僕の私の話題まとめ

いつも気になるあんな事やこんな事をまとめています。

*

スクワットでダイエット効果が出る期間は?

   

ダイエット方法の中にはスクワットもありますね?
でもどうすればいいのか?どれくらいの期間で効果が出るのか?
分からない点も多いと思います。
ここでは、スクワットをすることによってどれくらいで効果が出るのか
ご紹介しますね。

  こんな記事もよく読まれています

15_05_22_23_59_04_1
ピルをいつから飲み始めれば旅行に間に合うのか?まとめ

楽しい旅行なのにその日は生理が来る予定日・・・なんとかしてずらしたい!
そうだピルがあった!ということで、今回は旅行中の生理を回避するための
飲み始めのタイミングや、副作用に関する体験談などまとめました。
いつもより多めにまとめています!

子ども 頭痛 後頭部
子どもが頭痛!?後頭部が痛む原因とは?!

我が子が柊頭が痛い稗などと訴えてきたらとても心配になってしまいますよね。

色々な原因が想定されるだけに不安は尽きません。

そんな子どもの頭痛について調べてみました。

15_04_23_22_53_02_1
まぶたのヘルペスはうつるの!?

まぶたにできるヘルペスっていったいどんな病気?

気になりますよね?

うつるのか、うつらないのか?

なってしまったらどういう治療をするのかなどを含め、ご紹介します。

15_05_20_23_55_36_1
背中の筋肉が痛い!そんなときの原因と予防法まとめ

背中の筋肉が痛い場合の原因とは?寝起きに背中が痛い場合や、
急激な痛みの「ギックリ背中」など背中の筋肉の痛みの原因や、
予防法についてまとめています。

15_03_01_19_20_39_1
アルコールの分解を早める方法のまとめ

アルコールを飲み過ぎた経験はありませんか?飲み過ぎると二日酔いや、その他様々な影響をもたらすアルコールの分解を早める方法をまとめました。

15_03_20_20_31_26_1
急性胃腸炎の潜伏期間は?症状はどれくらい続く?

急性胃腸炎にかかると本当に大変ですよね?

本人はもちろん、看病する家族もとても大変です。

急性胃腸炎とはいったいどんな病気なのでしょうか?その他潜伏期間や症状が治まるまで

どれくらいかかるのかをここではお話します。

15_03_17_19_54_55_1
朝ウォーキングがもたらす効果についてのまとめ

朝に行うウォーキングがもたらす様々な効果や、効果的な方法などについてまとめました。

15_06_16_02_20_58_1
うつ病の方への対応としてメールは大丈夫なの?

うつ病になってしまった場合、会話を楽しむことが出来ず、逆にふさぎこんでしまう場合もあります。
そんな場合の手段として、メールを送るという方法があります。うつ病の方へ負担にならないよう、
軽いメールから始めてみてはいかがでしょうか?
今回はうつ病の方へのメールの方法をまとめました。

15_06_03_01_10_54_1
生理痛が辛い!!痛みをどう例える?

女性にとって生理痛って辛いですよね。ただその痛みも個人差があり、女性同士でも伝わらないことも。男性だったらなおさら分からない!こんな時は例えることで痛みをイメージしてもらいたい。今回はそんな生理痛の痛みの例え方をまとめてみました。

15_03_13_22_35_36_1
小麦アレルギーの原因を探ろう。また治療法を知ろう!

あなたが日頃感じている体の不調が案外アレルギーからくるものだったりします。

小麦は特に卵、牛乳と同じで三大アレルギーの原因の一つになっています。

小麦アレルギーについて、ここで理解を深めてみましょう。

wpid-2015_08_01_11_51_7.jpg
健康診断で再検査・・・。肝臓に異常??・・・。

健康診断での再検査は不安ですよね。

調べてみました。

15_04_13_18_54_00_1
残酷な痛風 膝 水が支配する

膝に痛みが出て、水がたまるのは「通風」の証拠?

