僕の私の話題まとめ

いつも気になるあんな事やこんな事をまとめています。

*

【畑の青魚】エゴマ油とその効果とは

   

【畑の青魚】と呼ばれるエゴマ油。
エゴマの葉にはEPAやDHAの元となるαーリノレン酸が豊富に含まれています。
今回は、エゴマ油の効果・効能についてまとめてみました。

  こんな記事もよく読まれています

15_06_03_01_01_16_1
女性も糖尿病に!?原因と対策まとめ

糖尿病といえば主に男性がかかる病気と思いがちではありませんか?
実は、女性も糖尿病になる可能性は充分にあります!
女性の糖尿病には女性特有の症状や原因がありました。
今回は、女性の糖尿病の原因と対策についてまとめました。

15_03_03_21_41_49_1
精神疾患の中の症状に攻撃的になるというのがある?

今現在、心の病気が増えているといわれています。

その中でも攻撃的になってしまうという症状が出る病気もあります・・・

攻撃になるという症状のある病気について・・・またその克服方法についてご紹介します。

15_06_25_22_18_58_1
指を骨折してしまった!リハビリの方法は?

指を骨折してしまうといろいろ不自由!
いち早く治すためにはどうしたらいいの?
特に手の指は他の関節よりも細やかに動くけれども
そもそもリハビリってあるの?今回はそんな指の骨折、
リハビリの方法などまとめてみました。

wpid-2015_08_10_08_01_5.jpg
健康診断を受ける費用は個人だといくら?

会社員だと会社の費用で受けれますが、

主婦やフリーランスの方は個人で受けます。

その時の費用などを調べたみました。

15_05_31_00_46_45_1
走ると心臓が痛く感じる不思議

走ると楽しいですが、体の負担ってどうなのか気になるところですよね?ただ単に筋肉痛になっただけ?それともこの痛みはどこか体に大きな疾患が潜んでいる?心配になりますよね。こんかいは走るとき心臓が痛いのはなぜをまとめてみました。

15_06_17_01_02_31_1
ヘルニアって何?診断はレントゲンで出来るの?

ヘルニアと一言で言っても椎間板ヘルニアや首のヘルニアなど種類は多いですよね。ただヘルニアってどんなものか実際にかかってみないとわからないですよね。でもかかりたくないのが本音!今回がヘルニアとは何か、わかる方法はレントゲン?などまとめてみました。

15_03_03_21_39_21_1
自分の性格が嫌いなあなたへ

自分の性格は嫌いだけど、どうやって直したらいいかわからない

そういう悩み、切ないですよね。

でもいつかは自分の性格が好きになるときが来るはず

ということで、自分の性格がすきになるにはどうしたらいいのか?

ここではご紹介します。

15_03_22_22_14_10_1
【ドライマウス】更年期障害で虫歯に!?原因と対策は!

更年期障害になると以外にも虫歯になりやすいそうです。
その原因は【ドライマウス】という口内が乾燥してしまう症状によるもの。
虫歯は歯の痛み以外にも色々な合併症が発生してしまいます。
今回は更年期障害よる虫歯の原因とドライマウスの予防・対策をまとめてみました!

15_03_13_22_26_37_1
コーヒーのカフェイン何時間続くのでしょうか?

ひと時のコーヒー、ほっとしますよね?

でも、コーヒーってカフェインが含まれてる。カフェインってどれくらいの時間続くのでしょうか?

寝る前にコーヒーを飲んでも大丈夫かしら。

なんて思っているあなたに。ここではカフェインの効果がどれくらい続くのかお話しますね。

wpid-2015_07_18_12_51_4.jpg
メガネをかける必要のある視力とは。その基準は何?

メガネをかけるきっかけってなんですか?

学校の視力検査の結果が悪かった。運転免許がひっかかった。

それとも単に見えにくくなった?どのくらいの視力になったら常にかけたほうがいいのか?

今回まとめてみました。

15_03_17_19_54_55_1
朝ウォーキングがもたらす効果についてのまとめ

朝に行うウォーキングがもたらす様々な効果や、効果的な方法などについてまとめました。

wpid-2015_08_10_08_01_9.jpg
就活において健康診断は必須です。病院に行く時に気をつけること

就活に必要な健康診断。

大学で受けていればいいのですが、無い場合、病院に行かなければいけません。

その時に気をつけることなど調べてみました。

15_05_16_02_01_43_1
心臓が痛い!呼吸したときに一体なにが!?

呼吸するときに心臓が痛むことはありませんか?
もし、万が一、呼吸すると心臓が痛む場合は要注意かもしれません!
心臓が痛む原因は?受診は必要なの?という疑問にお答えします!

wpid-2015_08_10_08_01_4.jpg
健康診断の結果が遅いって大丈夫?

健康診断の結果が来るのが遅いのは

何かあるのでしょうか?

調べてみました。

15_03_20_20_13_31_1
二日酔いの頭痛や吐き気、食べ物でよくなるの?

宴会などでちょっと飲みすぎたぁ〜との経験、誰にでもあるはず。

二日酔いなんだけど、仕事もやらないと・・・

というあなたに。

15_04_13_18_44_18_1
イライラしてストレスがたまるとき・・涙が出てしまう人へ

ストレスがたまってイライラしてしまう。

そういう時ってありますよね?

