僕の私の話題まとめ

いつも気になるあんな事やこんな事をまとめています。

*

子犬の散歩デビュー時期について

   

家の新しい家族として、犬を迎えるということは楽しみなことも多いですよね。
でも、よく考えてみれば、「お散歩デビューの時期っていつなんだろう?」
なんて考えることありませんか?
ここでは、散歩デビューの時期についてお話したいと思います。

  こんな記事もよく読まれています

15_04_02_19_43_48_1
猫の怪我と抗生物質

猫が怪我をしたとき、本当に心配ですよね?

一体どうすればいいのか?分からないときは病院に連れて行くしかありません。

猫が怪我をした場合の治療法をここではご紹介します。

15_03_01_18_37_00_1
猫が噛む理由とその対処法

みなさんはどうして猫が噛むのか?その理由についてご存知ですか?
またその対処法についても知っておくとよいかもしれませんね。
ここでは猫がどうして噛むのか?また噛まなくなるようにするには?など対処法をまとめてみました。

15_03_01_16_49_51_1
犬のトイレを手作りしてみよう。トイレのしつけ方

犬を家族の一員に迎えるのって楽しみですね。
でも一番大変なのはトイレのこと。
トイレも手作りして、きちんとしつけたいですよね。
ここではトイレを手作りする上での注意点についてご紹介します。

15_03_17_19_43_24_1
猫の睡眠中の痙攣について

大事な家族である猫の睡眠中の痙攣は正常なのか、それとも病気なのか?猫の睡眠中の痙攣についてまとめました。

15_04_23_23_00_00_1
猫の爪の除去について

猫が家のあちこちをひっかく。

猫にひっかかれて怪我をした

猫の爪の除去を考えたほうがいいのだろうかと悩むあなたに

ここでは猫の爪の除去についてご紹介します。

15_04_23_22_53_51_1
犬を吠えるのをやめさせるには・・・

家に新しい家族を受け入れることはなんだかドキドキしますね。

でも、訪問客に吠えるなどをやめさせたい。

そんな悩みもでてくるはず。

そんな悩みを解消するためにここでは犬の遠吠えに対するしつけ方について

ご紹介しますね。

15_04_23_22_55_13_1
寂しいときの犬の吠え方とは?対策と解決法まとめ

犬の心を読めると気持ちがわかっていいですよね?

寂しいと感じているときはきちんと遊んであげたりとか対処も万全にできますし。

犬が寂しいときなどの鳴き方についてここではご紹介します。

15_04_23_23_02_40_1
猫も夢を見るの?

猫って夢を見てるのでしょうか?

そういう疑問ってありますよね?

見てるとしたら、どんな夢を見ているのか興味がありませんか?

ここでは、猫は夢を見るのか?見るとしたらどういった夢を見るのか?

ご紹介します。

犬 トイレ 失敗
犬がトイレを失敗!どうすればいいの?

家族の一員の犬がトイレを失敗して、

床やカーペットがぐちゃぐちゃ・・・

では、どうしてトイレを失敗するのでしょう。

どうすれば失敗しなくなるのか調べてみました。

子犬の散歩デビュー時期について

この記事はおよそ 23 分くらいで読めます。

子犬の散歩デビュー時期について

子犬の散歩デビューについて… さくらのママ さん
2度目の投稿です。今週末に生後54日で1度目のワクチンに行きます。よく”散歩はワクチンが済んで1週間後に”とか”シャンプーはワクチンが済んでから”などと記載されていますが、これは1度目のワクチンが済めば良いという事なのでしょうか?いろいろ検索しているとワクチンを3回目まで投与しようと思うと4ヶ月に突入してしまいます。4ヶ月までの仔犬の社会性が重要と記載されているのが殆どなのに、ワクチンを摂取してから…だと矛盾しているような気がするのですが…?現にあるHPにミニシュナ(うちもミニシュナ)を飼われている方が日記をつけられていて、生後50日目くらいから海岸を散歩したりおでかけしたりして、生後半年くらい毎日日記をつけていらっしゃるのですが、とても良い子に育っていて、私の理想とする犬&主人&犬との社交性があるのです…やっぱり仔犬からいろいろ経験させないとこうは行かないのかな〜..でも病気で死んじゃったりするリスクも絶対に排除したいし….う〜…皆様どのようにお考えですか?
RE:子犬の散歩デビューについて… きよみママ さん
はじめまして  ワクチンは2回接種後です  やはり社交性ももちろん大事ですが安全性が一番だと思います  別に散歩(歩かせなくても)させなくても抱っこして外に馴染ませましたよ 抱っこしていても周りの景色・音・人などふれさせてあげる事は出来るとおもいます