なんて気になりますよね・・・。

本当に沿うかどうかもわからないという方のために

ここでは膝に水がたまると通風なのかどうかについてご紹介しますね。

15_07_02_00_42_57_1
特に夕方に頭痛が多いです。前頭部が痛む

頭痛ってけっこう突然なりますよね。頭が痛い箇所や頭が痛くなる時間帯、頭の痛くなる頻度によっては心配になることも。病院に行った方がいいかもしれないけど、しばらくすれば治るし・・・。今回はそんな頭痛。特に夕方と前頭部の痛みについてまとめてみました。

15_06_27_01_00_25_1
切迫流産について。その出血量

切迫流産ときくと流産と書いているので悲しいイメージが
ありますがじつは妊娠の継続が可能!
よく聞く言葉ですが、妊娠していない人からするといまいちピンとこないです。
今回はそんな切迫流産について。そして出血は関係あるのかまとめてみました。

wpid-2015_08_01_11_51_8.jpg
健康診断で再検査・・・料金はいくらくらいかかる?

健康診断の結果は再検査。

再検査に行く前に知っておきたい料金などを調べてみました。

15_03_03_21_39_21_1
自分の性格が嫌いなあなたへ

自分の性格は嫌いだけど、どうやって直したらいいかわからない

そういう悩み、切ないですよね。

でもいつかは自分の性格が好きになるときが来るはず

ということで、自分の性格がすきになるにはどうしたらいいのか?

ここではご紹介します。

15_06_08_00_49_59_1
ぶつぶつ独り言をいうのは病気なの?独り言の原因まとめ

「いやぁ〜今日もいい天気だなぁ〜・・・」…ハッ!?いつの間にか声に出して言っていた・・・!
こんなことありませんか?独り言をぶつぶつ言ってる人は会社に1人は居るのではないでしょうか?
でもそれって病気なの?今回はぶつぶつ独り言を言ってしまう原因をまとめてみました!

wpid-2015_08_01_11_51_6.jpg
健康診断で再検査の通知・・・胃の再検査について

健康診断で胃の再検査がきた時のいろいろを調べてみました。

15_05_15_00_29_24_1
子どもの咳が夜に多いのは?

咳って出はじめるとなかなか長いですよね?そして特に夜に出る事が多いように感じますよね?子どもが苦しそうに咳き込んでいると心配になりますよね。今回はそんな咳についてまとめてみました!

スクワットでダイエット効果が出る期間は?

この記事はおよそ 12 分くらいで読めます。

スクワットダイエットの正しいやり方は?【成功する回数と期間は

スクワットダイエットで効果がでるやり方や回数はどのくらいなのでしょうか?またスクワットダイエットをしてみて効果が出る期間はどのくらいでしょうか?口コミなどでも成功者が出ているスクワットダイエットは要チェックです。

スクワットダイエットは脚やせ効果はもちろん、お腹痩せから全身のダイエットにもつながります。一日のわずかなできるので、長期間続けることでダイエット効果を生みます。ただ筋肉太りには要注意です。

スクワットダイエットとは?

いろんなダイエット方法があり、効果が無いとして人気が出ない場合もあり効果があるとして人気になる場合もあります。

かなり効果があるとして言われているダイエット方法の一つなのが、スクワットダイエットになります。このスクワットダイエットは、名前にもあるようにスクワットをしてダイエットする方法です。

ダイエットに必要としているのが、脂肪を燃焼させてあげることで、それには運動が一番になります。

お腹の脂肪を燃焼させるために今までされていたのが腹筋なのですが、実はこの腹筋よりも良いのがスクワットです。

腹筋すると当然お腹の筋肉を使うのですが、皆さんが思っているよりも使っているわけではありません。

実は腹筋を100回程度するのとスクワットを1回するのと同じぐらいの使用量としているので、スクワットのほうがかなりの運動量になります。

当然そこまで動かしているのですからエネルギーを必要としていて脂肪燃焼してくれます。なのでこのスクワットを取り入れたダイエットがかなり効果的と言われています。

ただ、このスクワットですが無理をしてしまうと筋肉痛だけではなく、肉離れなど怪我をしてしまう可能性も有りますので、かなり注意が必要としていますので覚えておきましょう。

スクワットダイエットの効果とは?

スクワットダイエットは痩せられるとしてかなり人気としているダイエットの一つになります。始めようとしている場合に一番知りたい部分になるのが、どのくらいの効果があるかです。

このスクワットダイエットは、お腹だけではなくてあらゆる部分が痩せてくれて、さらに筋肉がつくのでかなり良い体型にできます。

スクワットはお腹だけではなくて、太ももなどの足の筋肉そして腕や背筋などあらゆる部分の筋肉を使うようになります。

全身と言っていいほど筋肉を使う運動になりますので、部分やせというよりも全体をまんべんなく痩せられるダイエット方法です。脂肪燃焼するだけだと、どうしても痩せているけれども見た目があまり良くない場合もあります。

スクワットダイエットは筋トレとして用いられている運動ですので、かなり筋肉がついてくれます。

筋肉がないよりもあるほうが見た目的にも良くなってくれるので、スタイルの良い体型にすることが出来ます。ただし、このスクワットですが程々にすることも必要としています。

筋肉はほどほどにしておかないとどんどんと太くなっていってしまうので、スタイルが良くならない場合もあります。

特に太ももが太くなる場合が多いですので、やり過ぎに注意してスクワットダイエットをしていきましょう。

正しいやり方とは?

