僕の私の話題まとめ

いつも気になるあんな事やこんな事をまとめています。

*

アルコールの分解を早める方法のまとめ

      2015/03/08

アルコールを飲み過ぎた経験はありませんか?飲み過ぎると二日酔いや、その他様々な影響をもたらすアルコールの分解を早める方法をまとめました。

  こんな記事もよく読まれています

15_04_02_21_15_44_1
精神疾患の症状で攻撃的になることについてのまとめ

精神疾患の症状のひとつで攻撃的な性格になってしまう事があるようです。

精神疾患症状の攻撃的になることについてまとめました。

15_03_22_18_17_31_1
【心血管が石灰化!?】動脈硬化性プラークとは!

心臓の血管が石灰化する・・・そんな恐ろしいことが実はよく起きています。

動脈硬化は「沈黙の病気」ともいわれ、発症しても初期症状が殆どなく、深く静かに、でも確実に進行していきます。

今回はそんな恐ろしい病「動脈硬化性プラーク」についてまとめました!

15_06_03_01_01_16_1
女性も糖尿病に!?原因と対策まとめ

糖尿病といえば主に男性がかかる病気と思いがちではありませんか?
実は、女性も糖尿病になる可能性は充分にあります!
女性の糖尿病には女性特有の症状や原因がありました。
今回は、女性の糖尿病の原因と対策についてまとめました。

15_05_28_01_51_06_1
アデノイドと扁桃腺-大人になってからの対処法まとめ

大人になってからでもアデノイドや扁桃腺が腫れることはありませんか?
今回は、大人のアデノイドと扁桃腺の知識をまとめました。
これを読んで少しでも症状が緩和してくれることを祈っています。

15_05_25_01_10_10_1
栄養バランス勉強しよう!どうしたらいい?

生きていく上で栄養ってとても大切ですよね!ダイエット中でも栄養を軽視したらキレイに痩せられないとも。それだけ大切なのに学校の家庭科の授業で習うくらい。大人になるほど大切と感じる栄養に関する勉強。今回はそんな栄養と勉強についてまとめてみました。

15_03_03_21_30_57_1
ピルを服用するに当たって副作用はあるの?

薬に副作用があるのは知っているけど、やはりピルにも副作用があるのかな?

ピルに含まれる女性ホルモンバランスの副作用って出てくるの?と気になりますよね。

ここではピルには副作用があるのか、ピルに含まれる女性ホルモンについてお話します。

15_05_28_01_52_49_1
妊娠初期の生理痛のような痛みの原因とは?

妊娠おめでとうございます。とはいえ、妊娠初期の痛みはつらい!
生理痛のような腹痛が続く方もいらっしゃるようです。
今回はそんな妊娠初期の生理痛のような痛みの原因をまとめてみました。

15_03_20_20_14_12_1
体重より見た目の変化?それとも体重を減らすことは大事なの?

ダイエットは永遠の目標だったりしますよね?

でもよく考えてみてください・・・体重を減らすことより見た目の変化のほうが大事だと

考えることはありませんか?

ここでは、体重を減らすことが大切なことなのか?それによって見た目も変わってくるのか?

ということをお話しますね。

15_06_27_01_00_25_1
切迫流産について。その出血量

切迫流産ときくと流産と書いているので悲しいイメージが
ありますがじつは妊娠の継続が可能!
よく聞く言葉ですが、妊娠していない人からするといまいちピンとこないです。
今回はそんな切迫流産について。そして出血は関係あるのかまとめてみました。

15_03_03_21_32_04_1
肥満にはホルモンが関係しているの?

食事のとりすぎ、運動不足などいろいろ重なって肥満気味に

でもちょっと待って。。。肥満ってホルモンって関係しているの?

というあなたに、肥満の原因にホルモンが関係しているのか、ここでご紹介しましょう。

15_03_03_21_42_53_1
男性も髪のケアについ考えよう!

女性はおしゃれする人が多いけど、

男性もしゃれについては考える人もいるはず。

その中でも一番興味あることは髪のケアではないでしょうか?

ここでは男性の髪のケアについてお話します。

15_04_13_18_44_18_1
イライラしてストレスがたまるとき・・涙が出てしまう人へ

ストレスがたまってイライラしてしまう。

そういう時ってありますよね?

