僕の私の話題まとめ

いつも気になるあんな事やこんな事をまとめています。

*

家族葬の参列者はどこまで呼ぶべきか | 何親等まで?

      2015/03/08

葬式の参列、どこまで参列するべきか迷うことがありますね。
親しい人とのお別れはしたいけど、こういう場合って私は参列してもいいのか?
悩むことも多いと思います。
そういうあなたに、ここでは葬式どこまで参列すべきなのかをご紹介します。

  こんな記事もよく読まれています

wpid-2015_08_10_08_54_2.jpg
住宅ローンを組む際の年収と手取りの違い

住宅ローンの審査年収は手取りのこと?

調べてみました。

15_06_20_01_30_56_1
包丁初心者の方へ!上手な包丁の使い方特集

包丁は料理をするときに必須のアイテムですが、正しい構えや使い方をしないと、最悪ケガをしてしまうことも・・・
そこで、お料理初心者の方必見の正しい包丁の使い方をまとめました。
正しい使い方でおいしい料理をたくさん作りましょう!

wpid-2015_08_01_12_29_4.jpg
産休・育休中の住民税はどうなるの?

産休や育休に入る場合、住民税はどうなるのでしょうか?

働いている間は、会社の方で給与より天引きされていますが、

会社により産休・育休の住民税の天引き時期が変わる場合があります。

女性 生き方 不安 Suus Wansink
女性が感じる生き方への不安とは?

生きるとはなんでしょう?

自分らしいとはなんでしょう。

女性の生き方についての不安を調べてみました。

15_06_18_02_23_56_1
アパートで防音したい方へ!防音方法5つのポイントとは?

アパートでの暮らしは、必ず部屋が隣同士くっついているので生活音が伝わりやすいものです。
そこで、他の部屋の方から苦情が来ないよう、アパートでの防音方法のポイントを5つにまとめました。
これを読めば、防音対策間違いなしです!

15_03_17_19_40_45_1
社会人のお金の使い道についてのまとめ

社会人はもらった給料をどのように使っているのでしょうか。社会人のお金の使い道をまとめました。

15_03_29_12_59_50_1
面白い遅刻の理由をあつめてみました。

学校、会社遅刻するときもたまにはあると思いますが、

そういうときに笑いを取れる理由があるといいなぁと思いませんか?

遅刻をする理由で面白いものあつめてみました。

wpid-2015_08_10_08_01_10.jpg
住宅ローンの事前審査と本審査について

住宅ローンを組む際に審査を受けますが、

事前審査と本審査について調べました。

no image
先生に怒られるのが怖い人へ

先生に怒られるとやっぱり怖いですよね。
でもなぜ怖いのか?とかそういうことってなかなか分かりにくいことですね。
先生に怒られるということがいったいどういうことなのか
トラウマになったという話のまとめを交えながら根本的なところからご紹介しましょう。

wpid-2015_08_01_11_51_2.jpg
シングルマザーが彼氏と同棲する時に気をつけたいこと

シングルマザーは大変ですよね。

一人で家事も育児も仕事もしなければなりません。

新しい彼氏を見つけて同棲する場合に気をつけることなどを調べてみました。

15_03_03_21_37_17_1
共働きで家事のストレスを溜めない方法まとめ

近年増えている共働き家庭。

特に家事はもめやすい問題のひとつ

悩ませる家事と仕事の両立で溜まるイライラやストレスを溜めない方法を紹介します。

wpid-2015_08_01_11_51_10.jpg
厚生年金など扶養に入る手続き

結婚したり、退職したり環境の変化で

パートナーの扶養に入ることがあります。

その際の手続きなどについて調べました。

15_06_11_23_42_04_1
同年代の男性が苦手…何が原因なの!?

年上の男性なら話すことができるのに、同年代の男性だけどうしても苦手!
そんな場合は、どうしたらいいのでしょう?同世代の男性を克服するために
原因と対処法をまとめてみました!

15_06_29_23_59_27_1
大学の勉強は難しい?

大学はより専門的にレベルの高い勉学のイメージでしたが、
三流大学なんて言葉もあるほどレベルもさまざま。
実際のところはどうなのか?今回はそんな大学の勉強は果たして難しいのか!?まとめてみました。

wpid-2015_08_10_08_01_2.jpg
確定申告後に扶養家族が増えたり、申告漏れが合った場合は還付金がある?!

