸炎は成人の場合、感染しても発症しないことが多くあります。大人が知らないうちに感染して子どもにうつしてしまうと、重症化したり、同じものを食べても子どもだけが胃腸炎になるため注意が必要です。

引用元-カラダノート

吐き気、下痢、腹痛を伴う原因となる主な感染性胃腸炎と潜伏期間とは

感染性胃腸炎とは

・食品や水を介して各種のウィルスや細菌に感染し、発熱、下痢、腹痛、悪心、嘔吐などの胃腸炎の症状を来す病気です。人やペットから接触感染することもあります。
・潜伏期間は病原体によりますが、おおよそ下記のとおりです。

病原体 代表的な原因食品 潜伏期間
腸炎ビブリオ 魚介類の刺身、すし類 10〜24時間
サルモネラ
卵および卵製品、洋菓子類
加熱不十分な食肉

5〜72時間
平均12時間

病原大腸菌
(腸管出血性大腸菌以外)
弁当や給食を原因とする事例の発生があるが、多くの事例では原因食品の特定が困難 12〜72時間
カンピロバクター 鶏肉、牛生レバー、殺菌不十分な井戸水 2〜5日
ロタウィルス 飲料水、食物 1〜3日
ノロウィルス カキなどの貝類 1〜2日
?主な原因の1つとしてノロウイルスが挙げられます。ノロウイルスは100個以下という少量で感染が起こり、体内に取り込まれてから24時間〜48時間(潜伏期間)で下痢、吐き気、嘔吐、腹痛、発熱等が発症します。通常、3日以内に回復しますが、ノロウイルスは感染してから1週間程度ふん便中に排出され続けます。ノロウィルスは、85度で1分以上の加熱、もしくは塩素系漂白剤のによる消毒が有効有効です。嘔吐物や下痢便の処理は衛生的に取り扱い、汚れた場所や衣類等は熱湯や塩素系消毒剤で消毒しましょう。
?ウイルス性腸炎のみならず、サルモネラや腸炎ビブリオ、キャンピロバクターや黄色ブドウ球菌、旅行者下痢症(大腸菌感染が多い)などの細菌性腸炎にも注意が必要です。これらは主に食中毒として発生します。調理前後や食事前には「手洗い」を励行し、食品の冷所保存を心がけ、長期保存は避けるなど、日常生活での予防を心がけて下さい。

引用元-和歌山市感染症情報センター

感染性胃腸炎にかかった時の対処法とは

1 絶食

感染性胃腸炎では絶食にして胃と腸を安静にすることが治療の第一歩です。体力をつけるためといって無理してお粥やスープなどを食べるのは、胃腸に負担をかけることになり、回復を遅らせてしまいます。

2 充分な水分摂取(脱水予防)

下痢や嘔吐に加えて絶食を続けると脱水症に陥ってしまいますので、充分な水分摂取が必要になります。最低でも1日に約1000 mlから1500 mlは必要です。点滴による補給の他、水・麦茶・ほうじ茶・ウーロン茶・スポーツドリンクなど、カフェインの少ない胃腸に優しい飲料水を補給してください。果汁(ジュース)・牛乳・ヨーグルトは胃腸に負担がかかります。吐き気がある時は、一度にたくさん飲むと嘔吐や下痢を誘発しますので、少量ずつこまめに摂取するのがコツです。

3 お薬

病状に応じて、整腸剤、制吐剤、抗生物質、解熱剤などを服用していただきます。吐き気が強くない限り、絶食中もお薬は服用してください。

《お食事の開始時期について》

嘔吐と下痢は、原因菌を身体から排出しようとするひとつの防衛反応です。下痢は止めないほうが回復を早めます。下痢を止めず、脱水にならないように水分補給に努めることが大切です。吐き気、嘔吐、下痢が治まるまでは絶食にします。その後、重湯・スープなどから少しずつ食べて、再び症状が出ないのを確認しながら普通食に近づけていきましょう

引用元-上原内科クリニック-医療コラム

吐き気、下痢、腹痛を伴う感染性胃腸炎の予防法とは

予防のポイント
?大切なのは手を洗うことです。特に排便後、また調理や食事の前には石けんと流水で十分に手を洗いましょう。
? 使い捨て手袋、マスクエプロンの着用。便や吐物を処理する時は、使い捨て手袋、マスク、エプロンを着用し、処理後は石けんと流水で十分に手を洗いましょう。
?カキなどの二枚貝を調理するときは、中心部まで十分に加熱しましょう。(中心温度85℃1分以上の加熱が必要です)
?感染者が使用した食器やリネン、衣類等を洗浄する場合は、次亜塩素酸ナトリウム※(塩素濃度約200ppm)を使用し、消毒するようにしましょう。感染者がうがいや嘔吐した場所についても、同様に消毒が必要です。

引用元- 感染性胃腸炎(ウイルス性胃腸炎;ロタウイルス・ノロウイルス)

ウイルス性胃腸炎、どうやって予防できますか?

ペン最も効果的な予防対策は、手洗いです。トイレの後や、食事の前後、調理をする方はその前後など・・・これは食中毒の予防にも共通します。
また、普段からタオルを共有しないことも重要です。家族といえども、下痢症状の出ている人がいたら、入浴時もまずシャワーでよく体を洗ってから入浴する、バスタオルを共有しないなどの工夫が必要です。
お子さんなどで、ブロックなどのおもちゃを使うような時は、一日一回はアルコールスプレーなどで除菌する、洗えるものは洗うなどの工夫が重要です。

引用元-健診スクエア武蔵境 まつもとファミリークリニック

twitterの反応

 - 健康

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です