RE:子犬の散歩デビューについて… aito さん
 私はワクチンを打つ前でも、お散歩をします。 
 社会性を第一に考えます。

RE:子犬の散歩デビューについて… そう さん
ワクチンは獣医さんによって2回打ち・3回打ちとやり方が違うのですが、最後のワクチンが済んでから外へ…ということがほとんどです。

ただ、社会性うんぬん…も私も思っています。
我が家のワンは2回打ちプラスパルボのみ追加接種、という形でしたが2回目の後から、まずだっこで家の周りを歩いて車や他の音に慣れさせ、次に清潔で安全な場所での散歩と安全なワンコ(ちゃんとワクチン打っているワンコ)との遊びは解禁しました。

かかりつけの獣医さんは「3回目の後で」と仰いましたが、自己責任で散歩スタートしました。

もちろん病気になる可能性もあります、要は飼い主さん次第・考え方次第なんじゃないかな?と思います。

うちの犬は中型犬で、家の中だとパワーをもてあましていた部分がありますので早めた、という事情もあります。

きちんと健康管理をして、子犬の体調に注意し、何かあっても自己責任で…という心構えがあるなら大丈夫かもしれません。
自信が無い、安全性重視でワクチン終了を待つとしても、その後の犬との接し方で十分社会性も身につくと思います。
RE:子犬の散歩デビューについて… チョラ さん
私は獣医さんのすすめで、今は大事な時だからいろんな所に連れて行ってあげてって言われたので、普通に散歩してました。
でも、草むらには絶対入らせないようにしたり、道路を歩く時はやや真ん中よりで散歩してました。
あと、他のワンちゃんと遊ばせる時はワクチンを打ってるワンちゃんとでした。

RE:子犬の散歩デビューについて… ワン好き! さん
さくらのママさん♪こんにちわ!
我が家もきよみママさんと同意見です。
ただし、ワンちゃん達が沢山いる所に、一緒に連れて出かけなければならない場合(例えば、オフ会等色々な地方から、ワンちゃんが集合する様な場所)は、2回目のワクチン接種後1ヶ月後に、パルボの単独接種をお奨めします。
地方によっては、パルボが流行っている場合もありますし、仔犬にとっては、一番死亡率の高いものだからです。

RE:子犬の散歩デビューについて… ペコ さん
私は歩かせるお散歩は
ワクチンがすべて終わってからのほうがよいと思います。
家のワンは抱いて外に連れて行ってました。
友人などにも家に来てもらい
その中で人間に吠えたりしない事を教えていきました。
社会性も大事ですが、他のワンちゃん達と関らせるのは
ワクチンが終わってからでも全然遅くないと思いますし。
社会性もワンちゃんが元気であってこそだと思いますので
ワクチンが終わるまでは私は他の犬との接触は極力避けるべきだと思います。
仔犬のうちは体力も弱いですし・・・万一何かあってもかなしいですから。

余談ですがウチには今母犬と仔犬達がいますが
ドクターと相談の結果
仔犬の一回目のワクチンが終わるまで、母犬の方も散歩は控えています
慎重になりすぎかもしれませんが後で後悔したくないのと
母犬は元々寒がりでこの時期はコタツの友(笑)
散歩も嫌がって
マンションのエントランスで足を踏ん張る、座り込むような子なので
ちょうど良かったのかもしれません。
(その分家の中でボールなどで運動させてますが・・・)

RE:子犬の散歩デビューについて… pin さん
>でも病気で死んじゃったりするリスクも絶対に排除したいし

こう考えるのならワクチンを全て終えてからだと思います。
それ以前は感染の危険があります。 抱いてお外に出ても空気感染の
危険はありますよね。 清潔かどうかなんてウィルスは目には見えませんから、 見た目バッチイ場所より 見た目綺麗な場所の方がリスクが少ないだけと考えた方がよいのでは。 あとは飼い主の責任で決められたらと思います。
RE:子犬の散歩デビューについて… aito さん
ワクチンは、2回から3回摂取したあと、1年後にもう一回、そのあとは、3年間隔がいいそうです。

 それと、社会性を考えるなら、やはり、1回目のワクチンをうったあと、外にだすようにした方がいいと思います。 もちろん、他の方がいわれているように、リスクはあります。 ただ、草むらとか、接触も、ワクチンを打っているワンコとさせたり、すれば、かなり、リスクは減ると思います。

 あと、2回目のワクチンがおわったら、ワンコにも、是非、泥んこ遊びをさせて、人間のコとおなじですよ。 泥んこ遊びの大切さは、わかりますよね。

 ワンコがこの先、健康で、生きていくための、基礎的な免疫をつくらなければいけません。 まあ、普通ワンこは、大丈夫だとおもいますが、清潔すぎるのは、人間も同じ様に、百害あって、いいことはありません。

