僕の私の話題まとめ

いつも気になるあんな事やこんな事をまとめています。

*

子連れ再婚の人は幸せになれるか?または幸せか?

      2015/03/04

離婚してしばらく経って、再婚を考えたけど、子連れで幸せになれる?
そんな思いに駆られて、再婚には踏み切れない。なんてことありませんか?
そんなあなたに再婚して幸せになれるかどうか?
ここでご紹介しましょう。

  こんな記事もよく読まれています

15_06_14_01_24_23_1
ダウン症のエコー検査は妊娠6ヶ月目から判断できるのか?

通常、人間の染色体は22本あり、1本ずつ2本組になっています。
ですが、ダウン症の場合は常染色体22本あるうち、21本目だけが3本組になっています。
そのダウン症を妊娠6ヶ月目のエコー検査で確認することができるのでしょうか?

15_05_28_01_52_06_1
離婚後、子供の運動会に参加してもいいの?

離婚したあとの子供の運動会に参加したい・・・
非常にデリケートな問題であり、解決する方法が元夫婦であった二人に
委ねられる事となります。
離婚時には面会交流権をしっかりと確認しておきましょう。

結婚 メリット 税金
結婚をする上でのメリットと税金について

30代を過ぎると「そろそろ結婚しなきゃ!」と焦り出す人も少なくない現代ですが

「結婚をする上でのメリットはあるのか?税金は?」等々悩みは尽きないでしょう。

そこで今回は「結婚についてのメリットと税金について」をまとめました。

名前 字画 気にする
子どもの名前、字画は気にする?気にしない?

我が子が一生使う「名前」。音の響き、漢字が好きなど様々な理由から付けられるかと思いますが、

中でも字画を気にする親御さんも多いはず。

世のお父さんお母さんはどれくらい字画を気にして付けているのでしょうか?

またどのように名前をつけているのでしょうか?

15_06_05_00_56_49_1
子供が障害をもって産まれる原因とは

子供が障害をもって産まれてしまうには、先天的な原因と後天的な理由があります。
胎児のときには問題がなくても出産時に何かしらの事故や人的ミスで障害が発生してしまう場合もあります。
今回は、子供の障害の原因をまとめてみました。

15_03_01_18_18_18_1
子供に習い事を「やめたい」といわれた場合はどうしよう?

子供に習い事をやめたいといわれたら、どう対応しようと考えちゃいますよね。

習い事は続けさせたい気持ちもあるけど、子供の気持ちも大切にしたい。

悩みに悩んだけど、答えは出ない・・ということも。

そんな場面にでくわしたらどうしたらいいのか?ということをご紹介しますね。

15_06_12_01_13_35_1
離婚と子供の保険証問題

離婚するといろいろ今までと生活が変わりますよね。健康に関すること、特に保険証に関しては心配ですよね。子供がいる場合保険証はどうなるか心配ですよね。今回はそんな保険証に関する情報をまとめてみました。

15_06_19_00_20_19_1
夫婦と生活費。専業主婦はこう見る!

お金の使い方や生活費のやりくりはきになるところ。お金はあった方がいいですよね。女性としては共働きで働き続けるかそれとも専業主婦になるかいろいろ決断は迫られますよね。今回はそんな夫婦での生活費についてまとめてみました。

子連れ再婚の人は幸せになれるか?または幸せか?

この記事はおよそ 12 分くらいで読めます。

シングルマザーが子連れ再婚で必ず幸せになる5つのルール

□自分も子供も幸せになりたい!□

母親としての葛藤

離婚直後は、もう結婚なんてしたくない!旦那に振り回される人生なんて嫌だ!
これからは、子供の為に生きていこう!と頑張っている方がほとんどです。

妻という肩書きを下ろして、母親としてだけ生きていく。そう決めたのに、
?好きな人ができてしまった
?一緒に歩むパートナーが欲しいと思った

このような気持ちの変化にとまどうシングルマザーは非常に多いのです。母親として頑張ろう!と決めたのに…と自分自身を追い込んでしまいます。

母親であるのは間違いありませんが、女性です。寂しくなり、頼れる存在が欲しいと思うのは悪い事ではありません。子供からしても、あなたの為に生きてきたんだ!と言われてしまうのは少し重いですよね。

寂しくなった、誰かを好きになった事で葛藤せずに、私もそう思える心のゆとりが出てきたのだな!とプラスに考えましょう。

子供との関係

今まで子供に対して見せていなかった女性の部分が出てきてしまい、非常に戸惑う方がいらっしゃいます。子供の年齢によって大きく変わりますが、今の心情をどの様に説明すれば良いのだろう?と悩んでしまうのです。これは子供の性格や年齢、現在の状況。そして、子供が安定しているかどうか?にもよります。

話が分かる年齢であれば「お母さん、ちょっと気になる人が居るんだよ」と匂わせる程度にして、子供がどう反応するのか?を見ていきます。まだ幼い子供であれば、仲良しのお友達が居るんだよ!と存在だけをアピールしておきましょう。

注意したいのは、焦ってあなたのお父さんになるかもしれないよ!とは言わない事です。子供に少しずつ受け入れてもらう為の時間という準備が必要です。

□子連れ再婚で守りたいルール□

ルール1.自分にとって良い人かどうかをまず考える

子連れというだけで、相手を選ぶ時にほとんどの人が子供目線になってしまいます。

この男性は父親としてどうだろうか?

