僕の私の話題まとめ

いつも気になるあんな事やこんな事をまとめています。

*

毎日ビールを飲むことが健康に与える影響のまとめ

      2015/03/19

毎日飲むと太いやすいとか、病気になりやすいと悪いイメージを持たれがちなビールですが、実は毎日適量のビールを飲むことが健康に良い影響を与えるそう。毎日ビールを飲むことが健康に与えるいい影響をまとめました。

  こんな記事もよく読まれています

15_06_17_01_50_55_1
なぜか食後に吐き気と腹痛が!この原因は一体なに?

おいしい食事を終え、ほっと一息・・・と思ったら!吐き気と腹痛が!
こういうとき、どんなことが原因で吐き気と腹痛が起きるのでしょうか?
今回は、食後の吐き気と腹痛についてまとめてみました!

15_04_13_18_52_50_1
【痛い】舌の下にできる口内炎の原因、治療法について

口内炎はできると本当につらいですよね。

舌にできるとなると尚更です。

口内炎が舌にできる原因とその治療法についてここではお話します。

15_06_05_00_22_44_1
痛風の原因はストレスに有り!その原因と対策まとめ

痛風は以前まで、別名贅沢病ともいわれお酒や脂質の高い高価なものをずっと食べていると痛風になるといわれていました。
ですが、最近の研究結果では痛風の原因にストレスが密接に関わっているという事が分かってきました。
今回は、痛風とストレスの因果関係、またストレスが痛風の原因となる研究内容もまとめてみました。

wpid-2015_08_01_11_51_5.jpg
健康診断の再検査はどこで受けたらいいの?

健康診断で再検査になった場合、

どこで受けるのがいいのか調べてみました。

15_05_15_00_29_24_1
子どもの咳が夜に多いのは?

咳って出はじめるとなかなか長いですよね?そして特に夜に出る事が多いように感じますよね?子どもが苦しそうに咳き込んでいると心配になりますよね。今回はそんな咳についてまとめてみました!

15_03_22_18_17_31_1
【心血管が石灰化!?】動脈硬化性プラークとは!

心臓の血管が石灰化する・・・そんな恐ろしいことが実はよく起きています。

動脈硬化は「沈黙の病気」ともいわれ、発症しても初期症状が殆どなく、深く静かに、でも確実に進行していきます。

今回はそんな恐ろしい病「動脈硬化性プラーク」についてまとめました!

15_03_20_20_13_31_1
二日酔いの頭痛や吐き気、食べ物でよくなるの?

宴会などでちょっと飲みすぎたぁ〜との経験、誰にでもあるはず。

二日酔いなんだけど、仕事もやらないと・・・

というあなたに。

15_03_22_22_14_10_1
【ドライマウス】更年期障害で虫歯に!?原因と対策は!

更年期障害になると以外にも虫歯になりやすいそうです。
その原因は【ドライマウス】という口内が乾燥してしまう症状によるもの。
虫歯は歯の痛み以外にも色々な合併症が発生してしまいます。
今回は更年期障害よる虫歯の原因とドライマウスの予防・対策をまとめてみました!

15_06_17_01_50_20_1
寝起きにふくらはぎが痛いのは冷えが原因だった!対処法とは?

寝起きにふくらはぎが痛い!というか攣った!すごい激痛!
なんてことありませんか?寝起きにふくらはぎを攣るのってすごい痛いんですよね・・・
その原因は一体なんなのか?今回まとめてみました!

15_06_05_00_22_03_1
遅発性統合失調症の原因と対策方法とは

統合失調症は主に10代後半に発症するといわれています。ですが、40代後半から発症する
遅発性統合失調症というものがあります。症状は通常の統合失調症と同様、妄想・幻聴ですが、
今回は、遅発性統合失調症を症状と原因、対策についてまとめました。

wpid-2015_08_10_08_55_7.jpg
大学生が健康診断を必要とする場合、費用はいくらかかる?

大学生がさまざまな場面で

健康診断の提出があります。

どのくらいの費用がかかるか調べてみました。

15_03_13_22_35_01_1
子供にコーヒーいつから飲ませてもいい?子供に与えるカフェインの影響とは?

子供がコーヒーを飲みたがったとき、飲ませていいものか

何歳からコーヒーを飲ませてもいいか

考えちゃうときありませんか・

ここでは子供にカフェインがどういう影響を及ぼすのかをお話します。

15_03_01_18_16_04_1
ウォーキングの距離と消費カロリーの関係は?

ダイエットしようと思うときに、「ウォーキングはいいのかな?」と悩みそうですよね。

ウォーキングの距離が長いと消費カロリーは大きいのでしょうか?

そういうことも気になりますね。

ということでここではウォーキングの距離とと消費カロリーについて関係があるかどうかご紹介しますね。

wpid-2015_08_01_11_51_7.jpg
健康診断で再検査・・・。肝臓に異常??・・・。

健康診断での再検査は不安ですよね。

調べてみました。

15_03_01_18_19_54_1
仕事ができない病気または仕事で病気ができないときは

自分って仕事ができない人間なのか?そう思ったことありますか?