 家のわんこも、小さな小型犬から、超大型犬、子犬から、老犬まで、遊ぶ事ができます。 相手にあわせて、遊べるようになりますよ。
 人間には、少し慎重ですが、吼えて威嚇することは、まずありません。相手がフレンドリーであるかぎり、こちらも、フレンドリーに接触できます。 ちゃんと、社会性を身につけて育てれば、 本当にいいコになります。

 
 
RE:子犬の散歩デビューについて… りょうた さん
こんにちは、さくらママさん。色々と意見がある中ですが、うちの考え方も書きますね。
丁度今週2度目のワクチンが終わり、孫を初めて外に出しお散歩デビューさせたのですが、うちに関してはこの時期の社会性を考えるより安全性を第一に考えています。父犬を購入した時の事ですが、元から(ペットショップ)パルボと言う病気を持っていて1回目のワクチンを打ちに行った時に病院でわかり、その日から命にかかわる大変な思いをしました。2週間ほどでしたが入院・看病・毎日の通院と。先生にも「助からないかも」「もうおうちに連れて帰ってあげて下さい」という事があったので、特に仔犬の時期は病気が恐いと思うようになりました。何よりもその時の我が子を見ていられないくらい、衰弱しきって可愛そうでした。
そんな事もありその子は、お散歩デビューまで5ヶ月かかりましたが、公園で会ったお友達ワン達のおかげで、すぐにワン社会を覚えて今では社会性がない子とは思えないくらいに育ってますよ。(親ばかかもしれませんが・・・)
自分はワンの社会性などは、よっぽど大人になった犬でないかぎりデビュー後の育て方が一番大切なのでは?と思うのですが。。。
週末のワクチンをうちに行く先生をさくらママさんが信頼出来る病院であれば、一度先生に相談して見てはどうでしょうか?病気の事ですし先生の注意を聞かずに外に出し、もしもの事があっても、きっと先生もあきれてしまうかも?その時は自分自身もくやみきれないのでは。
まずは安全を第一に考えて(何か起きてからじゃ、社会も関係なくなってしまうしね)これからのワンちゃんとの暮らしを考えた方が自分はいいと思うのですが。
RE:子犬の散歩デビューについて… むぅ さん
私も来月3回目のワクチンを打つ仔犬を飼っています。
(もうすぐ3ヶ月です。)

獣医さんによって色々な見解があると思いますが、
うちがかかっている獣医さんは
社会性を育てるために家の庭先で短時間(5分程度)遊んであげたり、
だっこして外を少し歩く程度のことはした方がいいと言っていました。
ウィルスは人間の体について家の中まで運ばれてくるケースもあるので、
上記程度のお散歩(?)で感染するとすれば、
家の中にいても感染する可能性は高いと…。

私は天気がいい時は庭先で遊ばせたり、
だっこして外を歩いたり、車でちょっと遠出したりしています。

さくらママさんもまずは獣医さんに相談なさって、
それからご自分でお決めになればいいと思います。
やはり、人それぞれ考え方は違いますものね。

お互い頑張りましょう!

