僕の私の話題まとめ

いつも気になるあんな事やこんな事をまとめています。

*

アメリカの大学で卒業する!アメリカの大学を卒業するには?

      2015/07/25

アメリカの大学は入学するのは優しいが

卒業するのは難しいと聞きますが、実際のところは?

今回はそんなアメリカの大学事情についてまとめてみました。

  こんな記事もよく読まれています

wpid-2015_07_09_10_08_3.jpg
高校生で部活をやめる人はどれくらいいるのか?

高校生になると「受験勉強」や「アルバイト」などの理由から、部活をやめる人が目立っている現代。

では一体どれくらいの人が「やめたい!」と思っているのか、

その現実をまとめてみました。

wpid-2015_07_11_08_33_2.jpg
習い事の先生、好きじゃなければ長続きしない?!

習い事って昨今幅広いジャンルで世に溢れていますよね。

ダンスやスポーツなど体を動かすものから勉強、音楽、陶芸、手芸など様々です。

子どもから大人まで習い事をする年齢も全世代においていらっしゃると思います。

そんな習い事の先生が好きか嫌いか、先生との相性は重要なポイントかもしれません。

wpid-2015_07_15_01_37_7.jpg
高校の部活動で「転部」した経験のある人はどのくらいいるのか?

高校生にとって「部活動」は青春でもあり、学ぶべきことも沢山あるはず。

ですが、就職や進学を控えたハードなスケジュールに耐え切れず「転部や退部」を検討する生徒さんも少なくないでしょう。

そこで今回は「転部」した、又は「転部を検討している」生徒さんは一体どのくらいいるのか、調べてみました。

wpid-2015_07_15_10_00_5.jpg
高校時代に部活で弓道をやっていた人の感想まとめ

高校生になると「部活は何にしようか?」迷う方も少なくないはず。

そこで今回は、最近特に「入部したい!」と話題の

「弓道部」についての情報をまとめてみました。

wpid-2015_07_11_08_33_4.jpg
大学の講義をさぼるとどうなるの?大学の講義システムを解説

大学の仕組みって通ってみないとよくわからないですよね。

でも「今日講義をさぼる」とか聞きますよね。

実際には本当にそれ出来るの?やっちゃいけないんじゃ…なんて思いますよね。

今回はそんな大学の講義をさぼることについてまとめてみました。

高卒 就職 志望動機
高卒で就職希望者必見!!使える志望動機の書き方!!!

就職活動には志望動機が必須ですよね。

どんなことを書いたらいいのか?

就職にあたりどんな心構えが必要かなど調べてみました。

wpid-2015_07_09_10_08_2.jpg
子供の工作!万華鏡を作る

万華鏡ってキレイですよね。

今では自由研究用の工作キットでも売っているのですが、

調べてみると意外と家で材料をそろえる事ができるものも。

今回はそんな万華鏡について仕組みからまとめてみました。

wpid-2015_07_15_01_37_6.jpg
高校の部活動に、保護者が介入するのは当たり前!?

近年では高校の部活動に「保護者会」などといった、

保護者が関わる活動が増えてきている傾向にあります。

それに対して保護者側は一体どう思っているのか、詳しくまとめていきたいと思います。

大学 推薦 成績
希望の大学に推薦入試で合格!成績アップ術!!

推薦入試が始まる季節になりましたね。

AO入試・推薦入試などなど受験スタイルが増えてきて選択の幅が広がってきましたが合格するにはやはり成績必要です。

ここでは、推薦入試の基礎知識や成績アップ術など調べていきたいと思います。

数学 高校 勉強
数学が苦手な人必見!!高校での勉強法!!

数学は好きですか?嫌いですか??

ここでは高校数学の勉強法を調べてみました。

子供 工作 フォトフレーム
子供でも作れる工作!フォトフレーム

子供でも作れる工作ってたくさんありますよね。

その中でも常に飾れるものといったらフォトフレームですよね。

今回はそんなフォトフレームの作り方。子供でも作れるものをまとめてみました。

大学 勉強 やる気
大学受験勉強、やる気をだすには?!

大学受験勉強、やる気が出なくてはかどらないー!と嘆いている人も多いはず。

そんな受験勉強のやる気がなくなる原因から

やる気を呼び起こす方法まで調べてみました。

wpid-2015_07_25_10_31_3.jpg
大学の部活を退部するには?退部するためのプロセスを解説

部活を退部するのは勇気が要りますよね。

辞めるといっても手続きも必要だとは思います。

今回は特に大学での部活の退部方法をまとめてみました。

15_07_06_00_08_05_1
子供の工作でアクセサリーを作る

子供の自由研究で工作を作ることもしばしば。

毎年何を作ったらいいのか迷いますよね?他の子とかぶってしまうなんてことも。

今回は子供の工作でアクセサリー作り。どんなものがあるのかまとめてみました。

wpid-2015_07_09_10_08_4.jpg
高校時代に部活で弓道をやっていた人の感想まとめ

高校生になると「部活は何にしようか?」迷う方も少なくないはず。

そこで今回は、最近特に「入部したい!」と話題の

「弓道部」についての情報をまとめてみました。

アメリカの大学で卒業する!アメリカの大学を卒業するには?

