僕の私の話題まとめ

いつも気になるあんな事やこんな事をまとめています。

*

高校の部活動に、保護者が介入するのは当たり前!?

      2015/07/17

近年では高校の部活動に「保護者会」などといった、

保護者が関わる活動が増えてきている傾向にあります。

それに対して保護者側は一体どう思っているのか、詳しくまとめていきたいと思います。

  こんな記事もよく読まれています

wpid-2015_07_11_08_33_4.jpg
大学の講義をさぼるとどうなるの?大学の講義システムを解説

大学の仕組みって通ってみないとよくわからないですよね。

でも「今日講義をさぼる」とか聞きますよね。

実際には本当にそれ出来るの?やっちゃいけないんじゃ…なんて思いますよね。

今回はそんな大学の講義をさぼることについてまとめてみました。

wpid-2015_07_25_10_31_3.jpg
アメリカの大学で卒業する!アメリカの大学を卒業するには?

アメリカの大学は入学するのは優しいが

卒業するのは難しいと聞きますが、実際のところは?

今回はそんなアメリカの大学事情についてまとめてみました。

wpid-2015_07_15_10_00_5.jpg
高校時代に部活で弓道をやっていた人の感想まとめ

高校生になると「部活は何にしようか?」迷う方も少なくないはず。

そこで今回は、最近特に「入部したい!」と話題の

「弓道部」についての情報をまとめてみました。

子供 工作 フォトフレーム
子供でも作れる工作!フォトフレーム

子供でも作れる工作ってたくさんありますよね。

その中でも常に飾れるものといったらフォトフレームですよね。

今回はそんなフォトフレームの作り方。子供でも作れるものをまとめてみました。

数学 高校 勉強
数学が苦手な人必見!!高校での勉強法!!

数学は好きですか?嫌いですか??

ここでは高校数学の勉強法を調べてみました。

wpid-2015_07_15_01_37_7.jpg
高校の部活動で「転部」した経験のある人はどのくらいいるのか?

高校生にとって「部活動」は青春でもあり、学ぶべきことも沢山あるはず。

ですが、就職や進学を控えたハードなスケジュールに耐え切れず「転部や退部」を検討する生徒さんも少なくないでしょう。

そこで今回は「転部」した、又は「転部を検討している」生徒さんは一体どのくらいいるのか、調べてみました。

wpid-2015_07_09_10_08_3.jpg
高校生で部活をやめる人はどれくらいいるのか?

高校生になると「受験勉強」や「アルバイト」などの理由から、部活をやめる人が目立っている現代。

では一体どれくらいの人が「やめたい!」と思っているのか、

その現実をまとめてみました。

大学 勉強 やる気
大学受験勉強、やる気をだすには?!

大学受験勉強、やる気が出なくてはかどらないー!と嘆いている人も多いはず。

そんな受験勉強のやる気がなくなる原因から

やる気を呼び起こす方法まで調べてみました。

wpid-2015_07_09_10_08_2.jpg
子供の工作!万華鏡を作る

万華鏡ってキレイですよね。

今では自由研究用の工作キットでも売っているのですが、

調べてみると意外と家で材料をそろえる事ができるものも。

今回はそんな万華鏡について仕組みからまとめてみました。

wpid-2015_07_09_10_08_4.jpg
高校時代に部活で弓道をやっていた人の感想まとめ

高校生になると「部活は何にしようか?」迷う方も少なくないはず。

そこで今回は、最近特に「入部したい!」と話題の

「弓道部」についての情報をまとめてみました。

15_07_06_00_08_05_1
子供の工作でアクセサリーを作る

子供の自由研究で工作を作ることもしばしば。

毎年何を作ったらいいのか迷いますよね?他の子とかぶってしまうなんてことも。

今回は子供の工作でアクセサリー作り。どんなものがあるのかまとめてみました。

wpid-2015_07_11_08_33_2.jpg
習い事の先生、好きじゃなければ長続きしない?!

習い事って昨今幅広いジャンルで世に溢れていますよね。

ダンスやスポーツなど体を動かすものから勉強、音楽、陶芸、手芸など様々です。

子どもから大人まで習い事をする年齢も全世代においていらっしゃると思います。

そんな習い事の先生が好きか嫌いか、先生との相性は重要なポイントかもしれません。

wpid-2015_07_25_10_31_3.jpg
大学の部活を退部するには?退部するためのプロセスを解説

部活を退部するのは勇気が要りますよね。

辞めるといっても手続きも必要だとは思います。

今回は特に大学での部活の退部方法をまとめてみました。

wpid-2015_07_11_08_33_5.jpg
大学の部活の先輩関係とは?大学の部活を楽しむ5つの方法!

大学にも部活がありますが、

大学は自由なイメージだけど先輩後輩の上下関係はどうなのでしょうか?