RE:子犬の散歩デビューについて… みなこママ さん
今日は。家でも抱っこやキャリーに入れての音の慣れさせというのはしますが
犬との触れ合いというのは実際はしません。4ケ月までしませんが、社会性が
身に付かなかったという事はないですよ。私自身思うのは、仔犬の環境の変化
が例えばブリーダー、ペットショップ、里親と下手をすると、たかだか
生まれて二ヶ月足らずで三箇所も変わる子がいるんですよね。またその間
に飛行機まで乗せられる子もいる訳で、自分が見えるのは里親になってから
ですが、その間の仔犬の負担って通常では考えられない位の負担に
なりますよね。免疫力も体力も低下して当たり前ではないかなーと
思います。ですので里親になった場合はやはり一番大切なのは体力の安定を
見ることであって、ここは君の安住の地だよ、早く私達家族の仲間になってね
という事を優先した方がいいとは思います。大切なのはいざ散歩に行ける
様になった頃にしっかり毎日行く事だと思います。正直言って、仔犬に
こういう負担をさせる事自体が本当は問題だ、と私は思います。
せめて生後80日までは同じ環境でブリーダーさんが社会性を身につける
努めをして、その後里親さんが引き取る様にすれば、本当は親、兄弟
との関係をしっかりした子は噛み癖なんてないんですし、精神的にも
肉体的にも安定します。可愛い間に売ってしまおうというシステムが
仔犬に負担を強いる事だという事、理解してほしいと思います。
RE:子犬の散歩デビューについて… さくらのママ さん
皆さん本当にいろいろなご意見ありがとうございます。
皆様のご意見を参考に、いろいろ悩んだ末、私が出した決断は
2回目(生後82日予定)のワクチンが済んだ後に抱っこをして外出したり
車に乗せたりしようと思います(もちろん短時間)
本当は3回目(生後110日予定)のワクチンを接種させるまでに
パピー教室などに参加させた方がいいかと思っていたのですが
主催者側がワクチン証明書の提示を参加者に求めるわけでもなく
危険性を考えるとやはり断念せずにはいられません。
ワクチン接種後1週間以降にパピー教室参加させてみます。
それまでは信頼のある友人のワンたちと遊ばせて見ようと思っています。
私の友人のワンもペットショップで購入してすぐにパルボに
感染している事がわかり死にかけてとても辛い思いをしたのを
鮮明に覚えています。
身近にこういう話があると、パルボって本当に感染しやすいんだな〜..と
真剣に考えてしまいます。
まだ生後50日のさくらですが、本当に良い子に躾が入って行って
(もちろん少しづつですが…(^^;))明るくてやんちゃで可愛くて
可愛くて仕方がありません。
この子のためにも今後好奇心旺盛な何事にも物怖じしない
大らかな子に育って欲しい…と心から願っています。
お出かけする時は細心の注意を…
予防接種が終了するまではワンを飼っている人間にも
触れさせてはいけないらしいです。(そのワンが予防接種を
しているとは限らないから….)しかしどうして予防接種受けさせ
ないかな〜..私には考えられん!
本当にワンを飼うのって人間の子供育てるなみに難しいですよね?!
本当に
RE:子犬の散歩デビューについて… popo さん
まず、ワクチン接種日は医師の指定ですか?
医師によって考え方が様々なので何とも言えないところではありますが、生後54日での接種が早いか妥当かで3回目が必要か否かも変わってくると思います。
また、「念のため」で3回目を打つ場合もあります。
2回で済ませたいなら、再度医師とご相談されては如何でしょうか?
うちの場合、かかりつけの医師は生後63日前後で1回目を打つ方針なのですが、3回目が必要とは一度も言われたことがありません。(二頭お世話になっていますが)
シャンプーに関しては、ワクチン接種後1週間は避けるように言われますが、ワクチン接種前の幼犬を洗うな、とは聞いたことはありませんね。
うちの三女は保健所からの引き取りと言うこともあって、生後45日頃に洗ってますけど、異常は何もありませんでした。
長女もワクチン前に洗ってます。
社会性ですが、これは何もワンを歩かせないと身に付かない、と言う物ではありません。
抱っこしてさくらのママさんが通りを歩くだけでも身に付きます。
お友達に来て貰うとか、逆にワンを連れてお出かけする中でも身に付きます。
要するに、人慣れ・音慣れさせるための環境を作ってあげれば良いんです。
ウィルスや細菌はどういった経路で感染するかご存じですか?
種類によって発生しやすい場所があったり、空気感染、経口感染いろいろあります。
さくらのママさんの住んでいる環境によっては、ワクチン接種後であろうと危険はあるかと思います。
あまり神経質になってもワンとの生活をエンジョイできませんが、一度ウィルス感染についてお勉強してみてはいかがでしょう?
そうすれば、自ずと安全な場所やお散歩での注意がわかると思います。
で、ある方のHPの件ですが、「隣の芝生は青い」じゃないですが、飼い主次第ですよ〜。
RE:子犬の散歩デビューについて… つちのこ さん
もう、さくらのママさんのお考えが固まったようですが一つだけ。
初期社会化の時期についてなんですが、過去に研究者達によって明らかにされているんですね。
簡単に言うと社会化の時期というのは感受期といわれ、外的な刺激に対して嫌悪感を持たずに受け入れる時期だそうです。
具体的にはだいたい8週齢から12週齢までの間だそうです。
また12週齢をすぎると見知らぬ人や場所、モノにたいして恐怖心を抱くようになるそうです。
もちろん犬種差、個体差はあるそうですが、おおむね当てはまることのようです。
こういった研究結果のもとに、よく言われている2,3ヶ月のころはこれから暮らして行くであろう環境の中で
できるだけいろいろな人や物を見せて社会化をさせるということになるのだと思います。
また、この時期に適正な社会化を受けていない場合、後々問題行動を引き起こす確率も
高くなるそうです。

こういったことも実験結果として明らかになっておりますので、考慮してくださいませ。

RE:子犬の散歩デビューについて… aito さん
< 社会性ですが、これは何もワンを歩かせないと身に付かない、と言う物ではありません。
抱っこしてさくらのママさんが通りを歩くだけでも身に付きます。>

