僕の私の話題まとめ

いつも気になるあんな事やこんな事をまとめています。

*

【畑の青魚】エゴマ油とその効果とは

   

【畑の青魚】と呼ばれるエゴマ油。
エゴマの葉にはEPAやDHAの元となるαーリノレン酸が豊富に含まれています。
今回は、エゴマ油の効果・効能についてまとめてみました。

  こんな記事もよく読まれています

15_04_13_18_54_00_1
残酷な痛風 膝 水が支配する

膝に痛みが出て、水がたまるのは「通風」の証拠?

なんて気になりますよね・・・。

本当に沿うかどうかもわからないという方のために

ここでは膝に水がたまると通風なのかどうかについてご紹介しますね。

15_06_03_01_00_06_1
交感神経と副交感神経を上手に切り替えるためには?

最近なんだんかよく眠れない・・・なんてことありませんか?
そんな症状が出る場合、交感神経と副交感神経の切り替えが上手く行っていない可能性があります。
今回は交感神経と副交感神経を上手く切り替える方法についてまとめてみました。

wpid-2015_08_01_12_29_5.jpg
子宮がんの検診に行く時の服装と気をつけること

子宮検診など婦人科を受診するのは不安ですよね。

どんなことに気をつければいいのか調べてみました。

15_06_03_01_01_16_1
女性も糖尿病に!?原因と対策まとめ

糖尿病といえば主に男性がかかる病気と思いがちではありませんか?
実は、女性も糖尿病になる可能性は充分にあります!
女性の糖尿病には女性特有の症状や原因がありました。
今回は、女性の糖尿病の原因と対策についてまとめました。

15_03_03_21_42_53_1
男性も髪のケアについ考えよう!

女性はおしゃれする人が多いけど、

男性もしゃれについては考える人もいるはず。

その中でも一番興味あることは髪のケアではないでしょうか?

ここでは男性の髪のケアについてお話します。

15_03_03_21_41_49_1
精神疾患の中の症状に攻撃的になるというのがある?

今現在、心の病気が増えているといわれています。

その中でも攻撃的になってしまうという症状が出る病気もあります・・・

攻撃になるという症状のある病気について・・・またその克服方法についてご紹介します。

15_03_17_19_45_03_1
毎日ビールを飲むことが健康に与える影響のまとめ

毎日飲むと太いやすいとか、病気になりやすいと悪いイメージを持たれがちなビールですが、実は毎日適量のビールを飲むことが健康に良い影響を与えるそう。毎日ビールを飲むことが健康に与えるいい影響をまとめました。

15_03_03_21_32_04_1
肥満にはホルモンが関係しているの?

食事のとりすぎ、運動不足などいろいろ重なって肥満気味に

でもちょっと待って。。。肥満ってホルモンって関係しているの?

というあなたに、肥満の原因にホルモンが関係しているのか、ここでご紹介しましょう。

15_06_25_22_18_58_1
指を骨折してしまった!リハビリの方法は?

指を骨折してしまうといろいろ不自由!
いち早く治すためにはどうしたらいいの?
特に手の指は他の関節よりも細やかに動くけれども
そもそもリハビリってあるの?今回はそんな指の骨折、
リハビリの方法などまとめてみました。

15_03_22_18_17_31_1
【心血管が石灰化!?】動脈硬化性プラークとは!

心臓の血管が石灰化する・・・そんな恐ろしいことが実はよく起きています。

動脈硬化は「沈黙の病気」ともいわれ、発症しても初期症状が殆どなく、深く静かに、でも確実に進行していきます。

今回はそんな恐ろしい病「動脈硬化性プラーク」についてまとめました!

15_03_20_20_14_12_1
体重より見た目の変化?それとも体重を減らすことは大事なの?

ダイエットは永遠の目標だったりしますよね?

でもよく考えてみてください・・・体重を減らすことより見た目の変化のほうが大事だと

考えることはありませんか?

ここでは、体重を減らすことが大切なことなのか?それによって見た目も変わってくるのか?

ということをお話しますね。

15_06_03_01_10_54_1
生理痛が辛い!!痛みをどう例える?

女性にとって生理痛って辛いですよね。ただその痛みも個人差があり、女性同士でも伝わらないことも。男性だったらなおさら分からない!こんな時は例えることで痛みをイメージしてもらいたい。今回はそんな生理痛の痛みの例え方をまとめてみました。

15_06_16_02_20_58_1
うつ病の方への対応としてメールは大丈夫なの?

うつ病になってしまった場合、会話を楽しむことが出来ず、逆にふさぎこんでしまう場合もあります。
そんな場合の手段として、メールを送るという方法があります。うつ病の方へ負担にならないよう、
軽いメールから始めてみてはいかがでしょうか?
今回はうつ病の方へのメールの方法をまとめました。

15_03_20_20_11_22_1
まぶたが乾燥する原因とその対処法

まぶたは乾燥しやすいところですね・・・その乾燥するのを何とかしたいと

思うこともあると思います。

ここではまぶたが乾燥する原因についてとその対処法についてお話します。

15_03_20_20_09_31_1
つわり・・・夕方に出てくる頭痛に対処するには・・・

赤ちゃんが授かった喜び・・・けどその裏ではつらいつわりがありますよね。

その中でも夕方の頭痛がとてもつらいもの。

そのつらさ、ちょっとでも軽減したいというあなたに、

それらを軽減する方法をお話します。

15_03_01_19_13_13_1
夕方に起こるめまいと頭痛について

頭痛やめまい、現代病だといわれていますよね。

これらの症状がみられたら注意!の病気について

ここではご紹介します。

15_04_13_18_44_18_1
イライラしてストレスがたまるとき・・涙が出てしまう人へ

ストレスがたまってイライラしてしまう。

そういう時ってありますよね?