よいお父さんになれるだろうか?

確かに、後々父親になるであろう男性ですが、始まりが子供目線だと只の父親選びになってしまいます。先ずは、相手が自分にとって良い人かどうか?が大切です。子供目線で選ぶと、自分自身は満たされませんよ。

ルール2.子供に比べさせない

子供に早く気に入ってほしいからと、つい新しい相手を前の父親と比べさせてしまいます。一見すると、相手株が上がるので良いように思えますが、子供からすると複雑以外の何ものでもありません。

この新しい男性は、こんなに良い人なのよ!と言えば言うほど、子供は自分の意見を素直に伝えることができません。良い人かどうかは、子供が感じることで押し付ける事ではありません。

ルール3.母親の顔も相手に見せる

新しく出会った男性が、女である姿しか知らない間は、どれだけ満たされていてもまだ再婚してはいけません。子連れ再婚の場合、結婚した瞬間から母親の姿も見ることになります。

いつもより綺麗にしている女の姿だけに惚れている場合は、少しずつ母親の顔も見せていきましょう。どちらの姿も好きだと言ってくれる相手ならば、再婚に向けて前進しても大丈夫です。

ルール4.子供の状態が安定しているか確認する

早く再婚したい!と気持ちだけ焦り、他に受け入れてくれる人なんて居ないから!と急いで再婚してはいけません。籍を入れるベストな時期を見極める必要があります。

子供の状態は安定しているか?を見極めてください。

元夫を想う気持ちが強い場合は、特に考える必要があります。その子によって丁度良いタイミングがあります。

ルール5.元夫の悪口を言わない

新パートナーに同情してもらうつもりで、つい元夫の悪口を言ってしまう場合があります。

「私はこんなに酷い事をされた。」「元夫は、こんなに最低だった。」

離婚した理由として少し位ならば話しても良いのですが、何もかも元夫のせいにして話すのは厳禁です。

新パートナーからすると、本当は元夫の話すらあまり聞きたいものではありません。しかも聞いているうちに只の悪口に聞こえますから、この女性は自分の事を棚に上げる人なんだなと誤解されてしまいます。

私も悪かったんだ…と、反省しながら話すのが良いでしょう。

□まとめ:突然父親になる子連れ再婚□

父親探しをしないこと

子連れ再婚だからと言って、父親探しをしないことです。先ずは、自分にとって良いパートナーかどうか?が大切ですよね。自分を幸せにしてくれる人、自分が幸せにしたいと思う人同士が、夫婦になることが再婚のルールです。同情を買うために、元夫の悪口を言うのは言語道断です。自分の評価を下げるのと同じですね。

新パートナーには、女性である私と母親である私を見て判断してもらいましょう。女性として頑張っている姿だけに惚れている場合は、母親である姿を目の当たりにした時にガッカリしてしまう可能性もあります。女性であり母親である私を好きになってくれるのが、本当の意味でのパートナーです。

元夫との比較は絶対にしてはいけない

子供とパートナーの距離を早く埋めようとする行為は、マイナスになる場合がほとんど。特に、前のお父さんよりも良い人だよ!という様な、元夫との比較は絶対にしてはいけません。子供にも子供なりの考えがある、というのを忘れないようにしましょう。パートナーを良い人だ!と押し付けずに、子供に感じ取ってもらいましょう。
?子連れで再婚してくれる人なんて、なかなか見つからないから!と焦らない。
?再婚する際は、必ず子供の心の状態を汲み取る。
安定しているか?不安定になっていないか?新パートナーを信頼しているか?
?子供にとっても再婚相手を受け入れられる状態であれば、再婚に向けて進んでいける。

自分だけの問題ではない子連れ再婚ですが、新パートナーと巡り会えたことで、更に幸せな家族になれた方は沢山います。子連れ再婚だからこそ、家族としての絆が深まったという話も珍しくはありません。

焦らず、自分を大切にし、子供も良かったと思える再婚をしましょう。

引用元-まりおねっと

今日の人気記事ランキング

子連れシングルマザーが幸せになる3つのコツ

1、別れた夫の悪口を子どもに言っていませんか?
新しい家族のカタチ
新しい家族のカタチ
苦労の連続だった結婚生活。離婚後、ひとりで頑張ってきたのだから、ついつい、前の夫の悪口や愚痴を言いたくなる場面もあるでしょう。とくに再婚相手の男性を子どもに紹介するとき、「前のお父さんは最低最悪だったけど、今度のお父さんは優しくてよかったね」などと話すと受け入れてもらいやすいと感じるかもしれません。母親のことが大好きな子どもは、同調するように聞いてくれるかもしれません。