今回はそんな大学の部活。

先輩後輩の関係についてまとめてみました。

大学 推薦 成績
希望の大学に推薦入試で合格!成績アップ術!!

推薦入試が始まる季節になりましたね。

AO入試・推薦入試などなど受験スタイルが増えてきて選択の幅が広がってきましたが合格するにはやはり成績必要です。

ここでは、推薦入試の基礎知識や成績アップ術など調べていきたいと思います。

高校の部活動に、保護者が介入するのは当たり前!?

この記事はおよそ 17 分くらいで読めます。

Q.高校の部活での「父母会」に、保護者は必ず出なければならないのか?

息子が高校で野球部に入りました

父母会というものがあり試合のある土日にお茶当番に出るように言われましたが私は土日は仕事がありどうしても出る事ができません

でも半強制的に出るように言われました

そもそも部活の父母会って何ですか?

そしてお茶当番は無理でも何か対策とって絶対出なくちゃいけないんですか?

仕事で出られないっていうのは許されないんですか?

それじゃあ土日に仕事している家庭の子供は父母会がある部活には入るなって事ですか?

ちなみに私の仕事は免許が必要な技術職なので代わりになる人はいません

ダンナも同じく一緒に働いているのでダンナが代わりに行く事もできません

引用元-高校の部活の父母会って – 社会・職場 | 教えて!goo

今日の人気記事ランキング

A.高校の運動部は「保護者会」などの活動が盛んなので、無理なら「辞めさせる」べき

こんにちは
うちの子も中学でサッカー部に入ったのですが
父母会がヤルキです。
私達は体育会系ではないので、父母会に行ってもドン引きしてます。
しかも、自営業だし、休みは何とか日曜にあるけど
現在子供は夏休みなので、練習をたまには見に行って・・・だの
市内の試合も送り迎えしろだの。
土曜に開会式がどこそこであって、その後、試合は別の場所に移動。
1年で試合に出るわけでもないのに、その送り迎えをしろとかムリ。
他にも兄弟が居るので、その子の行事だけに関わる事も出来ません。

なので、送り迎え必須でこちらが対応ムリな試合は休ませる。
誰かが同乗させてくれるなら出す。自転車で行ける所は行かせる。
話し合いの時、出来ない。旨は伝える。です。
しかも、塾で抜ける子は試合に出さない方針らしいので
万年補欠決定です。
ラインズマンとかさせられるみたい。
子供が出るわけでもないのに、応援とか行かないでしょ。
先日なんて、雨の中、応援している方も傘さすな!と言われているのでずぶ濡れ。
翌日子供は発熱したのに、
お母さんだけは試合の手伝いに行ったとか。
バカじゃないの?と思います。

純粋に関係ない他の方から言われたのは、
先生も別に給料出るわけでも無く、子供を預けてるんだから
親が協力しないと!
子供を学校に捨てたらアカンよ。
それに出る親だけに負担がかかるでしょ。

まあ、一理あるんですが、
公務員や専業主婦で一人っ子なら良いけど
共働きの子沢山庶民には難しいことです。
サボって出ない人に、半強制されてると思っていいのでは?
担当の先生に相談して、土日以外で何かお手伝いできますか?って聞いてみては?
その辺りで納得してもらうしかないですよね。
私は、体を壊す前に辞めさせる気マンマンですが。

私的には、スポーツを楽しめる第2の部活があっても良いな~と思います。
皆が皆、甲子園に行けたりプロになれるような才能が溢れた子達でもないんだから
親に負担をかけない程度に好きなスポーツを
放課後、好きな者同士で出来たら良いのにね。
服だって最初は体操服でもいいじゃん!!
何で、色々な人が居るのを認めないかねえ・・・
っていうか、優勝目指してない部活もあっていいでしょ。

引用元-高校の部活の父母会って – 社会・職場 | 教えて!goo

Q.高校の部活について。保護者の援助は必要なのでしょうか?

高校生の息子がいます
運動部に所属していますが保護者の援助が必要とされています
金銭的な援助は仕方ないと思うのですが試合の度に「お手伝い」が必要です
氷や飲み物等の準備です
正直言って高校生の息子の活動の場に母親が出て行くというのに違和感を強く感じます
勿論息子の事は大切に考えているし援助もしたい気持ちはあります
しかし息子の「男の世界」(これは私が勝手に考えているのかも)に親がのこのこ出て行きたくないのです
周囲の母親達がこの「お手伝い」をしているのに(全員ではありませんが)自分だけしないというのも気が引けるし皆さんにこの私の気持ちを話す勇気もありません
「飲み物や氷の準備くらい自分達でできるんじゃ?」と思えて仕方ありません
ひんしゅく覚悟で黙って参加しないようにしようかとも考えたり勇気がないので我慢して「お手伝い」に参加すべきか悩んでいます
皆さんの幅広いご意見をお願いします

