僕の私の話題まとめ

いつも気になるあんな事やこんな事をまとめています。

*

肥満にはホルモンが関係しているの?

   

食事のとりすぎ、運動不足などいろいろ重なって肥満気味に
でもちょっと待って。。。肥満ってホルモンって関係しているの?
というあなたに、肥満の原因にホルモンが関係しているのか、ここでご紹介しましょう。

  こんな記事もよく読まれています

15_03_20_20_09_31_1
つわり・・・夕方に出てくる頭痛に対処するには・・・

赤ちゃんが授かった喜び・・・けどその裏ではつらいつわりがありますよね。

その中でも夕方の頭痛がとてもつらいもの。

そのつらさ、ちょっとでも軽減したいというあなたに、

それらを軽減する方法をお話します。

15_05_14_00_57_13_1
子供が鼻血をよく出す理由は?

子どもってよく鼻血をだすイメージがありますよね?
そもそも鼻血ってよく出ても大丈夫なのか心配。
大人になっても出やすい人もいるけど何か病気なのか不安!!
今回はそんな鼻血に関してどうして鼻血が出るのか、正しい鼻血の止め方をまとめてみました!

15_06_07_01_50_08_1
痩せ型でも高血圧になる原因とは?

高血圧といえば、基本的に太っている人がなる症状と思い込んでいませんか?
実は、痩せ型の人でも高血圧になる可能性があったのです!高血圧になると、脳卒中や腎不全など
重大な病気になってしまう可能性があります。今回は、痩せ型の人でも高血圧になる原因と対策をまとめました。

15_06_03_01_10_54_1
生理痛が辛い!!痛みをどう例える?

女性にとって生理痛って辛いですよね。ただその痛みも個人差があり、女性同士でも伝わらないことも。男性だったらなおさら分からない!こんな時は例えることで痛みをイメージしてもらいたい。今回はそんな生理痛の痛みの例え方をまとめてみました。

15_04_23_22_53_02_1
まぶたのヘルペスはうつるの!?

まぶたにできるヘルペスっていったいどんな病気?

気になりますよね?

うつるのか、うつらないのか?

なってしまったらどういう治療をするのかなどを含め、ご紹介します。

wpid-2015_08_01_12_29_5.jpg
子宮がんの検診に行く時の服装と気をつけること

子宮検診など婦人科を受診するのは不安ですよね。

どんなことに気をつければいいのか調べてみました。

wpid-2015_08_01_11_51_6.jpg
健康診断で再検査の通知・・・胃の再検査について

健康診断で胃の再検査がきた時のいろいろを調べてみました。

15_04_13_18_44_18_1
イライラしてストレスがたまるとき・・涙が出てしまう人へ

ストレスがたまってイライラしてしまう。

そういう時ってありますよね?

無意識のうちに涙が出てしまうことも。

でも、それってもしかして・・・・。

不安になるあなたに、涙が出る理由と元気になる方法、ご紹介します。

15_05_22_23_59_04_1
ピルをいつから飲み始めれば旅行に間に合うのか?まとめ

楽しい旅行なのにその日は生理が来る予定日・・・なんとかしてずらしたい!
そうだピルがあった!ということで、今回は旅行中の生理を回避するための
飲み始めのタイミングや、副作用に関する体験談などまとめました。
いつもより多めにまとめています!

15_03_17_19_45_03_1
毎日ビールを飲むことが健康に与える影響のまとめ

毎日飲むと太いやすいとか、病気になりやすいと悪いイメージを持たれがちなビールですが、実は毎日適量のビールを飲むことが健康に良い影響を与えるそう。毎日ビールを飲むことが健康に与えるいい影響をまとめました。

15_03_20_19_21_12_1
スクワットでダイエット効果が出る期間は?

ダイエット方法の中にはスクワットもありますね?

でもどうすればいいのか?どれくらいの期間で効果が出るのか?

分からない点も多いと思います。

ここでは、スクワットをすることによってどれくらいで効果が出るのか

ご紹介しますね。

15_03_20_20_14_12_1
体重より見た目の変化?それとも体重を減らすことは大事なの?

ダイエットは永遠の目標だったりしますよね?

でもよく考えてみてください・・・体重を減らすことより見た目の変化のほうが大事だと

考えることはありませんか?

ここでは、体重を減らすことが大切なことなのか?それによって見た目も変わってくるのか?

ということをお話しますね。

15_03_01_19_13_13_1
夕方に起こるめまいと頭痛について

頭痛やめまい、現代病だといわれていますよね。

これらの症状がみられたら注意!の病気について

ここではご紹介します。

15_03_03_21_41_49_1
精神疾患の中の症状に攻撃的になるというのがある?

今現在、心の病気が増えているといわれています。

その中でも攻撃的になってしまうという症状が出る病気もあります・・・

攻撃になるという症状のある病気について・・・またその克服方法についてご紹介します。

15_03_20_20_13_31_1
二日酔いの頭痛や吐き気、食べ物でよくなるの?