会社員の方は年末調整を受けるので、

還付金には縁が無いと思われがちですが、

戻る場合もあるようで調べてみました。

15_06_02_00_50_59_1
twitterでの友達の作り方

今やSNSでいろんな人と繋がれる時代!懐かしいあの人だけではなく、リアルではなかなか出合えないような趣味の合う人と出会えるのも一つの魅力!だけど安易に友達として交流してもいいか不安。今回はtwitterをメインに友達の作り方をまとめてみました。

wpid-2015_07_15_10_00_3.jpg
主婦にとっての異性の友達はあり?なし??

主婦が異性の友達を求める気持ちは

どのようなものなのか?

調べてみました。

15_03_31_01_59_43_1
悔しいという気持ちが出ないときには・・・・

自分が挑戦していることに対して努力してもできないとき、

人に馬鹿にされたとき・・・などなど

悔しいと思うことはあると思いますが、

悔しいと思うことがないという人もいると思います。

悔しいと思うことは大切なことなのか?そうでないのか?

今一度考えてみませんか?

wpid-2015_08_01_12_29_3.jpg
産休や育休取得における会社負担とは

産休や育休をとることって会社負担があるのか調べてみました。

家族葬の参列者はどこまで呼ぶべきか | 何親等まで?

この記事はおよそ 7 分くらいで読めます。

家族葬の参列者の範囲

家族葬の参列者はどこまで呼べばいいのか、家族葬の範囲について解説します。

家族葬を行うときに悩むポイントの一つでもあります。

こちらで正しい知識を身につけてください。

何親等まで呼べばよいのか、そんな質問が多いので回答します

家族葬の参列者の範囲

家族葬の参列者はどこまで呼べばいいの?家族葬の範囲って何親等まで?

家族葬の参列者の範囲は、2親等くらいまでというのが一般的です。

家族葬の定義についてはしっかり定まっておらず、厳密に何親等までということは言い切ることができませんが、前例を見てみた場合に2親等程度までを参列者としている場合が多いです。

つまり、亡くなられた方の家族(父・母・またその家を継いだ家族)と亡くなられた方の子供家族、亡くなられた方の配偶者の父母(ひいおばあちゃん・ひいおじいちゃん)が当たります。

ほとんどのケースの場合がこの2親等程度までを参列者としていますが、上でも書いた通り定義として決まっている訳ではないので、ご家族や葬儀会社の方としっかり相談することをおすすめします。

家族葬の参列者を決めた後の注意点

家族葬の参列者を決めた後の注意点について解説します。

家族葬は故人をゆっくり見送る最後の時間です。

思わぬトラブルを招かぬようしっかり理解しておきましょう。

家族葬の参列者をどこまで呼ぶのかしっかりと伝える

何度か書いていますが、家族葬の定義はしっかりとは決まっていません。

ですので、家族葬をしますという風に伝えても、「自分も参列しなければならない」と思われている方がおられます。

しっかりと、「何親等までの身内のみでの参列となります」というのを伝えておかないと、当日トラブルが起きる可能性があります。

少し遠い親族にもきちんと参列者については伝えておきましょう。

引用元-参列者はどこまで呼べばいいの?家族葬の範囲は

今日の人気記事ランキング

どこまで参列するべきか、もめたケースもある。

香典についてもしっかり決めて告知しておく

一般の葬儀では香典をいただくことが普通ですが、家族葬の場合は香典を辞退されるケースも少なくありません。

香典の受け取りに関しても、しっかりと話をして決めておく必要があります。

また参列者にもきちんと告知しておく必要があります。

お葬式当日にお金の事でもめるような事にならないようにしましょう。

家族葬相場平均家族葬は本来は、ゆっくりと親族だけで故人を見送るためにあります。

その本来の目的を思わぬトラブルで台無しにしてしまわないように、事前にしっかりと準備をしておく必要があります。

ご家族や葬儀会社の方々としっかり話し合って、
故人との最後の時間をより良いものにしてください。

どこまで参列すべきか迷って夫婦でもめた」

質問者:E・G様 対象者:親族 カテゴリ:マナー

今年、祖母が亡くなったのですが、どこまで葬式に参列するかで主人と口論になりました。
わたしは実の祖母の葬式なので、告別式から火葬場、そしてお骨上げもしたいと考えていたのですが、主人は長く離れて暮らしていたのだから、告別式だけで良いと言うのです。また、こどもが小さいので、あまり長い時間になるとこどもがぐずるかもしれないというのも心配だったようです。
実際には、こどもは周囲に相手をしてくれる大人がいっぱいいて問題はありませんでしたが、むしろ、主人が一度は行くと決めた火葬場へ、後からやはり行きたくないとぐずって困りました。
一緒に暮らしていない祖母の葬儀である場合、一般的にはどのあたりまで出席するものなのでしょうか。
.