無意識のうちに涙が出てしまうことも。

でも、それってもしかして・・・・。

不安になるあなたに、涙が出る理由と元気になる方法、ご紹介します。

15_05_14_00_57_13_1
子供が鼻血をよく出す理由は?

子どもってよく鼻血をだすイメージがありますよね?
そもそも鼻血ってよく出ても大丈夫なのか心配。
大人になっても出やすい人もいるけど何か病気なのか不安!!
今回はそんな鼻血に関してどうして鼻血が出るのか、正しい鼻血の止め方をまとめてみました!

15_06_07_01_50_58_1
統合失調症での入院は一生続いてしまうものなのか?

統合失調症は病気ではなく、症候群と言われています。ひどい被害妄想により幻聴・幻覚を引き起こす場合が多く、
多くの場合の死因は自殺によるものといわれ、いまだ明確な治療法が確立されていません。
統合失調症は重度の場合、入院も必要となります。その場合は一生入院しなければならないのでしょうか?

15_06_03_01_00_06_1
交感神経と副交感神経を上手に切り替えるためには?

最近なんだんかよく眠れない・・・なんてことありませんか?
そんな症状が出る場合、交感神経と副交感神経の切り替えが上手く行っていない可能性があります。
今回は交感神経と副交感神経を上手く切り替える方法についてまとめてみました。

15_03_31_01_56_38_1
怒られるのが怖い・・・という病気とは。

人に怒られることが怖い・・・と常に感じるようになると

それが病気として出てくることがあります。

ここではその病気についてお話したいと思います。

15_06_17_01_02_31_1
ヘルニアって何?診断はレントゲンで出来るの?

ヘルニアと一言で言っても椎間板ヘルニアや首のヘルニアなど種類は多いですよね。ただヘルニアってどんなものか実際にかかってみないとわからないですよね。でもかかりたくないのが本音!今回がヘルニアとは何か、わかる方法はレントゲン?などまとめてみました。

15_05_13_00_05_15_1
子供に熱があっても元気なときの疑問

子どもって突然熱を出しますよね?一見元気に見えるけどつらくないのか心配!
なんですぐ熱を出すの?そんな時どうしたらいいの?
元気そうだけど病院に行った方がいいのかな?今回まとめてみました。

15_05_16_02_01_43_1
心臓が痛い!呼吸したときに一体なにが!?

呼吸するときに心臓が痛むことはありませんか?
もし、万が一、呼吸すると心臓が痛む場合は要注意かもしれません!
心臓が痛む原因は?受診は必要なの?という疑問にお答えします!

アルコールの分解を早める方法のまとめ

この記事はおよそ 25 分くらいで読めます。

アルコールの分解とは?

一部非酸化による経路もありますが、体内に取り入れられたアルコールの大部分は酸化により分解されます。汗・尿・便などから直接体外に排出されるアルコールもありますが、摂取されたアルコールの数%以内とされています。

この酸化過程の最初の2ステップは主に肝臓で行なわれます。図のように、まずアルコールは主にアルコール脱水素酵素(ADH)で、有毒なアセトアルデヒドに酸化されます。一部はミクロソームエタノール酸化系やカタラーゼで酸化が行なわれます。アセトアルデヒドは主に2型アルデヒド脱水素酵素(ALDH2)で酢酸に酸化されます。1型アルデヒド脱水素酵素(ALDH1)も補助的ながら酸化に関わっています。酢酸は血液に乗って肝臓を離れ、筋肉や心臓に移動してさらに分解され、最終的には炭酸ガスと水になります。この間に1gのアルコールから、約7カロリーの熱を産出します。

引用元-e-ヘルスネット

今日の人気記事ランキング

アルコールを採り過ぎると?

アルコールの摂りすぎでセロトニン分泌が低下

アルコールを摂りすぎると、ビタミンBが破壊され、セロトニン分泌が低下してしまいます。

セロトニンは幸福ホルモンであると同時に、満腹中枢も刺激するはたらきを思っています。
ですので、お酒をたくさん飲むとセロトニン合成が低下し、満腹中枢が正常に働かず、結果、ついつい食べ過ぎてしまいがちになります。

お酒をたくさん飲んだ後にラーメンなどの炭水化物をぺろっとたいらげられるのもこのためです。
また、よくお酒を飲む人にはメタボリックシンドロームと言われる肥満体の人が多いです。

セロトニンが分泌されないと、イライラしやすくなります。
お酒を上手に飲んでストレス発散する分には問題はありませんが、少し間違えると余計にストレスを溜めかねません。

