僕の私の話題まとめ

いつも気になるあんな事やこんな事をまとめています。

*

ブリーチをしたときの頭皮のケアについて

   

ブリーチすると頭皮もいためるし・・・
けれど、おしゃれはしたいし・・・と悩むことがありますよね?
ここではブリーチしたときに頭皮に与える影響とそのケアについてお話しますね。

  こんな記事もよく読まれています

15_07_01_00_44_44_1
社会人の一人暮らしはどんな食事?

社会人で一人暮らしをすると気をつけないと食事面がおろそかになってしまうこともありますよね?
付き合いで急に食事や飲み会もしばしば。
今回はそんな社会人の一人暮らしでの食事の実態をまとめてみました。

wpid-2015_08_10_08_01_3.jpg
健康診断の結果はどのくらいの期間でわかるもの?健康診断のあれこれ

普段なにげなく受けている健康診断の

結果が来るまでの期間や

本当の意味など調べてみました。

15_06_07_01_50_08_1
痩せ型でも高血圧になる原因とは?

高血圧といえば、基本的に太っている人がなる症状と思い込んでいませんか?
実は、痩せ型の人でも高血圧になる可能性があったのです!高血圧になると、脳卒中や腎不全など
重大な病気になってしまう可能性があります。今回は、痩せ型の人でも高血圧になる原因と対策をまとめました。

15_06_25_00_35_31_1
ひじを骨折してしまった!リハビリ方法は?

ひじを骨折してしまったらどのように治すのか、
どんな治療方法があるのか分からないですよね。
リハビリはどんなことをするのか。
もしそうなってしまったら?
今回はそんなひじを骨折してしまった場合のリハビリ方法をまとめます。

15_03_17_19_41_04_1
寝起きに心臓が痛むときに考えられることまとめ

寝起きに心臓が痛む原因として考えられることや、病気などについてまとめました。

15_05_14_00_57_13_1
子供が鼻血をよく出す理由は?

子どもってよく鼻血をだすイメージがありますよね?
そもそも鼻血ってよく出ても大丈夫なのか心配。
大人になっても出やすい人もいるけど何か病気なのか不安!!
今回はそんな鼻血に関してどうして鼻血が出るのか、正しい鼻血の止め方をまとめてみました!

15_03_13_22_35_01_1
子供にコーヒーいつから飲ませてもいい?子供に与えるカフェインの影響とは?

子供がコーヒーを飲みたがったとき、飲ませていいものか

何歳からコーヒーを飲ませてもいいか

考えちゃうときありませんか・

ここでは子供にカフェインがどういう影響を及ぼすのかをお話します。

15_03_01_19_13_13_1
夕方に起こるめまいと頭痛について

頭痛やめまい、現代病だといわれていますよね。

これらの症状がみられたら注意!の病気について

ここではご紹介します。

15_06_17_01_02_31_1
ヘルニアって何?診断はレントゲンで出来るの?

ヘルニアと一言で言っても椎間板ヘルニアや首のヘルニアなど種類は多いですよね。ただヘルニアってどんなものか実際にかかってみないとわからないですよね。でもかかりたくないのが本音!今回がヘルニアとは何か、わかる方法はレントゲン?などまとめてみました。

15_03_08_20_12_08_1
野菜を食べないとどうなる?

野菜を食べないとどうなるのか?

あまり考えることがないかもしれません。

でもこの機会に一回見直してみませんか?

野菜不足がおこす健康への影響について・・・。

15_06_17_01_50_55_1
なぜか食後に吐き気と腹痛が!この原因は一体なに?

おいしい食事を終え、ほっと一息・・・と思ったら!吐き気と腹痛が!
こういうとき、どんなことが原因で吐き気と腹痛が起きるのでしょうか?
今回は、食後の吐き気と腹痛についてまとめてみました!

15_06_27_01_00_25_1
切迫流産について。その出血量

切迫流産ときくと流産と書いているので悲しいイメージが
ありますがじつは妊娠の継続が可能!
よく聞く言葉ですが、妊娠していない人からするといまいちピンとこないです。
今回はそんな切迫流産について。そして出血は関係あるのかまとめてみました。

15_04_02_21_15_44_1
精神疾患の症状で攻撃的になることについてのまとめ

精神疾患の症状のひとつで攻撃的な性格になってしまう事があるようです。

精神疾患症状の攻撃的になることについてまとめました。

15_06_08_01_11_48_1
斜視を手術する!入院は必要?

