僕の私の話題まとめ

いつも気になるあんな事やこんな事をまとめています。

*

ピルを服用するに当たって副作用はあるの?

      2015/03/08

薬に副作用があるのは知っているけど、やはりピルにも副作用があるのかな?
ピルに含まれる女性ホルモンバランスの副作用って出てくるの?と気になりますよね。
ここではピルには副作用があるのか、ピルに含まれる女性ホルモンについてお話します。

  こんな記事もよく読まれています

wpid-2015_08_10_08_01_6.jpg
腰痛に効く!!マッサージ方法とは

腰痛で悩んでいる人、病院やマッサージ店に行くのもいいけど、

自分で出来たらいいですよね。

調べてみました。

15_06_25_22_18_58_1
指を骨折してしまった!リハビリの方法は?

指を骨折してしまうといろいろ不自由!
いち早く治すためにはどうしたらいいの?
特に手の指は他の関節よりも細やかに動くけれども
そもそもリハビリってあるの?今回はそんな指の骨折、
リハビリの方法などまとめてみました。

15_06_08_01_11_48_1
斜視を手術する!入院は必要?

何でも手術ときくと入院が思い浮かびますよね?いまですと日帰り入院なんて言葉もあり、入院しなくても手術を受ける事が出来るみたいです。では、目に関することでも日帰りは可能なのでしょうか?今回は斜視をテーマに手術と入院が必要なのかまとめてみました!

15_07_02_00_42_57_1
特に夕方に頭痛が多いです。前頭部が痛む

頭痛ってけっこう突然なりますよね。頭が痛い箇所や頭が痛くなる時間帯、頭の痛くなる頻度によっては心配になることも。病院に行った方がいいかもしれないけど、しばらくすれば治るし・・・。今回はそんな頭痛。特に夕方と前頭部の痛みについてまとめてみました。

15_03_03_21_39_21_1
自分の性格が嫌いなあなたへ

自分の性格は嫌いだけど、どうやって直したらいいかわからない

そういう悩み、切ないですよね。

でもいつかは自分の性格が好きになるときが来るはず

ということで、自分の性格がすきになるにはどうしたらいいのか?

ここではご紹介します。

15_05_16_02_01_43_1
心臓が痛い!呼吸したときに一体なにが!?

呼吸するときに心臓が痛むことはありませんか?
もし、万が一、呼吸すると心臓が痛む場合は要注意かもしれません!
心臓が痛む原因は?受診は必要なの?という疑問にお答えします!

????????????????????????????????????
幼児が受けるストレスについてどういった影響があるのか?

幼児が受けるストレスについてどんなことが影響しているのか

親としては知りたいところですよね?

子育てに生かせたら疋ゥという思いもあるはず。

ここでは親の行動が幼児にどんな影響を及ぼすのかについてご紹介します。

15_06_16_02_20_58_1
うつ病の方への対応としてメールは大丈夫なの?

うつ病になってしまった場合、会話を楽しむことが出来ず、逆にふさぎこんでしまう場合もあります。
そんな場合の手段として、メールを送るという方法があります。うつ病の方へ負担にならないよう、
軽いメールから始めてみてはいかがでしょうか?
今回はうつ病の方へのメールの方法をまとめました。

15_03_20_20_31_26_1
急性胃腸炎の潜伏期間は?症状はどれくらい続く?

急性胃腸炎にかかると本当に大変ですよね?

本人はもちろん、看病する家族もとても大変です。

急性胃腸炎とはいったいどんな病気なのでしょうか?その他潜伏期間や症状が治まるまで

どれくらいかかるのかをここではお話します。

15_06_03_01_10_54_1
生理痛が辛い!!痛みをどう例える?

女性にとって生理痛って辛いですよね。ただその痛みも個人差があり、女性同士でも伝わらないことも。男性だったらなおさら分からない!こんな時は例えることで痛みをイメージしてもらいたい。今回はそんな生理痛の痛みの例え方をまとめてみました。

15_05_13_00_05_15_1
子供に熱があっても元気なときの疑問

子どもって突然熱を出しますよね?一見元気に見えるけどつらくないのか心配!
なんですぐ熱を出すの?そんな時どうしたらいいの?
元気そうだけど病院に行った方がいいのかな?今回まとめてみました。

15_03_03_21_41_49_1
精神疾患の中の症状に攻撃的になるというのがある?

