僕の私の話題まとめ

いつも気になるあんな事やこんな事をまとめています。

*

幼児が受けるストレスについてどういった影響があるのか?

      2015/03/09

幼児が受けるストレスについてどんなことが影響しているのか
親としては知りたいところですよね?
子育てに生かせたら疋ゥという思いもあるはず。
ここでは親の行動が幼児にどんな影響を及ぼすのかについてご紹介します。

  こんな記事もよく読まれています

15_06_03_01_00_06_1
交感神経と副交感神経を上手に切り替えるためには?

最近なんだんかよく眠れない・・・なんてことありませんか?
そんな症状が出る場合、交感神経と副交感神経の切り替えが上手く行っていない可能性があります。
今回は交感神経と副交感神経を上手く切り替える方法についてまとめてみました。

15_03_03_21_30_57_1
ピルを服用するに当たって副作用はあるの?

薬に副作用があるのは知っているけど、やはりピルにも副作用があるのかな?

ピルに含まれる女性ホルモンバランスの副作用って出てくるの?と気になりますよね。

ここではピルには副作用があるのか、ピルに含まれる女性ホルモンについてお話します。

15_03_20_20_11_22_1
まぶたが乾燥する原因とその対処法

まぶたは乾燥しやすいところですね・・・その乾燥するのを何とかしたいと

思うこともあると思います。

ここではまぶたが乾燥する原因についてとその対処法についてお話します。

15_03_31_01_56_38_1
怒られるのが怖い・・・という病気とは。

人に怒られることが怖い・・・と常に感じるようになると

それが病気として出てくることがあります。

ここではその病気についてお話したいと思います。

15_03_03_21_39_21_1
自分の性格が嫌いなあなたへ

自分の性格は嫌いだけど、どうやって直したらいいかわからない

そういう悩み、切ないですよね。

でもいつかは自分の性格が好きになるときが来るはず

ということで、自分の性格がすきになるにはどうしたらいいのか?

ここではご紹介します。

wpid-2015_07_18_12_51_4.jpg
メガネをかける必要のある視力とは。その基準は何?

メガネをかけるきっかけってなんですか?

学校の視力検査の結果が悪かった。運転免許がひっかかった。

それとも単に見えにくくなった?どのくらいの視力になったら常にかけたほうがいいのか?

今回まとめてみました。

15_06_05_00_22_03_1
遅発性統合失調症の原因と対策方法とは

統合失調症は主に10代後半に発症するといわれています。ですが、40代後半から発症する
遅発性統合失調症というものがあります。症状は通常の統合失調症と同様、妄想・幻聴ですが、
今回は、遅発性統合失調症を症状と原因、対策についてまとめました。

15_03_17_19_45_03_1
毎日ビールを飲むことが健康に与える影響のまとめ

毎日飲むと太いやすいとか、病気になりやすいと悪いイメージを持たれがちなビールですが、実は毎日適量のビールを飲むことが健康に良い影響を与えるそう。毎日ビールを飲むことが健康に与えるいい影響をまとめました。

15_04_02_20_46_41_1
【必読】アルコール 血圧低下レポート!

アルコールを飲むと血圧が低下する!?

お酒を飲むと逆に心拍数が上がって血圧が上がったように感じますが、実は

血圧を下げることもあるそうです。

今回はアルコールによる血圧低下についてまとめてみました!

15_06_17_01_02_31_1
ヘルニアって何?診断はレントゲンで出来るの?

ヘルニアと一言で言っても椎間板ヘルニアや首のヘルニアなど種類は多いですよね。ただヘルニアってどんなものか実際にかかってみないとわからないですよね。でもかかりたくないのが本音!今回がヘルニアとは何か、わかる方法はレントゲン?などまとめてみました。

15_03_08_20_12_08_1
野菜を食べないとどうなる?

野菜を食べないとどうなるのか?

あまり考えることがないかもしれません。

でもこの機会に一回見直してみませんか?

野菜不足がおこす健康への影響について・・・。

15_03_22_18_17_31_1
【心血管が石灰化!?】動脈硬化性プラークとは!

心臓の血管が石灰化する・・・そんな恐ろしいことが実はよく起きています。

動脈硬化は「沈黙の病気」ともいわれ、発症しても初期症状が殆どなく、深く静かに、でも確実に進行していきます。

今回はそんな恐ろしい病「動脈硬化性プラーク」についてまとめました!

wpid-2015_07_18_12_51_3.jpg
子供がメガネを必要とするの視力とは!?子供のメガネまとめ

子供がメガネをかけ始める時はどのくらいの視力からなのでしょうか?

学校の黒板の文字が見えにくくなったら?

今回はそんなメガネが必要な子供の視力についてまとめてみました。

15_06_08_01_11_48_1
斜視を手術する!入院は必要?

何でも手術ときくと入院が思い浮かびますよね?いまですと日帰り入院なんて言葉もあり、入院しなくても手術を受ける事が出来るみたいです。では、目に関することでも日帰りは可能なのでしょうか?今回は斜視をテーマに手術と入院が必要なのかまとめてみました!

