僕の私の話題まとめ

いつも気になるあんな事やこんな事をまとめています。

*

男性も髪のケアについ考えよう!

      2015/03/10

女性はおしゃれする人が多いけど、
男性もしゃれについては考える人もいるはず。
その中でも一番興味あることは髪のケアではないでしょうか?
ここでは男性の髪のケアについてお話します。

  こんな記事もよく読まれています

wpid-2015_08_10_08_01_4.jpg
健康診断の結果が遅いって大丈夫?

健康診断の結果が来るのが遅いのは

何かあるのでしょうか?

調べてみました。

15_03_03_21_32_04_1
肥満にはホルモンが関係しているの?

食事のとりすぎ、運動不足などいろいろ重なって肥満気味に

でもちょっと待って。。。肥満ってホルモンって関係しているの?

というあなたに、肥満の原因にホルモンが関係しているのか、ここでご紹介しましょう。

つわり 12週 仕事
妊娠12週ごろまで続くつわりと、仕事が休めないときの対処法

おなかに赤ちゃんができたときの喜び
本当に忘れたくないものですよね?
でも妊娠8週ごろからはじまるつわりで
大変な事態を招くことも・・・。
個人差はあるけれど、妊娠12週くらいまで続くとされるつわりについて
もし、仕事をしているけど休めないときはどう対処すればいいのか?
などなどご紹介します。

wpid-2015_07_23_09_40_3.jpg
メガネでの視力の限界とは!?もっと見えるようになるの?

メガネをかけるとよく見えるけど、

どこまで見る事ができる?2.0まで見えるようになるの?

今回はそんなメガネでの視力の限界についてまとめてみました。

wpid-2015_08_10_08_55_7.jpg
大学生が健康診断を必要とする場合、費用はいくらかかる?

大学生がさまざまな場面で

健康診断の提出があります。

どのくらいの費用がかかるか調べてみました。

15_06_03_01_01_16_1
女性も糖尿病に!?原因と対策まとめ

糖尿病といえば主に男性がかかる病気と思いがちではありませんか?
実は、女性も糖尿病になる可能性は充分にあります!
女性の糖尿病には女性特有の症状や原因がありました。
今回は、女性の糖尿病の原因と対策についてまとめました。

wpid-2015_07_23_09_40_4.jpg
左肩が痛い!これって肩こりが原因?左肩だけ肩こりが酷い方へ

左肩が痛い場合、原因は肩こりだけでしょうか?

原因には姿勢や運動不足などがありますが、最悪の場合、心筋梗塞の可能性もあるとか・・・!

今回は、左肩だけ肩こりが酷い場合の原因や対策についてまとめました。

15_06_07_01_50_58_1
統合失調症での入院は一生続いてしまうものなのか?

統合失調症は病気ではなく、症候群と言われています。ひどい被害妄想により幻聴・幻覚を引き起こす場合が多く、
多くの場合の死因は自殺によるものといわれ、いまだ明確な治療法が確立されていません。
統合失調症は重度の場合、入院も必要となります。その場合は一生入院しなければならないのでしょうか?

15_04_13_18_52_19_1
【これは!?】胃もたれを解消するのは寝方にあった

胃もたれを解消する方法は寝方を変えるだけでよくなることがあります。

辛い胃もたれ、少しでも寝方を変えるだけでよくなるのならぜひ実行したいですね。

ということで、ここでは胃もたれ解消法として寝方をどういうふうにすればいいのか

ご紹介します。

15_04_23_22_53_02_1
まぶたのヘルペスはうつるの!?

まぶたにできるヘルペスっていったいどんな病気?

気になりますよね?

うつるのか、うつらないのか?

なってしまったらどういう治療をするのかなどを含め、ご紹介します。

15_04_02_20_46_41_1
【必読】アルコール 血圧低下レポート!

アルコールを飲むと血圧が低下する!?