何でも手術ときくと入院が思い浮かびますよね?いまですと日帰り入院なんて言葉もあり、入院しなくても手術を受ける事が出来るみたいです。では、目に関することでも日帰りは可能なのでしょうか?今回は斜視をテーマに手術と入院が必要なのかまとめてみました!

15_04_13_18_44_18_1
イライラしてストレスがたまるとき・・涙が出てしまう人へ

ストレスがたまってイライラしてしまう。

そういう時ってありますよね?

無意識のうちに涙が出てしまうことも。

でも、それってもしかして・・・・。

不安になるあなたに、涙が出る理由と元気になる方法、ご紹介します。

15_03_20_19_21_12_1
スクワットでダイエット効果が出る期間は?

ダイエット方法の中にはスクワットもありますね?

でもどうすればいいのか?どれくらいの期間で効果が出るのか?

分からない点も多いと思います。

ここでは、スクワットをすることによってどれくらいで効果が出るのか

ご紹介しますね。

15_04_23_22_58_05_1
全身の関節で痛みがある症状が考えられる病気

全身の関節痛が痛むという症状がでると「いったい何の病気だろう?」

と不安になってしまいますよね。

原因が分からないでは困りますよね。ということでここではこの症状で考えられる病気について

ご紹介します。

15_03_20_20_09_31_1
つわり・・・夕方に出てくる頭痛に対処するには・・・

赤ちゃんが授かった喜び・・・けどその裏ではつらいつわりがありますよね。

その中でも夕方の頭痛がとてもつらいもの。

そのつらさ、ちょっとでも軽減したいというあなたに、

それらを軽減する方法をお話します。

15_05_16_02_01_43_1
心臓が痛い!呼吸したときに一体なにが!?

呼吸するときに心臓が痛むことはありませんか?
もし、万が一、呼吸すると心臓が痛む場合は要注意かもしれません!
心臓が痛む原因は?受診は必要なの?という疑問にお答えします!

ブリーチをしたときの頭皮のケアについて

この記事はおよそ 8 分くらいで読めます。

ブリーチ、パーマ、さらにはシャンプーまでも!

カラーリング、パーマ、ブリーチ・・・おそらく、これらが頭皮にとって良くないことは、皆様もご存じだと思います。事前に保護クリームを塗っても、ピリッとしたことのある方が大半を占めていて、それだけ多くの人が刺激を感じるほど強い薬品を使っていることは間違いありません。

もちろん、頭皮のことを考えればやらない方がいいのですが、カラーリングやパーマは身だしなみのひとつです。髪型を変えるだけで気分もがらりと変わるので、女性にとっては欠かせないものです。

とはいえ、やりすぎは禁物です。パーマやカラーリングは、自分でやるのではなく、必ずサロンで行い、ケアもしっかりしてもらいましょう。そのあとにセルフケアをしっかり行えば、パーマやカラーの持ちがよくなるので、頻繁に行う必要がなくなり、頭皮の負担を軽減させることができます。

また、普段のシャンプーが自分の肌の質にあっておらず、知らないうちに頭皮を弱めている可能性があります。たとえば、乾燥肌なのにも関わらず、洗浄力の強いシャンプーを使えば、頭皮から水分を奪うことになりますし、逆に油性肌なのにマイルドなシャンプー使っているせいで、脂が落としきれず、頭皮が弱ってしまうようなケースもあります。しっかり自分に合ったシャンプーを使うことも大切なことです。

