僕の私の話題まとめ

いつも気になるあんな事やこんな事をまとめています。

*

【必読】アルコール 血圧低下レポート!

      2015/04/03

アルコールを飲むと血圧が低下する!?
お酒を飲むと逆に心拍数が上がって血圧が上がったように感じますが、実は
血圧を下げることもあるそうです。

今回はアルコールによる血圧低下についてまとめてみました!

  こんな記事もよく読まれています

15_05_31_00_46_45_1
走ると心臓が痛く感じる不思議

走ると楽しいですが、体の負担ってどうなのか気になるところですよね?ただ単に筋肉痛になっただけ?それともこの痛みはどこか体に大きな疾患が潜んでいる?心配になりますよね。こんかいは走るとき心臓が痛いのはなぜをまとめてみました。

15_05_15_00_29_24_1
子どもの咳が夜に多いのは?

咳って出はじめるとなかなか長いですよね?そして特に夜に出る事が多いように感じますよね?子どもが苦しそうに咳き込んでいると心配になりますよね。今回はそんな咳についてまとめてみました!

wpid-2015_08_10_08_01_5.jpg
健康診断を受ける費用は個人だといくら?

会社員だと会社の費用で受けれますが、

主婦やフリーランスの方は個人で受けます。

その時の費用などを調べたみました。

15_06_27_01_00_25_1
切迫流産について。その出血量

切迫流産ときくと流産と書いているので悲しいイメージが
ありますがじつは妊娠の継続が可能!
よく聞く言葉ですが、妊娠していない人からするといまいちピンとこないです。
今回はそんな切迫流産について。そして出血は関係あるのかまとめてみました。

15_04_23_22_53_02_1
まぶたのヘルペスはうつるの!?

まぶたにできるヘルペスっていったいどんな病気?

気になりますよね?

うつるのか、うつらないのか?

なってしまったらどういう治療をするのかなどを含め、ご紹介します。

15_07_02_00_42_57_1
特に夕方に頭痛が多いです。前頭部が痛む

頭痛ってけっこう突然なりますよね。頭が痛い箇所や頭が痛くなる時間帯、頭の痛くなる頻度によっては心配になることも。病院に行った方がいいかもしれないけど、しばらくすれば治るし・・・。今回はそんな頭痛。特に夕方と前頭部の痛みについてまとめてみました。

wpid-2015_08_10_08_01_9.jpg
就活において健康診断は必須です。病院に行く時に気をつけること

就活に必要な健康診断。

大学で受けていればいいのですが、無い場合、病院に行かなければいけません。

その時に気をつけることなど調べてみました。

15_06_07_01_50_08_1
痩せ型でも高血圧になる原因とは?

高血圧といえば、基本的に太っている人がなる症状と思い込んでいませんか?
実は、痩せ型の人でも高血圧になる可能性があったのです!高血圧になると、脳卒中や腎不全など
重大な病気になってしまう可能性があります。今回は、痩せ型の人でも高血圧になる原因と対策をまとめました。

15_03_03_21_41_49_1
精神疾患の中の症状に攻撃的になるというのがある?

今現在、心の病気が増えているといわれています。

その中でも攻撃的になってしまうという症状が出る病気もあります・・・

攻撃になるという症状のある病気について・・・またその克服方法についてご紹介します。

15_06_25_00_35_31_1
ひじを骨折してしまった!リハビリ方法は?

ひじを骨折してしまったらどのように治すのか、
どんな治療方法があるのか分からないですよね。
リハビリはどんなことをするのか。
もしそうなってしまったら?
今回はそんなひじを骨折してしまった場合のリハビリ方法をまとめます。

15_06_17_01_02_31_1
ヘルニアって何?診断はレントゲンで出来るの?

ヘルニアと一言で言っても椎間板ヘルニアや首のヘルニアなど種類は多いですよね。ただヘルニアってどんなものか実際にかかってみないとわからないですよね。でもかかりたくないのが本音!今回がヘルニアとは何か、わかる方法はレントゲン?などまとめてみました。

15_06_17_01_50_20_1
寝起きにふくらはぎが痛いのは冷えが原因だった!対処法とは?