お酒を飲むと逆に心拍数が上がって血圧が上がったように感じますが、実は

血圧を下げることもあるそうです。

今回はアルコールによる血圧低下についてまとめてみました!

15_05_25_01_10_10_1
栄養バランス勉強しよう!どうしたらいい?

生きていく上で栄養ってとても大切ですよね!ダイエット中でも栄養を軽視したらキレイに痩せられないとも。それだけ大切なのに学校の家庭科の授業で習うくらい。大人になるほど大切と感じる栄養に関する勉強。今回はそんな栄養と勉強についてまとめてみました。

wpid-2015_08_01_11_51_8.jpg
健康診断で再検査・・・料金はいくらくらいかかる?

健康診断の結果は再検査。

再検査に行く前に知っておきたい料金などを調べてみました。

15_04_02_20_54_14_1
吐き気 下痢 腹痛という病気

吐き気、下痢、腹痛の症状を伴う病気についての原因や改善法、

予防法などについてまとめました。

いま、お腹がいたい方必見です!

wpid-2015_08_01_11_51_5.jpg
健康診断の再検査はどこで受けたらいいの?

健康診断で再検査になった場合、

どこで受けるのがいいのか調べてみました。

15_03_20_19_21_12_1
スクワットでダイエット効果が出る期間は?

ダイエット方法の中にはスクワットもありますね?

でもどうすればいいのか?どれくらいの期間で効果が出るのか?

分からない点も多いと思います。

ここでは、スクワットをすることによってどれくらいで効果が出るのか

ご紹介しますね。

15_06_16_02_20_58_1
うつ病の方への対応としてメールは大丈夫なの?

うつ病になってしまった場合、会話を楽しむことが出来ず、逆にふさぎこんでしまう場合もあります。
そんな場合の手段として、メールを送るという方法があります。うつ病の方へ負担にならないよう、
軽いメールから始めてみてはいかがでしょうか?
今回はうつ病の方へのメールの方法をまとめました。

15_03_01_19_13_13_1
夕方に起こるめまいと頭痛について

頭痛やめまい、現代病だといわれていますよね。

これらの症状がみられたら注意!の病気について

ここではご紹介します。

15_03_01_19_20_39_1
アルコールの分解を早める方法のまとめ

アルコールを飲み過ぎた経験はありませんか?飲み過ぎると二日酔いや、その他様々な影響をもたらすアルコールの分解を早める方法をまとめました。

男性も髪のケアについ考えよう!

この記事はおよそ 13 分くらいで読めます。

髪のケアの必要性

化粧でかなり印象を変えられる女性と違って
男が印象を変える方法は限られています。

その中で一番影響力が大きいのが髪です!

極端な話、髪型一つでイケメンといわれることも
可能なほどです。

しかし、そんなに重要度が高いにもかかわらず、
髪のケアにあんまり力を入れない男が多いです。

まぁ、確かにケアなんてしなくても、
いい美容師に切ってもらえばかっこ良くなれます。

でも、ケアをキチンとすれば毛質がよくなり、
何もしない人より一歩イケメンに近付きます。

しかも、パーマやカラーも長持ちします!

さらに、これが一番重要なことですが、
ハゲの防止にもなります!!!

どんなにいい美容師でもハゲはどうしようもできません。笑

一度ハゲたら髪を戻すのは至難の業なので、
ハゲないように予防をしっかりしましょう!!

髪のケアで気をつけることベスト5

では、具体的な方法論に移りたいと思います!

※項目をクリックすると個別ページに移ります。

1,髪の毛の洗い方に気をつける
 →何はともあれ一番のケアは洗うことです。
  ただ、間違った方法で洗うとかえって髪を
  痛めてしまうこともあるのできちんと学びましょう!

