僕の私の話題まとめ

いつも気になるあんな事やこんな事をまとめています。

*

猫の睡眠中の痙攣について

      2015/03/19

大事な家族である猫の睡眠中の痙攣は正常なのか、それとも病気なのか?猫の睡眠中の痙攣についてまとめました。

  こんな記事もよく読まれています

15_04_23_22_55_13_1
寂しいときの犬の吠え方とは?対策と解決法まとめ

犬の心を読めると気持ちがわかっていいですよね?

寂しいと感じているときはきちんと遊んであげたりとか対処も万全にできますし。

犬が寂しいときなどの鳴き方についてここではご紹介します。

15_03_01_16_49_51_1
犬のトイレを手作りしてみよう。トイレのしつけ方

犬を家族の一員に迎えるのって楽しみですね。
でも一番大変なのはトイレのこと。
トイレも手作りして、きちんとしつけたいですよね。
ここではトイレを手作りする上での注意点についてご紹介します。

15_03_01_18_37_00_1
猫が噛む理由とその対処法

みなさんはどうして猫が噛むのか?その理由についてご存知ですか?
またその対処法についても知っておくとよいかもしれませんね。
ここでは猫がどうして噛むのか?また噛まなくなるようにするには?など対処法をまとめてみました。

15_04_02_19_41_05_1
子犬の散歩デビュー時期について

家の新しい家族として、犬を迎えるということは楽しみなことも多いですよね。

でも、よく考えてみれば、「お散歩デビューの時期っていつなんだろう?」

なんて考えることありませんか?

ここでは、散歩デビューの時期についてお話したいと思います。

15_04_23_22_53_51_1
犬を吠えるのをやめさせるには・・・

家に新しい家族を受け入れることはなんだかドキドキしますね。

でも、訪問客に吠えるなどをやめさせたい。

そんな悩みもでてくるはず。

そんな悩みを解消するためにここでは犬の遠吠えに対するしつけ方について

ご紹介しますね。

15_04_23_23_02_40_1
猫も夢を見るの?

猫って夢を見てるのでしょうか?

そういう疑問ってありますよね?

見てるとしたら、どんな夢を見ているのか興味がありませんか?

ここでは、猫は夢を見るのか?見るとしたらどういった夢を見るのか?

ご紹介します。

15_04_23_23_03_34_1
猫と遊ぶ時間はどれくらい?

せっかく家族の一員になったネコと遊びたいですよね。

でも、あまり遊びすぎて疲れたらかわいそうだし・・・。

どれくらい遊べばいいだろう?

と疑問に思うこともしばしばありそうですね。

ここではネコとどれだけ遊べばいいのか?ご紹介しますね。

15_04_23_23_00_00_1
猫の爪の除去について

猫が家のあちこちをひっかく。

猫にひっかかれて怪我をした

猫の爪の除去を考えたほうがいいのだろうかと悩むあなたに

ここでは猫の爪の除去についてご紹介します。

犬 トイレ 失敗
犬がトイレを失敗!どうすればいいの?

家族の一員の犬がトイレを失敗して、

床やカーペットがぐちゃぐちゃ・・・

では、どうしてトイレを失敗するのでしょう。

どうすれば失敗しなくなるのか調べてみました。

猫の睡眠中の痙攣について

この記事はおよそ 16 分くらいで読めます。

猫の睡眠中の痙攣とは

はじめて痙攣を見たときは、本当にびっくりしてしまいます。しかしその後、何事も無かったかのようにスヤスヤと、またうたた寝を続けるにゃんこの姿を見て、察しのいい人なら、おかしな夢でも見ているのだろうと思って、安心したのではないでしょうか?
睡眠中の痙攣
実はその通りで、猫は、夢を見やすいレム睡眠という状態の時、体をヒクヒクと痙攣させるという、変な生態を持っているのです。

人間の場合は、通常、レム睡眠を約90分周期で繰り返しますが、猫はとても睡眠が浅く、睡眠時間の8割がレム睡眠という状態にあるそうです。そして、人間はレム睡眠時に眼球が激しく動きますが、猫の場合は体全体が、ヒクヒクと痙攣するように動くのです。

寝ているときに突然ヒクヒクすると、飼い主としてはビックリしてしまいますが、この痙攣は猫にとって正常な動作なのです。笑顔で痙攣していたら何か良い夢をみているのかもしれませんね(^w^)

