僕の私の話題まとめ

いつも気になるあんな事やこんな事をまとめています。

*

急性胃腸炎の潜伏期間は?症状はどれくらい続く?

      2016/02/19

急性胃腸炎にかかると本当に大変ですよね?
本人はもちろん、看病する家族もとても大変です。
急性胃腸炎とはいったいどんな病気なのでしょうか?その他潜伏期間や症状が治まるまで
どれくらいかかるのかをここではお話します。

  こんな記事もよく読まれています

15_06_25_22_18_58_1
指を骨折してしまった!リハビリの方法は?

指を骨折してしまうといろいろ不自由!
いち早く治すためにはどうしたらいいの?
特に手の指は他の関節よりも細やかに動くけれども
そもそもリハビリってあるの?今回はそんな指の骨折、
リハビリの方法などまとめてみました。

15_06_03_01_01_16_1
女性も糖尿病に!?原因と対策まとめ

糖尿病といえば主に男性がかかる病気と思いがちではありませんか?
実は、女性も糖尿病になる可能性は充分にあります!
女性の糖尿病には女性特有の症状や原因がありました。
今回は、女性の糖尿病の原因と対策についてまとめました。

15_06_08_01_11_48_1
斜視を手術する!入院は必要?

何でも手術ときくと入院が思い浮かびますよね?いまですと日帰り入院なんて言葉もあり、入院しなくても手術を受ける事が出来るみたいです。では、目に関することでも日帰りは可能なのでしょうか?今回は斜視をテーマに手術と入院が必要なのかまとめてみました!

wpid-2015_08_01_11_51_6.jpg
健康診断で再検査の通知・・・胃の再検査について

健康診断で胃の再検査がきた時のいろいろを調べてみました。

子ども 頭痛 後頭部
子どもが頭痛!?後頭部が痛む原因とは?!

我が子が柊頭が痛い稗などと訴えてきたらとても心配になってしまいますよね。

色々な原因が想定されるだけに不安は尽きません。

そんな子どもの頭痛について調べてみました。

15_06_27_01_00_25_1
切迫流産について。その出血量

切迫流産ときくと流産と書いているので悲しいイメージが
ありますがじつは妊娠の継続が可能!
よく聞く言葉ですが、妊娠していない人からするといまいちピンとこないです。
今回はそんな切迫流産について。そして出血は関係あるのかまとめてみました。

wpid-2015_08_10_08_01_4.jpg
健康診断の結果が遅いって大丈夫?

健康診断の結果が来るのが遅いのは

何かあるのでしょうか?

調べてみました。

15_03_17_19_54_55_1
朝ウォーキングがもたらす効果についてのまとめ

朝に行うウォーキングがもたらす様々な効果や、効果的な方法などについてまとめました。

15_05_28_01_51_06_1
アデノイドと扁桃腺-大人になってからの対処法まとめ

大人になってからでもアデノイドや扁桃腺が腫れることはありませんか?
今回は、大人のアデノイドと扁桃腺の知識をまとめました。
これを読んで少しでも症状が緩和してくれることを祈っています。

15_04_23_22_58_05_1
全身の関節で痛みがある症状が考えられる病気

全身の関節痛が痛むという症状がでると「いったい何の病気だろう?」

と不安になってしまいますよね。

原因が分からないでは困りますよね。ということでここではこの症状で考えられる病気について

ご紹介します。

15_03_31_01_56_38_1
怒られるのが怖い・・・という病気とは。

人に怒られることが怖い・・・と常に感じるようになると

それが病気として出てくることがあります。

ここではその病気についてお話したいと思います。

15_03_20_19_21_12_1
スクワットでダイエット効果が出る期間は?

ダイエット方法の中にはスクワットもありますね?

でもどうすればいいのか?どれくらいの期間で効果が出るのか?

