僕の私の話題まとめ

いつも気になるあんな事やこんな事をまとめています。

*

社会人のお金の使い道についてのまとめ

      2015/03/21

社会人はもらった給料をどのように使っているのでしょうか。社会人のお金の使い道をまとめました。

  こんな記事もよく読まれています

wpid-2015_07_21_09_58_4.jpg
社会人の趣味としてのバンド活動はどうすればいいの?

社会人になると、自由な時間が増えますよね。

そこで趣味のバンドに力を入れてみませんか?

社会人が趣味でバンドをするポイントやコツをまとめてみました!

wpid-2015_08_10_08_01_2.jpg
確定申告後に扶養家族が増えたり、申告漏れが合った場合は還付金がある?!

会社員の方は年末調整を受けるので、

還付金には縁が無いと思われがちですが、

戻る場合もあるようで調べてみました。

15_06_08_00_48_43_1
アパートのベランダでバーベキューをしても大丈夫?

夏といえばバーベキュー!炭火で焼いたお肉は最高ですよね!
ですが、ここで気をつけたいのが隣人とのトラブル。とくにアパートのベランダでバーベキューをすると
クレームを入れられてしまいことも・・・今回はアパートのベランダでバーベキューをすることについてまとめました。

15_05_25_01_25_20_1
店員の態度にクレームを入れたことありますか?

人は感情の生き物なのでふとした瞬間にイラッとしちゃうことはありますよね?
店員の態度が悪くてクレームを入れてしまったり。やる気がない日に態度にでてしまって
クレームを入れられてしまったり。今回は、そんなクレームに関するエピソードや、
クレームに関する法律についてまとめてみました。

15_02_18_10_00_06_1
共働き夫婦、家事効率を上げるためには

現代は共働きが当たり前の時代になってきていますね。

そうなると、家事の効率が上がればいいのになぁと思うことありませんか?

夫婦家事分担も同じように当たり前の時代になってきているけど、お互いに家事が負担になるということもでてくるかもしれません。

家事の効率を上げるにはどうしたらいいのか?まとめてみました。

15_06_20_01_39_59_1
45歳女性の生き方

現代女性の生き方は多様化しているといわれていますが本当のところはどうでしょうか?毎日家事育児、仕事に追われるなど立場はさまざま。そんな中ふと不安になるのが将来のこと。今回はライフステージでも一つの分岐点になる45歳にスポットをあて生き方を見ていきたい。

wpid-2015_08_01_11_51_3.jpg
パスポート変更は結婚後どのタイミングでするべき?

パスポートの変更って時間がかかりますよね。

結婚後、どのタイミングでするべきなのでしょう。

調べてみました。

15_04_02_19_42_18_1
男性って怒ると怖いの?「怖い」と感じたときの対処法は?

男性疋ゥたとえば夫や彼が怒ったときに怖いと感じたことはありませんか?

どうして男性は怒りやすいのだろうと疑問に感じたこともあると思います。

そういう場面に会った時の対処法について・・・また

どんな男性は避けたほうがいいのか?ここではお話していきましょう。

15_06_11_23_42_04_1
同年代の男性が苦手…何が原因なの!?

年上の男性なら話すことができるのに、同年代の男性だけどうしても苦手!
そんな場合は、どうしたらいいのでしょう?同世代の男性を克服するために
原因と対処法をまとめてみました!

wpid-2015_08_10_08_55_3.jpg
マイホームを購入!住宅ローンと頭金はいつ払うもの?

大切なマイホーム。

住宅ローンを組んだり頭金を入れたり、

それはいつ払うものなのか調べてみました。

15_03_29_12_59_50_1
面白い遅刻の理由をあつめてみました。

学校、会社遅刻するときもたまにはあると思いますが、

そういうときに笑いを取れる理由があるといいなぁと思いませんか?

遅刻をする理由で面白いものあつめてみました。

wpid-2015_08_01_12_29_4.jpg
産休・育休中の住民税はどうなるの?