15_07_02_00_42_57_1
特に夕方に頭痛が多いです。前頭部が痛む

頭痛ってけっこう突然なりますよね。頭が痛い箇所や頭が痛くなる時間帯、頭の痛くなる頻度によっては心配になることも。病院に行った方がいいかもしれないけど、しばらくすれば治るし・・・。今回はそんな頭痛。特に夕方と前頭部の痛みについてまとめてみました。

wpid-2015_08_01_11_51_4.jpg
”健康診断の結果はどのくらいの期間でわかるもの?健康診断のあれこれ

普段なにげなく受けている健康診断の

結果が来るまでの期間や

本当の意味など調べてみました。

15_03_20_19_21_12_1
スクワットでダイエット効果が出る期間は?

ダイエット方法の中にはスクワットもありますね?

でもどうすればいいのか?どれくらいの期間で効果が出るのか?

分からない点も多いと思います。

ここでは、スクワットをすることによってどれくらいで効果が出るのか

ご紹介しますね。

つわり 12週 仕事
妊娠12週ごろまで続くつわりと、仕事が休めないときの対処法

おなかに赤ちゃんができたときの喜び
本当に忘れたくないものですよね?
でも妊娠8週ごろからはじまるつわりで
大変な事態を招くことも・・・。
個人差はあるけれど、妊娠12週くらいまで続くとされるつわりについて
もし、仕事をしているけど休めないときはどう対処すればいいのか?
などなどご紹介します。

15_03_22_22_14_10_1
【ドライマウス】更年期障害で虫歯に!?原因と対策は!

更年期障害になると以外にも虫歯になりやすいそうです。
その原因は【ドライマウス】という口内が乾燥してしまう症状によるもの。
虫歯は歯の痛み以外にも色々な合併症が発生してしまいます。
今回は更年期障害よる虫歯の原因とドライマウスの予防・対策をまとめてみました!

幼児が受けるストレスについてどういった影響があるのか?

この記事はおよそ 7 分くらいで読めます。

幼児がストレスの影響を受ける家庭環境

幼少期の家庭環境は一番の基礎となります。

幼少期の子供にとって家庭は、ほとんどの事を知る場なので、
親の与える影響をそのまま受け、育っていきます。

子供が成長するまでに習得しなければならないものは非常に沢山ありますが、
その大部分を家庭で教えてもらっています。

また、学校では知的な内容を教えてくれますが、
親から教えてもらうことのほうが大きくその後の性格にも影響しています。

ここでは、家庭環境が子供に与える性格への影響についてご紹介します。

家庭環境が子供に与える影響

家庭での「しつけ」というは、家庭でそれぞれあり、
こうなってほしいという理想像があると思います。

それに近づけるために、良いことは褒めて習慣化するように仕向け、
悪いことは叱って習慣化しないようにします。

そうすることで、親の望む子供へと近づけていくことができます。

こんな親のしつけが子供の性格を変える!!

子供は親の言う事に従うべきだと考え、しつけを厳しく行う親の場合

消極的で、温和な子供が育ちやすいです。しかし、社会にちゃんと適応します。

子供にかまい過ぎで神経質な親の場合

いつまでも自分の事が出来ず、大人に頼り、臆病になりやすいです。

保護的な親の場合

親切で思慮深くなるといわれますが、社会性が弱い傾向があります。

子供を甘やかす親の場合

子供がわがままになり、神経質になりやすいです。

意思が弱く何も言えない親の場合

子供が神経質で、乱暴な性格になりやすいです。

子供に興味を持っていない親の場合

感受性に欠け、冷酷で乱暴で、情緒不安定になりやすいです。

冷酷な態度をとる親の場合

子供は、神経質になりやすく、また孤立的になりやすいです。

民主的な態度の親の場合

子供が自分で考え自発性、自主性が大きく好ましい性格になりやすいです。

このように、家庭環境では親の態度が子供に与える影響というものは、
非常に大きく、育児態度が神経質になりすぎてもいけないですし、
疎かになっても精神的に情緒不安定な子供ができやすいので注意が必要です。

どんな家庭環境が子供の成績と生活態度を良くするのか?
?一軒家などの持ち家がある
?両親が大学まで教育を受けている
?子供に自発性を持たせる
?本が沢山あり、幼少期に本を多く読んでいる
?家庭内でルールがあり、しつけが適度になされている

といったことが多く挙げられます。
このように、子供の事をしっかり考えて接していくことが重要です。

また、家庭環境をしっかり整え、親が常に意見を一致させ、
過保護にせず、適度にしつけをしていくことで良い方向へと行くでしょう。

上記を参考にして、家庭環境を改善してみてはいかがでしょうか?