分からない点も多いと思います。

ここでは、スクワットをすることによってどれくらいで効果が出るのか

ご紹介しますね。

15_07_02_00_42_57_1
特に夕方に頭痛が多いです。前頭部が痛む

頭痛ってけっこう突然なりますよね。頭が痛い箇所や頭が痛くなる時間帯、頭の痛くなる頻度によっては心配になることも。病院に行った方がいいかもしれないけど、しばらくすれば治るし・・・。今回はそんな頭痛。特に夕方と前頭部の痛みについてまとめてみました。

15_03_17_19_40_25_1
子連れ再婚の養子縁組に関するまとめ

子連れで再婚する時の養子縁組に関する知っておいた方が良い事や必要な事をまとめました。

15_03_20_20_11_22_1
まぶたが乾燥する原因とその対処法

まぶたは乾燥しやすいところですね・・・その乾燥するのを何とかしたいと

思うこともあると思います。

ここではまぶたが乾燥する原因についてとその対処法についてお話します。

つわり 12週 仕事
妊娠12週ごろまで続くつわりと、仕事が休めないときの対処法

おなかに赤ちゃんができたときの喜び
本当に忘れたくないものですよね?
でも妊娠8週ごろからはじまるつわりで
大変な事態を招くことも・・・。
個人差はあるけれど、妊娠12週くらいまで続くとされるつわりについて
もし、仕事をしているけど休めないときはどう対処すればいいのか?
などなどご紹介します。

wpid-2015_08_01_11_51_5.jpg
健康診断の再検査はどこで受けたらいいの?

健康診断で再検査になった場合、

どこで受けるのがいいのか調べてみました。

15_05_31_00_46_45_1
走ると心臓が痛く感じる不思議

走ると楽しいですが、体の負担ってどうなのか気になるところですよね?ただ単に筋肉痛になっただけ?それともこの痛みはどこか体に大きな疾患が潜んでいる?心配になりますよね。こんかいは走るとき心臓が痛いのはなぜをまとめてみました。

15_05_14_00_57_13_1
子供が鼻血をよく出す理由は?

子どもってよく鼻血をだすイメージがありますよね?
そもそも鼻血ってよく出ても大丈夫なのか心配。
大人になっても出やすい人もいるけど何か病気なのか不安!!
今回はそんな鼻血に関してどうして鼻血が出るのか、正しい鼻血の止め方をまとめてみました!

急性胃腸炎の潜伏期間は?症状はどれくらい続く?

この記事はおよそ 0 分くらいで読めます。

急性胃腸炎の症状はどれくらい続く?

急性胃腸炎は、ウイルスや細菌の感染以外にもストレスやアルコールによって発症することがあります。

原因が何であれ、一般的には急性胃腸炎を発症すると2・3日から2週間ほどの発症期間だと言われています。

しかし、この発症期間以上たっても症状が治まらないことがあるのです。

ひどい吐き気が起り、その症状は発症したその日のうちに治まるか、翌日くらいまで続くことがほとんどです。

下痢の症状は嘔吐の症状よりも長く続き、その発症期間は2、3日から1週間ほどと言われています。

その他の症状である発熱、腹痛、倦怠感といった症状は1週間ほどで治まることがほとんどですが、ノロウイルスなどは2週間ほど続くことが多いです。

それを含めると、完治するまでに2週間というのが目安となっています。

発症してから2週間以上続く原因がいくつからいます。

腸炎後症候群

下痢の症状が長期間治まらない原因として、腸炎症候群であることが多く、急性胃腸炎によって傷ついた腸粘膜により下痢が引き起こされますが、その症状の改善が進まないと、多糖類分解酵素の機能が下がってしまうことで下痢が長期化するのです。