また、アルコールは利尿作用があり、体の水分を奪ってしまうので、飲みすぎると良いことはありません。
もちろん、肥満や肝臓の悪化にも直結します。

つまり、アルコールばかり飲んでいると、体は不健康になるし、気分も落ち着かなくなります。
最悪の場合はアルコール依存症になり、多くのものを失うことになります。

引用元- セロトニンとは 

アルコールの過剰摂取による短期的な影響と長期的な影響とは

短期的な影響

摂取する量や取る人の体調にも左右されますが、アルコール乱用による影響には以下のようなものがあります。
ろれつが回らない
眠気
嘔吐
下痢
胃のむかつき
頭痛
呼吸困難
視覚や聴覚の異常
判断力の低下
知覚が鈍り、調整機能が低下する
無意識
貧血(赤血球の減少)
昏睡状態
一時的な記憶喪失(?酔っていた時に起きたことを覚えていない)

長期的な影響

大量のアルコールを習慣的に取り続けると、以下のような数多くの悪影響を引き起こす可能性があります。
自動車事故や落下、やけど、溺死など、不注意による事故
銃の発砲、性的暴行、家庭内暴力といった故意の傷害
仕事中のけがが増え、生産性が低下する
家族間や友人間の不和
アルコール中毒
高血圧、脳卒中、心臓疾患
肝臓障害
神経の損傷
性機能の障害
脳細胞の永久的な損傷
ビタミンB1欠乏(記憶喪失、無気力、方向感覚の喪失などの症状を引き起こすことがある)
潰瘍
胃炎(胃壁の炎症)
栄養失調
口腔咽頭癌

引用元-Drug-Free World

アルコールの分解を早める食べ物とは?

<飲む前には>


効果的な成分:クルクミン
代表的な食物:ウコン
 
期待できる効果:胆汁の分泌を促進し、肝臓全体の解毒作用を高めるといわれている。サプリメントやお茶など様々な商品が出ているので、普段から摂取し、肝機能を高めておこう。


効果的な成分:セサミン
代表的な食物:ゴマ
 
期待できる効果:活性酸素を取り除き、肝機能を高めてアルコールの代謝を促すといわれている。サプリメントも活用しよう。


効果的な成分:脂肪
代表的な食物:ヨーグルト、牛乳など
  期待できる効果:乳製品に含まれる脂肪は胃に膜を張り、アルコールの吸収を穏やかにしてくれる。お酒を飲む 30 分〜1時間前に摂取しておくと効果的。


効果的な成分:ムチン
代表的な食物:オクラ、山芋、納豆など
  期待できる効果:健康にも良いといわれるネバネバ成分(ムチン)には、粘膜を保護する作用も。胃の粘膜をアルコールから守ってくれます。

<飲んでいる最中には>
「飲みながら食べる」のが、飲み過ぎ・二日酔い防止術の鉄則。アルコール代謝を助ける成分をおつまみで補給しましょう。


効果的な成分:たんぱく質
代表的な食物:肉、魚、チーズ、豆腐、枝豆など
  期待できる効果:動物性・植物性たんぱく質は、肝臓がアルコールを代謝するのに必要な成分。枝豆や冷奴、焼き鳥や刺身などが肴の定番になっているのにも深〜い理由があったのです。


効果的な成分:ビタミンB1
代表的な食物:ネギ、ニラ、にんにくなど
  期待できる効果:こちらも肝臓のアルコール代謝を助ける成分。臭いが気になるという人も、肝臓のために積極的に食べましょう。


効果的な成分:ビタミンC
代表的な食物:イモ類、小松菜、ブロッコリー、ピーマンなど
  期待できる効果:アルコールの代謝に不可欠なだけでなく、ビタミンCはアルコールによって腸管からの吸収が阻害されてしまいます。しっかり食べて、十分に補いましょう。


効果的な成分:ビタミンE
代表的な食物:ナッツ類
  期待できる効果:アルコール代謝を促進する働きが。ただし、高カロリーなので食べすぎには注意!

