僕の私の話題まとめ

いつも気になるあんな事やこんな事をまとめています。

*

健康診断で再検査・・・。肝臓に異常??・・・。

      2015/08/01

健康診断での再検査は不安ですよね。

調べてみました。

  こんな記事もよく読まれています

15_04_23_22_58_05_1
全身の関節で痛みがある症状が考えられる病気

全身の関節痛が痛むという症状がでると「いったい何の病気だろう?」

と不安になってしまいますよね。

原因が分からないでは困りますよね。ということでここではこの症状で考えられる病気について

ご紹介します。

15_04_02_20_46_41_1
【必読】アルコール 血圧低下レポート!

アルコールを飲むと血圧が低下する!?

お酒を飲むと逆に心拍数が上がって血圧が上がったように感じますが、実は

血圧を下げることもあるそうです。

今回はアルコールによる血圧低下についてまとめてみました!

15_03_13_22_35_36_1
小麦アレルギーの原因を探ろう。また治療法を知ろう!

あなたが日頃感じている体の不調が案外アレルギーからくるものだったりします。

小麦は特に卵、牛乳と同じで三大アレルギーの原因の一つになっています。

小麦アレルギーについて、ここで理解を深めてみましょう。

15_06_27_01_00_25_1
切迫流産について。その出血量

切迫流産ときくと流産と書いているので悲しいイメージが
ありますがじつは妊娠の継続が可能!
よく聞く言葉ですが、妊娠していない人からするといまいちピンとこないです。
今回はそんな切迫流産について。そして出血は関係あるのかまとめてみました。

wpid-2015_08_10_08_01_5.jpg
健康診断を受ける費用は個人だといくら?

会社員だと会社の費用で受けれますが、

主婦やフリーランスの方は個人で受けます。

その時の費用などを調べたみました。

15_05_31_00_46_45_1
走ると心臓が痛く感じる不思議

走ると楽しいですが、体の負担ってどうなのか気になるところですよね?ただ単に筋肉痛になっただけ?それともこの痛みはどこか体に大きな疾患が潜んでいる?心配になりますよね。こんかいは走るとき心臓が痛いのはなぜをまとめてみました。

15_03_08_20_06_21_1
月経の前のPMS 豆乳を飲んだら症状は軽くなる?

月経前のPMS,女性としてはつらいところです。

でも、健康にいいとされている豆乳には女性ホルモンと同じ作用のあるイソフラボンが含まれています。

ということで、PMSは豆乳を飲めばよくなるのかどうか、ここではご紹介します。

15_04_23_22_53_02_1
まぶたのヘルペスはうつるの!?

まぶたにできるヘルペスっていったいどんな病気?

気になりますよね?

うつるのか、うつらないのか?

なってしまったらどういう治療をするのかなどを含め、ご紹介します。

15_06_09_00_30_31_1
遠視の場合もコンタクトは処方されるよね?

遠視の人がコンタクトを使用しているイメージってあまりないですよね?
実際にコンタクトレンズも遠視用ってあるのか疑問。いざ作るとなったらすぐもらえるの?今回はそんな遠視とコンタクトレンズについてまとめてみました。

15_03_03_21_41_49_1
精神疾患の中の症状に攻撃的になるというのがある?

今現在、心の病気が増えているといわれています。

その中でも攻撃的になってしまうという症状が出る病気もあります・・・

攻撃になるという症状のある病気について・・・またその克服方法についてご紹介します。

15_06_25_00_35_31_1
ひじを骨折してしまった!リハビリ方法は?

ひじを骨折してしまったらどのように治すのか、
どんな治療方法があるのか分からないですよね。
リハビリはどんなことをするのか。
もしそうなってしまったら?
今回はそんなひじを骨折してしまった場合のリハビリ方法をまとめます。

15_05_28_01_52_49_1
妊娠初期の生理痛のような痛みの原因とは?