この記事はおよそ 21 分くらいで読めます。

アメリカの大学とは?どんな学校?

アメリカの大学はハーバード大学に始まり、リベラルアーツ・カレッジとして創立されました。国家をつくりあげていくにあたって、幅広い知識・教養を身につけ、バランスがとれた視野をもち、リーダーシップをとれる人を育てる教育を、リベラルアーツ・カレッジでは行ってきたのです。

学生一人ひとりの自由な探究心を広げ、可能性を引き出しながら、全人的な教育をするのがリベラルアーツ・カレッジの特徴で、これはアメリカの大学教育の大きな目的であり存在意義でもあります。

もともとリベラルアーツ・カレッジとして設立された大学のうち、年月を経て大きな総合大学になったものあります。ハーバード大学はその代表的なものです。

一方で、伝統を守ってリベラルアーツ・カレッジとして留まっている大学もたくさんあります。たとえばAmherst Collegeというリベラルアーツ・カレッジは、小さいながらも200年近い伝統を誇り、アメリカ大統領をはじめ多くの著名人を送り出しています。かつては内村鑑三や新島襄などが学び、新島襄がこの大学をモデルにして同志社大学をつくったのはよく知られています。

いまでは全米に約600のリベラルアーツ・カレッジがあります。うち9割が私立で、いずれも研究よりも「教育」に力を入れています。ほとんどは寮制で、大自然に囲まれたキャンパスをもち、大学全体が一つのコミュニティとして機能しています。在学生数は500人~3000人くらいで、小規模であることによって、学生一人ひとりへの指導が行き届いているのが大きな特長です。

引用元-アメリカの大学の種類 | 大学留学 | 栄 陽子留学研究所

私立総合大学の多くはもともとリベラルアーツ・カレッジから始まり、年月を経てメディカルスクール(医科大学院)やビジネススクール(経営学大学院)、ロースクール(法科大学院)などを加えて大きな総合大学に成長していったものです。ハーバードやイェール、スタンフォードなど日本によく知られている名門大学の多くが私立総合大学です。大学での教育よりも大学院での教育研究に重点が置かれているのがリベラルアーツ・カレッジと大きく異なるところです。

総合大学の中に一つの大きな学部として「College (School) of Arts and Sciences(CAS)」というものがあり、教養学部と訳されますが、ここが創立当初からあるそもそものリベラルアーツ・カレッジです。つまりリベラルアーツ・カレッジにさまざまな専門学部・大学院課程が加わって大きな大学となったのが総合大学です。CASはその心臓部といえるでしょう。ハーバード大学でいえば、Harvard CollegeがこのCASにあたります。

引用元-アメリカの大学の種類 | 大学留学 | 栄 陽子留学研究所

州の住民であればだれでも望めば入学させ、実社会で必要となる職業訓練をする二年制の公立大学がコミュニティ・カレッジです。第二次世界大戦に参加していた兵士がたくさん帰国して、仕事が不足し、また技術の発達とともに単純労働の仕事が少なくなったため、多くの貧しい人や学歴の低い人たちへの教育と職業訓練の必要性が高まったことが、コミュニティ・カレッジが発展した大きな原因です。州に住む人に対しては、学費はまったくの無料か、無料に近いということにも、「望めばすべての人に教育を」という考えが反映されています。

コミュニティ・カレッジは、職業訓練校とカルチャースクールが入り混じったようなもので、日本の短大とは異なります。高校を出ただけでは就職がむずかしいので職業訓練を受けたい人、四年制大学に行くには学力や資力が十分でない人を受け入れていて、レベルの高いコミュニティ・カレッジというものはありません。

コミュニティ・カレッジを卒業すれば準学士号(Associate Degree)を得られます。またその州の四年制州立大学への編入制度も整っています。とはいえ四年制大学への編入は、なかなか簡単にはいきません。というのもコミュニティ・カレッジの教育レベルが低い、あるいは職業訓練に傾きすぎているために、編入先の四年制大学では自大学の卒業単位として認めないケースが多いからです。コミュニティ・カレッジに入学した学生のうち、6年以内に学士号を得たのは15%というデータ(2012年)もあります。学費が安いという理由のみでコミュニティ・カレッジに留学する人は少なくありませんが、以上のような事情をよく理解しておく必要があります。