 最初に断っておきますが、悪気があっていうわけではありません。

 だっこ、して、歩きまわるだけでは、社会性をみにつけることは、100%無理です。 抱っこされた状態での、外の環境や音になれますが、 対人間、対犬、となると、無理です。 社会性をみにつけさせるなら、 犬同士は、リードをはずして、遊ばせること、人間でも、リードをはずす、場面をつくったほうがいいでしょう。 最初から、なにもかも、うまくいきません。でも、それでいいのです。色々な経験から、学んでいくのです。それが、犬という生き物です。

 社会性より優先すべきものがある。ということですが、残念ながら、犬が犬社会、人間社会で暮らす以上、社会性をみにつけない犬は生存事態が危うくなります。 この社会で暮らす以上、他の犬や人間にたいして、大きな迷惑です。

 問題行動の怖さ、はかかわってみた人でなければ、わからないとおもいます、 その、問題行動を解決するのは、大変な労力が必要になり、乗り切れずに、手放す。(安楽死です。)人もあとを、たちませんし、犬の事故の多くは、この社会性が無いためにおこっています。

 かわいい、だけでは、すまない問題です。

aitoさん、お言葉ですが・・・ ペコ さん
ワンちゃんって予防接種が終わってもまだまだ子供ですよね。
だから皆さん、社会性はそれからでも良いんじゃないかって
おっしゃっているんだと思います。
皆さんがおっしゃっている抱っこして歩き回るって・・・
触ってもらったりして人間に慣れさせるという意味では?

ほとんどの獣医さんが皆「ワクチンが終わるまでは・・・」っておっしゃるのは
ちゃんと意味があるはずです。
ウチのワンはワクチンが終わるまでは散歩もさせませんでしたが
人間にも他のワンちゃんにも吠えたり唸ったりしたことは一度もありません。
他のワンちゃんとも上手に遊んでますよ。

【犬同士は、リードをはずして、遊ばせること、人間でも、リードをはずす、場面をつくったほうがいいでしょう。】っておっしゃいますが
あの・・・予防接種も終わっていないほど小さな子にリード付けて出かけるより
もっと先にする事があるだろう・・・って思うのは私だけなんでしょうか?
社会性といってもワンちゃんにとって一番身近な社会はそのお家ですから
まずはそのお家の家族の一員としてのルールを教えたりしている間に
予防接種終わるぐらい大きくなっちゃうんじゃないかな?

焦って早くに表に出して他のワンちゃんとあそばせても
その子の健康に問題が出てから後悔しても遅いですから・・・。

・・・イジワルで言うんじゃないですが
なんだか・・・日本語もまだわからない子に英語教えようとしている
教育ママみたいに思えちゃったりします。

RE:aitoさん、お言葉ですが・・・ aito さん
あとからでも、まにあうのなら、そうしたいところです。 しかし、上の、つちの子さんの、レスを読んでください。 
 時期が大切なのです。社会性においては、時期がすべてといったほうがいいくらいなのです。

 
なぜ断言できるのですか? 月湖 さん
> 社会性においては、時期がすべてといったほうがいいくらいなのです

なぜそこまで断言できるのですか?
うちは3匹の大型犬を飼っています。
最初の子が散歩デビューしたのは生後4ヵ月半、2番目の子は訳ありの子を引き取り前の飼い主さんのもとでは散歩させてもらってなかったので
生後7ヶ月から散歩をはじめました。
3匹目は3ヶ月と1週間で散歩デビューできたので早い方だと思います。
でもどの子も3回のワクチンが終わってからの散歩デビューですが、社会性には何ら問題なく、
全員、犬好き人好きだし、特に一番散歩デビューの遅かった2番目の子が実は一番社会性があります。
ただうちはワクチンが済んでお散歩出来るようになってからは週に1回だけワンコの集まる場所へ行き時間が許す限り他のワンコと遊ばせました。
それ以外の毎日の散歩は仕事の都合などで早朝だったり夜中だったりしたのであんまりほかのワンコや人には会えません。

私の経験とうちのワンコはあまり時期は関係ありませんでした。
私の経験上、大事なのは時期ではなくて「どれだけ他のワンコや人とたくさん遊ぶか?」でした。
RE:なぜ断言できるのですか? aito さん
 もちろん、個体によって違ってきていいと思います。 あくまで、一般的な話です。そして、 その後の犬の環境によっても違ってくるのは、当然です。
 しかし、社会性をうまく身につけさせるのに、重要な時期はまさに、この時期が一番なのです。 それと、大型犬と小型犬、では、違ってきます。
 大型犬はその身体の大きさから、人間にも犬にも危なくないように、おとなしい個体、をのこせるように、ブリーディングしてきました。そのため、大型犬は成長しても、幼児性が完全にぬけきらないようになっています。
 小型犬は半年、1年をすぎるころから、精神的に自立していくようになります。

