僕の私の話題まとめ

いつも気になるあんな事やこんな事をまとめています。

*

犬のトイレを手作りしてみよう。トイレのしつけ方

   

犬を家族の一員に迎えるのって楽しみですね。
でも一番大変なのはトイレのこと。
トイレも手作りして、きちんとしつけたいですよね。
ここではトイレを手作りする上での注意点についてご紹介します。

  こんな記事もよく読まれています

15_03_01_18_37_00_1
猫が噛む理由とその対処法

みなさんはどうして猫が噛むのか?その理由についてご存知ですか?
またその対処法についても知っておくとよいかもしれませんね。
ここでは猫がどうして噛むのか?また噛まなくなるようにするには?など対処法をまとめてみました。

15_04_23_23_00_00_1
猫の爪の除去について

猫が家のあちこちをひっかく。

猫にひっかかれて怪我をした

猫の爪の除去を考えたほうがいいのだろうかと悩むあなたに

ここでは猫の爪の除去についてご紹介します。

15_04_23_22_53_51_1
犬を吠えるのをやめさせるには・・・

家に新しい家族を受け入れることはなんだかドキドキしますね。

でも、訪問客に吠えるなどをやめさせたい。

そんな悩みもでてくるはず。

そんな悩みを解消するためにここでは犬の遠吠えに対するしつけ方について

ご紹介しますね。

15_04_23_23_02_40_1
猫も夢を見るの?

猫って夢を見てるのでしょうか?

そういう疑問ってありますよね?

見てるとしたら、どんな夢を見ているのか興味がありませんか?

ここでは、猫は夢を見るのか?見るとしたらどういった夢を見るのか?

ご紹介します。

15_04_02_19_43_48_1
猫の怪我と抗生物質

猫が怪我をしたとき、本当に心配ですよね?

一体どうすればいいのか?分からないときは病院に連れて行くしかありません。

猫が怪我をした場合の治療法をここではご紹介します。

15_04_02_19_41_05_1
子犬の散歩デビュー時期について

家の新しい家族として、犬を迎えるということは楽しみなことも多いですよね。

でも、よく考えてみれば、「お散歩デビューの時期っていつなんだろう?」

なんて考えることありませんか?

ここでは、散歩デビューの時期についてお話したいと思います。

犬 トイレ 失敗
犬がトイレを失敗!どうすればいいの?

家族の一員の犬がトイレを失敗して、

床やカーペットがぐちゃぐちゃ・・・

では、どうしてトイレを失敗するのでしょう。

どうすれば失敗しなくなるのか調べてみました。

15_03_17_19_43_24_1
猫の睡眠中の痙攣について

大事な家族である猫の睡眠中の痙攣は正常なのか、それとも病気なのか?猫の睡眠中の痙攣についてまとめました。

15_04_23_23_03_34_1
猫と遊ぶ時間はどれくらい?

せっかく家族の一員になったネコと遊びたいですよね。

でも、あまり遊びすぎて疲れたらかわいそうだし・・・。

どれくらい遊べばいいだろう?

と疑問に思うこともしばしばありそうですね。

ここではネコとどれだけ遊べばいいのか?ご紹介しますね。

犬のトイレを手作りしてみよう。トイレのしつけ方

この記事はおよそ 14 分くらいで読めます。

トイレを作る前にトイレ用品をチェック

犬用の寝場所とトイレ
最初のうちは、寝場所とトイレをサークルで囲むとよい。
子犬を迎える前に、すでに生活に必要なものは一式揃っているとは思いますが、おさらいをかねて、トイレトレーニングに必要なものをもう一度チェックしてみましょう。このグッズ選びが、トイレトレーニングがうまくいくかどうかのポイントになることもあります。

■犬用トイレ
子犬のうちは段差が低めのもののほうがベスト。場合によっては段差を嫌がることがあります。

■少し広めのサークル
写真のように、寝場所とトイレとが区切れるタイプのものだと、トイレの場所をより意識しやすくなるのでお勧めです。必ずしも必要というわけではありませんが、屋根付きであれば、子犬の飛び出しを予防もできるのでなおいいのではないでしょうか。

■トイレシート
オシッコで濡れたままだったりすると、トイレをすること自体を嫌がることがありますので、吸水性の高いシートを選びたいものです。シートの端からもれないか、逆戻りがないか、チェックするようにしましょう。いろいろなメーカーのものを試してみて、納得できるものを見つけてください。シートが滑ってしまってトイレをしたがらないということもありますが、そんな時にはテープなどでシートを動かないように止めてしまいます。