妊娠おめでとうございます。とはいえ、妊娠初期の痛みはつらい!
生理痛のような腹痛が続く方もいらっしゃるようです。
今回はそんな妊娠初期の生理痛のような痛みの原因をまとめてみました。

wpid-2015_07_23_09_40_3.jpg
メガネでの視力の限界とは!?もっと見えるようになるの?

メガネをかけるとよく見えるけど、

どこまで見る事ができる?2.0まで見えるようになるの?

今回はそんなメガネでの視力の限界についてまとめてみました。

15_03_20_20_31_26_1
急性胃腸炎の潜伏期間は?症状はどれくらい続く?

急性胃腸炎にかかると本当に大変ですよね?

本人はもちろん、看病する家族もとても大変です。

急性胃腸炎とはいったいどんな病気なのでしょうか?その他潜伏期間や症状が治まるまで

どれくらいかかるのかをここではお話します。

15_06_07_01_50_58_1
統合失調症での入院は一生続いてしまうものなのか?

統合失調症は病気ではなく、症候群と言われています。ひどい被害妄想により幻聴・幻覚を引き起こす場合が多く、
多くの場合の死因は自殺によるものといわれ、いまだ明確な治療法が確立されていません。
統合失調症は重度の場合、入院も必要となります。その場合は一生入院しなければならないのでしょうか?

15_06_17_01_50_55_1
なぜか食後に吐き気と腹痛が!この原因は一体なに?

おいしい食事を終え、ほっと一息・・・と思ったら!吐き気と腹痛が!
こういうとき、どんなことが原因で吐き気と腹痛が起きるのでしょうか?
今回は、食後の吐き気と腹痛についてまとめてみました!

15_04_13_18_44_18_1
イライラしてストレスがたまるとき・・涙が出てしまう人へ

ストレスがたまってイライラしてしまう。

そういう時ってありますよね?

無意識のうちに涙が出てしまうことも。

でも、それってもしかして・・・・。

不安になるあなたに、涙が出る理由と元気になる方法、ご紹介します。

wpid-2015_08_01_12_29_2.jpg
左胸の痛みがある男性の病気とは?背中の痛みもともなって

普段の生活で左胸や背中が

痛むことはありますか?

男性のQ&Aなど調べてみました

15_07_01_00_44_44_1
社会人の一人暮らしはどんな食事?

社会人で一人暮らしをすると気をつけないと食事面がおろそかになってしまうこともありますよね?
付き合いで急に食事や飲み会もしばしば。
今回はそんな社会人の一人暮らしでの食事の実態をまとめてみました。

健康診断で再検査・・・。肝臓に異常??・・・。

この記事はおよそ 41 分くらいで読めます。

健康診断の再検査、判定区分

健康診断結果における基準値は日本人間ドック協会のガイドラインをベースにしているため、基本的にはどの医療機関でも同じ数値です。
しかし、基準値から診断する判定区分は、健康診断を受ける病院やクリニック、加入中の健康保険組合、管理する自治体によって、かなり異なります。
判定区分は基本的には正常と異常ありに大別され、異常ありは「要経過観察、要精密検査、要治療」に分かれます。医療機関によってはさらに細かく分類する傾向も見られます。
例えば、都内にある健康診断を専門とするクリニックでは、結果をA~Hの8段階で判定しています。
区分 判定 説明
A 正常 今回の健診では健康上で特に問題となる異常はありません。
B 略正常 生理的変化を含む軽度の変化が見られましたが、健康上で特に問題となる異常はありません。
C 要経過観察 健康維持のために医師や保健婦のアドバイスを参考にして、生活習慣を改善していく必要があります。次回の健康診断で経過を見ていきましょう。
D 要医療 放置していると悪化する可能性が大きい状態です。1日でも早く受診し、医師の適切な指示を受けることで早期の回復が期待できます。
E 要精密検査 適切な対処法を確認するために精密検査が必要です。早めに検査をし、適切な対処を行うタイミングを逃さないようにしましょう。
F 要治療継続 主治医の指示の元、病気の経過を見ながらコントロールを継続し、悪化しないように日常生活にも注意します。
G 要再検査 健康診断の結果で異常がありましたが、他の値とのバランスが不釣合いです。念のためにもう1度検査しましょう。
H 要専門医受診 内科、外科、婦人科などの専門分野の医師を受診し、アドバイスを受けましょう。
A判定はまったく問題ありませんので状態を維持して、今後も加齢とともに体のメンテナンスに気を遣いたいです。
B判定は一時的な体調の変化が原因だったりします。次の健康診断では自然に基準値に収まることもありますが、悪化を防ぐためにも恒常的に体質改善を実施したい結果です。
C判定は確かに基準値から外れていますが、日常生活の改善でA判定になる可能性が高く、医師による診察や治療を優先するよりも時間の経過による変化を診ます。
D判定とE判定は病気を患っている可能性があるため、専門医の指示に従うようにします。F判定はすでに病気を治療しているときに記載されます。
G判定とH判定は健康診断では病気と断定はできる状態でないにしろ、異常が見られますので再検査が必要です。
自治体の健康診断は1~5の5段階評価