産休や育休に入る場合、住民税はどうなるのでしょうか?

働いている間は、会社の方で給与より天引きされていますが、

会社により産休・育休の住民税の天引き時期が変わる場合があります。

15_03_03_21_37_17_1
共働きで家事のストレスを溜めない方法まとめ

近年増えている共働き家庭。

特に家事はもめやすい問題のひとつ

悩ませる家事と仕事の両立で溜まるイライラやストレスを溜めない方法を紹介します。

wpid-2015_08_10_08_01_10.jpg
住宅ローンの事前審査と本審査について

住宅ローンを組む際に審査を受けますが、

事前審査と本審査について調べました。

15_06_15_01_37_39_1
社会人の趣味はテニスがおすすめ!メリットと上達法は?

社会人になってすっかり運動不足…運動しないと太ってしまい不健康に。
そんなときは趣味でテニスを始めてみてはいかがでしょうか?テニスサークルもあり、出会いが広がるかもしれません。
しかも、テニスは始めやすいメリットがたくさんあります!
今回は、社会人の趣味としてテニスを始める場合についてまとめてみました!

ネット 友達 プレゼント
ネットで贈ろう。友達へのプレゼント!!

インターネットは便利ですね。遠方で行くことが出来ないお店で買い物したりできますよね。

なんと、SMSを使ったプレゼントが贈れるんです。

友達に贈ってビックリさせちゃおう!!

15_05_29_01_15_15_1
夫婦の生活費、管理はどうするのが正しいの?

夫婦生活で一番困る問題、それがお金。いわゆる生活費の管理ですね。
お金の管理が上手く行っていないと喧嘩の発端にもなりかねません。
今回は、そんな夫婦の生活費管理についてまとめました!

女性 生き方 不安 Suus Wansink
女性が感じる生き方への不安とは?

生きるとはなんでしょう?

自分らしいとはなんでしょう。

女性の生き方についての不安を調べてみました。

wpid-2015_08_01_11_51_10.jpg
厚生年金など扶養に入る手続き

結婚したり、退職したり環境の変化で

パートナーの扶養に入ることがあります。

その際の手続きなどについて調べました。

社会人のお金の使い道についてのまとめ

この記事はおよそ 19 分くらいで読めます。

社会人のお金の使い道とは

使い道編 毎月の生活費は約20万円。約7万円の家賃がきつい!?
転職すると給与や待遇が変わる場合がかなりあるし、それに伴って毎日の生活も当然変化。そこで、月々の生活費や家賃などの支出と、旅行や洋服代など、楽しみに使うお金について聞きました。そして、最後には自分とパートナーの理想年収も紹介。お金の使い道や理想のライフスタイルから、求人探しをするのもアリなのでは?

1カ月の生活費 平均20.0万円

月収から生活費を引いた分は
月々の貯金にまわす

月々の生活費の平均は20.0万円。平均月収が25.1万円で、月々の平均貯金額は4.1万円だから、月収から生活費を引いた分、きっちり貯金にまわす人が多いという結果に。生活費が25万円以上の人のほとんどは既婚で子どものいる人。10万円以下の人は、20代の未婚で親と同居の人が目立つ。

家賃(自己負担分)平均6.7万円

ひとり暮らしの人は
10万円未満の物件に住んでいる

年齢層・雇用形態の違いにかかわらず、ひとり暮らしの人は5?10万円の賃貸物件に住んでいる人がほとんど。またアルバイト・パートの人は、親と同居している人が多く、その結果、約半数が自己負担はゼロ。収入が安定しないと、独立するのは難しいようだ。

海外旅行 国内旅行

海外旅行より、近く・安く行ける
日数の国内旅行が好み?
意外な結果になったのが海外旅行。約7割の人は年1回も海外へ旅行に出かけていないという結果に。反対に国内旅行は2回以上出かけている人が半数以上を占め、安くて・近くて・短い日数の国内旅行がレジャーの定番となっているようだ。