■消臭剤
トイレトレーニングには失敗・粗相がつきもの。匂いが残っていると、また同じところに粗相をしてしまうことがあります。しっかり匂いが消せて、安全なものを用意しておきましょう。

■防水シート、新聞紙など
その他、必要に応じて防水シートや新聞紙、タオルなどを用意してください。

引用元-All about

今日の人気記事ランキング

愛犬のための正しいトイレの作り方とその注意点

愛犬のためにトイレの場所を決めてあげたら、次は、そのトイレをしっかりと作って用意しなければなりません。

トイレの作り方には色々な種類がありますが、なるべく市販のものを使った衛生面や耐久性に優れたものを使う方法をおすすめしています。

簡単なものであれば、段ボールとペットシーツを使って作る方法があります。
とはいえ、やはりイメージでもわかるように、衛生面や耐久性という観点から見たら、市販のトイレトレーなどには及ばないので注意しましょう。

ポイントとなるのは、まずはトイレのサイズ

犬にトイレを作ってあげようと思った時、まずポイントとなってくるのがサイズです。

何が大切かというと、ぴったりなサイズを用意してあげるという点です。
大きすぎてもダメですし、小さすぎてもダメで、ちょうど良いサイズにしてあげるようにしましょう。

とはいえ、ぴったりなサイズってどんな大きさ?と思うかもしれませんが、これは犬がトイレに座った時に、3倍〜4倍の大きさ、すなわち、3匹〜4匹ほど分の大きさが良いという事になります。

トイレが小さすぎてしまうと、当たり前ですがリラックスできなくなってしまいます。
逆に、大きすぎると、ゆったりできる空間やスペースと勘違いしてしまい、トイレの中で寝てしまうなんて事もありえます。

そうならないためにも、小さすぎず、そして大きすぎないぴったりなサイズのトイレを用意してあげましょう。

犬の特徴に合わせたトイレにする事も必要

犬のトイレは、基本的に市販のものを使って作る事をおすすめしていますが、その市販のものでも、色々な種類が用意されています。

これは、その犬の特徴に合わせて作っていくために用意されているという事でもあります。

例えば、ペットシーツなどを使った場合、それをひっかいてしまう犬がいます。
そういう犬のために、網がついているトイレタイプも販売されています。

他にも、マーキングする犬のためのL字型タイプのトイレなどなど、様々なものが用意されています。

色々あるトイレの中から、自分の愛犬に最適でピッタリなトイレを作ってあげるようにしましょう。

引用元-犬のしつけ

犬のトイレを作りたいのですがどうすればいいのでしょうか?

犬の為にトイレを用意してあげることは飼い主の義務です。
手を抜かずにちゃんとしたトイレをちゃんとした作り方で用意してあげてください。

少し前までは、いや今でもいるのではないでしょうか、ダンボールとペットシーツで犬のトイレを作っている人が。

しかしこれはあまりおすすめできるトイレの作り方ではありません。
ダンボールとペットシーツでは衛生面でもよくありませんし、すぐに壊れる可能性がある為、その度に作るのにも手間がかかります。

おすすめの犬のトイレの作り方は、犬専用のトイレトレーを使った方法になります。
専用のトレーを使えば耐久性はもちろん掃除も簡単なので、衛生面でも問題がありません。

作り方もとても簡単ですから、すぐにでも実行することができます。
作り方のポイントとしては犬のサイズに合わせた物を用意するということです。

小さ過ぎれば落ち着いて排泄ができませんし、逆に大き過ぎると排泄以外にも利用する可能性があります。
飼っている犬の性格なども考慮しながら作り方を工夫してみることも必要なのではないでしょうか

引用元-犬のトイレの作り方は?

twitterの反応

 - ペット・動物

Comment

  1. マリリン より:

    外でトイレをさせる時、よそ様の家の門や、玄関前でさせるのは避けてきたのですが、ご近所から外でトイレをさせるなと言われてしまいました。
    前は川べりで散歩させていたので、そういう苦情も言われなかったけど、高齢犬なのでご近所で散歩させていたのですが、近所でもトイレの場所はとても気を使っていたのになあ・・・・・。その家の落ち葉の掃除もよくしてあげているのになぁ・・・・・。その家お宅は犬を飼っていないから仕方ないですね。このサイトでのトイレを参考に、自宅内に作ります。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です