2,きちんとしたシャンプー・リンスを選ぶ
 →これも間違ったシャンプーを使うと、
  ダメージの原因になってしますので慎重に選びましょう。

3,頭皮マッサージする
 →当たり前ですが、髪の毛は頭皮から生えます。
  頭皮環境を整えると生えてくる髪質も変わります。

4,ドライヤーのかけ方に気をつける
 →髪の主成分はタンパク質です。
  タンパク質は熱に弱いので、
  ドライヤーのかけ方は髪質に非常に影響します。

5,十分な睡眠をとる
 →やはり私たちの体は睡眠と密接な関係があります。
  しかし、忙しい現代社会では、
  必ずしも十分な睡眠時間が確保出来ません。
  そこで、少しでも効率よく睡眠をとる方法を紹介します。

髪ケアのためにその他できること

上に挙げた5つ程ではないですが、
わりと重要だと思えるものを挙げていきます。

・髪の毛にも日焼け止めをする
 →髪は皮膚の4倍の紫外線を吸収します(黒髪の場合)
  紫外線をあびると水分が抜けてパサパサになります
  なので、スプレータイプの日焼け止めや
  帽子を活用しましょう。

UV スプレー

デープロテクター UV スプレー 100g
posted with amazlet at 13.07.13

資生堂プロフェッショナル
売り上げランキング: 5,119

・一日中帽子をつけっぱなしにしない
 →帽子をかぶるとどうしても蒸れます
  蒸れると雑菌が繁殖し、頭皮環境が悪化します
  こまめに帽子をとって換気しましょう

・枕カバーをこまめに変える
 →寝ている間に汗をかくので、
  枕は意外と雑菌が繁殖しています
  こまめに枕カバーを変えましょう

・ストレスを溜めない
 →たいていの美容にはストレスは天敵です!

・タバコを吸わない
 →頭皮の血流が悪くなり、頭皮環境が悪化します

・有酸素運動をする
 →血行が良くなり、頭皮環境が良くなります

・バランスよく栄養をとる
 →脂っこいものばかり食べると、
  頭皮環境が悪化します。

引用元-モテるイケメンになる方法

今日の人気記事ランキング

手遅れにならない、毎日の「薄毛」ケア

薄毛1
薄毛にならないように事前の対応が必要です
薄毛の原因は遺伝的要素が大きいと言われていますが、近年では日々の生活でのストレス、不規則な生活リズム、寝不足、食事バランスなど外的要素などの後天的によるものが薄毛の原因として大きく影響してきています。

通勤ラッシュや残業、上下関係など避けては通れない社会的環境におけるストレスを回避するのは非常に難しい。そこで、薄毛を予防する毎日のチェックポイントをご紹介します。

いつものシャンプーやスタイリングをちょっと変えるだけで、頭皮を清潔にしたり毛根の健康をキープできるのはもちろん、リフレッシュした毎日を過ごすことができます。
今回紹介する3つのポイントは、簡単かつ効果抜群の方法ですので、ぜひとも実践してみてください。将来、若さをキープできるように「フサフサ」な髪の毛で快適に過ごすためにも……。

薄毛になりやすい頭皮とは?
頭皮がベッタとしている、湿った大きなフケが出るといった症状がある人は要注意です。これは脂性の頭皮で、頭皮から分泌される皮脂が多く、毛穴を皮脂が固形化したものが詰まったりして毛根に大きなダメージを与えます。皮脂が多いと外気のホコリやばい菌など付着しやすくなります。

頭皮が脂で覆われ、その上にホコリなどで付いている状態で不衛生なコンディションになると皮膚呼吸が妨げられ、髪の毛を作り出す毛母細胞への酸素補給が不足してしまいます。次第に毛母細胞は弱っていき、その結果、髪の毛が細くなったり、抜けたりして薄毛の原因となるのです。

次に挙げる3つのポイントは頭皮のコンディションを最適に整え、頭皮や毛根をより元気にさせていくトレーニング法です。

他に頭皮がカサカサしてかゆいなどの乾燥した頭皮、もみ上げや襟足の髪がクセが強く、なかなか髪の毛が伸びてこないなどの毛根の劣化による細毛なども薄毛の原因になりますので常に健康な頭皮、毛根を心がけましょう。