でも、ちょっと待って。
母親にとっては、別れた夫は赤の他人かもしれませんが、子どもにとっては自分のルーツなのです。人は不思議なもので、「私の生まれ故郷は、ものすごく田舎で何もないつまらないところだよ」と自分のことを自分で悪く言うのは平気なものなのですが、「あなたの生まれ故郷は、ものすごく田舎で何もないつまらないところだよね」と他人に同じことを言われると傷つき、いい気分がしないものです。

再婚相手が魅力的な男性なら、前の夫の悪口を並べて引き立てる必要はないはず。子どもを必要以上に傷つけないように、できるだけ別れた夫の悪口を言わないように心掛けましょう。

幸せポイント:子どもの前では、悪口は控えて。別れた夫は子どもの父親であることは忘れずに。

2、母である自分も大切にしていますか?
いい再婚をしていたり、モテるシングルマザーの共通点に、大変な中でも「お母さんであることを楽しんでいる」という傾向があります。

子どものことが一番大切。そんなふうに考え、一生懸命お母さんとしても生きている女性と、女としての自分が一番大切で、子供のことを放っておいてでも男性に尽くす女性。
周りが応援したくなるのはどちらの女性でしょうか。

母である姿が魅力的なことも
母である姿が魅力的なことも
良縁に恵まれたシングルマザーのパートナーの意見に多いのが、「好きになった人がたまたまシングルマザーだっただけ」という声があります。

子どもにしっかりと向き合い、生き生きと輝いている姿は、人間としても女性としても魅力的な人に映るのかもしれません。

「私には子どもがいるから……」「子どもがいなければすんなり結婚できたのに……」と子どもがいることをマイナスに感じさせるようなパートナーを選ぶのではなく、「子どものおかげで、女性として成長させてもらっている」「成長できた自分だから、彼と出会えた」と、自分が母親であることを感謝させてくれるようなパートナーこそ、理想的な再婚相手と言えるでしょう。

幸せポイント:子どもと生きてきた歴史があるから、人生が豊かになったはず。母親であることをプラスに思えるようなパートナーを選びましょう。

引用元-All about

子連れ再婚にもいろいろなデメリットはある。

子連れ再婚する時の問題やデメリットは、色々と考えられます。
まず自分自身に対してではなく、子供への影響が大きくあります。

例えば、子供への虐待、子供が環境の変化によって荒れてしまう、養子縁組の有無といった子連れ再婚の問題があります。
それと、別れた夫と子供と連絡させるのか、定期的に会わせるのかといったような、親との縁もありますので、十分にここら辺の問題をクリアにしてから、子連れ再婚した方がスムーズに行きます。

また、子供中心ばかりの生活ではなく夫との関係もしっかりする等の自分自身と夫の関係もあります。
その他にも世間帯や夫側の両親との関係、将来の事を考えたら財産分与の問題も浮上してきますので、一筋縄にはいきません。
特に、子連れの人の再婚は、夫側の両親や家族から反対される事もありますし、通常の結婚よりも労力が必要となってきます。

このようにトラブルが起こる可能性やデメリットも多くありますので、後で問題にならないように、しっかり話し合って解決していかなければならないでしょう。

子連れ再婚問題はタイミングが重要

子連れ再婚の時に問題になる事が多いのは、再婚のタイミングではないのでしょうか。
このタイミングの問題は、自分自身の反省と子供の成長や時期といった二つがありますので、いずれも解決してから子連れ再婚しないと失敗してしまう危険性があります。

まず自分自身が前回の結婚で、何故失敗したのか、どこがいけなかったのかを考えておかないと、また同じ事を繰り返すかもしれません。
それを反省した上で再婚する形にした方が確実に良い生活を送れるようになるでしょう。

一方の子供の成長や時期の問題ですが、幼い子供はこれから性格や人格が形成されていく時期になってきますし、新しい夫を受け入れられない場合もあります。
ここで焦って子連れ再婚してしまうと、子供への影響や環境の変化で戸惑ってしまい、これからの長い人生に大きな影響を与えてしまうので、ゆっくりと時間を掛けて、馴染ませてあげる必要があります。

このような点に気を付けなければ、大きな失敗に繋がりますので、すぐに決断するのではなく、タイミングを考えて慎重に行動してみて下さい。

引用元-子連れ再婚時の問題点

子連れ再婚の戸籍手続き方法

子連れ再婚の戸籍手続は
妻となる方と再婚相手の方と子供さんとの関係において
基本的な4つのパターンと
それを応用した1つのパターンが考えられます。

この4つのパターン+1つのパターンに沿って、
夫となる再婚相手の方、妻となる方、
連れ子さんの苗字が変わってきます。

そして、このパターンの選択によって
再婚相手の方と連れ子さんとの法的関係も
大きく変わってきます。

また、意外なところでは、
前夫が死亡したとき、
高い確率で連れ子さんに知らされることとなるのですけど

それがどう知らされ、
知らされたときに注意すべき点は何か?

子連れ再婚を考えたとき、
それぞれの当事者が、

どう法的に関係してくるのかを
正確に知っておくことは大切なことだと考えます。

引用元-子連れ再婚の戸籍手続きマニュアル

twitterの反応

 - 家庭

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です