引用元-イクブロ

今日の人気記事ランキング

子供が影響を受ける親の行動

1. 自分の容姿にダメ出し

「このシワ、何とかならないかしら…」など。特に女の子は、母親の発言の影響を受けやすく、鏡で自分の姿を見るのが怖くなります。容姿のことを気にするあまり、過激なダイエットに走ったり、摂食障害に陥ったりすることも。

2. 食事のときに親がニュースや新聞を見る

いろいろなものに気が散らずに、きちんと食事に集中できる環境が大切です。そこから子どもの情緒が養われるんです。

3. 電車やバスでの携帯電話の使用など

子どもは親の行動をよく見て、真似してしまいます。こういった親のモラルの低さが子どものモラルの低下に繋がるのです。

4. お礼や感謝の言葉を言わない

親がお礼や感謝の言葉を使わないと、一緒に生活する子供も使わなくなってしまいます。

5. 他の子どもと比較する

「○○くんは優秀なのにあなたは…」など。よその子だけでなく、兄弟姉妹でくらべるのも好ましくありません。他人と比較するのではなく、子どもがどれくらい自分なりに頑張ったのかを評価してあげましょう。

6. ストレス解消にヤケ食い・ヤケ酒

そういう親の姿を見て、子どもは「ストレス解消にはヤケ食い・ヤケ酒が最適」と思ってしまいます。また、リラックスするためにコーヒーが欠かせないという人も要注意。これも子どもにとって、健全な習慣とはいえません。

やっぱり悪口はNG!

1. 他人の悪口を言う

「あの人って太っててみっともないよね」など。人の見た目や言動について、あれこれ悪口を言うのは自尊心が低い証拠。親がゴシップ大好きだと、子どもも親と同様に自尊心が低く育ちます。

2. 身内の悪口を言う

「お父さんは本当にだらしがなくて」など。ふとした発言でもそれを普段から聞いている子どもは父親・母親を尊敬できなくなります。いざとなって「お父さんの言うことを聞かなきゃダメじゃない!」など言ってもムダなのです。

3. 尊敬すべき人の悪口を言う

テレビを見ながらふと「学校の先生にも変なのが増えてきたねぇ」など。年端もいかない子供にとって、教師とか警察とか政治家などは尊敬すべき人でなければいけません。いざとなって「先生の言うことを聞かなきゃダメじゃない!」など言ってもムダなのです。

4. テレビにも注意

テレビや週刊誌などでは、芸能人の悪口やゴシップがあふれています。そういう低俗な情報は、子どもに触れさせるべきではありません。

良さそうだけどダメなこと

1. 良いことをしたご褒美としてお菓子やおもちゃを買い与える

「○○できたらお菓子を買ってあげる」など。こうしたご褒美を使ったしつけは魔法のように効果があります。しかし、こうしたご褒美で子どもが学習することは、「何が良いことで、何が悪いことなのか」ではなく「何をすればご褒美がもらえるか」なのです。

2. 子どもと友達のように接する

いわいる友達親子です。社会に出る際に様々な問題を抱えてしまう傾向や、心理面で幼児化してしまう傾向があります。

3. 子どもの外見を飾り立てる

内面が大事ということを見過ごしてしまいます。「かわいいね」と褒めることも大事ですが、それと同じくらい「賢いね」「優しいね」などと内面についても高く評価してあげてください。

引用元-M3Q

幼児のストレス

ストレスと痛み

?ストレスを強く感じている人の多くは、必ずと言っていいほど身体に異常をきたしています。それが痛みとして現れてくる人はむしろ喜ぶべきです。

?ストレスの本当の恐ろしさは、痛みとなって現れない場合です。

?痛みとして現れない理由として考えられる事は、あまりにもストレス受傷期が幼年期の場合、結果的に常にストレスを受けたままの状態で過去から現在を生きています。

?痛みが現れていないのではなく、痛みが恒常的で気が付いていないのではないかと思われます。総じてそういう人は痛みをあまり感じません。痛いはずが気持ちいい程度の刺激にしか感じないのです。

◆幼児のストレス

?初産や一人っ子の場合、両親は初めての経験なのでチョットした幼児の変化に右往左往します。そのため幼児は、比較的簡単に自分に食べ物を与えてくれる親(一般的には母親)の意識を自分に集める事が出来ます。

?しかし、その状況に変化が起こる時がやってきます。弟や妹といった次子の誕生です。

?母親は、妊娠により今までのようには幼児(長子)に手を掛けることが出来なくなってしまいます。兄弟間に母親の奪い合いが始まります。

?長子の様子がおかしくなるのは、次子の誕生がキッカケになっている事が臨床上非常に多いのです。しかし、この事が起こるのは兄弟が2〜3人の場合に顕著に見られ、それ以上になると不思議と起こりません。

?その一方、昔は両親と同居の家庭が多かったのに今は、核家族が増えています。

?一人っ子は、アレルギー疾患になりやすい傾向にあります。甘やかせすぎにより、なにもしなくても日常困ることがなく副交感優位の体質になって行きます。その為、抗原に対し過剰反応を起こしやすくアレルギー体質になりやすいのです。

引用元-オフィス素晴瑠

twitterの反応

 - 健康

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です