市区町村における自治体が実施する健康診断では「正常、要注意、要観察、治療中、要精検」の5段階で判定されるケースが見られます。
区分 判定 説明
1 正常 検査の範囲では異常を認めません。もしくはわずかな異常が見られますが、現在は病的と考える必要はないと判断され、日常生活に差し支えはありません。
2 要注意 異常が見られますが軽度です。日常生活に注意して、次回の健康診断までに様子を見てください。もし気になることや症状があれば、医師に相談しましょう。
3 要観察 異常が認められ、経過を観察する必要があります。自覚症状がなくとも3~6カ月の後に再検査を受けてください。
4 治療中 現在治療中の主治医の指示に従って、治療を続けてください。
5 要精検 異常が認められます。精密検査が必要です。放置せずに医師の診察を受けてください。
1のみが基準値内です。2は基準値外ですが、わずかに範囲を外れる程度で、生活スタイルの改善で正常に戻ると思われます。
3は再検査を受けるか、病院で専門医に相談してみます。4は治療中のため、主治医に結果を報告することにしましょう。
5は必ず精密検査を受けるようにしましょう。もし「来年まで様子を見よう」としてしまうと病気が進行してしまう場合があります。
健康保険組合の総合判定表は4段階評価

企業で健康保険に加入している場合、病院から受け取る健康診断の結果以外に総合判定表が配られることがあります。総合判定表は下記のようにA~Dの4段階で判定されることが多いです。
区分 判定 説明
A 異常なし 健康診断の結果、検査をした事典では特に病的な所見が認められません。ただし、将来への健康が保障されたわけではありませんので、日常の生活に留意してください。
B 経過観察 薬を投与する治療は不要ですが、日常生活の改善が必要です。次回の健康診断の結果で経過を見ます。
C 再検査
要精密検査 再検査は検査結果が本当に異常であるか、再現性を確認するためにもう1度行います。要精密検査はさらに詳しく検査を行い、病気の有無を確認します。
D 要治療 健康診断で異常が見つかり、明らかに病気と考えられるので治療、または指導が必要です。病気により3~6カ月の定期的な経過観察が必要な場合も含まれます。
A判定は健康な状態であり、B判定も様子見という判断で、すぐに医師による診察が必要なわけではないです。
C判定はその検査項目の数値に異常が見られるものの、他の検査項目と比較すると病気があるとは結論付けられない状態です。検査時に異物が混入したり、前日の食事の影響で特別に値が変化している可能性もありますので、再検査が望ましいです。
D判定は何かしらの病気が考えられますので、病院での診察を早めに受けましょう。恐らく、医師から処方箋が出される可能性が高いです。
また、A~Dの4段階ではなく、区分を「A、BF、C、G」としていることもあります。その場合はAが異常なし、または病的所見なし、BFが要再検査・要経過観察、Cが治療中、Gが要精密検査を意味します。