それは病気のせいかもしれません。

前半では仕事ができないというのはこの病気が原因では?ということをお話します。

後半では病気、怪我で仕事ができないときに受けられる補償についてご紹介します。

15_04_23_22_53_02_1
まぶたのヘルペスはうつるの!?

まぶたにできるヘルペスっていったいどんな病気?

気になりますよね?

うつるのか、うつらないのか?

なってしまったらどういう治療をするのかなどを含め、ご紹介します。

15_03_03_21_27_24_1
肥満大国アメリカ・・・その原因とは?

アメリカ人といえば現在問題となっているのが肥満。

その肥満、いったいどういった原因があるのか?

不思議に思いますよね?

アメリカ人の肥満について原因を追求してみましょう。

15_03_31_01_56_38_1
怒られるのが怖い・・・という病気とは。

人に怒られることが怖い・・・と常に感じるようになると

それが病気として出てくることがあります。

ここではその病気についてお話したいと思います。

15_05_13_00_05_15_1
子供に熱があっても元気なときの疑問

子どもって突然熱を出しますよね?一見元気に見えるけどつらくないのか心配!
なんですぐ熱を出すの?そんな時どうしたらいいの?
元気そうだけど病院に行った方がいいのかな?今回まとめてみました。

毎日ビールを飲むことが健康に与える影響のまとめ

この記事はおよそ 16 分くらいで読めます。

毎日ビールを適量飲むことによって健康に受けるいい影響とは

健康を理由に毎日乾杯!

、「ビールを飲んだ後は血管内皮機能(低下すると動脈硬化の原因となる)が著しく改善されていた」とのことで、ビールに含まれる抗酸化成分が健康効果をもたらしていると考えられるとか。

ビールは確かにアルコールであり、アルコールが体に悪いのは周知の事実。そのうえプリン体が多いため、飲み過ぎると通風になると言われ、敬遠しているお父さんたちも多いだろう。しかし!節度を守って適量をたしなめば、心だけでなく体もハッピーにしてくれるということも、紛れもない事実なのかもしれない。

ビールが体を健康にしてくれる!

研究によれば、1日に中ジョッキ1杯(約400ml)のビールを飲むと、心臓が健康的になることがわかったそう。実験では、非喫煙者の男性(20代後半〜30代前半)17人にそれぞれ400mlのビールを飲んでもらい、飲酒後1時間、2時間のときの循環器系疾患を検査した。その結果、ビールを飲んだ後は静脈がしなやかになり、血流がよくなることが明らかになったという。また、同じ実験をノンアルコールのビールと、ウォッカでもおこなったが、どちらもビールほどの効果は得られなかったそうだ

発癌抑制作用

最近の研究で、ビール中のホップや麦芽に由来する成分によって前がん病変や腫瘍の形成が抑制されることが分かり、
さらに、アルコールの適量摂取は発がんリスクを低減することが報告されています。

ビールの効能

ビールに含まれている適度のアルコールは胃から腸へ流されやすく、体内吸収されやすく、血液の循環を良くして、胆汁の分泌を促進することで整腸作用があります。また、炭酸ガスは胃壁を刺激して胃液の分泌を促し、胃の働きを活発にさせる作用があります。さらにホップのさわやかな苦味は消化を助け、食欲増進に効果があります。またビールには利尿作用もあり、医学の始祖といわれるヒポクラテスの処方書にも、発疹性の病人に発芽した大麦の煎汁を飲ませて排尿量を増加させる治療法が書かれています。

引用元-NAVER まとめ

今日の人気記事ランキング

美容にもいいビールの効果とは

■ビールが美肌によい理由とは?

栄養面からみてみるとビールはなかなか優秀です。他のお酒には含まれない、肌を美しく保つビタミンB2、B6、B12をはじめ、粘膜を保護してくれる葉酸、コラーゲン生成に必要なパントテン酸、不足すると乾燥肌をまねくカリウムなど、美肌に欠かせない栄養成分が含まれています(日本食品標準成分表2010参考)。どうせお酒を飲むならビールを毎日1?2杯というのが、やはり栄養面からみてもお肌にとっては理想的です。

引用元-Life & Beauty Report

ビールに含まれる健康に良い栄養素

■ ビールには、どんな栄養分が含まれているの?
ビールの主な原料とはたらきは、以下の通りとなっています。

○大麦

二条大麦という種類のものがよく使われる。この大麦を発芽させ、酵素が活性化したところで、初めてビールの原料となる。この発芽大麦は「麦芽(モルト)」と呼ばれ、麦芽になることで、
ビタミンが増加し、たくさんの酵素がはたらく。

○ホップ

古代から、薬用植物としても使用されていて、抗菌、鎮静、健胃、利尿効果などがあると言われる。このホップは、ビール独特の苦味や香りを与え、殺菌の繁殖を抑えて、泡立ちや泡持ちをよくしたり、過剰なタンパク質を沈殿、分離させ、ビールを澄んだものにするはたらきがある。