■薄毛を予防する3つの法則
1.頭皮を常に健康な状態に保つシャンプー法
2.毛根に活力を与えるスキャルプマッサージ+ローション
3.頭皮にダメージを与えないスタイリング法

次のページは、1つ目のポイント、頭皮を常に健康な状態に保つシャンプー法をご紹介します。

頭皮を常に健康な状態に保つシャンプー法

シャンプー
しっかりと泡立てて洗いましょう
シャンプーにはいろんな種類がありますが、薄毛防止には頭皮をサッパリと洗い上げる「頭皮用シャンプー」がおすすめ。他のシャンプーと比べて油分が少なく、脂性頭皮の人には一番適したシャンプーで頭皮を覆っている油分を分解し毛穴を健康な状態にしてくれます。

洗い方はしっかりと泡を立てて指の腹を使って擦るのではなく、頭全体をマッサージをするように「揉み込みシャンプー」をしましょう。しっかり洗いたいからといって、爪を立てて洗うと頭皮に細かい傷ができてしまいます。すると、その傷からバイ菌が入り毛根にダメージを与えてしまいますので注意が必要です。もしも、泡立ちが悪い場合は「2シャン」(2回シャンプー)をしてしっかりと泡立ててシャンプーをします。泡立ちが少ないと、頭皮や髪のほこりや油分を取り除くのに不十分。

シャンプー
ミルボン アジィンシリーズ クレンジングソープは、他のシャンプーに比べてすっきり洗い上がり、頭皮の油脂や汚れを取り除く石鹸系シャンプー。脂性の頭皮には最適な品
また、すすぎも重要なポイントです。しっかりと十分に適温ですすぎましょう。シャンプーをしている時間の2倍、時間をかけて残った泡を洗い流します。すすぎを雑に行うと、頭皮にほこりや油脂が蓄積され、シャンプーでは取れなくなってしまいます。このようにシャンプーは毛根をきれいに保つために必要ですので、正しいシャンプー法を身につけましょう。

毛根に活力を与えるスキャルプマッサージ+ローション

薄毛1
マッサージは強すぎず、血行を良くするイメージで指の腹を使います
スキャルプマッサージは頭皮にもたらす効果を最大限に引き立たせる方法であり、毛根を元気に保つには効果的と言えるでしょう。

健康な髪を維持するためには、まず頭皮の血行をよくすることが第一。毛髪を作る毛母細胞は、毛乳頭に分布した毛細血管から吸収する栄養をもとにしているので、頭皮の血行がよくなると毛母細胞の働きは活発になり、そのおかげで健やかな髪が生え、脱毛しにくくなります。そのため、脱毛や薄毛の人は頭皮のマッサージが効果的。脱毛予防だけでなく、血液の循環がよくなるため、頭もすっきりして心身のリフレッシュにも役立つので、毎日マッサージする習慣をつけるとよいでしょう。

ローション
「クレイエステシリーズ クールシャーベットEX」(モルトベーネ)
ほのかにミントの香りが漂う瞬間冷却スプレー。頭皮に直接つけ、頭皮の緊張をゆるめ健康な頭皮を保ちます。爽快感はもちろん、頭皮のニオイも抑えてくれる優れモノ
マッサージのやり方は、スキャルプローションを全体になじませます。指の腹をやさしく使いながら、円を描くようにマッサージします。最初は軽めにマッサージし、血行を良くしてから少しづつ強めにしてマッサージをし、毛母細胞に活力を与えます。あまり強くマッサージをして圧力をかけすぎてしまうと、毛細血管や毛母細胞にダメージを与えてしまい逆効果。1日2〜3分、シャンプー後、頭皮が潤っている状態でマッサージをすると、血行が良くなっていますので、ローションの浸透力をより高めてくれます。