スクワットダイエットは正しい方法でしていないと怪我をしてしまう可能性が非常に高くなります。なので、これから始めようとしている人は、正しい方法をよく知ってから始めるのが一番です。

そこでここでは、スクワットダイエットの正しい方法をご紹介いたします。

? 1.足は肩幅程度に開くようにして、手は前にまっすぐ伸ばすようにしましょう。
2.ゆっくりと腰を落とすようにしてできれば、太ももが床と水平の状態まで落とすようにしてください。
3.この状態を3秒程度キープするようにして、それからゆっくりと元の状態に戻すようにしましょう。
4.これを15回程度を3セットするだけでスクワットダイエットが出来ます。
?
ここからが注意点で、ダイエットとなると毎日しなければいけないと考えてしまい、毎日しようとしてしまいます。実はこのスクワットダイエットは毎日する必要がなく、2日から3日程度開けることがオススメです。

毎日してもよいのですが、しかし筋肉がつきすぎてしまったり怪我をしてしまったりなど悪い方法に言ってしまう場合が多いです。

無理をしないのが一番ですので、できるときにして、楽しくダイエットをしていきましょう。

引用元-Diet book

今日の人気記事ランキング

スクワットダイエットの効果的な方法!【回数・期間・腹筋

スクワットダイエットは腹筋より凄い?

スクワットダイエットとは、名前の通り、スクワットというトレーニングを導入したダイエット法のことなのですが、スクワットを行うことにより美脚を作ったり、ダイエット体質を作ったりできます。

例えば、お腹を引き締めるダイエットとして一般的なのは腹筋でしょうか。腹筋もしっかりと行えばダイエット効果は得られはずです。しかし、辛い割にあまり効果を得られなかった等、不評の声も多いのも事実。

そんな中で、一時期ニュースサイトでも話題になったのが柊腹筋500回がスクワット15回に相当する稗という話しです。しかし、これに関しては賛否両論の声も多く、疑問視されている部分もあります。

確かに、腹筋500回行えば、お腹は筋肉痛になりますが、スクワット15回ぐらいでは筋肉痛になりませんよね。ですから、これはどういう意味かと言えば、筋肉増強効果の差です。

腹筋は、腕と比較すれば筋肉量が多い部分ではあるものの、体全体でみると少ない部位です。逆にスクワットで鍛えられる太腿は体の中でも筋肉量が多い部分ですので、スクワットを行った方が効率的に筋肉を鍛えることができるという意味です。つまり代謝をアップさせることができるという話しです。

もちろん、直接、お腹の筋肉を鍛えるという意味では腹筋の方がはるかに効率的と言えるはずですが、筋肉量を増やして代謝アップを行い、その結果、全身のダイエット効果を期待するのであればスクワットを行う方が良いということになります。

それに、腹筋になるとどうしても個々の技術によって、一生懸命やってもなかなか消えたられなかったりすることが多く、腹筋をやっているのに、なぜか背筋が鍛えられてしまったりと…

それだけ、腹筋運動というのは鍛えるにおいて難しいのです。しかし、スクワットは非常にシンプルな運動で、力も入りやすく、大腿四頭筋、大殿筋を中心にハムストリングス、内転筋、脊柱起立筋、中殿筋、腹直筋、腹斜筋まで鍛えれますので部分痩せがなかなか難しいという場合はまずスクワットから挑戦してみてはいかがでしょう。

スクワットダイエットの効果的な方法!回数と期間は?