引用元-ねこのきもち ブログ

今日の人気記事ランキング

猫の睡眠中の痙攣の改善策とは

犬・猫・ペット達の痙攣・発作とオルゴール療法

オルゴール療法では、強い響きのオルゴールを聴くことで先ず交感神経を 大きく刺激して血液の循環を活発にします。心肺機能を高め酸素と栄養素 を末梢血管の送り込み、細胞の活性を行います。細胞を日々に新しくする ことが大切です。血液の良好な循環は犬・猫・ペット達の痙攣・発作に良 い効果をもたらします。

次に徹底的なリラクセーションから副交感神経の優位を導きます。気持ち の良いとき末梢神経から血液中にアセチルコリンという化学物質が流れ血 管の壁を柔らかくして栄養と酸素を運ぶ赤血球を末梢血管に運びます。白 血球の流れを良くします。血液をサラサラにすることが犬・猫・ペット達 の痙攣・発作の改善に効果的なのです。

真のリラクセーションは成長ホルモンを豊富にし、その結果、細胞を新し くします。脳幹は全身の主立った30種類を超えるホルモンの分泌が正しく 行われているかを監督する重要な働きをします。犬・猫・ペット達の痙攣 ・発作を治すのは脳幹の働きを正すことが近道なのです。リラクセーショ ンは恒常性を取り戻すために、痙攣・発作を鎮める為に、最も大切だと云 えましょう。

オルゴールの響きにある高・低周波は脳幹を刺激し、血流を促進し、 自律神経を正しくする為のコントロールを行います。ホルモンの分 泌が正しく行われているかどうかを監督し全身の調節を行います。 従って脳幹を正しくすることがとても大切であることが判って来ました。 その原理を基礎にしたオルゴール療法で犬・猫・ペット達の痙攣・発作 のような原因不明の病気が治り、療法の効果に驚かれています。

犬・猫・ペット達の痙攣・発作とオルゴール療法の特性

高・低周波の響きと、楽しい音楽と、美しい音色です。オルゴール療法は恒常的な心身を つくることを目的とします。脳を正常にすることで、心身の恒常性を保つ、 根本の療法と云えましょう。予防医学の面からも 優れた効果の期待できる真の健康法と云えると思います。犬・猫のペット 達の痙攣・発作の予防にも、その他の疾患にも美しい音色のオルゴールを 聞かせて上げて下さい。痙攣・発作良い効果が期待出来ましょう。

引用元-日本オルゴール療法研究所 1991

病気の可能性のある猫の睡眠中の痙攣とは

病気の可能性がある猫の睡眠時の痙攣

猫の睡眠中の痙攣は基本的にあまり問題はありません。しかし、ごくまれに猫の睡眠中の痙攣が病気である可能性があります。猫の痙攣が病気である可能性がある場合は、痙攣は睡眠中だけにはとどまりません。起きている間も痙攣を起こします。この場合には、猫がかかっている可能性がある病気は、てんかんです。

てんかんとは、脳内でてんかん放電と言われる異常な状態が生じ、体に異常発作が起こるというものです。てんかんは人間だけではなく、猫にも起こります。この場合には、痙攣がてんかんの症状として現れます。

より具体的な症状としては、意識障害と痙攣が症状の中心となります。まず、全身が硬直する「強直性痙攣」と呼ばれる症状が1分程度続きます。その後、「間代性痙攣」と呼ばれる足の曲げ伸ばしをするような症状が数分続きます。泡を吹いたり排泄をしたりすることもあります。このようなてんかんの症状として痙攣が生じることがありえます。

てんかん症状として痙攣が起きる際には、睡眠中の痙攣とは異なり、このような通常はありえないような痙攣の様子を示すので、何らかの病気である可能性はすぐに気づくことができます。そのため、この場合には獣医による診断・治療を受けることが必要となります。

てんかんが起きても、獣医の診断と治療を受けて適切に接すれは、その後も変わらず猫を飼い続けることに問題はありません。ただ、痙攣を中心とした異常行動のために、事故などに遭わないようにするために早期に獣医による診療を受けることが重要です。
てんかんが起きても決して猫を捨てることなどを考えずに家族の一員として適切に治療を受け続けさせましょう。