頭皮にダメージを与えないスタイリング法

ローション
ドライヤーは頭皮に対して直角に風を当てないように
ドライヤーの使い方は、頭皮に直接ドライヤーの高温を当ててしまうと毛母細胞を死滅させてしまう恐れがあるため、直接当てず、髪を乾かしながら余熱で頭皮を乾かすようにしましょう。

髪の分け目がいつも同じ場所で分かれてしまう人は常に分け目を変えていつも同じ場所で分けないように注意してください。この場合もドライヤーで分け目をやさしく擦りながら分け目を消すように乾かします。乾いてしまってから分け目を変えようと思っても、毛流れですぐに元の分け目に戻ってしまいます。何年も同じ分け目でいると分け目付近は摩擦と圧力が一番かかりやすく、外気にさらされるポイントで薄毛によるボリュームダウンやダメージを受け抜けやすい状態になってしまいます。常に分け目を変えるように心がけましょう。

ワックスも最近のスタイリングでは根元付近からワックスつけその後にハードスプレーで仕上げるヘアスタイルが多くなっています。ワックスやスプレーをつける際には完全に毛穴をふさぐことになりかねませんので頭皮に付かないように細心の注意を払いましょう。

ワックスは頭皮にダメージを与える!?
「ワックスは髪が傷む」という声を聞いたことがあるかと思います。実際、ワックスには、髪にダメージを与えるような成分は含まれていませんので、ご安心ください。

傷むと言われているのは、ワックスやスプレーが付いてる状態で指で髪をかきあげたり、シャンプーでワックスが除去しきれていないのに、ギシギシと洗ったりしたことによる「摩擦によるキューティクルの破損」が一番の原因です。しっかりとスタイリングしたら、なるべく指で髪をとかささないようにしましょう。また、シャンプー時もしっかりとスプレーで固めている場合など、特にリンスなどで軽くなじませて指通りを良くしてからシャンプーしましょう。

薄毛から守るポイントを3点紹介しましたが、簡単にまとめると
■「頭皮用シャンプー」でしっかり泡立て爪を立てず揉み込みシャンプー、すすぎも十分にしましょう。
■ローションで毎日の頭皮マッサージ。頭皮も気分もリラックスしましょう。
■分け目を常に変えてワックスやスプレーは頭皮に付かないように。

どれも日常生活でのちょっとした心がけや方法を少し変えるだけで簡単にでき、将来に大きな差をもたらします。できるだけ、3つのポイントを意識しながら日々の生活を送ってください。「継続は力なり」という言葉のように、毎日のちょっとした気遣いが大切。手遅れにならないよう毎日の地道な努力が「健毛生活」につながりますよ。

引用元-All about

男の髪の下り坂は20代前半から!

 若い頃、長髪やパーマ、脱色などでさんざん遊んできた人も20代半ばくらいになると心無しか髪の毛のハリが弱まってきたり、おでこや生え際が広がったりしているのをよく目にします。20代に入ってその状態ということは、今後年をとるにつれてさらに頭皮環境が悪化していくということに他なりません。

 ヘアスタイルをファッションとしてお洒落にアレンジするのは大切なことですが、それと同じくらい頭皮のケアや薄毛対策もしていかなければいけません。

 薄毛や抜け毛の原因の第一歩として頭皮の血行不良や栄養不足が上げられます。年をとるにつれて徐々に髪の根元のハリがなくなってくるのも、頭皮が凝り固まって血行が悪くなってしまっていることや、それによってじゅうぶんな栄養素が運ばれづらい環境になってしまっていることがあります。

髪の毛のケアは逆に頭皮に悪いという矛盾!