宴会などでちょっと飲みすぎたぁ〜との経験、誰にでもあるはず。

二日酔いなんだけど、仕事もやらないと・・・

というあなたに。

wpid-2015_08_10_08_01_6.jpg
腰痛に効く!!マッサージ方法とは

腰痛で悩んでいる人、病院やマッサージ店に行くのもいいけど、

自分で出来たらいいですよね。

調べてみました。

15_03_13_22_35_01_1
子供にコーヒーいつから飲ませてもいい?子供に与えるカフェインの影響とは?

子供がコーヒーを飲みたがったとき、飲ませていいものか

何歳からコーヒーを飲ませてもいいか

考えちゃうときありませんか・

ここでは子供にカフェインがどういう影響を及ぼすのかをお話します。

15_03_20_20_31_26_1
急性胃腸炎の潜伏期間は?症状はどれくらい続く?

急性胃腸炎にかかると本当に大変ですよね?

本人はもちろん、看病する家族もとても大変です。

急性胃腸炎とはいったいどんな病気なのでしょうか?その他潜伏期間や症状が治まるまで

どれくらいかかるのかをここではお話します。

15_06_16_02_20_58_1
うつ病の方への対応としてメールは大丈夫なの?

うつ病になってしまった場合、会話を楽しむことが出来ず、逆にふさぎこんでしまう場合もあります。
そんな場合の手段として、メールを送るという方法があります。うつ病の方へ負担にならないよう、
軽いメールから始めてみてはいかがでしょうか?
今回はうつ病の方へのメールの方法をまとめました。

肥満にはホルモンが関係しているの?

この記事はおよそ 15 分くらいで読めます。

肥満症の割合

肥満の多くは、単純性肥満、または、1次性肥満と言われ、エネルギーの取り過ぎによるもので、肥満の90パーセントがこれに当たります。
残りの10パーセントは、他に原因があって肥満になるもので、それを2次性肥満と呼んでいます。
これには、内分泌性肥満として、ステロイドホルモンが過剰に出るような状態とか、甲状腺ホルモンが低下してしまう症状の肥満を言います。
いわゆる、ホルモン異常が原因でなる肥満です。

引用元-その他の病気 肥満症

今日の人気記事ランキング

女性ホルモンと肥満との関係性は

まず、女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類がある。

2種類のホルモンが女性ホルモンと呼ばれています。

そのうち、女性らしい体つきなどへの影響が大きいエストロゲンを特に指して女性ホルモンと呼ぶ場合もある。

女性らしい体つきに作用するホルモンを主にそう呼びます。

どちらかというと、「エストロゲン」が豊かなバストやヒップなど、丸みのあるラインをつくります。

エストロゲンが女性らしい体を作るのに役立ちます。

エストロゲンが減ると、満腹ホルモンである「レプチン」が減って、空腹ホルモンである「グレリン」が増え、食欲がアップする。「レプチン」の働きが低下して内臓脂肪が燃えにくくなることがわかっています。

食欲がアップして、脂肪が燃えにくくなるということは太るということになります。

更に実験で、女性ホルモンであるエストロゲンが不足すると、内臓脂肪を蓄積するAldh1a1が活性化するということが分かった。

aldh1a1とはアセトアルデヒド脱水素酵素1の訳で、内臓脂肪を増やす働きがあります。

特に、プロゲステロンが分泌されている時期は、水分を溜め込みやすくなるのでむくみが出て、大腸の蠕動運動が低下しするので便秘になりがち。自律神経の働きも鈍くなり、ダイエットの効果が出にくい時期です。