無意識のうちに涙が出てしまうことも。

でも、それってもしかして・・・・。

不安になるあなたに、涙が出る理由と元気になる方法、ご紹介します。

15_03_31_01_56_38_1
怒られるのが怖い・・・という病気とは。

人に怒られることが怖い・・・と常に感じるようになると

それが病気として出てくることがあります。

ここではその病気についてお話したいと思います。

15_03_20_19_21_12_1
スクワットでダイエット効果が出る期間は?

ダイエット方法の中にはスクワットもありますね?

でもどうすればいいのか?どれくらいの期間で効果が出るのか?

分からない点も多いと思います。

ここでは、スクワットをすることによってどれくらいで効果が出るのか

ご紹介しますね。

15_03_01_18_16_04_1
ウォーキングの距離と消費カロリーの関係は?

ダイエットしようと思うときに、「ウォーキングはいいのかな?」と悩みそうですよね。

ウォーキングの距離が長いと消費カロリーは大きいのでしょうか?

そういうことも気になりますね。

ということでここではウォーキングの距離とと消費カロリーについて関係があるかどうかご紹介しますね。

【畑の青魚】エゴマ油とその効果とは

この記事はおよそ 12 分くらいで読めます。

エゴマってなに?

えごまとは一年草のシソ科植物で、青シソ(大葉)と良く似た葉をもつ植物です。「ごま」とは全く異なります。韓国では葉を食す文化があり、えごまの葉のキムチ漬けが有名です。

引用元-えごま油とは?|マルタのえごま

えごまとは一年草のシソ科植物で、「ごま」とは全く異なるものです。
一部の地域では、“じゅうねん”や“あぶらえ”などとも呼ばれ、昔から伝統食として食べられています。えごまは、油脂の原料となる種子で、オメガ3脂肪酸のひとつであるα-リノレン酸が豊富に含まれており、健康的な食生活に欠かせない油として注目されています。

引用元-オメガ3脂肪酸(α−リノレン酸)に注目!えごまオイル(しそ油) Perilla Oil-太田油脂株式会社

今日の人気記事ランキング

じゃあ、エゴマ油ってなに?

えごまの種子から搾った油「えごま油」は、その昔生活を照らす灯明油、また傘に使う防水など塗装用の油として、人々の暮らしで利用されてきました。現在では食用として使われています。

引用元-えごま油とは?|マルタのえごま

えごま油の効能・効果は?

その秘密はエゴマ油に含まれる、以下の体に嬉しい3つの栄養素です。

アルファリノレン酸

まずは他の油ではなかなか摂れないアルファリノレン酸。

体作りに必要不可欠な栄養素でありながら体内では自ら作られない必須脂肪酸なので、積極的に摂取したいものの1つです!

このアルファリノレン酸がアレルギーの抑制や生活習慣病の改善の働きをしてくれる上、体の中の油を分解して脂肪を溜まりにくくしてくれるんですよ☆

ベータカロテン

次に緑黄色野菜などにもたっぷり含まれるベータカロテン。

体の中でビタミンAに変化して、嬉しい効果を発揮してくれます。

美肌効果を始め、美髪効果、そしてなんとガン予防の効果まで期待されているんです♪

ロスマリン酸

最後は血糖値の上昇を抑えてくれるロスマリン酸です。

女性には嬉しい、ダイエットの効果があるポリフェノールの1種なんですよ。

ダイエット時のイライラ気分を抑えてくれる役割もあります。

引用元-「畑の青魚」ことエゴマ油の効果的な使い方および栄養素とは?

動脈硬化予防

不整脈予防

視力向上、痴呆の予防

中性脂肪低減

血中コレステロール低減

血圧低下

精神安定

記憶学習能力向上

抗アレルギー、抗炎症

抗腫瘍作用 n−6系脂肪酸とn−3系脂肪酸の摂取比率改善で『ガンの予防』

ダイエット

引用元-えごま(エゴマ)の効能(効果)

近年、荏胡麻にに含まれる「ロズマリン酸」というポリフェノールがダイエット効果があるとして注目されています。

人が摂取した炭水化物は、ブドウ糖へ分解されます。そして、体中で使われずに余ったブドウ糖は、やがて中性脂肪に変化して体に蓄積されます。

荏胡麻の実に豊富に含まれる「ロズマリン酸」は、炭水化物からブドウ糖に変化する過程において小腸の粘膜から分泌される消化酵素「マルターゼ」を抑える機能があります。その結果ブドウ糖に変化できなかった部分が蓄えられずに、麦芽糖として体外に排泄されます。この機能は、血糖値の上昇を抑える働きがあるので、糖尿病の予防効果にもつながると言われています。

血糖値の上昇が抑えられるということは、インシュリンの分泌が抑えられるということです。余った糖分が脂肪に変わりにくいので、ダイエットの効果も期待できると注目されています。

また、エゴマ(えごま)に多く含まれている「αリノレン酸(アルファリノレン酸)」は、油を分解して脂肪を体にたまりにくくする働きがあります。 細胞の中には、「ペルオキシソーム」と呼ばれる脂肪を燃焼させる場所がありますが、αリノレン酸は、このペルオキシソームに働きかけ、脂肪の燃焼を補助する働きがあります。

えごま(エゴマ)油はテレビ、雑誌などマスコミで「太らない油」として紹介されたことがあります。

引用元-えごま(エゴマ)の効能(効果)

twitterの反応

 - 健康

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です