僕の私の話題まとめ

いつも気になるあんな事やこんな事をまとめています。

*

冷凍ほうれん草をお浸しにしよう

      2015/03/11

ほうれん草が多くて、どうしよう?となった経験はありませんか?
でもほうれん草は冷凍しておくと、のちのちお浸しに変身させたりできるんです!
この機会にほうれん草を冷凍保存してみませんか?
ちょっとしたときに一品としてお浸しを作ることができます。

  こんな記事もよく読まれています

赤ワイン 白ワイン 料理
赤ワインと白ワイン、どう料理で使い分けてる??

ワインを飲む時、どんな料理を合わせますか?

ここではワインをいろいろな角度から調べてみました。

15_03_08_20_09_46_1
節約料理で健康なろう!

このご時世、節約生活はつきもの。

一番のウェイトを占める食費で節約できるといいですよね?

ここではどうしたら食事面で節約できるのか、更に健康な生活を送れるのか。

ご紹介しますね・・・。

15_03_13_22_33_12_1
飲みかけのワインの保存方法について

ワインで一息つく時間って貴重でとても楽しいものですね。

けれど一晩のうちにワインというのは飲みきらないといけないのでしょうか?

ワインが残っちゃった。どうしよう?という経験はありませんか?

ここではワインは飲みきらないといけないのか?ということと保存方法について

ご紹介します。

15_03_13_22_31_09_1
みかんにカビが生える理由と保存方法

みかんにカビが生えてしまって、食べられなかったという経験はありませんか?

箱のみかんを買ったけれど、長持ちするにはどうすればいいのだろう?

そう悩んだことはありませんか?

ここではみかんにカビが生える理由と保存方法についてご紹介します。

15_03_13_22_36_53_1
豚ホルモンの部位を知ろう!

焼肉屋にいっていざホルモンを頼もうとして

「はて、コレってどこの部位?」なんて疑問に思うことありませんか?

店員さんにもなかなか聞けないというあなたに・・・

ここでは豚ホルモンについてご紹介しますね

wpid-2015_08_10_08_55_8.jpg
炭水化物って太りやすい?!炭水化物のカロリーは1gで何kcal??

炭水化物抜きダイエットがあるように、

炭水化物は太りやすいと思われてますよね。

カロリーなどから本当にそうなのか調べてみました。

15_03_08_20_07_01_1
にんにくを醤油で保存すると長持ちします

にんにくの保存に困ったことはありませんか?

にんにくというのは醤油に漬けて保存しておくと長持ちする上に、重宝します。

あなたもにんにく醤油作ってみませんか?

ここではにんにくについて、にんにく醤油の作り方、にんにく醤油を使ったレシピについてお話します。

15_03_08_20_06_03_1
B2とB6の多い食べ物とその作用について

食べ物を摂るにあたって、栄養のバランスを考えることは大事ですよね?

そこで、ここではB2とB6にスポットを当て、それらがどんな栄養素なのか?

どの食べ物に含まれているのか?どんな働きをするのか?

ここでご紹介したいと思います。

15_06_03_01_03_54_1
卵のアレルギー、原因は一体なに??

アレルギーとはアレルゲンによって引き起こされる症状ですが、その中でも食物アレルギーが多く、
さらに卵のアレルギーが日本ではかなり多いそうです。ちなみに、食物アレルギーの場合、頑張れば食べれるとか、
たくさん食べて慣れるという事はありませんので誤解しないでくださいね!
今回は卵アレルギーの原因をまとめてみました。

15_06_24_00_12_39_1
糖質制限中の方へ!赤ワインと白ワインの糖質はどちらが高い?

糖質制限中だとお酒の糖質も気になりますよね?
お酒の中でもワインは糖質が低めのものがあるので、しっかりとチョイスして飲めば大丈夫なんだそうです!
赤ワインと白ワインでの糖質の比較や糖質制限中でも飲めるワインをご紹介します!

15_03_08_20_10_12_1
大豆のたんぱく質は筋肉を作るのに役に立つのかどうか

大豆のたんぱく質が植物性のたんぱく質だということはご存知でしたか?
肉や魚に含まれる動物性たんぱく質には筋肉をつくるこうかがあるといいますが、
果たして大豆のたんぱく質にはその効果があるのかどうか?
ここではたんぱく質についてと大豆に含まれる植物性たんぱく質について
ご紹介します。

15_03_08_20_06_39_1
MEC食とは?肉、卵、チーズなどを食べてもよい・・・食事法に迫る

MEC食とは?聞いたことありませんか?