葬儀レビスタッフからアドバイス
どうしも迷う場合は事前に喪主に相談しましょう
告別式の後で火葬を行う場合、火葬場へは、親族や故人の親近者のみが同行するのが一般的ですから、実の祖母の葬儀であれば、例え離れて暮らしていたとしても、夫婦で火葬場まで同行する場合の方が多いようです。
ただし、火葬場まで同行しても、その後一旦自宅に戻る場合と、そのまま残ってお骨上げ、精進落としの席にも参加する場合では、事情も違ってくるでしょう。
ご主人は、あまり面識のない親族が多い中、子連れで精進落としにまで同席することをためらわれたのかもしれませんね。
親族であっても、故人との親しさの度合いはさまざまですし、親族だからといって必ず火葬場まで同行しなくてはいけないというものでもありません。
どうしても迷われた場合は、事前に喪主に相談してみられてはいかがでしょうか。

引用元-葬儀レピ

家族葬はどこまでの人が参列するのか

葬儀をするにあたって、故人の意思であったり、あるいは遺族の意思として家族葬を行いたいという方が増えていますよね。
家族葬は家族や親族だけで葬儀を行うことによって経済的な負担を減らしたり、ゆっくりと故人とのお別れができるということで人気となっています。

家族葬はどこまでの人が参列するのか

しかしまだ家族葬というものがハッキリとどういうものかというのがわからないという方も多く、
例えば家族葬での参列者はどこまでの範囲にするべきなのか、という悩みも多いようです。
家族や親族だけでとは言ってもどこまでの人が参列するのかによって人数も変わってきますよね。
人によっては遠い親戚まで含めるのかどうかで大違いということもあるでしょう。
実際のところどこまでの範囲の方が参列するのかというのは、故人や遺族の考え方次第だと言えるでしょう。
家族葬というのは近年葬儀会社が使い始めた言葉であり、そこになにかはっきりとした定義があるわけでも意味があるというわけでもありません。
人数を絞ることによって規模を小さくして低予算で実施できるなどのメリットが主な目的となりますから、
どこまでの人を呼ぶのかというのはそれぞれの判断に委ねられるということですね。
極端に言えばごく近い親族のみでも良いですし、親しい友人などを呼んでも良いわけです。

引用元-家族葬の一般常識

家族葬は参列して良いの?通常葬儀との違いが分かる7つのポイント

どこまで参列していいの?

家族葬と通常葬儀の大きな違いは、参列出来る人の数だと思います。家族葬とは、故人の家族だけで行う葬式のことです。皆さん大体何人くらいのイメージをしていますか?

沢山の方に同じような質問をするのですが大抵皆さん「親族でしょ?20人〜30人くらいかしら?」とおっしゃります。いえいえ、それでは通常葬儀になってしまいます。

家族葬でいう家族の定義は、皆さんが思っているよりもとずっと狭いのです。家族葬は、5人〜10人で執り行う葬儀の事を言うのです。

例えば、もし私の母が亡くなったとします。その状況で家族葬を行った場合、母の姉(つまり私にとっては叔母)は、葬儀に参列出来ないことになるのです。

結構身近な親戚ですが、家族葬となると、世帯としての家族のみとなりますので参列出来ないのです。ここで起きる問題点については、後程ご紹介しますね。

通常葬儀と家族葬の費用の違い

家族葬になさる方の理由の一つに、「葬儀にかかる費用」が挙げられます。家族葬は、家族のみで行いますので費用は大体い50万〜70万円ほどで済むと言われています。

ですが、通常葬儀になると100万円を超すことなどざらにあります。なぜなら、参列者に対してへのお金もかかってくるからです。具体的には、仕出し弁当・マイクロバスにかかるお金香典返しなど実に細かなお金がかかるのです。

ですから、通常葬儀にした場合は「葬儀が終わってみたら、予算オーバーだった」なんてことが多々あります。ですから、あくまでも「予算面だけ」で考えると家族葬の方良いと思います。

香典について

香典については、通常葬儀であればありがたく頂きましょう。ですが、家族葬の場合はもちろん香典は発生しません。けれど、ご近所の方や生前の故人と親しかった方から「せめて香典だけでも・・・」と言われることもあるでしょう。