無意識のうちに涙が出てしまうことも。

でも、それってもしかして・・・・。

不安になるあなたに、涙が出る理由と元気になる方法、ご紹介します。

15_06_17_01_02_31_1
ヘルニアって何?診断はレントゲンで出来るの?

ヘルニアと一言で言っても椎間板ヘルニアや首のヘルニアなど種類は多いですよね。ただヘルニアってどんなものか実際にかかってみないとわからないですよね。でもかかりたくないのが本音!今回がヘルニアとは何か、わかる方法はレントゲン?などまとめてみました。

15_06_25_00_35_31_1
ひじを骨折してしまった!リハビリ方法は?

ひじを骨折してしまったらどのように治すのか、
どんな治療方法があるのか分からないですよね。
リハビリはどんなことをするのか。
もしそうなってしまったら?
今回はそんなひじを骨折してしまった場合のリハビリ方法をまとめます。

【畑の青魚】エゴマ油とその効果とは

この記事はおよそ 12 分くらいで読めます。

エゴマってなに?

えごまとは一年草のシソ科植物で、青シソ(大葉)と良く似た葉をもつ植物です。「ごま」とは全く異なります。韓国では葉を食す文化があり、えごまの葉のキムチ漬けが有名です。

引用元-えごま油とは?|マルタのえごま

えごまとは一年草のシソ科植物で、「ごま」とは全く異なるものです。
一部の地域では、“じゅうねん”や“あぶらえ”などとも呼ばれ、昔から伝統食として食べられています。えごまは、油脂の原料となる種子で、オメガ3脂肪酸のひとつであるα-リノレン酸が豊富に含まれており、健康的な食生活に欠かせない油として注目されています。

引用元-オメガ3脂肪酸(α−リノレン酸)に注目!えごまオイル(しそ油) Perilla Oil-太田油脂株式会社

今日の人気記事ランキング

じゃあ、エゴマ油ってなに?

えごまの種子から搾った油「えごま油」は、その昔生活を照らす灯明油、また傘に使う防水など塗装用の油として、人々の暮らしで利用されてきました。現在では食用として使われています。

引用元-えごま油とは?|マルタのえごま

えごま油の効能・効果は?

その秘密はエゴマ油に含まれる、以下の体に嬉しい3つの栄養素です。

アルファリノレン酸

まずは他の油ではなかなか摂れないアルファリノレン酸。

体作りに必要不可欠な栄養素でありながら体内では自ら作られない必須脂肪酸なので、積極的に摂取したいものの1つです!

このアルファリノレン酸がアレルギーの抑制や生活習慣病の改善の働きをしてくれる上、体の中の油を分解して脂肪を溜まりにくくしてくれるんですよ☆

ベータカロテン

次に緑黄色野菜などにもたっぷり含まれるベータカロテン。

体の中でビタミンAに変化して、嬉しい効果を発揮してくれます。

美肌効果を始め、美髪効果、そしてなんとガン予防の効果まで期待されているんです♪

ロスマリン酸

最後は血糖値の上昇を抑えてくれるロスマリン酸です。

女性には嬉しい、ダイエットの効果があるポリフェノールの1種なんですよ。

ダイエット時のイライラ気分を抑えてくれる役割もあります。

引用元-「畑の青魚」ことエゴマ油の効果的な使い方および栄養素とは?

動脈硬化予防

不整脈予防

視力向上、痴呆の予防

中性脂肪低減

血中コレステロール低減

血圧低下

精神安定

記憶学習能力向上

抗アレルギー、抗炎症

抗腫瘍作用 n−6系脂肪酸とn−3系脂肪酸の摂取比率改善で『ガンの予防』

ダイエット

引用元-えごま(エゴマ)の効能(効果)

近年、荏胡麻にに含まれる「ロズマリン酸」というポリフェノールがダイエット効果があるとして注目されています。

人が摂取した炭水化物は、ブドウ糖へ分解されます。そして、体中で使われずに余ったブドウ糖は、やがて中性脂肪に変化して体に蓄積されます。

荏胡麻の実に豊富に含まれる「ロズマリン酸」は、炭水化物からブドウ糖に変化する過程において小腸の粘膜から分泌される消化酵素「マルターゼ」を抑える機能があります。その結果ブドウ糖に変化できなかった部分が蓄えられずに、麦芽糖として体外に排泄されます。この機能は、血糖値の上昇を抑える働きがあるので、糖尿病の予防効果にもつながると言われています。

血糖値の上昇が抑えられるということは、インシュリンの分泌が抑えられるということです。余った糖分が脂肪に変わりにくいので、ダイエットの効果も期待できると注目されています。

また、エゴマ(えごま)に多く含まれている「αリノレン酸(アルファリノレン酸)」は、油を分解して脂肪を体にたまりにくくする働きがあります。 細胞の中には、「ペルオキシソーム」と呼ばれる脂肪を燃焼させる場所がありますが、αリノレン酸は、このペルオキシソームに働きかけ、脂肪の燃焼を補助する働きがあります。

えごま(エゴマ)油はテレビ、雑誌などマスコミで「太らない油」として紹介されたことがあります。

引用元-えごま(エゴマ)の効能(効果)

twitterの反応

 - 健康

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です