引用元-健康診断の判定区分は要経過観察や要再検査など4~8段階|メディチェ

今日の人気記事ランキング

肝炎ウィルスの検診とは

なぜ肝炎ウイルスの検診を受けた方がよいのか

肝がんの8割の原因となるC型慢性肝炎

C型慢性肝炎は、C型肝炎ウイルスの感染により肝臓に炎症が起き、肝臓の細胞が壊れていく病気です。放置すると肝硬変、肝がんへと進んでいきます。日本では毎年約3万人の方が肝がんでなくなっていますが、その8割にC型慢性肝炎が関係しています。

C型肝炎ウイルスは血液を介して感染する

C型肝炎は感染している人の血液が他の人の血液に入ることによって感染します。C型肝炎ウイルスが発見され、輸血のための血液や、血液を原材料とした製剤にC型肝炎ウイルスが混入しないような対策がとられたのは1990年代のはじめでした。このため、これより以前には輸血や血液を原材料とした製剤によって感染した方が多くいらっしゃいます。以下のようなことに当てはまる方は、輸血や血液を原材料とした製剤によって感染している危険性が高いとされています(現在は十分な対策が行われているため輸血や血液を原材料とした製剤による感染はありません)。

大きな手術、大量に出血するような手術を受けた
大量の出血をした(妊娠中、出産時、外傷、胃潰瘍・十二指腸潰瘍、食道静脈瘤など)
がん、白血病、肝疾患などの病気で「血が止まりにくい」と言われた
フィブリノゲン製剤を使った(フィブリン糊として使った場合も含む)
血液凝固因子製剤を投与された
臓器移植をした
長い間、血液透析を受けている
また、十分に消毒されていない針を使った入れ墨やボディピアス、薬物の濫用も感染の危険性を増やします。一方、思い当たる感染の機会がなかったにもかかわらず、C型肝炎ウイルスに感染している方もたくさんいらっしゃいます。 健康診断で肝機能検査の異常を指摘されながら肝炎の検査を受けていない方も、C型肝炎ウイルスに感染している可能性があります。

» 参考: 厚生労働省ホームページ

C型肝炎ウイルスに感染しても自覚症状がない

現在わが国にはC型肝炎ウイルスに感染している方が150〜200万人いると推測されていますが、このうち、かなりの割合の方が本人がウイルスに感染していることに気づいていないと考えられています。これはC型肝炎ウイルスに感染したり、慢性肝炎になっても、ほとんど自覚症状はなく、また肝機能の検査値にも異常がみられないことが少なくないためです。

早期に発見すれば、肝硬変・肝がんへ進むことを防げる

現在、C型慢性肝炎に対する治療法は進歩しており、早期に発見し、適切な治療を行えば肝がんの発症を防ぐことができるようになってきました。 C型慢性肝炎を、そして肝がんを撲滅するためには、C型肝炎ウイルスの検査を受けていただき、感染を早期に発見することが必要であり、現在、国の事業として検診や治療の推進がはかられています。