 ですから、大型犬の場合は多少おくらせても、その後のケアがよければ、問題は少なくすむと思いますよ。 もちろんこれも、個体差があるわけで、全部の大型犬がそうだとは、いえないでしょう。

 犬の躾をしていく時、大切な事の一つは、自分と、自分の犬の個性にあった、方法を探り出すということがあります。これは、 まさに、個別に微妙にちがってくるわけで、そこのところも、飼い主は考えて色々行うということがいいのでしょう。
 ただ、社会性といえば、犬にとって、生存と同じくらい大切な事です。小さな、生まれたばかりのころから、人間に触ってもらい、なれるのが一番なのです。 最近、無理なブリーディングで、そもそもの性格からきつくなってきている犬が多いと聞きます。そして、生まれて直ぐに色々と人間にさわってもらうとか、人間と遊ぶとか、自動車の音をきくとか、経験をつんでいない、子犬が多いと思います。
 そういった、子の場合、この、時期を後にずらすということは、後で非常な困難が待っている可能性も強いでしょう。
 すべてが、理想的なことは、殆どの人が無理な現実があります。 しかし、犬が生きていく為社会性をしっかりと、見に付けさせることは出来るだけ、努力したいと思います。

 そして、あなたの場合、3匹の犬ということがあります。最初の1頭は違うでしょうが、あとの、子たちは、先住犬がいるわけで、お散歩ということを、しなくても、犬に接触させる事が出来ます。
 1頭で飼うこととは、決定的に環境が違います。(うらやましいです。)

 時期の重要性については、つちのこさん、のレスをよんでください。

耳学問ですが・・・ ぼけナス さん
感染症を第1に考えた場合には完璧なワクチン接種が完了するまでは
外出しないのが鉄則ですが、子犬が無菌室にいて、子犬と接触する人間が
完全に消毒されていない限り、感染症の危険は無くならないのでは無いで
しょうか?

犬の脳細胞が無制限に発達するのは10週齢程で、成熟しない細胞(未発達)の死滅の完了は3〜4カ月齢で終わるそうです。

また、この時期の経験は脳に直接刻み込まれ、これ以降に体験することがらは学ぶ事は出来ても深く刻み込まれることはなく更新が必要であるそうです。
脳の発達にはより多くの刺激を受ける方が良いそうです。
他の犬や外界との接触は程度の問題(直接的な接触)もありますが
犬の脳の発達には必要なことだと思われます。

このことは獣医学医者のジョエル・ドゥハッスが著書で言っています。
また、訓練士の立場から藤井聡氏は社会性取得の為、ワクチン接種前の
外界との遮断に疑問を持っている方も居られます。

ですから、注意は必要でしょうが、外界との接触に余り神経質になる必要は
無いのではないでしょうか?
RE:なぜ断言できるのですか? つちのこ さん
この社会化の時期についての疑問は
   『The Domestic Dog its evolution,behavior and intreaction with people
      犬  その進化 行動 人との関係』
という本の中で研究者達のリポート、実験結果など科学的な観点から書かれていますので
ご興味があればお読みになってみてください。
返信ありがとうございます 月湖 さん
aitoさん、ぼけナスさん、つちのこさん、返信ありがとうございます。
でもどうも完全には納得できないです。
その実験とか化学的な方面から言われても実際の経験として自分の愛犬だけでなく、
一緒に遊ぶ友達ワンコたちも大半は3回目のワクチン終了後から
散歩を始めて他のワンコなどとの接触を持つようにしています。
その中には小型犬も多いし、1頭飼いの子がほとんどですがみんな社会性のキチンと出来たよい子ばかりです。
それと書き忘れましたがうちの3匹は大型犬ですがけっして世間一般で「飼いやすい」「大人しい」と認識されている犬種ではないです。
どちらかと言えば「扱いにくい」「躾を間違えば危険」と言われるタイプの犬種です。
ですからaitoさんの言うタイプの大型犬には当てはまりません。
多頭飼育で社会性が出来やすいというのはあっているかもしれませんが。

私の考えとしてはやはりお三方の考えもその実験結果も理屈として理解は出来ますが、リスクを押してまでする必要を感じません。
だってそのことによってパルボやジステンバーなどになったときに苦しむのは愛犬です。
飼い主の責任で行ったことが飼い主に返っていくならばそれは飼い主の勝手だけど、
飼い主の責任で行ったことが愛犬に跳ね返っていくのは私は望みません。

ただつちのこさんのご紹介くださった本には興味がありますので機会があったら読んでみようと思います。
どうもありがとうございます。
RE:子犬の散歩デビューについて… さくらのママ さん
引き続きいろいろ勉強していたら、このようなHPにあたりました。
もし私と同じような悩みを持っていらっしゃる方がいれば
ご参考まで..