寝起きにふくらはぎが痛い!というか攣った!すごい激痛!
なんてことありませんか?寝起きにふくらはぎを攣るのってすごい痛いんですよね・・・
その原因は一体なんなのか?今回まとめてみました!

15_03_01_19_13_13_1
夕方に起こるめまいと頭痛について

頭痛やめまい、現代病だといわれていますよね。

これらの症状がみられたら注意!の病気について

ここではご紹介します。

15_06_16_02_20_58_1
うつ病の方への対応としてメールは大丈夫なの?

うつ病になってしまった場合、会話を楽しむことが出来ず、逆にふさぎこんでしまう場合もあります。
そんな場合の手段として、メールを送るという方法があります。うつ病の方へ負担にならないよう、
軽いメールから始めてみてはいかがでしょうか?
今回はうつ病の方へのメールの方法をまとめました。

15_03_20_20_14_12_1
体重より見た目の変化?それとも体重を減らすことは大事なの?

ダイエットは永遠の目標だったりしますよね?

でもよく考えてみてください・・・体重を減らすことより見た目の変化のほうが大事だと

考えることはありませんか?

ここでは、体重を減らすことが大切なことなのか?それによって見た目も変わってくるのか?

ということをお話しますね。

15_03_01_18_19_54_1
仕事ができない病気または仕事で病気ができないときは

自分って仕事ができない人間なのか?そう思ったことありますか?

それは病気のせいかもしれません。

前半では仕事ができないというのはこの病気が原因では?ということをお話します。

後半では病気、怪我で仕事ができないときに受けられる補償についてご紹介します。

15_03_20_20_11_22_1
まぶたが乾燥する原因とその対処法

まぶたは乾燥しやすいところですね・・・その乾燥するのを何とかしたいと

思うこともあると思います。

ここではまぶたが乾燥する原因についてとその対処法についてお話します。

15_06_05_00_22_44_1
痛風の原因はストレスに有り!その原因と対策まとめ

痛風は以前まで、別名贅沢病ともいわれお酒や脂質の高い高価なものをずっと食べていると痛風になるといわれていました。
ですが、最近の研究結果では痛風の原因にストレスが密接に関わっているという事が分かってきました。
今回は、痛風とストレスの因果関係、またストレスが痛風の原因となる研究内容もまとめてみました。

15_06_07_01_51_39_1
蕁麻疹の原因とは?腕にできる場合の原因まとめ

いきなり痒くなったり赤くなってしまう蕁麻疹。腕に発症した蕁麻疹の原因は一体何なんでしょう?
今回は腕にできる蕁麻疹の原因や対処法をまとめてみました。
これを読んで、美しい肌を保ちましょう!

【必読】アルコール 血圧低下レポート!

この記事はおよそ 20 分くらいで読めます。

アルコールによる血圧低下のメカニズムとは

アルコールの作用は血管を収縮させて血圧を上昇させることもあれば、逆に血管を拡張させて血圧を下降させることもあります。
多くの場合、アルコールを飲むと一時的に血圧が少し下がり脈拍数が増加します。これは体内に吸収されたアルコールが酵素により酸化され、生じたアセトアルデヒドが血液中に増加し血管を拡張するためです。しかしアセトアルデヒドが引き続き酸化され、アルデヒドの血中濃度が下がると血圧は上がってきます。日本人の約半数がアルデヒドを処理する酵素の働きが弱いので、血圧の低下が続いたり脈拍数が増加したりします。
このようにアルコールを飲むと一時的に血圧は下がりますが、長年にわたり飲み続けたり、日々の飲酒量が多いほど血圧を上げ、高血圧症の原因となると言われています。酒類に関係なくアルコールを1日約30g(ビール大瓶1本に相当します)を飲むと血圧が約3mmHg上昇し、飲酒歴の長い方は節酒を継続することで血圧が低下してきます。
アルコールの長期摂取で血圧が上昇するのは、アルコールの直接作用だけではなく、アルコール飲料と共に摂取している食べ物や食塩量が増えて肥満になることも原因と考えられます。
お酒を飲まない日を設け、飲酒量を適量にすることで血管を健康にすることが望ましいと言えます。