引用元-なぜ肝炎ウイルスの検診を受けた方がよいのか | 健診で肝機能が異常と言われた方 | C型肝炎 – 新しい治療、新しい可能性 –

肝臓の病気サインとは

3人に1人は肝機能検査に何らかの異常がある可能性! 急増する「肝障害」

 昔から「肝臓の病気=大酒飲みの病気」というイメージがありますが、今やお酒を飲まない人も安心してはいられません。“デスクワーク中心で運動不足”“外食が多い不規則な食生活”といった現代人ならではのライフスタイルのせいで、脂肪肝から肝炎などにかかる人が増加しているのです。
 人間ドック受診者の結果から、日本では3人に1人が肝機能検査に何らかの異常が見られていると言われています。これは、高血圧や耐糖能異常(糖尿病の前段階)よりも高い頻度です(図1)。ところが、そのうちの多くの患者さんは、病院を受診して治療を受けていません。これは看過できない状況です。なぜなら“沈黙の臓器”と呼ばれる肝臓は、ダメージを受けても症状が出にくいのが特徴。倦怠感や黄疸など何らかの症状が出て病院に行ったときには、すでに重症化して「肝硬変」や「肝細胞がん」になっていることも少なくないのです。
 まずは「脂肪肝チェック表」で、自分のライフスタイルを振り返ってみましょう。1コ以上当てはまるようなら要注意。すでに肝臓に余分な脂肪がたまり、働きが悪くなっているかもしれません。

引用元-肝臓の“病気のサイン”は健診で読み取れる!~キーワードは「ALT30」-QLife

ほうっておくと、文字通り「肝を冷やす」ことになる可能性も……

 長年にわたり過度の飲酒を続けていると、脂肪肝が炎症を起こして脂肪性肝炎となり、そのまま肝硬変へと進行するケースは珍しくありません。さらに、「そんなに酒を飲まないから肝臓に関しては心配しなくても大丈夫」なんて思っている方も要注意。運動不足や不規則な食生活など、ライフスタイルの乱れにより、非アルコール性脂肪肝炎(NASH:ナッシュ)を発症する可能性もあります。さらに、このNASHは約半数が進行性で、そのまま肝硬変や肝細胞がんになる危険性があるのです。
 文字通り「肝を冷やす」のは健康面だけではありません。例えば、生体肝移植をするためにかかる総診療費は約1000~1500万円とも言われています。高額療養費制度などの助成があるものの、それでも支払いは数十万~数百万円レベルです。さらに、そこまで重症化しない場合でも、肝臓の病気は「一度悪くなると、良い状態に戻しづらい」ものが多く、生活の質(QOL)の低下だけでなく、その金銭的負担も大きなものになります。
 このように、多くの現代人がその可能性をはらんでいる肝機能検査異常。手遅れにならないためにも、「病気のサインをいかに早く発見するか」が、何よりも重要といえるでしょう。

肝障害のキーワードは「ALT 30」

 肝臓の病気のサインを知る方法は、決して難しくありません。実は、毎年行っている健康診断での血液検査結果に、ちゃんと表れているのです。要チェックポイントは、肝機能検査に関する数値のひとつである「ALT:エーエルティー(以前の呼び名:GPT)」。ぜひ健診結果を確認してみて下さい。国(厚生労働省)では、特定健診においてALT値が30を超えた状態が「異常値」であると定めています(図2)。
 そもそもALTとは、体内でアミノ酸の代謝などで重要な働きをする酵素のことで、主に肝細胞に存在しています。ところが、何らかの異常で肝細胞が破壊されると、肝細胞内のALTが血液中に漏れ出してしまう。つまり、コレステロールや血圧のように将来の病気(脳卒中、心筋梗塞)を予測する生活習慣病の検査値と違って、ALT値が高いということは、今現在、それだけ肝臓が障害を受けているということを意味しますので、もっと重要視すべきです。

ALT異常が持続すると肝細胞がんの発生リスクも上昇

 もし、ALT異常が持続するとどうなるのでしょうか。ALTが漏れ出している=肝細胞の破壊が持続しているということなので、肝臓は肝細胞の再生を図ります。破壊と再生が繰り返されると、肝臓が線維化し、最終的には組織が硬くなって本来の機能を十分に果たせなくなる「肝硬変」へと進行する危険性があります。また、肝細胞の破壊が長期間繰り返されると、遺伝子異常を引き起こす可能性があり、「肝細胞がん」の発生リスクも上昇します。
 厚生労働省の研究によると、肝炎ウイルス感染者だけでなく、肝炎ウイルス非感染者においても、ALT値が30以上の人は肝がん(肝細胞がん)発生の危険性が高く、29以下の人と比べると30~69で6.5倍、70以上ではなんと60.5倍にも危険度が膨れ上がるといいます(図3)。
 自分の身を守るため、「ALT 30」というキーワードを必ず頭に入れておきましょう。