ここが、家族葬の難しいところですよね〜。一旦家族葬と決めてしまった以上は、香典を頂かない方向で最後まで通すという方もたくさんいらっしゃいます。

けれど「せっかくのお気持ちだから、どうしたら良いのかわからない」という相談も多く見られます。香典は、貰いっぱなしにしないのがルールです。このような、香典返しの手間を考えて「家族葬」になさる方もいらっしゃいます。

家族葬は通常葬儀よりも個人と過ごす時間がとれる

通常葬儀の場合、正直最愛の方を亡くされた悲しみに浸っている時間はありません。特に家族の方は、葬儀社との打ち合わせや仕出しの手配、参列者への対応など忙しくなってしまうと思います。

それに比べて家族葬は、故人との最後の時間を大切にしたい、家族一緒に過ごしたいという方には、すごく良い葬儀形態となっています。

他の人に気を遣うことなく、ゆったりとした時間を過ごせますので、家族みんなで故人を囲んで思い出話に浸るのも素敵な時間ですよね!

家族葬は、親戚にきちんと説明しなければいけない

1つ目の項目でもお話ししましたが、家族葬が通常葬儀と大きく違う点は、やはり参列者が限られるという点です。

最後の時間を家族水いらずで過ごせるというメリットはあるものの、親族の中には葬儀に参列出来ないことに対して不満を抱く親族の方もいるでしょう。

家族葬をする場合は、「葬儀に行きたいのに、参列させてくれないんだ!」揉め事が起こることもあります。ですから、きちんと家族葬にするご家族の方の思いを伝えて、親族の方に納得してもらうべきだと思います。

実際にこのようなトラブルは多発していますので、そのようなトラブルが起こるのだったら通常葬儀という形を取っておいた方が、あとあと楽なのかもしれないとも思います。さぁ、皆さんはどう思われますか?

家族葬は、故人の思いを反映しやすい

「自分の葬儀で大人しい音楽は嫌だわ。青春時代に大好だったアイドルの歌をかけてほしい」「大好きなバラの花で会場を埋めてほしい」など、故人が生前に私たちに告げた希望を叶えやすいのは、家族葬です。

特に、地方に行けばいくほど葬儀に対する取り決めは色々とあるようなので、通常葬儀だとなかなか故人の思いが反映されにくい場合があります。だけど、家族葬なら家族全員で故人の最後の願いを叶えてあげることができます。

私だったらどうしようかなぁ?とちょっと考えてみましたが、まるでお正月に家族が集まったようなアットホームな雰囲気の中で、大好きなひまわりと良い香りのする空間で安らかに過ごしたいなぁって思いました。明るく最期を迎えるって、何だか素敵ですよね。

家族の体力的な負担が少ない

通常葬儀を執り行うとはっきり言って、終わるころには疲れ切っていると思います。沢山の参列客の方のお相手や、食事の準備、香典のチェックなど本当にやることがたくさんあるのです。

ですから、大切な方との最後の時間をゆっくりと過ごすという事など出来ずに、心身ともにクタクタになってしまっていることが多いです。

ただでさえ、大切な方がお亡くなりになられて精神的に辛い状況なのに、身体的にもボロボロになってしまっては大変です。

通常の葬儀を行わないといけないという決まりはどこにもありません。近年、家族形態の変化によって家族葬は増えていますし、皆さんの状況にあった葬儀形態を選ぶべきです。

いかがでしたでしょうか。

以上、家族葬は参列して良いの?通常葬儀との違いが分かる7つのポイントをご紹介致しました。もし突然大切な人が目の前からいなくなってしまったら・・・なかなか葬儀のことについて冷静に考えることは出来ないかもしれません。

最近では、「終活」「エンディングノート」という言葉が話題になっていますが、自分の最期の時のことを考える時間って大切なのかもしれませんね。自分自身を見つめなおす時間にもなりますし、残された家族のためにもなるのです。

どの葬儀形態にするかを考える前に、きちんと家族葬、通常葬儀のメリット・デメリット・違いをきちんと理解しておくことがとても大事だと思います。

最後まで、この記事を読んで頂きありがとうございました。この記事をきっかけに、皆さんが少しでもご自分やご家族の最期の素晴らしい時間についてお考えになってはいかがでしょうか?

引用元-マナーの虎

twitterの反応

 - ライフハック

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です