予防法として、動物性たんぱく質や脂肪分の多い食べ物は控えることが重要です。

おかゆや軟らかく茹でたうどんといった、やわらかいでんぷん質が含まれた食事がおすすめです。

急性胃腸炎がなかなか改善しない原因

ウイルスや細菌感染によって発症したものであれば、日を重ねることで自然治癒し、徐々に治っていきます。

ストレス性の急性胃腸炎ですと、ストレスが改善しないと症状が改善しない原因となります。

アルコール性急性胃腸炎は、完全に治っていない状態でお酒を飲んでしまうと、治っていない炎症部分を刺激してしまい症状が改善しないどころか悪化させてしまいます。

完全に治るまでは禁酒することが必須です。

急性胃腸炎がなかなか改善がみられないときは、なぜなのかの要因を探り、早期改善に努めてください。

今日の人気記事ランキング

胃腸炎について

胃腸炎とは

感染による胃腸炎は、ウイルス性のものと細菌性のものが原因となって発症することが一般的です。

その症状として、嘔吐と下痢がほとんどです。

ウイルス性によるものと細菌性によるものとでは治療法が変わってきます。

とはいえ、散発例においては初期の臨床症状で判別するのは難しいと言われています。

ウイルス性による胃腸炎の原因と疫学

ウイルス性にはノロウイルス、ロタウイルス、アデノウイルスが主な要因であることが多いと言われています。

ノロウイルスは、冬になると生ガキなどの二枚貝に発生して、そのウイルスを持った貝を食べることにより感染して食中毒を引き起こします。

貝の鮮度とウイルスとの関係性はありません。

10個から100個ほどのウイルスで感染が成されるほど強力な伝染力を持っているので、感染した人の嘔吐物や排便によって二次感染することが多いと言われています。

潜伏期間

潜伏期間は1~3日間ほどと言われています。

検査方法

検査法は、排便や嘔吐物からウイルスの検出ができますが、保険適用にはならず自費による検査となるため高額です。

その検査結果が出るのは、検査してから2~5日後ぐらいです。

一般的なウイルス性の胃腸炎であれば重篤化はしないことが多く、検査結果を確認する前に改善していることが多いので、検査をすることはあまり有用性とは言えません。

さらに、違うウイルスが原因だとしても治療法は同一なので、実地臨床的な意義見出せません。

(ただし、集団感染などの場合はウイルスの同定が必要となります。)

また、下痢が遷延したり、ひどい発熱や、細菌性の感染性腸炎の可能性があるときは、検便や血液検査といった検査が必要です。

主な症状

吐き気や嘔吐、軟便や水のような便といった症状が一般的です。

腹痛も伴うことがほとんどで、37、38度ほどの発熱が起きることもあります。

脱水症状や発熱による強烈な全身倦怠感が起ることもあります。

主な治療法

ウイルス性の胃腸炎にを治す抗ウイルス剤は存在していません。

そのため、腹痛や吐き気、下痢、発熱といった症状を改善させる症療法がメインです。

この治療法は違うウイルスであっても同様です。

嘔吐や下痢による引き起こされる脱水症状を防ぐために水分補充が重要になります。

脱水症状や全身の倦怠感がひどい場合は、点滴での補液療法が有効とされていますが、症状によっては抗菌剤を併用する場合もあります。

感染の危険がある期間

嘔吐物や排便の中には、1グラムにつき1億個ものウイルスがいることがあります。

便の中には、1~2週間ほどウイルスの排泄が続くことがあり、二次感染を防ぐことが重要です。

家庭でできる対策法

手洗いやうがいの徹底はさることながら、家族中で同じタオルを共用しないようにしましょう。

ペーパータオルを使うことをおすすめします。

感染者の嘔吐物や便の処理をする時には、必ず手袋とマスクをして飛沫感染を防ぎましょう。

そして、処理をした後は必ず手洗いとうがいを忘れずにしてください。

処理に使用した雑巾などは消毒をしてから捨てたほうが安心です。

症状が無くなった後でも、しばらくは便の中にウイルスが出続けるため、入浴は一番最後にするなどの配慮が必要です。

出席停止の基準

症状が治まるまで出席停止となります。

食品関係にお勤めの方は、症状が無くなったとしても念のため数日は出勤するのを控えましょう。

胃腸炎について注意する点

ほとんどのウイルス性胃腸炎は数日で改善されますが、子どもや高齢者、持病のある人などは、脱水症状が原因で病状が悪くなったり、嘔吐物を誤嚥して肺炎を引き起こす可能性がありますので、さらに注意しましょう。

急性胃腸炎になる原因

急性胃腸炎の原因とは

急性胃腸炎を引き起こす原因には様々な要因があります。

冬季はウイルス性のもの、夏季は細菌性のものが主な原因となることが多く、最近ではストレスによって引き起こされることが増えていると言われています。

  • ロウイルスによる急性胃腸炎は、冬季に多く流行するノロウイルスに感染することによって発症します。
  • 小児が感染することが多いと言われているロタウイルスも急性胃腸炎の原因の一つです。
  • 細菌(食中毒)による急性胃腸炎は、特に夏季に多く発症するもので、O-157、サルモネラ菌などが知られています。
  • ストレスが原因で発症する急性胃腸炎として過敏性腸症候群があります。これは、たまったストレスがを引き起こすと言われています。