肝障害かな?と思ったらまずは専門医に相談を

 肝障害の治療には、まず「ライフスタイルの見直し」が必要です。肝臓に負担をかけないよう、低カロリーで栄養バランスのよい食事を心がけ、適度な運動を行います。そしてもうひとつが、「薬物療法」。医師の指導のもと、病状に合わせ薬を服用します。
 先にも述べましたが、肝臓は“沈黙の臓器”。健診結果だけで医療機関を受診するのは面倒だと思うかもしれませんが、自覚症状が出てからでは手遅れになるかもしれないのです。早期治療で肝硬変を予防すること、初期のうちに線維化を食い止めることが、身体的、金銭的な面で非常に重要なのです。また、専門医でしか処方できない薬もあるので、「もしかして」と思ったらまずは専門医を受診しましょう。
 繰り返しますが、「ALT 30」を超えたら注意信号。「ただの脂肪肝だろうから大丈夫」などとタカをくくらず、早めに専門医に相談してみてください。

引用元-肝臓の“病気のサイン”は健診で読み取れる!~キーワードは「ALT30」-QLife

肝機能で再検査!何科にいくのがいい?

肝機能障害でかかるべきは消化器内科

肝臓は、人間の臓器の中でも、食べ物の消化をサポートをする臓器です。

 

腸管のように直接食べたものを運んでいくわけではありませんが、そういった意味で、肝臓は消化器の一つです。

 

ですので、肝臓の病気の診断や治療を専門に行うのは、内科の中でも消化器内科になります。

 

健康診断で肝臓が悪いといわれた場合、一般的な内科であってもある程度の検査をしてもらえます。

 

しかし優先順位が高い診療科としては、消化器内科が一番に挙げられます。

 

肝機能障害って健康診断のどの検査でわかるの?

健康診断で、必須項目とされ、広く行われている肝機能検査は、採血での ・AST(アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ) ・ALT(アラニンアミノトランスフェラーゼ) ・γGTP(ガンマ・グルタミルトランスペプチダーゼ) の三つの値です。

 

健康診断の際に採血も受けたのであれば、結果表に上記の値が載っているはずです。それぞれ説明していきます。

 

AST

ASTは細胞が壊れると漏れてくる酵素です。多くの場合、肝臓の細胞の障害を反映しますが、筋肉、心筋、赤血球が壊れても上昇します。

 

ASTは、肝臓で炎症が起きて肝臓の細胞が壊れると上昇するので、肝臓に脂肪がたまる脂肪肝、お酒の飲みすぎのアルコール性肝炎を始めとして、慢性肝炎、急性肝炎、肝硬変など、多くの肝臓に関連する病気で上昇します。

 

ALT

次にALTですが、ALTも細胞が壊れると漏れてくる酵素です。ASTと似ていますが、厳密には上昇の仕方がASTと異なり、疾患の推定にも用いられます。

 

ALTが上昇する主な病気も、脂肪肝やアルコール性肝炎を始めとした、肝臓の細胞が障害をうける病気が多く含まれます。

 

γGTP

最後にγGTPですが、これは主に肝臓や胆のう、胆管の異常で上昇します。お酒の飲み過ぎの方はよく高いと注意される検査値の一つですね。

 

γGTPが上昇する主な病態として、胆汁の分泌が障害される肝内胆汁うっ滞、肝外胆管閉塞などが挙げられます。

 

これらの項目が異常と判定され、要精査となっていたら、消化器内科で上記のような病気がないかどうか、調べてもらう必要があります。

引用元-健康診断で肝臓が悪いと言われたら何科にいく?|肝機能異常の検査について

健康診断で再検査になり肝臓の数値が100くらいありました

彼氏が健康診断で肝臓の再検査になり、病院に行きました。肝臓の数値は100くらいあったので、超音波検査をしたら何でもないとの事。。。でも薬は出されて、12月に再度診察を受ける事に
超音波検査で異常が無いのに、薬を出されるってのはなんでしょうか?
先生からは、何の薬かという説明もなく。。。

異常がないのに、薬は飲みたくないです。。。
でも超音波検査で肝炎でも脂肪肝でもないのに、なんで数値が高いのでしょうか?