今現在、心の病気が増えているといわれています。

その中でも攻撃的になってしまうという症状が出る病気もあります・・・

攻撃になるという症状のある病気について・・・またその克服方法についてご紹介します。

15_05_25_01_10_10_1
栄養バランス勉強しよう!どうしたらいい?

生きていく上で栄養ってとても大切ですよね!ダイエット中でも栄養を軽視したらキレイに痩せられないとも。それだけ大切なのに学校の家庭科の授業で習うくらい。大人になるほど大切と感じる栄養に関する勉強。今回はそんな栄養と勉強についてまとめてみました。

15_06_27_01_00_25_1
切迫流産について。その出血量

切迫流産ときくと流産と書いているので悲しいイメージが
ありますがじつは妊娠の継続が可能!
よく聞く言葉ですが、妊娠していない人からするといまいちピンとこないです。
今回はそんな切迫流産について。そして出血は関係あるのかまとめてみました。

15_04_13_18_44_18_1
イライラしてストレスがたまるとき・・涙が出てしまう人へ

ストレスがたまってイライラしてしまう。

そういう時ってありますよね?

無意識のうちに涙が出てしまうことも。

でも、それってもしかして・・・・。

不安になるあなたに、涙が出る理由と元気になる方法、ご紹介します。

15_03_08_20_07_50_1
歯周病にならないために、歯茎の健康を守る食事について

歯茎を健康に保つために、歯周病にならないために

口腔内を清潔に保つとともに、毎日の食事も大切になってきます。

今一度、歯茎の健康を考えるために、食事を見直してみましょう。

15_03_22_22_14_10_1
【ドライマウス】更年期障害で虫歯に!?原因と対策は!

更年期障害になると以外にも虫歯になりやすいそうです。
その原因は【ドライマウス】という口内が乾燥してしまう症状によるもの。
虫歯は歯の痛み以外にも色々な合併症が発生してしまいます。
今回は更年期障害よる虫歯の原因とドライマウスの予防・対策をまとめてみました!

15_03_01_18_19_54_1
仕事ができない病気または仕事で病気ができないときは

自分って仕事ができない人間なのか?そう思ったことありますか?

それは病気のせいかもしれません。

前半では仕事ができないというのはこの病気が原因では?ということをお話します。

後半では病気、怪我で仕事ができないときに受けられる補償についてご紹介します。

15_03_01_18_16_04_1
ウォーキングの距離と消費カロリーの関係は?

ダイエットしようと思うときに、「ウォーキングはいいのかな?」と悩みそうですよね。

ウォーキングの距離が長いと消費カロリーは大きいのでしょうか?

そういうことも気になりますね。

ということでここではウォーキングの距離とと消費カロリーについて関係があるかどうかご紹介しますね。

ピルを服用するに当たって副作用はあるの?

この記事はおよそ 10 分くらいで読めます。

ピルの副作用・副効果とは何か?

 薬で一番怖いのは副作用ですよね。低用量ピルが認可されるまで、日本では中用量ピルが使われていました。中用量ピルには、強い副作用が出ることがありました。低用量ピルでは、副作用は大幅に軽減されていますが、全くないわけではありません。
ピルによる副作用は、大きく2つに分けて考えることができます。
【ホルモン環境への不適応】
ひとつ目は、ホルモン環境不適応による副作用です。つまり、ピルの服用により体内のホルモン環境が、それまでと異なったものになります。体が新しいホルモン環境に慣れるまでの間、不快な症状が現れることがあります。たとえば、吐き気です。ピルを初めて飲む人の場合、ピルの服用を開始してしばらくの間、軽い吐き気等の副作用が見られます。この副作用は一時的なものですが、自分にあったピルを見つけることで相当程度、軽減されます。
ホルモン環境の変化が不快な症状を引き起こせば、副作用です。ホルモン環境の変化は、同時に快適な状態にしてくれることがあります。これを副効果と呼びます。ピルには生理痛の改善からお肌への影響まで、幅広い副効果があります。