引用元-公益社団法人 日本栄養士会

今日の人気記事ランキング

アルコールで顔が赤くなりやすい人と血圧低下

単純ではないアルコールの働き

アルコールの作用はまことに多彩です。心臓の働きを強めることも、逆に弱めることもあり、血管を収縮させて血圧を上げたり、反対に、拡張させて血圧を下げたりすることもあります。

こうした変化とその程度は、長年飲んでいるかどうか、毎日かそれとも時々か、1回にどれだけ飲むか、さらに飲酒してからの時間、体質(感受性)の差などによって異なりますから、単純ではありません。

ふつうアルコールを飲むと、一時的ですが血圧が少し下がり、脈拍が増えます。私たちの研究でも血圧の低下は明らかでした。

とくに、飲むと顔が赤くなる人では、血圧の低下も脈拍の増加も大きくなります。これは、アルコールの代謝に関係している酵素の働きが遺伝的に弱いために、アセトアルデヒドという物質が血液中に増え、血管を広げるためです。

引用元-国立循環器病情報サービス

アルコールのによる血圧低下と低血圧体質に人への影響とは

低血圧症の人が飲酒をすることによる影響

低血圧症と飲酒の関係ですが、この相性は非常によろしくないですね。

飲んだところで気分を悪くして寝込むのが関の山でしょう。
もともとお酒を飲んで倒れてしまうような人には低血圧症の人が多いといいます。

なぜかという化学的な根拠があるわけではありませんが、低血圧の人が飲酒す
ると顔から血の気が引いて真っ青になり、冷や汗をかいて手足がしびれると
いった立ちくらみと同じような症状が起きる場合がほとんどです。

おそらくですが、もともと血液を送り出す力が弱い低血圧の人は、アルコール
など分解に非常に臓器の運動を要する食品を口にしてしまうと、内蔵に血液が
集められてしまい、他の大切な部位に血液が足りなくなるのではないでしょうか。

顔や頭、手足などの末端まで血液が十分にまわらなくなれば、当然細胞は酸欠
状態になります。

頭を低くして血液が行き渡るようにしなければ脳が酸素欠乏になりかねない怖い
状態ですね。
突然高い山に登った時の高山病のような状態です。

何も命がけで飲酒する必要はあるわけないですね。
飲む必要がないのですから、低血圧なら飲まなければ良いことです。

こたつにでも入って、全身ぽかぽかにしたところで非常にアルコール度数の
低い温かいお酒を少しだけ口に含むくらいなら倒れはしないかもしれません。
でもそうまでして飲酒にこだわる必要はないはずです。

低血圧による冷えを改善したいなら、冷えに効き目のあるビタミンCなどを含む
温かい飲み物をのむほうが良いでしょう。

しょうが汁やホットレモンなどはぴったりですね。

引用元- 低血圧の治し方と症状の改善ナビ

アルコールの影響による血圧低下と高血圧

飲酒量を減らすと、血圧は下がる。

適量の楽しいお酒を心がけましょう

過度の飲酒習慣は高血圧の原因に過度の飲酒習慣は、高血圧を引き起こす原因になります。また、お酒を飲むと、塩分や脂肪分が多いおつまみに手がのびやすく、食事量も多くなりがちです。減塩やDASH食を実行しても、連日、一定量以上のお酒を飲んでいると、血圧を下げる効果が低下します。食事療法にはマイナスに働くので、1日の適量を超えない程度に楽しみ、過2日ほどは、休肝日をつくるようにしましょう。血圧と飲酒の関係については、国内外で様々な研究がされており、飲酒量を減らす節酒によって血圧が下がることが報告されています。個人差もありますが、降庄効果は1〜2週間以内に現れるとされます。ただし、毎日かなり飲んでいた人が、急にアルコール制限を行うと、血圧が上昇することがあり、その後のアルコール制限の継続によって、血圧は徐々に下がってきます。国内外の調査研究をもとに、日本高血圧学会のガイドラインでは、1日の飲酒量をエタノール換算で、男性は20〜30g以下、女性は10〜20g以下にすることを推奨しています。実行すれば結果は出るので、是非、実践してみましょう。