引用元-dogoo

今日の人気記事ランキング

子犬の散歩デビューに最適な時期とは

子犬の散歩、楽しみだけど…

子犬を飼おうと考えた時、子犬としたい楽しみの一つに

散歩が有りますよね。

街の皆さんに、自分の可愛い愛犬を見てほしい。

愛犬に色んな事を覚えて感じてほしい。

単純に子犬と一緒に歩きたい。

スタスタ歩く小さなお尻を見ているだけでほっこりしてきます。

夢はどんどん膨らむばかりです。

でもいざデビューをしようとすると、ちょっと気になることが。

子犬の散歩って、いつから始めたらいいのでしょうか。

それから、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか?

一般的な散歩の開始時期はいつ?

昔はおうちの外で飼うのが当たり前でした。

一般的な狂犬病ワクチン以外の、子犬時のワクチンを打たないケースもありました。

それでも、母親から母乳を受け継ぎ、免疫が出来てきます。

最近はブリーダーさんから子犬を引き取れば、母親からある程度の免疫を受け継ぐこともできますが

ペットショップで子犬を買った場合、免疫を作っている最中で母親と引き離されてしまうことも考えられます。

また、子犬をとり囲む環境も変わってまいりました。

草むらなどの柔らかい散歩コースが少なくなり、都会では空気も変わってきています。

散歩に早く行きたいのもやまやまですが、担当の獣医さんに従い、最後のワクチンが終わって

子犬の体調がよい、出来れば天気の良い日からスタートするのが望ましいでしょう。

子犬の成長を促すのに一日でも早く外の世界を見せてあげたい、と思うのはわかります。

でも、その数日を焦ってしまったばかりに愛犬が体調を崩してしまったら…その方が子犬にとって可哀想です。

なぜ、ワクチンが2回ないし3回有るのか、を考えてみてくださいね。

それまでの時期はずっと家の中?

あなたの愛犬が、小型犬や中型犬で、あなたが抱っこすることができれば、

2回目のワクチンが終わって子犬の体調が整い次第、短時間なら、外の景色を見せてあげてもいいでしょう。

外の景色をみることで気分も変わるでしょうし、

みた事のないものはきっと子犬にとってもワクワクとハラハラの連続ですが

その、「初めて」を飼い主の手の中で知ることで、素直に安心して捉えられるかもしれません。

ただ、最初から欲張ったりしないでくださいね。

最初の一日はいつにしよう?

では、一般的な開始時期や、外に慣れさせる、ということを踏まえて、

実際にいつからリードをつけて外に出かけるか、ということですが、

最初の一日を決める前に、散歩コースになりそうなところを実際に歩いてみてください。

意外と交通量が多いところを歩かなければならない場合は、最初の数日は家から離れるコースを

作るより、車や他の犬たちになれる数日間にしたほうがいいでしょう。

みた事のない大きなものや聞いたことのない大きな音は子犬にとって、思いのほかストレスになります。

あくまで子犬がもうちょっと行きたいかな?位の時間で早めに切り上げてあげたほうが

帰ってきてから落ち着いて休めます。

また、実際に歩く道そのものも気にしてあげてください。

あまりにも暑い夏の日や、すごく寒い冬の日は、

子犬が人間よりも低いところを歩かなければいけない事を計算に入れてくださいね。

アスファルトは真夏では50度以上になることもあります。

照り返しで、人間よりずっと早く脱水症状になりやすいのです。

雪道はもちろんマイナスの冷気が子犬のお腹を冷やしていきます。

短毛の犬種で洋服を嫌がる子じゃなければ洋服を着せてあげてもいいでしょう。

道を選ぶ時、直に手で地面を触れてみてください。まだ外を歩いたことのない子犬の足の裏は

成犬のそれとは違います。この気持ちを大切に道を選んでいきましょう。

人間も子犬も、焦らず、少しずつ散歩を楽しんで社会性を身につけて行けばよいと私は思います。

引用元-子犬のしつけ

チワワの飼い方!お散歩デビューで注意することは?