糖質を制限して・・・蛋白源をよく噛んで食べる。

ダイエット効果もあるといわれますか、果たしてそうなのかどうか?

ここでは、MEC食について、チーズをはじめどの種類の食べ物を食べたらいいのかなど

ご紹介しますね。

15_03_08_20_11_47_1
豆腐と納豆は良質な蛋白源?

肉はあまり食べないほうがいいよね・・・

さかなはどうなんだろう?ほかに大豆製品は?

そんな疑問を持つあなたに。

ここでは大豆製品の代表格といえば豆腐と納豆について、たんぱく質の食品としては

どうなのか?ということをお話します。

15_04_13_18_53_24_1
枝豆の効能と栄養

ビールのおつまみにGOODな枝豆、いいですよね。

ビール片手に枝豆をつまむというのは至福のひと時でもありますね。

その枝豆、そういった栄養、効能があるのでしょうか?

それを知りたいというあなたにご紹介します。

15_03_20_20_12_57_1
グリーンスムージーは危険なのでしょうか?

健康に疋ゥダイエットに良いとされているスムージーですが、本当は危険性もはらんでいるといいます。

健康のために飲んでいるはずなのに、体にとってよくないこともあるようなのです。

グリーンスムージー本当に危険性があるのでしょうか?

ここでは本当に危険性があるのか?についてご紹介します。

15_03_13_22_26_10_1
オリーブ油とバターはどちらがいいの?またそのカロリーは?

バターもオリーブ油も油脂に変わりないけど、一体どちらが健康にいいの?

どちらがカロリー多いの?とかいろいろな疑問が浮かんできそうですね。

ここではバターとオリーブ油について、カロリーの話も交えながらご紹介します。

冷凍ほうれん草をお浸しにしよう

この記事はおよそ 15 分くらいで読めます。

ほうれん草のお浸しの作り方

はじめに

ほうれん草が安いとき、嬉しくてまとめて買ってしまうことはありませんか。ほうれん草を沢山買ってきたら、当日分はお浸しにして、それ以外はまとめて茹でて、冷凍しておきます。野菜が高い時にいろいろな料理に使えて便利です。

少量のおひたしなら、電子レンジで加熱するのが簡単なのですが、大量にほうれん草を茹でる場合は、ガスでお湯を沸かした方が経済的で、時間も短くて済みます。

材料 (2人分)

当日のおひたし分の材料
ほうれん草1/2束
鰹節

まとめて冷凍する分
ほうれん草 好きなだけ

作り方

STEP1:(当日分) ほうれん草を茹でる

鍋を火にかける。

沸騰したらほうれん草を根本の方から入れて、1分程煮る。

STEP2: (当日分)ほうれん草のあく抜き

ほうれん草を取り出す。

水洗いしてあく抜きをする。

STEP3: (当日分)ほうれん草を水切りして切り、皿に盛り付ける。

ほうれん草を水切りする。

根の部分を切り落とし、4等分に切り、皿に盛り付ける。

STEP4: (冷凍分)冷凍しておく分のほうれん草を湯にかける

ほうれん草を茹でた湯を再び火にかけて、冷凍する分のほうれん草を茹でる。

鍋に入れる量は多くても、一度に2束くらいまでにする。

茹でるほうれん草が、それより多いときは2束茹でたら水にさらし、次の二束を湯に入れて茹でるというようにする。

茹でる湯は最初のその日の分を含めて、3~4回茹でるくらい(合計で6束くらい)は同じ湯で茹でられる。それよりも多い場合は一度湯を変えた方がよいかもしれない。

STEP5: (冷凍分)ほうれん草のあく抜き

水洗いしてあく抜きする。

STEP6: (冷凍分)袋に入れて冷凍庫へ

あく抜きしたほうれん草はよく水切りし1/2束ごとに袋に入れる。

袋に入れたほうれん草を冷凍庫に保存する。

おわりに

なぜか理由はわからないのですが、ほうれん草を冷凍しておくと、ほうれん草の甘みが増すようです。ほうれん草は冷凍しておけば、1ヶ月くらいは持つので、冷凍しておき、天気が悪くて買い物に行きたくない時や、野菜が高い時に利用します。