引用元-スキンケア大学

今日の人気記事ランキング

ブリーチが髪に与える影響について

髪につやを出すための1つの方法として
染めることが挙げられます
なるべくダメージを受けたくない人に
おすすめなのはヘアマニキュアです

ヘアマニキュアは髪の表面を染める方法なので
傷みにくいのですただあまり色が持続しないため
何度も染める必要があります

ダメージから守るために
少々手間がかかってもいいという人は
ヘアマニキュアを試してみましょう

ヘアカラーは脱色をしたうえで
色をつけていく方法なので
ヘアマニキュアと比べると
ダメージは受けやすくなります

ですが色は長持ちするので
面倒くさがりの人にはヘアカラーがおすすめです

そして最もダメージを受けやすいのが
脱色をすることで明るい色にするブリーチです
ブリーチをするともともとあったつやが失われ
ぱさつきを感じるほどです

ブリーチをしたあとは
トリートメントなどをつかってダメージを
回復させることがとても重要です

特にダメージを与えやすいブリーチと
ヘアカラーを行ったあとは
つやを取り戻すためにも
日頃からヘアケアを心がけるようにしましょう

たとえばトリートメントをするときに
蒸しタオルを巻けばトリートメントの
効果をアップさせることができます

また乾かすときはスタイリング剤を使って
ドライヤーの熱から髪を守りましょう
なおときどきヘアサロンへ行って
トリートメントをしてもらうことをおすすめします

ブリーチやヘアカラーをすると
髪を以前のような状態に戻すのはなかなか大変です
つやを取り戻すためにも
たまにはプロの手を借りて
ヘアケアをしてもらうといいでしょう

引用元-ブリーチ後の髪のメンテナンス

髪以上に深刻なカラーリングによる頭皮へのダメージ

カラーリング後は頭皮もケアしないと、薄毛や抜け毛、白髪といった深刻な悩みの原因に

カラーリング後は頭皮もケアしないと、薄毛や抜け毛、白髪といった深刻な悩みの原因に
人の印象を大きく左右させる髪。ある調査では「顔立ち」や「体系」よりも重要という結果が出ているほど。

特に髪の色による影響は大きくカラーリングで立体感を出したり、明るくして髪のツヤ度をアップしたり、気になる白髪を隠したりと髪の色でイメージは大きく変わります。

オシャレには欠かせないカラーリングですが気になるのが髪や頭皮へのダメージ。カラーリングに使われる薬剤は年々進化していますが、美しい髪を保つためにはカラーリングを行った後、しっかりとアフターケアを行うことが大切です。

カラーの持ちを良くしたり、髪のダメージを押させる為に、専用のシャンプーやトリートメントでケアしている方は多いですが、意外と見落とされているのが頭皮のケア。

カラーリングによる頭皮へのダメージは、すぐに症状として現れるわけではありませんが、ほっておくと抜け毛や細毛、白髪といった深刻な悩みに繋がります。

髪は毎日伸びているのでダメージが酷くなっても切ってしまえばリセットできます。美しい髪を保つためにカラーリング後の頭皮ケアは髪のダメージケア以上に大切なのです。

知っておきたいカラーリングの種類とその影響
カラーリングは大きく分けて4種類の方法に分ける事が出来ます。カラーリングを行う前に、それぞれの特徴や髪と頭皮へのダメージを把握しておきましょう。

■1.ブリーチ(脱色剤)
髪を明るくする効果があるが色を入れるのではなく、脱色するための物で髪や頭皮へのダメージが大きい。
カラーリング方法:脱色
持続性:永久
髪ダメージ:かなり大きい
頭皮ダメージ:かなり大きい

■2.ヘアカラー(永久染毛剤)
脱色と染髪の両方を持つ薬品で髪を明るくしていきながら髪に色を入れていきます。ブリーチほどではないが髪と頭皮へのダメージは大きい。
カラーリング方法:髪の内部(コルテックス)に染まる
持続性:1〜3ヶ月
髪ダメージ:大きい
頭皮ダメージ:大きい

■3.ヘアマニキュア(半永久染毛剤)
爪のマニキュアと同じように髪表面を染めるので髪への負担はほとんどないが、頭皮や皮膚につくと取れにくく、数日は残ってしまうことがあり頭皮への負担が少しある。
カラーリング方法:キューティクルとコルテックスの一部
持続性:1ヶ月弱
髪ダメージ:ほとんどない
頭皮ダメージ:多少ある

■4.一時着色剤
顔料などの染料を髪表面に付着させるだけなので1回のシャンプーですぐに取れてしまうが髪や頭皮へのダメージはほとんどない。
カラーリング方法:髪表面に顔料を付着
持続力:1回のシャンプーで落ちる

引用元-All about

twitterの反応

 - 健康

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です