引用元-アメリカの大学の種類 | 大学留学 | 栄 陽子留学研究所

今日の人気記事ランキング

アメリカの大学に入学する

アメリカには全国一斉の入学試験がありません。また個々の大学や学部が入試を設けることもしていません。そのような一発かぎりの試験を設けるのではなく、書類審査によって一人ひとりの出願者をさまざまな観点から評価して合否を決めています。その基準も大学によって一律ではありませんので、偏差値も存在しません。

 アメリカの大学は出願者を評価する際に、おもに6つの重要な要素を考慮します。これは“The Significant Six”と呼ばれています。その6つを挙げましょう。

1). 学校の成績
2). エッセイ
3). 推薦状
4). 課外活動
5). テスト
6). 面接
 アメリカの大学は、ある1つの要素だけで合否を決めるのではなく、上の6つの要素をまんべんなく考慮して、総合的に合否を判断します。

 これら6つの要素すべてにおいてすぐれた評価を得られれば、入学のチャンスは大きくなり、志望大学の選択肢も増えることになります。またいずれかの要素が劣っていても、他の要素が高い評価を得られれば合格の可能性は高まります。

引用元-アメリカ留学の情報収集 アメリカの大学の入学基準 | アメリカ大学ランキング

アメリカの大学への通い方

一つには、アメリカの大学には州をまたいで全米から学生が集まるということ。
当然ながら「自宅通学」などできません。(東京の大学も同じでしょ)

また、たとえ州内から通う学生でも、日本と違ってアメリカの国土(州)の広さを考えてみてください。
広大な大学のキャンパス(おまけにほとんどが郊外にある)まで通える範囲内に自宅がある学生はほとんどいないでしょう。

もう一つは、アメリカでは高校卒業と同時に家から自立する考えが多いです。
高校卒業のプロムが日本の成人式と同じ意味合いを示すとおり、親の世話にはならないのです。
(金銭的にも、奨学金などで学費を賄う人がほとんど)

また、多くの私立大学(主に小さな大学)では全人教育も含めた「全寮制」が規則になっている場合が多いこと。
州立大学の場合は、「1年次生のみ寮生活を原則とする」場合が多いです。
大学で協調性やリーダーシップを学ばせるためです。(日本よりもアメリカの大学はリーダーシップの重要性が高い)

しかし、州立大学の場合は、2年次以上はほとんど寮生活はしませんよ。
実際に寮の収容人数は数千人でしかないし(州立大学はほとんど2,3万人規模)、1年生や家族持ちなどしか収容し切れませんから。

大半の学生は、2年次になると、動物園のような寮を出て大学近くにアパート暮らしがほとんどです。
アパートといっても日本のようなビルではなく、1件家を数人でシェアするシェアハウスのことです。
大学付近には、こうした学生向けの家がたくさんあります。
礼金敷金はありません。

引用元-なぜアメリカの大学は、自宅通学者が少ないの?ほとんどの人が大学寮暮… – Yahoo!知恵袋

アメリカの大学で卒業する

アメリカでは大学の卒業率は50%を下回ると言われています。
しかも6年以内に卒業する割合ですので、いかに卒業が難しいことか想像できると思います。
卒業率の低さは「勉強しているか、していないか」に尽きます。

勉強をせずに卒業できるほどアメリカの大学は甘くありません。
優秀な成績で卒業していく学生は、朝早くから夜遅くまで、
試験の前であれば夜を徹して勉強しています。

この勉強は授業に参加するための予習や復習、レポートや宿題の作成などです。
こういった勉強をしっかり行っていないと授業に参加することができなくなります。
逆に言えば、一生懸命勉強して授業に参加していれば、
試験で何度か失敗したとしても卒業までこぎつけます。
努力は報われますので、逃げずに勉強してください。

日本には「落第」という制度がありますが、アメリカには「落第」はなく、
即「退学」ということになります。

引用元-アメリカ留学の意義:米国大学スカラーシップ協会

アメリカの大学を卒業しました。日本に帰ったら大卒?

別の方が解答されている様に文部省的には米国の大学を卒業しても”大卒”になりません。
問題は採用する”企業”が質問者様の努力と経験を”大卒”と認識するかどうかの問題です。

10数年前に米国で大学を卒業し、日本で就職活動を行った際の経験では、90%の一般企業は米国大学卒を大卒と認識しましたが、一部は”文部省が認めていないので、高卒扱いとなります”との見解でした。

引用元-アメリカの大学を卒業しても、日本では大卒にならない!? – その他(学校) | 教えて!goo

twitterの反応

 - 学校・勉強