○酵母

麦芽を粉砕して湯を加えて糖化させ、ホップを加えて苦味をつけた後、発酵させるのに必要なのが酵母。麦汁中の糖分が酵母によって分解され、発酵することによって炭酸ガスが発生する。ビール酵母には、乳酸菌が腸内で繁殖するのを助けたり、余分なカロリーの吸収を抑えるはたらきがある。また、ビール酵母のタンパク質は、必須アミノ酸をバランスよく含んでいる。
ビタミンB群を含んだ酵母は、頭や体の働きを活発にし、ミネラルを含んだ酵母は、高血圧を予防するはたらきがある。最近では、ビール酵母が注目され、ビール酵母ダイエットが流行している。

○副原料

ビールの味を引き立てるために加えるもので、代表的なものとして、コーンスターチや米などがある。日本の酒税法では、麦芽の50%未満と決められている。それを上回った場合は、発泡酒という扱いになる。

引用元-カラダカラ

毎日ビールを飲んでも太らない飲み方とは

太らないビールの飲み方

ビールが太る理由として、ビールそものもよりも一緒に食べるものによって影響されるという事がわかってきました。
そのあたりをふまえて、太らないビールの飲み方をご紹介しましょう!

おつまみを選ぶ

ビールと一緒に食べても太りにくいものです。

脂が少ない高たんぱくのもの
・豆腐類
・鶏のササミやムネ
・内臓(ハツやセンマイ)
・馬肉など

食物繊維が多いもの
・きのこ
・海藻
・野菜料理
・切り干し大根
・かぼちゃ煮
・ひじき煮などのお惣菜
・納豆
・枝豆など

良く噛む必要があるもの
・野菜スティック
・ゴボウ
・こんにゃく
・イカの干し物など

食物繊維を多く含むおつまみを、ビールを飲む前に食べておくとビールが体脂肪になりにくいのでお勧めです♪♪

飲むビールを選び、量を抑える

ビールも種類が豊富です。
今は糖質0や、カロリーハーフのタイプも多くでていますが、このようなビールはやはり淡泊でアルコール度数も低いのでついつい多く飲んでしまいます。
しかし、結局カロリーはトータルで考えますから、やはり量を加減しなければなりません。

そのためのポイントです。
・小さなジョッキで飲む
・ゆっくり飲む
・間にお茶やミネラルウォーターなどノンカロリーのソフトドリンクを飲む
・飲みに行く頻度を下げる(当たり前?)
・ノンアルコールの日を設ける

ノンアルコールの日を設けて肝臓を休ませることは大変重要です。
肝臓は代謝を促進する働きがあるので、ダイエットには欠かせません。
しかし毎日アルコールを飲んでいると、アルコールの分解ばかりに機能し、代謝機能が落ちてしまうのです。
太らずにビールを飲みたければ、肝臓の事も忘れないでください。

引用元-美肌マニア

毎日ビールを飲んでも健康になる飲み方と効果とは

健康のことを考えて、仕事の後のビールをためらっていたそこのあなた!これからは、なんの気兼ねもなくビールが飲めるようになるかもしれない。以前「一日一杯の緑茶が体にいい」とお伝えしたが、今度はなんと「一日一杯のビールが体にいい」と発表され、世界のビール好きたちは大喜びしている。

今回のビールに関する研究を発表したのは、スペインのエストラッチ博士とラムエラ博士。彼らの研究によると、一日1パイントのビールを飲むと、糖尿病・高血圧のリスクを減らし、そしてさらには体重を減らすことさえできるのだという。

1パイントはイギリスやアメリカで使われている容積の単位であり、日本でいう約568ミリリットルのこと。500ミリリットルの缶ビール、一杯分を想像すると分かりやすいだろう。

エストラッチ博士とラムエラ博士は、57歳以上の男女1249人を対象に今回のビールの調査を行った。対象者たちはエールビールやラガービールを適量に摂取することで、糖尿病や高血圧にかかりにくくなり、そしてなかには体の脂肪が減ったという人もいたから驚きだ。

博士たちは「ビールは肥満のもと」と言われていることに対し、それはビールと共に食べる油っこいおつまみや単なる飲みすぎに原因があると説明した。

そもそもビールには葉酸、鉄分、カルシウム、そして様々なビタミンが含まれており、それらが循環器システムを保護してくれると今回の研究は主張する。また、ラガービール1パイントは約200カロリーしかなく、ミルク入りのカフェラテ一杯分とほぼ同じカロリーなのだ。

ラムエラ博士は「今回の研究で、ビールが肥満を作り出しているという神話を打ち壊すことができました。もはやビールが、肥満の原因ではないと私たちは知っているのです」と述べ、欧米でささやかれている「ビールは肥満のもと」という考え方を真っ向から否定した。最後に博士たちは、適量なビールだけではなく、きちんとした食事と運動も健康な体には必要なことを改めて強調した。

引用元-ロケットニュース24

twitterの反応

 - 健康

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です