以前は、急性胃腸炎は単にウイルス性や食中毒を意味していましたが、最近では、たまったストレスが原因で発症する症例が急増しており、現代病の一つと言われています。

急性胃腸炎の潜伏期間

急性胃腸炎は、ウイルス性や細菌性が原因であるの場合は、発症するまでに潜伏期間があります。

種類によって異なりますが、一般的にはウイルス性の潜伏期間は1~3日ほどで、細菌性の潜伏期間は数時間から数十時間が平均だと言われています。

急性胃腸炎の主な症状とは

一般的に、種類に関係なく同様な症状が起ります。

ひどい腹痛、咳や鼻水などの風邪のような症状、発熱、胸やけやむかつき、下痢、血便、嘔吐、倦怠感などが一般的な症状です。

また、突然ひどい腹痛や下痢が起り、嘔吐するのが特徴です。

風邪に似た症状も多いため、ストレスによるもで発症した場合ですと気づきにくいことが多く、何回も同じ症状を繰り返すことが多いと言われています。

急性胃腸炎の治療法と対処法

急性胃腸炎の治療法は、ウイルス性や細菌性が原因であったとしても、即効性のある治療法や特効薬はまだ存在していません。

そのため、症状に対処した点滴や薬などといった対処療法を受けるために必ず病院で受診してください。

腹痛、下痢、嘔吐といった症状のほとんどは数日で自然治癒することが多いので、しばらく治まるまで安静にしていましょう。

さらに回復を早めるための対処法

水分補給

下痢や嘔吐によって失われた水分を補うために、こまめに水分補給をするようにしましょう。

体内吸収率の高いスポーツドリンクや、常温のお水または白湯がおすすめです。

しかし、水分さえも飲むことが困難である場合は、病院で点滴を受けましょう。

食事による対処法

荒れた胃腸の粘膜に刺激をせず、優しい食事をすることが大切です。

まずは、液体状のスープなどから摂取し始めましょう。

その後にヨーグルトやプリン、ゼリーなどといった流動食を摂取します。

そして、胃が慣れてきたあたりから、みじん切りにした具材が入ったスープやお味噌汁などを摂取しましょう。

最後には、お粥や軟らかく煮込んだうどんなどといった、刺激が少なく消化に良い食事を摂取しましょう。

このようにしてから、徐々に普段の食事へ戻していきましょう。

避けた方がよい薬

症状がつらいからといって、きつい下痢止め薬と吐き気止め薬を服用することは避けましょう。

なぜなら、下痢や嘔吐の症状は、ウイルスや細菌などの原因物質を体の外へ排出するという大切な機能なのです。

そのため、薬を飲んで抑えてしまうことにより、大切な排出機能を抑えてしまい、自然治癒力の妨げになるからです。

原因物質の排出が遅れることにより、腸内にウイルスなどが残ってしまい、完治するまでに時間を要してしまうのです。

しかし、どうしてもつらい場合は、医師に相談して整腸剤を処方してもらいましょう。

急性胃腸炎を未然に防ぐには

急性胃腸炎の特効薬は存在しないので、日常生活において感染を防ぐよう対策を心がけることが大変重要となります。

  • 石鹸を使いきちんと指の関節や手のひら、手首など隈なくしっかりと手洗いをして、さらにうがいも徹底しましょう。
  • マスクを着用しましょう。マスクで鼻と口を覆うことによりウイルス感染予防の効果がアップします。
  • 高温が続く季節には、食べ物はしっかりと加熱調理したり、熱湯殺菌をするなど心がけましょう。
  • 普段からストレスをためないように気を付けて、意識的にリフレッシュする習慣を身につけましょう。

ストレスが原因の胃腸炎を未然に防ぐには、適度に体を動かしたり、スポーツや趣味を楽しんだり、自然の中で過ごすといった、自分なりのリフレッシュ法を身につけましょう。

また、ビタミンCを意識的に摂取することで、血中のアスコルビン酸を高める効果があり、これはストレスに強い身体を作る効果が期待できるのです。

まとめ

ウイルス性や細菌性によるものは、原因が分かりやすいのですが、

ストレス性による急性胃腸炎は精神的なものであるため、認識しにくいのです。

どちらにせよ、日常生活で未然に防ぐように心がけましょう。

 - 健康

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です