なお、てんかんの治療としては、投薬を受けるほか、ビタミンB1が含まれる食事やサプリメントが有効と言われます。このような食事の世話をすることも役立ちます

引用元-iGotit

猫のてんかんとは

猫のてんかんの病態と症状

 猫のてんかんとは、脳内の神経に異常な興奮が起こり、体のコントロールを失ってしまう状態です。犬と比較すると、猫のてんかんは極めてまれとされます。
脳内にある神経細胞と軸索の模式図  脳内では数十億個の神経細胞が、軸索やシナプスと呼ばれる電気ケーブルで結ばれています。しかし様々な原因で神経細胞が異常発火(てんかん放電)を起こし、まるで花火が暴発したかのように無秩序に興奮が起こることがあります。これが「てんかん発作」です。猫はけいれんしたり昏倒したりしますが、発作が治まるとまるで何事も無かったかのように振舞います。また発作と回復の間に、「無目的に同じ歩調で歩き続ける」(ペーシング)、「やたらに水や食餌を欲しがる」といった「発作後行動」を見せる個体もいますが、通常は24時間以内に消失します。
 猫のてんかんの症状としては以下のようなものが挙げられます。発作が30分以上続く場合や、24時間で3回以上起こる場合は「てんかん重積」と呼ばれ、通常のてんかんとは区別されます。中毒や脳の外傷など、早急な治療を要する可能性がありますので、発作が10分経っても収まらない時は速やかに獣医さんにご相談ください。
猫のてんかんの主症状
四肢の硬直
けいれん
口から泡を吹く
失禁

引用元-子猫のへや

猫のてんかんに効果的な薬

てんかんの治療に使用される薬

フェノバルビタール

現在てんかんの治療薬として、もっともよく使用されている薬は、フェノバルビタールです。

この薬は、良く効く反面、肝障害、過食、ふらつき、嗜眠などの副作用を持ち、特に長期にわたる治療においては、肝障害が深刻な問題になります。

フェノバルビタールを与える量が少なければ副作用がでる可能性は低くなりますが、当然効果も落ちてしまいます。

そこで最近注目されているのが、臭化カリウムです。

臭化カリウム

臭化カリウムは人間のてんかん治療薬として、100年以上も前から使用されてきた薬です。

しかし、人間の方ではあまり効果が出ないということで、すっかり使われなくなり、製造も中止されるようになってきました。

そのような臭化カリウムですが、実は犬に対しては非常に良い効果をもたらしてくれることが、明らかになりました。

それは、フェノバルビタールと併用すると、フェノバルビタールの使用量をうんと減らすことができるので、その副作用を押さえることができるのです。

さらに、軽い症状であれば、臭化カリウム単独でも、発作を押さえることができるので、その利用価値はますます広がっています。

しかし、中には臭化カリウム、フェノバルビタールを併用しても、さらには、ジアゼパムという薬を使用しても、発作がとまらない、難治性のてんかんというものがあります。

難治性のてんかん発作は現在のところ、その治療法が確立されておらず、多くの場合に発作の重積から命を落とすか、薬の副作用で肝不全に陥り亡くなってしまいます。

プリミドン(マイソリン)

フェノバルビタールと同じグループの薬です。

体内に入ってから代謝されてフェノバルビタールに変わります。作用も副作用もフェノバルビタールと同じです。

フェニトイン

臭化カリウムが取り上げられる前に、一時期注目された時期がありますが、私個人の考えでは、あまり良い効果が期待できません。
副作用は、フェノバルビタールと同じくらいと考えられます。

ジアゼパム(ニトラゼパム、クロナゼパムも同じです)

発作の薬の中でも、比較的重要な役割を果たす薬です。
とは言っても、持続的な管理に使う薬ではなく、短時間のうちに効果を表し、短時間のうちに体内から排出される薬です。
従って、今、発作が起こっているというときに、とても役に立つ薬ですが、翌日には効果が切れています。てんかんのあるワンちゃんを管理する上では、いざという時のために、頓服として手元に置いておきたい薬です。

一般的にはてんかんの治療に使われていない薬

マグネシウム剤

私共の病院では、てんかんの症例に対し、マグネシウム剤を使用しています。
マグネシウム剤は、もともと鎮痙剤として使用され、いわゆるテタニー症状の治療薬として使われてきました。
また、下剤としてもよく使用されている薬で、特に目立った副作用は有りません。
その薬を、てんかんの治療に加える事によって、驚く程その症状が改善され、それまでの薬が良く効くようになる事がしばしばあります。
場合によっては、マグネシウム剤だけの使用で発作がなくなり、他の薬を使わずに治っていくこともあります。

EPA(エイコサペンタエン酸)製剤

EPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)は、かねてから頭が良くなる脂肪酸として注目されています。
このEPA製剤をてんかん発作の治療薬として使用すると、他の薬の使用量を減らすことができる事があります。
中には、発作がとまることもあります。
マグネシウムもEPAも、栄養成分ですから、研究が進めば、低血糖やビタミンB1不足、低カルシウムのテタニーなどのように、てんかん発作の原因の一つに分類されるかも知れませんが、今はまだ、原因不明の特発性てんかんとして治療をします。

引用元-あい動物病院

twitterの反応

 - ペット・動物

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です