食事や洋服代はこんな感じで使っています…
1カ月の食費平均3.4万円

自炊とお弁当持参が、家計の節約術のトップで、1日あたりの食費を1000円以内に抑えている人が多い。

1回のランチ代平均800円

500円のワンコインランチの人が35.2%、1000円という人が36.5%ときれいに分かれる結果に。弁当持参という人は全体の20.0%。

1カ月の外食費平均1.8万円

1回あたりのランチが平均800円×20日で1万6000円。残りの2000円ぐらいが、どうやら飲み会にあてる費用みたい。

1カ月の洋服代 平均2万円

一番のボリュームゾーンは1万?2万円で33.8%で、3万円以上は25.3%だった。このほか、ボーナスを利用してバーゲンでまとめ買いするという意見も目立った。

もっとお金を使いたい…と思っている人がほとんど。そこで、自分と(将来の)パートナーの理想の年収を聞きました

自分の理想の年収平均483.9万円 パートナーの理想の年収平均667.5万円
自分の理想の年収グラフ パートナーの理想の年収グラフ

今の年収より150万円アップが
みんなの理想の年収みたい!
年収500万円というのが、どうやら働く女性の理想の年収。平均年収が330.7万円なので、年収150万円、月収7万円、ボーナス50万円アップぐらいを転職で狙っているようだ。パートナーの理想の年収の平均は667.5万円だが、一番のボリュームゾーンは500万?600万円で、みんな現実をよくわかっているみたい。自分の年収と合わせて、世帯あたりの年収1000万円というのが、理想とする年収の目安のようだ。

引用元-女性の求人・女性の転職とらばーゆ

今日の人気記事ランキング

社会人の上手なお金の使い道について

欲しい物は「厳選」する!

  手取り給与から生活にかかるお金10万2000円と貯金4万円を引くと、残りは2万8000円です。この限られたお金で、交際費(飲み会、デート、パーティー)、教養・娯楽費(図書費、旅行、習い事)、被服・美容費(洋服代、化粧品代)なども満たす必要があります。

 そこで大切になるのは、欲しい物を「厳選する」こと。買う物を減らせば、一つひとつの支出を贅沢に予算配分することができるからです。例えば5000円の洋服を2枚買いたい場合も、1枚に絞れば浮いた5000円を交際費など他の支出にまわすことができます。もう少し高い洋服を買うこともできますね。

欲しい物をおトクに買う3つの方法

  欲しい物を厳選した後は、せっかくならおトクに買える3つの工夫をしてみましょう。

 1. 価格を比較する
 家電製品から保険料まで、さまざまな商品を価格比較サイトで調べることができます。円高を生かし、並行輸入品をネットで安価に購入することも可能です。

 2. クーポンを活用する
 クーポンも上手に利用すればメリットが大きいです。事前にお金を支払うタイプのクーポンは、期限内にサービスを利用するかをよく考えてから購入するようにしましょう。

 3. ポイントを利用する
 ポイントカードやクレジットカードで、ポイントを集める方法もあります。還元率は一般的に1%前後ですが、利用額により還元率がよくなるため、できるだけ1枚のカードにポイントを集約することがコツです。ポイントカードを作るかどうかの判断は、その店で10万円程度の買い物をするかを目安にするとよいでしょう。  クレジットカードも、メインとサブの2枚までに絞るのがおすすめです。旅行が多いならマイルが貯まるカード、買い物好きならショッピング系など、自分がよく利用するサービスから作ればいいですよ。

 クーポンを利用したり、ポイントを集める際に注意したいのは「買い過ぎない」こと。自分が欲しい物を厳選するのが、”買い物上手”の王道です。あくまで必要な物を購入する際に、おトクに入手する手段として活用しましょう。