では、実際にスクワットをどのようにして行えばダイエット効果を得られるのでしょうか?学生時代に部活でやったとおりにやればいいのでは?とも思われるかもしれませんが、実はスクワットは間違えたやり方を続けていると膝や腰を痛める危険性がありますので正しいスクワットを行いましょう。

特に、部活で行ったスクワットは、見よう見まねでただ単に屈伸運動をさせられていただけの可能性もあります。スクワットにもしっかりとしたフォームがございますので参考にしてみてください。

ステップ1 

まず、肩幅ぐらいに両足を開きます。つま先はまっすぐ前を向けて左右平行に保ち、重心は中心に落とすイメージで直立します。

ステップ2

両手を脚の付け根に添えます。

ステップ3

腰をまっすぐ下に落とすと同時に、添えている手をそれに合わせて下に押します。この時、背筋を張り、若干お尻を突き出しながら前傾するイメージで行います。ベストなのは床と太ももを平行にすることですが、はじめのうちはなかなか難しいと思いますので無理はしないようにしましょう。

ステップ4

腰を落としたら5秒間かけて、膝にやや余裕がある場所まで体を起こします。そしたらまた5秒かけて体を落とし、5秒かけ体を起こす。これを10回行いましょう。

しっかりと筋肉を鍛えるのであれば、もう少し運動量を増やした方が良いのですが、はじめから無理をしても長続きしませんので、まずはできる範囲からスタートします。

毎日10回行って、これが慣れてきましたら徐々に回数を増やしてみたり、ダンベルなどウエイトをプラスしてスクワットを行ってみるなど強度を上げていきましょう。

注意点

1 腰を落とすときに前傾しすぎて腰を反りすぎない。
2 膝がつま先よりも前に出ないように意識する
3 腰を反るあまり目線や顔が上を向いていないか注意する
4 親指の付け根を踏ん張り脚の位置をずらさない
5 内また気味にならないように注意する(膝を痛める)

以上がスクワットのポイントになります。回数もまずは手ごろにできる10回程度から始めてみると良いです。そして、期間としては、せめて30日は続けてみてください。すると、何らかの変化は出ているはず…スクワットは筋力を鍛える上で効率的な運動法なので代謝アップが期待できるのです。

しかし、スクワットをやりすぎて美脚どころか、柊筋肉がつきすぎて脚が太くならないか?稗と心配される方もいらっしゃいます。だけど安心してください。大丈夫です。

もちろん、スポーツジムにあるレッグカールやレッグアームなどのトレーニング器具を使うとムキムキになりやすいですが、ご自宅でやっている分には程よく筋肉がついて美脚を作るのにぴったりです。

それに、今回ご紹介したように正しいフォームで実践されれば、ゆがんだ骨盤を矯正することもできます。骨盤がゆがんでいると基礎代謝がいくら筋肉をつけても基礎代謝は上がりにくいです。根本的から体質の改善、そして、下半身だけではなく、上半身やぽッコリお腹の改善にもスクワットは効果的といえます。

スクワットダイエットの効果的を高める方法!

お風呂に入る前など、毎日10回程度のスクワットを行うだけでもやらないよりは全然違う効果が得られるかと思いますが、やはり効率的にダイエット効果を得たいのであればスクワットにプラスアルファ有酸素運動を行うことをオススメします。

筋肉量の多い脚を鍛え、基礎代謝を高めることは重要です。しかし、スクワットはあくまでも筋力トレーンングですので脂肪の燃焼は期待できません。普段のエネルギー消費を高めるだけですのでダイエットと考えるのであればやはり脂肪効率を高めたいものです。そこで、有酸素運動を導入しましょう。

有酸素運動というと、ランニングなどハードなイメージが強いかと思います。もちろん、ランニングは脂肪燃焼効率やカロリーも高いといえますのでそれなりにハードなトレーニングです。

しかし、何もランニングにこだわる必要もありません。運動強度はランニングよりも劣るものの、ウォーキングだって十分脂肪を燃焼できる有酸素運動です。

有酸素運動で一番重要なのはある程度の期間続けて行うことができるかということです。無理に走り込んで膝を痛めてしまったり、腰を痛めてしまったら、全く意味がありません。

そういった意味で、ご自分が続けられると思う有酸素運動をとりいれてみてはいかがでしょうか?http://www.atenzyme.com/archives/14631日40分程度続けられるものがベストです。スクワットと併用して行えば脂肪燃焼効率が高まりますのでスクワットダイエットの効果を高めることができます。