【疾病リスクの増減効果】
ふたつ目は、ピルのホルモン環境によるある種疾病リスクの増加です。ピルと疾病リスクの関係については、長年にわたり多くの研究が積み重ねられてきました。ピルを服用すると、血栓症や一部の癌の発生率が高くなるとの報告があります。これは明らかな事実です。しかし、血栓症の発生率はもともと1万人あたり0.5人程度と極めて低いものです。現在、世界で現在使用されている低用量ピルには、重篤な副作用の心配はまずありません。低用量ピルは、世界中で長い間1億人の女性が服用している薬です。ピルほど安全性が立証されている薬はないともいえます。その安全性は風邪薬以上だと信じています。
健康にマイナスに作用する効果を副作用とすれば、ピルにはプラスに作用する効果もあります。ピルの服用により一部の癌や婦人科疾患の発生率が低下することも知られています。ピルが病気を引き起こす可能性と病気を予防する可能性では、後者の方が大きいといえると思います。 これもピルの副効果です。

■服用初期にみられる副作用はなぜ起きるのか?
私たち成人女性の体の中では、さまざまなホルモンが作用しています。中でも、卵胞ホルモンと黄体ホルモンは、性周期を作り出すもとになるホルモンです。体内の卵胞ホルモン量や黄体ホルモン量の変動は、きわめて大きなものです。また、個人差も大きいのです。つまり、体内の自然のホルモン環境は一人一人違うし、いつも違うということができます。体内のホルモン環境が一人一人違うことは、月経量に個人差があることからもわかります。経血量が多い人もいれば、少ない人もいますね。体内のホルモン環境がいつでも変化していることは、周期的な気分や体調の変調から感じることのできる方も多いでしょう。
ピル服用中のホルモン環境は、どのように変わるのでしょう?自然のホルモン環境と較べると、大きな周期的変化はなくなります。一定のホルモン水準が維持されることになるわけです。ピルによって作り出される一定のホルモン水準、これに対する体の受け止め方には、個人差があります。ピルによって作られるホルモン環境を、自然なホルモン環境と変わらない、と感じる方もいます。一方、ピルによって作られるホルモン環境に対して、体が違和感を感じる方もいます。この違和感が、副作用となって現れてくるのです。
ピルの服用により、ホルモン環境の大きな周期的変化はなくなります。しかし、それまで小さかったホルモン環境の日変化は、かえって大きくなります。ピルの服用では、ホルモンの補給は1日に1度です。吸収・代謝が日々繰り返される中で、これまで経験しなかった小刻みなホルモン環境の変化を経験することになります。このことも、副作用を感じる原因となります。
ピルを服用することは、ユニフォームを着ることと似ています。自分で選んだ服ではありませんから、最初は違和感を感じることもあるでしょう。でも、着慣れてくれば、ユニフォームにもいいところはあります。一方、私服は個性を引き出してくれます。でも、毎日着替える洋服の中には、自分でも嫌になるものもあるでしょう。
自然のホルモン環境は、いつでも誰にでも快適かといえば、そうではありません。ピルのホルモン環境には、最初は違和感があってもほとんどの方が慣れていききます。

引用元-ピルとのつきあいかた

今日の人気記事ランキング

ピルに副作用ってあるの?ピルに含まれる女性ホルモンとの関係は?

5年で11人がピルで命を落としていた…

え、ピルってそんなにリスクあったの??

ピルをのんだ後に、血の固まりができる副作用によって、この5年間で11人死亡し、重症例が361件報告されていることがわ

ピルに含まれる女性ホルモンが、血液を固める成分の合成を促すため、血栓ができるリスクが3〜5倍に上がるとされる

ピルの副作用を知らない人が多い?