引用元-フレッシャーズ マイナビスチューデント

社会人のお金の使い道を工夫して上手に貯金する為には

お金たまる社会人への道 まず100万円に挑戦

 新年度が始まった。新社会人としての生活がスタートし、希望に胸を膨らませる人は多いだろう。経済的に自立するためには稼ぐだけでなく貯蓄も大切。貯蓄額はひとまず、新社会人の生活費の約半年分に当たる100万円を目指そう。限られた収入をやり繰りして貯蓄する習慣を身に付ければ、その後の人生に役立てることができる。

 「生活費を切り詰め、最低でも月3万円は貯金するつもり」。今月から食品会社で働き始めた都内の高橋貴之さん(仮名、23)は早々にこんな目標を立てた。親元にいた学生時代はアルバイト代を使い切る生活を送っていたが、一人暮らしを始めたこともあり「貯金できる人間になりたい」と意気込む。

■まず10万円で自信

 ファイナンシャルプランナー(FP)の山崎俊輔氏は「社会人になるとやり繰りするお金の単位が変わる」と指摘する。数カ月分のバイトで欲しいものは買えることも多かった学生時代と違い「住宅購入や老後資金など1000万円単位のやりくりを考える必要がある」(山崎氏)。

 終身雇用が保証されるとは限らず、病気で働けなくなる可能性もある。将来の結婚、子どもの教育まで考えるとバランスの取れた金銭感覚を早く身に付けた方が有利だ。

 山崎氏は新社会人の目標額として3段階を示す。まず10万円は「自分は貯蓄できると自信がつく額」。次が50万円。仮に自己都合退職しても、雇用保険の給付が始まる3カ月後まで生活を維持できる目安だ。そして100万円。「達成すれば200万円、300万円と次の目標を思い描ける」と説明する。

 20代前半の会社員にとって100万円は「生活費6カ月分強に相当し、これだけあると理想的」(FPの豊田真弓氏)。病気による休職や家電、家の設備が壊れたときなど非常事態に対応するお金だ。

 貯蓄を始めるにはまず手取り収入を把握しよう。厚生労働省の2013年調査によると大卒初任給は平均19万8000円。ここから雇用保険と所得税、健康保険と厚生年金の保険料を引くと手取り額は16万〜17万円程度だ(図A)。

引用元-日本経済新聞 電子版

社会人にオススメの貯金方法

新社会人へ 〜お金に関するアドバイス〜 貯めるCommentsAdd StarTKBLOG

お金の管理

 2012年4月から社会人になる人のためのお金に関するアドバイスシリーズ、第一回は、「貯める」編です。

貯蓄なら定期預金

 まず、貯蓄をするのでしたら、定期預金がお得です。場合によって、定期預金は、普通預金の10倍くらいの利子がつくことがあるからです。

 1万円を1年間、預金した場合を計算してみます。2012年3月時点の金利をみてみると、定期預金の場合だいたい数十円、普通預金だとだいたい数円の利息がつきます。1万円で数十円の違いなので、普通預金でも定期預金でも大した違いはないと思うかもしれません。そして、いつでも引き出せる普通預金がよいかなと。

 しかし、その利便性から浪費につながってしまいがちですよね。個人の性格にもよると思いますが、定期預金と普通預金の利便性の差、そして利息の数十円の差が浪費を防ぐ防波堤になったりしますので、貯蓄をしたいのであれば、やっぱり、定期預金がオススメです。

定期預金ならネット銀行

貯蓄に定期預金を利用するのであれば、ネット銀行のものがよいでしょう。

 2012年3月18日現在、「住信SBIネット銀行」の1年定期の金利は、0.35%。「みずほ銀行」の1年定期の金利0.025%(預入額が1000万円以下・店頭の場合)です。その差14倍!!!みずほ銀行のインターネット支店を利用した場合でも、
6倍くらいです。