<二日酔いになってしまった時は>
二日酔いの時はアルコールの代謝を促進することと匹アルコール分解の途中で生じたアセトアルデヒドの分解を促すこと。まずは水分を補給し、食欲が出てきたら栄養を補給しましょう。


効果的な成分:水分
代表的な食物:スポーツドリンク、ミネラルウォーターなど
  期待できる効果:アルコール代謝で消費された水分をたっぷり補いましょう。ビタミンやミネラルも同時に補給できるスポーツドリンクがおススメ。


効果的な成分:果糖
代表的な食物:オレンジジュース
  期待できる効果:果糖がアルコールの分解を高め、ビタミンCがアセトアルデヒドの分解を促進してくれる。


効果的な成分:タンニン、カタラーゼ
代表的な食物:柿
  期待できる効果:タンニンが胃の粘膜を収縮させてアルコールの吸収を穏やかにし、カタラーゼなどの酵素がアルコールの代謝を活発にしてくれる。更に柿はビタミンCも豊富。


効果的な成分:タウリン
代表的な食物:シジミの味噌汁
  期待できる効果:肝臓の解毒作用を促し、アセトアルデヒドの分解も促進してくれる。


効果的な成分:クエン酸
代表的な食物:梅干
  期待できる効果:飲んだ後は体の栄養素がアルコール分解に使われ、細胞がエネルギー不足に。クエン酸でエネルギーを生み出す回路(クエン酸回路)を活発にさせましょう。


効果的な成分:カフェイン
代表的な食物:コーヒー
  期待できる効果:カフェインの覚醒作用で、二日酔いの頭をシャキッとさせましょう。アセトアルデヒドの代謝を促進させたり、利尿作用によって老廃物を体内から追い出す作用もあります。

引用元-一般財団法人 茨城県メディカルセンター

民間療法の例
シジミの味噌汁
クラムチャウダー
スポーツドリンク
グレープフルーツ
蜂蜜と生姜を溶かした湯
りんご、小松菜、レモン、ヨーグルトのミックスジュース
牛乳
ケチャップをつけたウズラの卵
大根おろし
ハツカダイコン
ミルクシスル

ウコン
梅干
日本の江戸時代の文献には「懐中汁粉」(餡を最中の中に入れたもので、湯に溶かして即席汁粉にする)などを食べておくと良いといった記述がある。

引用元-Wikipedia

アルコールの分解を早める市販薬まとめ

効能が「二日酔い」の薬

ハイチオールCプラス(エスエス製薬)
ハイチオールCプルミエール(エスエス製薬)

シミ・そばかす改善のための薬ですが、二日酔いにも効果があるというのは酒好きの間では有名な話です。
後付けで効能が追加された印象がありますが、この薬の成分であるL-システインは肝臓の解毒作用を高める効果があるため、前身であるハイチオールから二日酔いに効くと言われていた薬なのです。
しかし肝臓の解毒作用による「メラニン生成の抑制し肌の新陳代謝を活発にさせる」 という成果にスポットを当てて「シミ・そばかすに」と女性にアピールすることでハイチオールCは人気商品となったのです。

効能・効果
○ しみ・そばかす・日やけなどの色素沈着症
○ 全身倦怠
○ 二日酔
○ にきび、湿疹、じんましん、かぶれ、くすりまけ

アルケシクール(エスエス製薬)・・・販売終了

同じエスエス製薬の商品ですが、実はハイチオールCと全く同じ成分です。
男性向けにパッケージを黒くして「二日酔い」を全面に押して販売していたものです。
2012年に販売終了となりました。

ハイチオールCの類似薬・ジェネリック医薬品

ハイチオールは発売が1970年代と古いため特許により独占できる期間を過ぎており、現在では類似薬やジェネリック医薬品が数多く販売されています。薬局に行くと「ハイチオールCと同じ成分です」という ポップを目にすると思います。
しかしこれらの類似薬には効能が「二日酔い」と書かれているものといないものがあります。

薬の効能を表記するためにはその効能ごとに認可を受ける必要があり、臨床試験に多額の費用と時間が掛かります。同じ成分の薬でも効能に「二日酔い」の表記がないのはそれを回避したためです。

漢方でもいくつかありました。

五苓散料エキス顆粒(ツムラ)

体力に関わらず使用でき、のどが渇いて尿量が少ないもので、めまい、はきけ、嘔吐、腹痛、頭痛、むくみなどのいずれかを伴う次の諸症:
水様性下痢、急性胃腸炎(しぶり腹注)のものには使用しないこと)、暑気あたり、頭痛、むくみ、二日酔

注)しぶり腹とは、残便感があり、くり返し腹痛を伴う便意を催すもののことである。

半夏瀉心湯エキス顆粒(ツムラ)