女性ホルモンのうち、エストロゲンが減少する時に太りやすくなるようです。

逆に、エストロゲン値の上昇により、私たちの身体の脂肪量は増加していきます。そのプロセスはまさに悪魔のサイクルそのものと言われています。という意見もあります。

ある一定以上のエストロゲンの上昇は肥満を招くようです。

結論としては

基本的には、エストロゲンは内臓脂肪を分解します。

肥満予防に働きます。

そして、黄体期に分泌が高まるプロゲステロンは皮下脂肪を蓄えようとします。

体調が悪化しやすく月経禅症候群を引き起こします。

しかし、エストロゲンが過剰になりすぎると肥満を招く。

エストロゲンは過剰にあっても肥満の原因になります。

総評として、エストロゲンは「おなかやせホルモン」と言え、プロゲステロンは「全身ふっくらホルモン」と考えることが出来ます。

お腹が出やすい人はエストロゲン不足かもしれません。

女性ホルモンを正常に保つには

趣味や恋などに没頭することで、視床下部が良い意味で刺激され(活動が活発になる)、女性ホルモンの分泌量を増やすようです。

脳を常にいい状態に保つようにします。

ホルモンが分泌される場所(脳など)は、ストレスにとても左右されやすいことから、できるだけストレスを溜めない生活を送ることも大切です。

ストレスはホルモンの大敵です。

基本的には、何よりもバランスの取れた食事、規則正しい生活、睡眠(0時前に眠るようにする)を心がけるようにするのが大事です。

普段の生活が何より大事なのです。

食事としては、女性ホルモンに似た働きを持つイソフラボンが豊富な大豆を効果的に摂取するのも有効。

「お味噌汁を一日3杯以上飲むと乳がんの発生率が40%も下がる」というニュースもあります。

適度な運動は、女性ホルモン分泌にも必須です。ウォーキングなどを行う習慣を持ちましょう。

運動は血行を促進させ、冷え対策にもなります。体を温めることも女性ホルモン正常化作用があります。

更年期以降の肥満を防ぐには

まず第一に、カロリーの高い間食を控え夕食は早めにすること。

摂取カロリーを抑えるようにします。

次に、早歩きや犬の散歩、サイクリング、水中歩行、ダンベル体操、エアロビクスなど、興味の持てる運動から始める。

肥満予防になると共に、成人病やロコモなどの予防にもなります。

又、閉経後の女性では、カルシウムおよびカルシウム+ビタミンDのサプリを4年間服用すると、脂肪の増加を抑制し、筋肉の減少を防ぐという研究結果があります。

日光浴を行い魚を食べましょう。

食品として、大豆イソフラボンを摂取すれば、更年期に入って足りなくなる女性ホルモンを補給することが出来ます。

意識して摂るようにするといいようです。

引用元-NEVER まとめ

女性ホルモンの減少で内臓脂肪型肥満が増える

 女性の40代といえば更年期に入る時期であり、エストロゲンの分泌が急激に減ってくる時期です。エストロゲンが妊娠・出産のための働きをするだけでなく、脳や骨、血管、皮膚、粘膜など全身に影響を及ぼし、女性の健康を守っていることはよく知られています。
 さらにエストロゲンは食欲を抑制する働きをもっていて、エストロゲンが減ると、(1)満腹ホルモンである「レプチン」が減って、空腹ホルモンである「グレリン」が増え、食欲がアップする、(2)「レプチン」の働きが低下して内臓脂肪が燃えにくくなることがわかっています。
 このため、女性はエストロゲンの分泌が減少してくる40代から、内臓脂肪が増えて太りやすくなるのです。もともと女性は下腹部や腰回り、太ももなどに脂肪がつく皮下脂肪型肥満(体型から洋ナシ型肥満ともいう)になりやすいのですが、中高年になると内臓脂肪型肥満(リンゴ型肥満)が増えてきます。これは単に体型の問題だけでなく、生活習慣病の危険が高まることを意味しています。

 内臓脂肪型肥満はメタボリックシンドローム(以下メタボ)の診断基準の一つになっていて、女性はおへそ回りが90cm以上で内臓脂肪100cm2以上に相当するとみなされます。内臓脂肪型肥満があると、高血圧症や脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病を招きやすく、これらが重なるほど動脈硬化を進行させ、心臓病や脳卒中など命にかかわる病気の危険が高まる、というのがメタボの考え方です。
 内臓脂肪型肥満はメタボの原因となり、生活習慣病に結びつく、やっかいな肥満なのです。

.

内臓脂肪を減らし生活習慣病を防ぐ決め手は運動と食事

 皮下脂肪型肥満よりも健康上問題となる内臓脂肪型肥満ですが、生活改善で解消しやすいのは、実は内臓脂肪型肥満のほう。内臓脂肪を減らして生活習慣病を防ぐ決め手は、運動と食事です。
 できれば、脂肪がつきやすくなる前の20代、30代のうちから、運動習慣と健康的な食生活を身につけておきたいものです。

●できるだけ歩き、こまめに体を動かそう
 まずは運動習慣をつけて、余分な脂肪を燃やし、筋肉を増やしましょう。筋肉が増えると基礎代謝が高まり、脂肪が燃えやすい体になります。
 スポーツジムに通ったりしなくても運動はできます。できるだけ歩くようにすること、エレベーターやエスカレーターをなるべく使わないようにすることから始めましょう。
 立ったままや座ったままできる筋トレも数多く紹介されています。電車の中、仕事中、テレビを見ながらなど、生活のなかでこまめに運動をとり入れるようにしてください。

●栄養バランスよく、腹八分目
 食べすぎないことが肝心ですが、極端なダイエットは健康を損ねる原因になります。食事は規則正しく3食とり、腹八分目を心がけましょう。脂質と塩分のとりすぎに注意し、ビタミン、ミネラル、食物繊維をしっかりとることが大切です。肉類や脂っこいものは控えめにして、魚や大豆製品を増やし、野菜やきのこ、海藻類をたっぷりとるようにするとよいでしょう。
 大豆や大豆製品は低エネルギーかつ良質のたんぱく源であるだけでなく、女性ホルモンに似た作用をもつイソフラボンを豊富に含むため、女性は特に積極的にとりたい食材です。

引用元-goo ヘルスケア

twitterの反応

 - 健康

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です