 都市銀行には、サービスの細やかさだったり、ネームバリューからの安心感があったりします。資産額が1000万円を超えるようになったころには、そういうメリットを選択する余地があると思いますが、資産が少ない新社会人のころは、疑問点は自分で解決し、預金額の保護は、預金保護制度にまかせ、ネット銀行の比較的な高金利のメリットを享受するのがいいのではないかな思います。

預入期間は1年以下のものを。

 預入期間は、いまのところ、1年以下のものがオススメです。

 理由は、現在の預金の金利は、過去の水準と比べて、きわめて低い水準にあり、現時点で、10年の定期預金などを組むと数年後、もし金利が上昇したときに損をしてしまうかもしれないからです。ボーナス時期に行われるネット銀行のキャンペーンを利用すれば、5年くらいの定期預金と同程度の金利で預けることができますので、キャンペーンをうまく利用して短期の定期預金で糊口をしのぎ、金利が高くなるのを待つのがよいでしょう。

金額は小分けに。

 そして、少しの手間をかけられるのでしたら、金額は数万円くらいに小分けにしましょう。店頭で申し込むのでしたら、数千円の定期預金をいくつも組むのはちょっと気がひけるかもしれませんが、ネット預金でしたらボタン一つなので気がるに組むことができます。

 定期預金を途中解約すると、普通預金以下の金利しかつかないことがほとんどです。ですから、しばらく使わないだろうお金をまとめて定期預金にしてしまうのではなく、小分けにし、急にお金が必要になったときに、一部を解約できるようにする。そうすれば、最低限の損失で済みます。数万円ごとに定期預金を組んでいけば、資金が普通預金にある期間を減らすことができ、定期預金のメリットをよりうけることもできます。

 もちろん、定期預金を組む手間が少し増えますので、その手間をかけられるならですが。

定期預金にオススメのネット銀行は?

 ネット銀行にもいくつか系統があります。

 ネット銀行ならではの高金利で定期預金を組みたいのでしたら、日々のお買いものの便利さをウリにしているところ(セブン銀行、イオン銀行など)ではなく、金利の高さがウリのところがよいでしょう。「住信SBIネット銀行」「ソニー銀行」「じぶん銀行」
あたりです。「大和ネクスト銀行」「オリックス銀行」あたりも、
定期預金に力をいれていくようですので、要注目です。

 IT化によるコスト削減に力をいれているネット銀行でしたら、定期預金の金利については、おおむね横並びで、キャンペーン次第です。その他のサービスなどで選ぶことになるかと思います。

 投資信託や株式投資に興味があるのであれば、ネット証券をグループにもつ「住信SBIネット銀行」がよいでしょうね。

 ソニー銀行は、住宅ローンなどに定評があるようなので、住宅ローンを組む可能性があるなら、ネット銀行のメインとして使うのもありかもです。

どれだけ小分けに定期預金を組むことができるかを重視するのであれば、「じぶん銀行」を。1円から1円単位で定期預金を組むことができます。

自分の定期預金利用方法

 私自身は、「SBIネット銀行」と「じぶん銀行」と「ソニー銀行」に口座をつくり、定期預金を組むことができる余裕資金ができた時点で、一番高い金利のところに、数千円から数万円単位で、定期預金を組むことにしています。

 今まさに定期預金を組むのでしたら、「SBIネット銀行」の「2011年冬特別金利キャンペーン」か、「じぶん銀行」の「円定期預金 金利UP!キャンペーン」を利用する感じですかね。

まとめ
・貯蓄なら、浪費を防げ高金利の定期預金がオススメ
・今は低金利なので、預け入れ期間は、1年未満がベター
・急にお金が必要になったときのため、細かくわけて組むのがポイント
・定期預金なら高金利のネット銀行がオススメ
・ネット銀行なら「住信SBIネット銀行」「ソニー銀行」「じぶん銀行」あたりが定期預金に有利でオススメ

引用元- 新社会人へ 〜お金に関するアドバイス〜 貯める お金の管理 ginza_line

twitterの反応

 - ライフハック

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です