引用元-高血圧症状

アルコールと薬の飲み合わせによる急激な血圧低下とは

◆お酒と高血圧治療薬

アルコールを多く飲みますと、よく頭がズキズキ、ガンガンいたします。この時、血管は拡がっており、血圧は下がっております。このような状態で高血圧の治療薬が一緒に服用されますと、血圧が下がり過ぎて、低血圧症状が引き起こされます。普段から高血圧の薬を飲んでいる人は、お酒を控えめにしましょう。
?お酒と一緒に飲む事を注意すべき高血圧治療薬は以下のとおり。
インデラル、アダラート、ヘルベッサー、レニベースなど

引用元-長崎県医師会

急性アルコール中毒と血圧低下

急性アルコール中毒

急性アルコール中毒は飲酒により意識レベルが低下し、嘔吐、呼吸状態が悪化するなど危険な状態に陥ります。若年者・女性・高齢者などでリスクが高まり、とくに大学生や新社会人では一気飲みとして飲酒させられ、死亡に至るケースが毎年発生しています。急性アルコール中毒が疑われた場合、適切な処置や対応法を取りましょう。

急性アルコール中毒は「アルコール飲料の摂取により生体が精神的・身体的影響を受け、主として一過性に意識障害を生ずるものであり、通常は酩酊と称されるものである」と定義されます。

人は飲酒をすれば酩酊と呼ばれる酔った状態になります。通常、血中アルコール濃度が0.02%から0.1%程度ですとほろ酔いと呼ばれるリラックスした状態になりますが、0.3%を越えると泥酔期と呼ばれるもうろう状態、0.4%を越えると昏睡期という生命に危険を生じうる状態になります。
どの程度からが急性アルコール中毒となるのか明確な基準はありません。が、泥酔以上の状態では意識レベルが低下し、嘔吐・血圧低下・呼吸数の低下などが起こり、生命に危険をおよぼす可能性があります。
急性アルコール中毒により死亡する場合、血中アルコール濃度が高まることによって呼吸・循環中枢が抑制されて死に至る場合と、吐物による窒息で死亡する事例があります。また死亡には至らなくとも足下のふらつきなどによって転倒したり、電車や車にひかれる、海や川でおぼれる、もうろう状態で行った言動によってトラブルに巻き込まれるなど、さまざまな危険性が高まります。

一般に若年者・女性・高齢者・飲酒後に顔の赤くなるタイプの人はアルコールの分解が遅いため、飲酒によるリスクが高まります。中でも若年者は自分の限界が分からないこと、アルコールに対してまだ耐性が低いことなどから、急性アルコール中毒のリスクが高いと考えられます。また大学生や新社会人では、新人歓迎行事としてイッキ(一気)飲みと称される慣習がいまだ残っています。

引用元-e-ヘルスネット

急性アルコール中毒の対処法

もし周囲に急性アルコール中毒が疑われる人がいる場合、まず次の救護方法を対応法として心がけましょう。
1.絶対に一人にしない。
2.衣服をゆるめて楽にする。
3.体温低下を防ぐため、毛布などをかけて暖かくする。
4.吐物による窒息を防ぐため、横向きに寝かせる。
5.吐きそうになったら、抱き起こさずに横向きの状態で吐かせる。

吐けば酔いが覚めて状態が改善すると考えがちですが、酔いつぶれた人を無理に吐かせようとすると吐物が逆流してのどに詰まり、窒息する可能性があります。意識が低下している場合は無理に吐かせようとせずに上記の5点を守りましょう。
また、大いびきをかいて痛覚刺激に反応しない、揺すって呼びかけても反応しない、体が冷たくなっている、倒れて口から泡を吐いている、呼吸状態が不安定などの兆候が現れた場合はすぐに救急車を呼びましょう。ちなみに体調を崩すことが分かっていながら飲酒を強要し、急性アルコール中毒で死亡させた場合は刑法第二百五条(傷害致死罪)が適用され、3年以上の懲役が科せられます。

引用元-e-ヘルスネット

twitterの反応

 - 健康

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です