ピルによる、血栓症の初期症状を説明している医師は21%、というアンケート結果もある

きちんと知らされていない人も多いみたいです。

「ピルは比較的、副作用が少ない薬だが、血栓が起きうると思って使うことが大事だ」と専門家は話している

自分でちゃんと調べたうえで服用したいですね。

海外でも問題になっていた

ピルを摂取したカナダ人女性の少なくとも23人が死亡し、数百人が被害を受けた可能性があると報じられた

ドイツ製薬大手バイエルが開発した「ヤーズ」と「ヤスミン」が問題になった。

カナダで処方された約600人に、健康に有害な反応が見られ、23人が死亡し、死因の大半が血栓症によるものだったという

こんな症状がでたら血栓症を疑ってみる

血の固まりが血管をふさぐ「血栓」

ピルを使わなくても、10万人あたり年5人の頻度で起きる、とされている。

死亡原因の第2位の心疾患の90%は心筋梗塞、3位の脳血管障害の70%は脳梗塞であり、これら2つを足せば、「血栓症」が死亡原因のトップともいえる

第1位はいわずもがなガンだが、「血栓症」はガンより怖いともいえる。

ふくらはぎの痛みや腫れ、激しい頭痛や胸痛などの症状がある場合は、早めに専門家に相談したほうがいい

体を動かせない状態や、顕著な血圧上昇がみられた場合は、血栓症のリスクが高まる危険性がある

タバコを吸う人も、血栓症の危険性が高くなっている。

軽度〜重度まで。副作用はほかにもある

ピルを飲み始めると、吐き気やむかつき、頭痛、むくみ、乳房の痛みなど、妊娠初期に似た症状が起こることがある

たいていは4〜5日でおさまるといわれているが、気になる人は医師に相談したほうがよさそう。

月経と月経の間に出血(不正性器出血)がみられることもある

出血は女性の病気の重要な症状。ピンクや褐色でも出血と考えたほうがいいみたい。

ピルを服用している女性は、服用していない女性と比べると、脳卒中のリスクが3倍になる、といわれている

脳の血管がつまり、破れる「脳卒中」

急に倒れて意識がなくなったり、半身のマヒが起きたり、ろれつが回らなくなったりする。

ピルを5年間にわたって内服すると、子宮頸がんのリスクがわずかに増加し、10年間内服するとそのリスクは2倍になるといわれている

子宮の入口にできる「子宮頸がん」

子宮頸がんになった場合、子宮や子宮のまわりの臓器を摘出しなければならなくなることがあり、後遺症が残り仕事や生活に大きく影響することも。
また、がんが進行した場合、命に重大な影響を及ぼすおそれがある。

ピルを長期間にわたって服用すると、肝臓の良性腫瘍を引き起こしやすいといわれている

腫瘍が大きくなると、破れたり、出血したりして、緊急の手術が必要になるケースもある。

喫煙者がピルを服用すると、循環器系の病気のリスクが高まることが指摘されており、大変危険である

ピルには悪いことばかりではなく、一部の病気のリスクを下げる効果もあるので、服用する場合は、きちんとお医者さんに説明してもらい、なおかつ自分でも調べ、メリット・デメリットを把握しておくことがオススメ。

引用元-NEVER まとめ

ピルを飲んではいけない人

次の項目に当てはまる人は、基本的にはピルを服用することができません。血管が詰まる血栓症の副作用リスクが高まったり、すでに追っている疾患を悪化させる恐れがあるためです。医師に相談した上で、服用できるかどうかを判断してもらう必要があります。
35歳以上で1日15本以上タバコを喫う人
血栓性静脈炎、肝塞栓、またはその既住のある人
乳癌、子宮体癌、子宮頸癌、子宮筋腫 または疑いがある人
脳血管、心血管系の異常のある人
肝機能障害がある人
高血圧、血栓症、心筋梗塞にかかったことがある、またその疑いがある人
糖尿病、高脂血症の人
妊娠(または、その可能性)、授乳中の人
最近手術をした、また手術の予定のある人

引用元-All about

twitterの反応

 - 健康

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です