体力中等度で、みぞおちがつかえた感じがあり、ときに悪心、嘔吐があり食欲不振で腹が鳴って軟便又は下痢の傾向のあるものの次の諸症:
急・慢性胃腸炎、下痢・軟便、消化不良、胃下垂、神経性胃炎、胃弱、二日酔、げっぷ、胸やけ、口内炎、神経症

黄連解毒湯エキス顆粒(ツムラ)

体力中等度以上で、のぼせぎみで顔色赤く、いらいらして落ち着かない傾向のあるものの次の諸症:
鼻出血、不眠症、神経症、胃炎、二日酔、血の道症注)、めまい、動悸、 更年期障害、湿疹・皮膚炎、皮膚のかゆみ、口内炎

注)血の道症とは、月経、妊娠、出産、産後、更年期など女性のホルモンの変動に伴って現れる精神不安やいらだちなどの精神神経症状および身体症状のことである。

漢方薬は症状が同じでも上記のように患者の体力や体調によって薬が変化します。個人差を尊重する考えが強い医学のため、ご利用の際には医師・薬剤師に相談することをおすすめします。

効能が「二日酔い」の薬は以上です。
意外とすくないですね。

効能が「二日酔いのはきけ・むかつき」の薬

多くの胃腸薬は「二日酔い時のはきけ・むかつき」に効果があるとしています。

第一三共胃腸薬〔細粒〕(第一三共ヘルスケア)

もたれ、食べ過ぎ、飲み過ぎ、胸つかえ、食欲不振、胸やけ、胃痛、胃酸過多、胃重、胃部不快感、げっぷ、消化不良、消化促進、胃弱、胃部・腹部膨満感、はきけ(むかつき、二日酔・悪酔のむかつき、悪心)、嘔吐、整腸(便通を整える)、軟便、便秘

ソルマックプラス(大鵬薬品)

はきけ(二日酔・悪酔のむかつき、むかつき、胃のむかつき、嘔気、悪心)、嘔吐、消化不良、食べ過ぎ(過食)、飲み過ぎ(過飲)、もたれ(胃もたれ)、胃弱、食欲不振(食欲減退)、胃部・腹部膨満感、胸やけ、胸つかえ

エビオス錠(アサヒ フードアンドヘルスケア)

・食欲不振(食欲減退)
・胃弱
・胃部・腹部膨満感、消化不良、食べすぎ、飲みすぎ、胸やけ、もたれ(胃もたれ)、胸つかえ、はきけ(むかつき、二日酔・悪酔のむかつき、悪心)、嘔吐
・栄養補給、妊産婦・授乳婦・虚弱体質者の栄養補給、栄養障害

サクロン(エーザイ)

胸やけ、飲みすぎ、胃痛、胃酸過多、胃もたれ、胃部不快感、胃部膨満感、胃重、 胸つかえ、げっぷ、はきけ(むかつき、胃のむかつき、二日酔・悪酔のむかつき、嘔気、悪心)、嘔吐

太田胃散(太田胃散)

飲みすぎ、胸やけ、胃もたれ、食べすぎ、胃痛、胃部不快感、消化不良、消化促進、食欲不振、胃弱、胃酸過多、胃部・腹部膨満感、はきけ(胃のむかつき、二日酔・悪酔のむかつき、悪心)、嘔吐、胸つかえ、げっぷ、胃重

大正漢方胃腸薬<内服液>(大正製薬)

飲みすぎ、はきけ(二日酔・悪酔のむかつき、むかつき、胃のむかつき、嘔気、悪心)、食欲不振、消化不良、胃部・腹部膨満感、胃弱、食べすぎ、胸やけ、もたれ、胸つかえ、嘔吐

その他の一般的な胃腸薬にも効能に「二日酔い時の吐き気・むかつき」があることが多いです。

変わった薬にも二日酔いに効果が

そんななかで一風変わった薬にも二日酔いに効果があるものもあります。

サクロフィール錠(エーザイ)