引用元-あっと えんざいむ

スクワットダイエット効果ない原因は?|成功!やり方ガイド♪

スクワットダイエットをやってみたいと思う人は多いはずです。スクワットは腹筋よりも効果があります。同じように筋肉の量を増やすための回数が、スクワットの方が腹筋よりもかなり少なくて済むためです。しかし、正しいやり方で行わなければ、スクワットダイエットの効果を得ることは出来ません。効果を得るためにも、きちんとスクワットダイエットのやり方を知っておくようにしましょう。
まず、肩幅より広めに足を開き、指を外側に向けて立ちます。手は腰に置いてもよいですし、胸の前や頭の後ろに置いてもよいです。但し、負荷が大きくなるのは頭に置いた時であり、最も楽なのは腰に置いた時です。初めは腰に手をおいて行うようにしましょう。
息を吸いながら、おしりを突き出すようにします。そのまま太ももが床に平行になっているか確認しながら、しゃがみます。この時、注意すべきことは背筋を伸ばしておくことです。息を吐きながら、ゆっくりと身体を起こしますが、完全に起こしてはいけません。膝をのばしきらないようにして止めます、この時も、背中を丸めてしまわないように注意しましょう。この動きを繰り返していきます。回数は5回から始め、1日に2セットから3セット行うようにします。少しずつ筋肉が鍛えられてくると慣れてきますので、慣れてきたと感じたら、回数やセット数を増やしていくようにしましょう。
このようにスクワットダイエットの効果を得るためには正しいやり方で行うことが、とても大切になってきます。

引用元-ダイエット方法 絶対やせるために実践すべきこと

スクワットに対する効果

最近「スクワット15回が腹筋500回に相当する」と言われており、スクワットはダイエットに非常に効果があると一般的に思われています。

しかし、実は「スクワット100回はジョギング5分程度」の消費カロリーにしかならず、脂肪燃焼においては極めて非効率な運動です。

今回は、このことの詳細やスクワットのダイエット効果、他の運動と比べた時のメリット・デメリットなどについてお話していきます。

スクワットのダイエット効果

スクワットはダイエットでよく勧められていますが、
どれくらいのダイエット効果があるのかをまずは見ていきましょう。

現在ネット上でスクワットの評価として、
「スクワット15回で腹筋500回もの効果がある」
と言われており、ダイエットに推奨されている傾向にあります。

スクワット15回で腹筋500回もの効果がある

いかにも胡散臭い文言ですね(笑)

はじめにこのことについて言及していきつつ、
スクワットのダイエット効果を説明していきます。

スクワットがダイエットに効果的と言われる理由

つまり「スクワットは腹筋の約“33倍”もの効果がある」ということなのですが、
どういう面において33倍なのかと言うと、“筋肉の増量効果”だそうです。

同じ筋肉量を増やすためにスクワットなら15回ですむのに、腹筋なんと500回。「腹筋500回=スクワット15回」なのです。

また、

腹筋自体は小さな筋肉なので、がんばって鍛えて3割増にしても、全身の筋肉総量に比べたら微増です。何度使っても消費カロリーへの影響は少なく、基礎代謝はほとんど増えません。腹筋運動は分が悪いのです。筋トレするなら、筋量の多い筋肉群を鍛えるトレーニングこそが「直接のエネルギー消費」にも「筋肉量を増やして代謝を増す」にもふさわしいと言えます。

つまりスクワットは、
“消費カロリー”と“筋肉増量による基礎代謝増加”のため、
ダイエットに効果的とされています。

以上が、スクワットがダイエットに推奨されている理由です。

どうでしょうか?

「スクワットって凄い!ダイエットにそんなに効果的なんだ!!」
と思いましたか?

しかし、私の結論としては、
『スクワットはダイエットに適さない』
ということになります。

理由として、これらは“単なる誇張表現”であり、
ただ「スクワットのダイエット効果がすごい」ということではなく、
「スクワットが腹筋よりも筋トレ効率が良い」といっているだけです。

スクワットが腹筋の33倍の筋トレ効率というのも怪しいですが…。

まぁ腹筋自体、
体重減少においても、ウエスト痩せにおいても極めて非効率ですからね。

腹筋と比較するというのもナンセンスな気もします。

参考:腹筋はお腹痩せの効果なし

結局、スクワットの“消費カロリー”も“基礎代謝の増加”も、
実はたいしたことないんです。

では、具体的なスクワットの消費カロリーを見てみましょう。

スクワットの消費カロリー

スクワット1回当たり“0.40kcal~0.50kcal”程度

体重・やり方にもよりますが、これが大体の目安です。

正確に知りたい場合はこちらをご参考下さい。
→消費カロリーの計算|カラダカラ

1日に推奨されるスクワットの回数は大体50回~100回なので、
これでどれくらいのカロリー消費が見込めるかというと、

50回:20~25kcal
100回:40~50kcal

恐らく、想像以上に低いので驚いたのではないでしょうか?