また、冷凍しておいたほうれん草は少し炒めると水分が簡単に飛ぶので、お弁当に入れるのに適しているようです。

冷凍しておいたほうれん草を解凍しておひたしでも食べられますが、おひたしは、生の葉を茹でた方が歯ざわりがよいです。炒めたり、卵とじにしたり、スープなどで利用した方がおいしいです

引用元-nanapi

今日の人気記事ランキング

ミネラルたっぷり!万能!ほうれん草のすごいおひたし

冷蔵4日/冷凍1カ月

ほうれん草のすごいおひたし
今回は、簡単に出来て、ご飯にもお弁当のおかずにも酒の肴にも重宝する、ミネラルたっぷりで体にうれしい、ほうれん草のおひたしのレシピをご紹介します。

調味料を煮切り、ゆでたほうれん草と、お好みの乾物を和えるだけで出来上がります。

普通のおひたしと違うのは、ごま油を加えること、また、だし汁を使わず、かつお節などの、だしの素となる素材をたっぷり使うところです。
調味料の配合は、すべてが1ずつの割合なので、わかりやすく作りやすいですよ。

乾物をうまく使うことで、薄味でもしっかりしたおいしさで、作り置きしておくと、もうあと一品にはもちろん、混ぜご飯やおにぎり、酒の肴に、とても重宝します。
また、小分けにして冷凍しておけば、長期間、お弁当のおかずにも重宝します。

少し添えるだけで、ビタミンやミネラルをたっぷり摂ることが出来るこの一品、ぜひ、お試しくださいませ。

レシピについて

ほうれん草の和風サラダ | ホームクッキング【キッコーマン】
このレシピをヒントに、薄味、乾物多めに仕上げています。写真は8人分です。

材料

具材

4人分

8人分

ほうれん草 1把(約200g) 2把(約400g)
■ほうれん草をゆでる時に使用
水 2カップ(400cc) 4カップ(800cc)
塩 小さじ1 小さじ2
■合わせ調味料
しょうゆ 小さじ2 大さじ1
みりん 小さじ2 大さじ1
酒 小さじ2 大さじ1
■仕上げ調味料
ごま油 小さじ2 大さじ1
■乾物
すりごま 大さじ1 大さじ2
かつお節 5g(小袋なら1袋)〜お好みで 10g(小袋なら2袋)〜お好みで
きざみのり 大さじ1〜お好みで 大さじ2〜お好みで

作り方

1 ほうれん草は茎と葉の真ん中で半分に切っておきますほうれん草をゆでます。

ほうれん草は茎と葉の真ん中で、半分に切っておきましょう。こうすると、とてもゆでやすいです。

2 ふたをして、火にかけますフライパンに水を入れて沸騰させ、塩を加えます。
ほうれん草を茎の部分から入れ、ふたをして火にかけます。

水の量は少ないように感じるかもしれませんが、フライパンを利用し、ふたをしてゆでることで、少な目の水の量で、短時間でしっかりとゆでることが出来ます。
塩の量は、なめてしっかりと味がする量です。青菜をゆでる際は、この程度の塩の量でゆでることで、色よくゆで上がりますよ。

3 30秒ほど茹でたら、少ししんなりしてきます30秒ほど茹でたら、少ししんなりしてきます。
4 葉の部分を入れてふたをします葉の部分を入れてふたをします。時々、菜箸でざっと混ぜ、まんべんなくお湯がほうれん草に行き渡るようにすると、むらなく仕上がります。
5 全体がしんなりしてきますので、火を止めますあと30秒くらいすると、全体がしんなりしてきますので、火を止めます。
6 たっぷりの冷水に放ちますたっぷりの冷水にとってさらします。

ほうれん草はアクが強く、アク抜きが弱いと味にえぐみが出てしまいます。たっぷりの冷水によくさらして、えぐみを残さないようにしましょう。

7 ほうれん草の水気をしっかり絞り、3〜4cm幅に切りそろえますほうれん草の水気をしっかり絞り、3〜4cm幅に切りそろえます。
8 3〜4cm幅に切りそろえたら、さらにぎゅっと絞ります3〜4cm幅に切りそろえたら、さらにぎゅっと絞ります。