口臭除去剤です。
効能は「口臭の除去、二日酔い」と記載されています。

主成分の銅クロロフィリンナトリウムは荒れた胃粘膜の修復を助け、二日酔い時の吐き気やむかつきを抑える効果があります。

ヘパリーゼの効能には「二日酔い」の表記がない

宴会シーズンに大人気のヘパリーゼですが、実は効能に「二日酔い」の表記がありません。

新ヘパリーゼプラス

効能・効果
滋養強壮、胃腸障害・栄養障害・病中病後・肉体疲労・発熱性消耗性疾患・妊娠授乳期などの場合の栄養補給、虚弱体質

広告は明らかに二日酔いの予防・改善をイメージさせる作りですが、効能にないため「二日酔いに効く」とは一切書けずに「飲む人に効く」としているのです。

※なお胃腸薬成分を配合したヘパリーゼ胃腸内服液には他の胃腸薬と同じように「二日酔いのむかつき」が効能として表記されています。

もう一つの定番「ウコンの力」は医薬品ではなく清涼飲料水のため、効果があろうがなかろうが効能は一切表記できません。ただし清涼飲料水のためスーパーやコンビニでジュースと同じように気軽に取り扱うことが出来るという流通上の大きなメリットがでてきます。

これらの商品は効能のイメージを伝えつつ、実際の効果はご自分でご確認くださいということのようです。

引用元- 二日酔い対策センター

アルコールの分解を早めるのに絶対してはいけない行動とは?

サウナやランニング

二日酔いの時点で既に体は脱水症状を起こしています。
汗をかくことで何か悪いものまで一緒に流れ出ていくイメージがありますが、飲酒後や二日酔いに関しては逆効果になる場合があります。確かに体内に取り込まれたアルコールは一部が汗でも排出されますが、汗だけで全てのアルコールを排出することはできません。一般的にアルコールの9割が肝臓で分解され、残りの1割が呼気、発汗、排泄で体外へ出ていくと言われています。

さらに二日酔いの主原因はアルコール分解の過程で出来る有害物質「アセトアルデヒド」ですが、実はこれだけが原因とは言い切れないのです。
その頭痛と脱力感は脱水症が原因かもしれないのです。
その状態で更に汗をかくことがどれだけ危険か言わずもがなですね。

また「二日酔いにはまず水分摂取を」と言われていますが、サウナやランニングは水分を排出するという逆の行為をしているのです。

以上の理由で二日酔い時にサウナやランニングは行うべきではありません。

お風呂に入る場合は水分を十分に摂取してからシャワーで済ますかぬるめのお湯に短めに入りましょう。

頭痛薬の服用

二日酔い時には必ずといっていいほど「頭痛」が起きます。
頭痛薬を飲みたくなりますがちょっと待って下さい。

まだ体にアルコールが残っているうちは飲まないほうがいいでしょう。

一般的な経口薬(口から飲む薬)は胃で溶けた後、小腸で吸収され血液を介して肝臓に運ばれます。
肝臓で一部が分解され、残りが血液に乗って全身に運ばれる仕組みです。ここで注意しなくてはいけないのが、アルコール分解も肝臓が行っており、その一定時間の分解能力に限りがあるということです。

この図のようにアルコールが残っていると、想定以上の頭痛薬の成分が全身に送られる恐れがあるのです。

逆に薬の分解(代謝)を優先した場合はアルコール分解が滞る(=二日酔いが長引く)ことも考えられます。

頭痛薬を服用した状態でお酒を飲むと「急激に酔いやすい」「突然眠くなる」「悪酔い・二日酔いになりやすい」といわれるのは実はこのような理由なのです。

さらに頭痛薬には胃粘膜や肝臓を痛める副作用を持つものもあります。これら副作用も普段より強く出ることを忘れてはいけません。

アルコールが抜けて体がある程度回復するまで頭痛薬は避けるべきでしょう。

迎え酒

アルコール依存症

実は迎え酒は二日酔いに効くのです。
どういうことなのでしょうか?

酒に酔うということは、脳がアルコールで麻痺するということです。
このため二日酔い時に酒を飲むと脳が麻痺し、頭痛などの不快な症状を感じにくくなります。しかし新たにアルコールを摂取しているため、二日酔いの原因を増やしているのです。

正確には二日酔いの原因を増やしつつ、それを感じにくくするのが「迎え酒」です。

この行為は二日酔いを後回しにしているにすぎないのです。

例えば翌日の昼までに解消する二日酔いが夕方まで掛かるようになり、夜にまたお酒を飲むとほぼ一日中酔っ払っていることになります。
これが迎え酒・朝酒がアルコール依存症の第一歩と言われる所以です。

二日酔い時の迎え酒は絶対にしてはいけません。

引用元- 二日酔い対策センター

twitterの反応

 - 健康

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です