チワワの飼い方で気を付けたいお散歩デビューについてご紹介します。

犬を飼い始めたらすぐにでもお散歩に行けると思うかもしれませんが、

子犬のチワワをお散歩デビューさせる前にやらないといけないことがあります。

一緒にたくさんの楽しい思い出を作るためにもしっかり押さえておいてください。

「お散歩大好き♪ん?このにおいは何だろう?」

チワワの飼い方〜お散歩編〜

チワワを子犬で飼い始めたら
ワクチンについて理解を深めておきます。

ワクチンの接種については
ワクチンの種類に一度目を通してもらうといいです。

子犬のころは免疫力が低いので
ワクチンで病気から子犬を守るんですが
子犬の場合は3回ワクチンを接種するのが
一般的になっています。

原則として90日目のワクチンが終わるまでは
お散歩を控えておいてください。

ただ、動物病院によって
ワクチンの種類などは異なるので
回数や期間が違うこともあります。

この点については獣医さんと相談してください。

ワクチン接種をすると摂取証明書が
出されるんですが、この摂取証明書は
ドッグランや宿泊施設などで
提示を求められることが多いものなので
紛失しないよう気を付けておいてください。

さて、既定のワクチンも無事に摂取し終わったら
いよいよお散歩デビューなんですが・・・

その前にもう少ししておいたほうがいいことがあります。

チワワとお散歩デビューの前にすること

チワワはその子の性格にもよりますが
怖がりな子が多い傾向にあります。

家の中では大丈夫なのに、外に出たら
急に怖がりになる内弁慶タイプの子が
多いんですね。

家の中のものには慣れたから、
自分よりも大きいものがあっても
怖いとは思わないでしょうが、
お外の世界は大きなものだらけですし
全く環境が違いますからね(゜o゜;!!

子犬のチワワにとっては恐怖を感じても
不思議ではありません。

そこで、本格的なお散歩デビューの前に
子犬のチワワがスムーズにお散歩デビュー
するためにやっておきたいことがあります。

それは

音に慣らす

空気に慣らす

この2点です。

チワワの飼い方「音に慣らす」

室内にいると、あまり外の音って聞こえないですよね?

チワワなどの犬の耳はわたしたちよりも
とてもいいです。(犬の聴覚を参照)

同じ音でも私たちに聞こえているより、
大きな音で聞こえているんですね。

今までは室内の静かな環境の中で
過ごしていたチワワの子犬にとって
大きな音というのはとても怖いものです。

しかも、車の音や遮断機の音
シャッターの開ける音や工事の音など
チワワの子犬にとってはなんでこんな
大きな音がするのか原因もわかりません。

だから怖いと思っても当たり前なんですが
繊細な性格の子ほど、あまりの怖さに
お散歩が大嫌いになってしまうという場合があります。

これを回避する方法はというと・・

家の中で遊んでいるときなどに
外の音を聞かせるようにして
慣らしておくようにしましょう。

スマホででもいいですから車の音や
工事の音などを録音しておきます。

そして、ちょいちょいその音を聞かせて
音がしても大丈夫という状態にしておきましょう。

チワワの飼い方「空気に慣らす」

チワワを空気に慣らすというのは
外の空気に触れさせるということです。

室内にいるときも、窓を開けて
外の空気のにおいをかがせるようにしてください。

犬は嗅覚も鋭いわけですから
わたしたちよりもいろいろなにおいを感知します。

外のにおいを知らない状態でお散歩に行き
急にいろいろなにおいをかいでしまうと
パニックになることも考えられます。

一番いい方法は、抱っこした状態で
お外に出て、外の世界に触れさせることです。

抱っこしてお外に出る分には
ワクチン接種前でも大丈夫なんですね。

あくまで、地面を歩かせるのは
ワクチン接種をしてからがいいですが
抱っこした状態で外の世界に触れるのは
ワクチン前でも問題ありません。

社会性を身に着けさせるのは
早い段階からのほうが好ましいので
道の上を歩かせる本格的なお散歩のまえに
あなたがしっかり抱っこをして、
お家の周りを散歩してあげるといいでしょう(*^^*)

この2点を慣らしておいてあげると
比較的スムーズにお散歩デビューをすることができます。

でも、やはりチワワによって性格もありますし
慣れるスピードも違いますから
お散歩を怖がるようだったら、
あまり無理にお散歩をさせるのはやめて
愛犬の様子をしっかり見てあげてください。

また、チワワは家にいるときは強気だけど
他の犬は苦手で、外で犬に会うと
怖がって抱っこをせがむという子も多いです。

どうしても怖がるようだったら
相手側に「この子はほかの犬が苦手なんです。」
と告げてから、抱き上げるようにしましょう。

チワワの飼い方は、チワワならではの
注意が必要なことがあります。

体が小さいチワワですから、
少しでも怖い思いをさせないよう
気を付けて慣らしてあげることで
楽しいお散歩ができるようになります。

事前になるべくたくさん慣らしておいてあげてくださいね(*^^*)

引用元-愛犬の選び方

twitterの反応

 - ペット・動物

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です