絞り方がゆるいと、仕上がりの味がぼけて残念な感じになり、また、余分な水分を含んでしまうことから、作り置きにも向きません。

9 合わせ調味料を煮切ります合わせ調味料を準備します。
合わせ調味料の材料を、耐熱容器に入れて混ぜ、電子レンジ600Wで40〜50秒加熱するか、鍋かフライパンに入れて加熱し、沸騰させて煮切ります。こうすることで、みりんと酒の不要なアルコールを飛ばします。

この一手間で、仕上がりにぐんと差が出ます。
アルコールが残ったままおひたしにすると、何だか不快な後味が残る仕上がりになります。また何より、お子様には不向きなものとなります。少し手間かもしれませんが、必ず煮切るようにしましょう。

10 仕上げ用調味料のごま油を加えます煮切った合わせ調味料は、少しすると冷めます。荒熱が取れたら、仕上げ用調味料のごま油を加えます。

合わせ調味料が冷めてから、ごま油を加えることで、ごま油の香りが抜けず、とても香りが活きた仕上がりになりますよ。

11 ほうれん草、乾物を加え、よく混ぜ合わせますほうれん草、乾物を加え、よく混ぜ合わせて出来上がりです。
12 器に盛り、さらに、きざみのりをかけていただきますいただく際、器に盛ってから、さらに、きざみのりをかけていただくと、とてもおいしくいただけます。
13 よく消毒した容器に入れて保存します容器に移して冷蔵庫で保存する際は、保存容器はしっかり消毒してから使いましょう。

引用元-週末の作り置きレシピ

冷凍のほうれん草はどれくらい持つの?

  

料理のメインには、なかなかならないけれど、
副菜には、活躍するほうれん草。

何かもう1品欲しいときに、
胡麻和えやおひたしなどがありますね! 

ほうれん草

色も鮮やかな緑色で食卓に彩りを与えてくれる、
野菜ではないでしょうか。

しかし、脇役が故に家族の少ないお家や、
1人暮らしの方は、

本当は新鮮なうちに食べてしまいたいのだけれども、
どうしても食べきれない!

傷んで、食べられなくなってしまうのは避けたい!
そう思っている方もいらっしゃると思います。

そんな時、冷凍保存ができたらありがたいですよね!
ここでは、ほうれん草の冷凍保存の仕方と、
期間について、紹介します!

ほうれん草を冷凍!生のままでもできる?!

ほうれん草の冷凍の主流は、
茹でてからのものが多いですが、、

生のままで、ほうれん草は冷凍できます!

その場合には、ほうれん草をしっかり洗い、
さっと水気を切ります。
水滴が付いている程度で、大丈夫です。

ここでほうれん草を、カットしても、
カットしなくも、どちらでもOK♪
お好みでどうぞ。

そのまま、フリーザーバッグに入れ、
できる限り、空気を抜きます。

ポイントは、しっかりと空気を抜くこと!
空気にさらされて冷凍することで、傷みが早くなります。

ストローを使うと、より簡単に、
空気を抜くことができますよ。
布団の圧縮袋の空気を、掃除機で抜くような感じですね。

フリーザーバッグは、冷凍庫内では、
平らになるように、保存してください。

平らでないと、ほうれん草同士がくっついてしまって、
取り出すときに大変です。

このような状態で、だいたい1〜2週間保存できます!

ほうれん草を茹でてから冷凍!

では、一般的に知られている、茹でたほうれん草の、
冷凍についてです。

茹で方は、かため!

かためでないと、解凍した時に、
柔らかくなりすぎてしまって、美味しさを損なってしまいます。

茹でられたほうれん草は、
冷水で冷やしてから、しっかりと水気を切ります。
使用用途が決まっているのであれば、

ここで、ほうれん草をカットします。
離乳食や、介護食などでペーストで使用したい方は、
カットせずにそのままでも大丈夫です。

調理しやすい形にできたら、フリーザーバックに入れて、
空気を抜いて、しっかりと密閉してください。
これを冷凍庫へ入れます。

こちらもフリーザーバッグを平らにして、冷凍庫へ!
生のまま、冷凍したものと同じように、
1〜2週間、保存できます!

引用元- 今日何食べる

twitterの反応


https://twitter.com/Icy_mirror/status/1768848400026337

 - 食品

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です