 テレビCMなどで宣伝している一般的な市販のシャンプーのほとんどは、髪の毛のケアを中心に考えられています。ところが、髪の毛のケアと頭皮のケアは全く別物なのです。というより、本来はこれらは同じもので、同じとして考えるべきなのですが、環境的になかなかそれも難しいです。

たとえば、ケア用のコンディショナーやトリートメントは、髪の毛のケアには効果を発揮しますが、一方であまり頭皮に直接つけない方が良いものでもあります。これらが頭皮につくことによって、必要以上の油分で頭皮が不衛生になったり、毛穴に詰まって育毛の促進を阻害してしまったりします。

なるべくであれば、これらは痛んでいる毛先を中心につけるようにして、頭皮や根元付近にはあまりつけないようにした方がいいです。それか育毛用のトリートメントなどを使用するといいでしょう。

雑な洗い方、乾かし方をしていませんか?

 常日頃からつねに気をつけていくべきなのは、髪や頭皮のケアのしかたです。すごく丁寧にケアしているつもりでも、それがかえって逆効果となってしまう場合もあります。

洗髪の際は、あまり熱心になって長い時間洗うのはよくありません。市販のシャンプーは基本的に石油系なので洗浄力が強いです。あまり長時間つけっぱなしにすると、髪の毛を痛めたり、頭皮から必要以上の油分を奪い取ってしまう原因になります。極端に油分が失われると、頭皮が過剰に油分を分泌することになり、結果、アブラ肌になったりフケやかゆみの原因となります。

本来、髪や頭皮の汚れの8割がたは水洗いで落とせると言われていますから、シャンプーはほどほどに、しっかりと水で汚れを洗い流す方に重点を置いた方がいいでしょう。また、お風呂上がりの生乾きは雑菌の繁殖の原因になります。逆に、ドライヤーの熱を長時間頭皮に浴びせるのもよくありません。ドライヤーと頭皮の適度な距離感を保ってしっかりと乾かすことをオススメします。

始めよう育毛シャンプーと頭皮マッサージ!

 20代からの頭皮や薄毛ケアを考えた時に、まだハゲているわけでもないので高い育毛剤を購入するのはちょっと。。。という人も多いでしょう。そんな場合におすすめは育毛シャンプーです。

育毛シャンプーは、育毛剤とセットで使用することで薄毛に効果を発揮すると言われていますが、頭皮環境を整えて健全な髪が育ちやすい環境を作ってくれるという面では、若いうちから正しいケアとしていくもうシャンプーを使っておいて損はないかと思います。

また、普段から頭皮のマッサージをする習慣をつけるといいです。指の腹で傷がつかないように優しく揉み込んであげることで、頭皮が柔らかくなり血行が促進されます。頭皮がポカポカしてきてとても気持ちがいいですし、マッサージ後に髪をセットすれば、いつもよりハリやボリュームが出て作りやすいでしょう。

生活習慣の改善を!

 毎日意識して、生活習慣を正すことにより、薄毛対策につながった、というケースもあるようです。お金をかけて対策していくよりも、こうした普段からの積み重ねで抜け毛や薄毛を改善していきたいですね。ではどのような習慣が良いのでしょうか。

まずはたばこや喫煙を控えることです。
まず、薄毛の方で、喫煙者の方は今すぐにでもたばこは控えたほうが効果があります。体の中には頭皮にかぎらず毛細血管がはりめぐらされています。しかし、タバコののニコチンはその体内の毛細血管を収縮され、その結果、必要な血液や栄養分を送る量が減ってしまい、薄毛の原因になってしまうのです。

そして、睡眠を十分にとることも大切です。髪の毛の成長には睡眠が欠かせません。できるだけ早めに寝て、十分な睡眠時間を取ることによりホルモンバランスを整えられて薄毛が改善されていきます。

さいごに

 こうした日常の些細な部分の正しいケアを心掛けていくだけでも、頭髪や頭皮環境は改善されていきますし、小さなことの積み重ねが将来の健康な髪につながります。若いうちからもできることはしておきましょう。

引用元-Latte

twitterの反応

 - 健康

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です