年齢は26歳です。

補足
ASTが80台で、ALTが100台です。
薬の種類は今手元にないので、夜に補足させて頂きます。

食生活は、私が彼氏の家にいる時は作ってます。それ以外はコンビニや牛丼です。

引用元-彼氏が健康診断で肝臓の再検査になり、病院に行きました。肝臓… – Yahoo!知恵袋

肝臓の数値・・・100とは「AST」「ALT」「γ-GTP」「ALP」どの数値が高いのですか?

薬をだされる・・・薬名は?手元にあると思いますので~

分かったら、補足でお願いします。

補足見ました
AST・・・基準値10~34単位→80台
ALT・・・基準値5~46単位→100台

ASTは肝臓に多い酵素です。肝臓が障害されて幹細胞が崩れると、血液中に大量に漏れ出すことから
基準値を超す場合は「肝臓病」が疑われます。ただし、ASTは、心臓の筋肉や骨格筋などにも多く含まれており
「心筋梗塞、筋ジストロフィ-、多発性筋炎」などでも数値が高くなります。そのため、ALTと比較して病気を推測します

ALTのほとんどは肝臓にあるため、ALTが高い場合は、だいたいは「肝臓に異常がある」と見当がつきます

AST、ALTともに150単位以下の軽い数値は「慢性肝炎、肝硬変、肝臓がん」などの疑いがあります

今の内に生活習慣(食生活や適度の運動)を見直されたら、数値が下がると思います

引用元-彼氏が健康診断で肝臓の再検査になり、病院に行きました。肝臓… – Yahoo!知恵袋

お酒を飲まない人も肝臓が弱ることある?

酒を飲まないのになぜ肝機能が弱るの?
 
お酒を一切飲まないのに、健康診断で再検査になったり
肝機能が低下しているといわれることがあります。
 
「肝臓=お酒を飲む人が心配するもの」というイメージが強いため、
とても驚かれることが多いようです。
 
でも、実は肝臓はアルコールだけではなく脂質の摂りすぎでも弱る臓器なのです。
 
お酒を飲まないのに肝機能に異常が現れる方の多くが
ファーストフードやお菓子を非常に好みます。
 
また、メタボ気味であったり肥満症であることも大変多いです。
 
ファーストフードやお菓子類には脂質と糖質が多く含まれており、
この2つは肝臓を使って処理されます。
 
その為、お酒を飲まない=アルコールを摂取しない場合でも、
脂肪分や糖分の多いものを摂取しすぎると肝臓が弱ってしまうのです。
 
また、コンビニやスーパーのお惣菜・お弁当類に多く含まれている
食品添加物・保存剤も肝臓に負担をかけます。
 
忙しくて自炊ができない方はこうした食品を摂る機会が増えてしまうので、
思い当たる場合は一度肝臓のチェックをしたほうが良いかもしれません。
 
肝臓は食生活の影響をとても強く受ける臓器です。
 
肝臓を悪くしてしまうのも食生活ですが、
逆にいえば肝臓の回復は食生活の改善で叶うものです。
 
肝臓に良い食べ物はダイエットにも効果的なものが多いので、
健康な体を作る為に積極的に食生活を見直したいですね。
 

引用元-酒を飲まないのになぜ肝機能が弱るの?

まとめ

健康診断は自分でもわからない体の状況を知ることが出来る大切なもの。

再検査は不安ですが、必ず受診して健康な日々を過ごしたいですね。

twitterの反応

 - 健康