スクワット100回は、
たった数分間のジョギングと同等の消費カロリーです。

「スクワット15回=腹筋500回」
と言われていますが、消費カロリーについては、
「スクワット100回=ジョギング5分」
なのです。

ジョギング5分=スクワット100回

そもそも、スクワットは脂肪燃焼に効率的である『有酸素運動』ではなく、
筋トレ目的で行う『無酸素運動』の側面が強いですからね。

消費カロリーが低いのも当然といえば当然です。

スクワットによる基礎代謝の増加について

続いて、スクワットによる基礎代謝の増加についてですが、
これについても実はたいしたことはありません。

というよりも、
「筋肉が増えることで基礎代謝が増加し、痩せやすい体質になる」
このこと自体間違っているのです。

理由としては以下の3つ。
?筋肉が担っている基礎代謝は一部でしかない(数百Kcal程度)
?筋肉はそんなに増えるものではない
?脂肪燃焼によって基礎代謝は減る

スクワットが“比較的”効率的に筋トレができるとしても、
簡単に何キロも筋肉が増えるわけではありません。

基礎代謝も仮に増えるとしても数Kcal程度でしょうね。
しかも、脂肪が減るとともに、基礎代謝も減っていく・・・。

スクワット15回=腹筋500回のまとめ

この文言を鵜呑みにしてはいけないということでした。

スクワット15回しかやっていないのに、
「今日は腹筋500回分の運動をしてしまった^^」
なんてことは思わないでくださいね(笑)

スクワットが腹筋より筋トレ効率が良いというだけの話です。

まとめとしては、以下のようになります。
?「スクワット15回=腹筋500回」とは、『筋トレ効率のこと』※この数字自体根拠は乏しい
?スクワットの消費カロリーは極めて低い
?筋肉増強における基礎代謝向上も大して期待できない

それでもスクワットで使える理由

以上「スクワットにダイエット効果は期待できない」という趣旨のことを書いてきましたが、
あくまで“消費カロリー”に着目した場合の脂肪燃焼効果についてです。

運動で太ももを細くするには主に以下の2種類の方法があります。
?有酸素運動でカロリーを消費して脂肪を燃やす
?太ももに筋肉を付けることで引き締める

スクワットは確かに前者の脂肪の燃焼・体重の減少は期待できないのですが、
後者の見栄えの良い引き締まった下半身にすることができるのです。

筋トレ全般に言えることですが、
ダイエットに筋トレを取り入れる理由は、
基礎代謝の増加ではなく、見栄えのよい体をつくるためです。

逆に脂肪が少なくても筋肉がなければ魅力的な体にはなりません。

「筋肉がついたらムキムキになって逆に足が太くなるのでは?」

と心配するかもしれませんが、大丈夫です。

もちろんジムに通って器具を使い本格的に筋トレをしたら、
競輪選手みたいに丸太のような太ももになってしまいます。

しかし、自宅でやるような自重のみで行うスクワットの場合、
太ももを引き締める程度に筋肉をつけることが出来るのです。

むしろそれだけで足を太くする方が難しいと言えます。

スクワットのメリット・デメリット

では次に、スクワットのメリット・デメリットをまとめます。

メリット
?効率的な脚やせ効果
?室内でできる
?空いた隙間時間で出来る
?お金がかからない

スクワットの消費カロリーが低い理由は、
無酸素運動のため長時間行えないということです。

一見デメリットに思えますが、
逆に、ほんのすこし手が空いた時で行っても効果が得られるというメリットでもあります。

自宅でスペースをとらずに行えるのもポイントです。

周りの目を気にせず、
いつでもできる運動は中々ありませんからね。

デメリット
?脂肪燃焼効果は低い
?膝や腰への負担

スクワットは脚痩せやヒップアップなどには効果的ですが、
脂肪燃焼、体重減少の効果は低いです。

また、正しい方法で行えれば問題ありませんが、
方法によっては膝・腰に負担がかかり悪化させてしまう可能性があります。

スクワットのやり方・種類

続いて、スクワットの方法についてです。

スクワットの正しいやり方は簡単に見えて、
いくつも注意することがあり意外と難しいものです。

膝や腰を痛めないために、正しいフォームを身につけましょう。

引用元-2週間で6kg減量していました。

twitterの反応

 - 健康

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です