引用元-高校生の息子の部活に母親が出たくない : 家族・友人・人間関係 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

A.最近の高校の部活動は間違ってる。手伝う保護者がいるから更に悪循環になる。

私は中学生の息子がおります。

サッカー部に入っていて、親の手伝いありです。
「中学でも親を使うのか!」と思ってたのに、高校生になってまであるなんて・・・。
このトピを読んで正直がっくりきました。

中学では、先生のお弁当の用意までしているようで、納得いかないです。
子供自身も来られるのを凄く嫌がってます。
高校生ともなると、なおさらでは?

でも、保護者の中には「先生はやってくださってる!」とか、
「子供たちが可哀想!」と訴える人が居るらしいので、無くすことは難しいでしょうねぇ。。。
保護者全員一致で「無くしましょう!」となるのが一番なのですが。。。

参加されてる方には悪いですが、私は参加しないですね。
ぽん太郎さんと同じく、飲み物くらい自分でやれ!・・・と思ってます。

引用元-高校生の息子の部活に母親が出たくない : 家族・友人・人間関係 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

まるで「狂気の沙汰」?高校の「部活サポート」に奔走する保護者たち

野球強豪校として知られる都内私立高校の元部員の母親(47)は、父母会の宴会で「異様な光景」を目の当たりにした。

「1年生の親は、監督や2、3年生の親にお酌したり、注文を取ったりして座ることもできない状態でした。ふんぞり返った若い親に年配の親がペコペコ頭を下げていて驚きました」

 試合の采配を握る監督の接待も親の役目だ。宴会後は監督のためにタクシーを呼び、ドアを開け閉めして見送る。個人的にお歳暮や心付けを渡している親もいた。親のボーナス時になると、練習道具や栄養補助食品など数十万円の商品の業者説明会まであり、購入した子は監督の特別指導を受けられることもあった。レギュラー入りのためにどこまでやるのか。親同士が連絡を取り合い右往左往するという。

「子どもが甲子園で活躍することだけを目指し、小さいころから時間もお金もかけてきた親たちは、子どもよりも追い詰められている。傍から見れば狂気の沙汰かもしれませんが、親が悪いと一言では片付けられない。常識的な感覚でブレーキをかけられる指導者が必要なのです」(元部員の母親)

引用元-まるで「狂気の沙汰」? 部活サポートに奔走する親 〈AERA〉|dot.ドット 朝日新聞出版

保護者が介入!?異常としか思えない、日本の高校の部活動

体育系の部活の場合、しょっちゅう他校との試合がある。だからどうしても試合に勝つということが目標になる。なんでも勝つことがよいとされ、試合に向けてひたすら練習をさせられる。勝利至上主義は今も根強い。そんなに試合で勝つことが大事なのだろうか? 楽しめれば負けたっていいじゃないかと思うのだが、そういうことにはならないらしい。なんでもっとスポーツを楽しむというスタンスを保てないのだろう。

 ところが、これを異常だと思わない親が大半なのだ。頑張れることがあるのはいいことだ、という考えらしい。で、休みの日の部活の送迎も当たり前だと思っている。子どもたちも、勉強より部活が楽しいから、部活のために学校に行くも同然という生徒すらいる。だから、部活漬けの毎日でもみんなそれが当たり前だと思っている。

 部活そのものを否定するつもりはないのだが、日本の部活はあまりに異常なことだらけだ。それを異常だとも思わない教師や親も異常としか思えない。部活自体が異常なのだから、その異常の中で教師による体罰も黙認されたり見逃されてしまうのではないか。また、生徒が部活にばかりのめりこむ背景には、授業そのものが面白くないということもあるのかもしれない。受験、受験で追い立てられ、詰め込むだけの勉強ばかりさせられていたなら、そうなるのも不思議ではない。

 いちど定着してしまった部活動のあり方を大きく変えるのは難しいのかもしれないが、せめて部活への参加の自由を保障し、内申書と切り離し、活動時間も見直すべきだ。勝利至上主義になってしまうのは学校や教師の責任も大きい。無理なく楽しんで取り組むというのが本来の部活だと思う。

引用元-異常としか思えない日本の中学、高校の部活動: 鬼蜘蛛おばさんの疑問箱

まとめ

以上のことから、高校での部活動の在り方に、不満を持つ保護者たちも大勢いらっしゃる様子。

確かに運動部では「優勝すること」も大切ですが、それよりも大切なのは「お子さんの健康」と

「部活そのものへの興味・関心」ではないでしょうか?

近年では保護者側も必死になって「子供のため」と頑張っていますが、

保護者側としては「最低限の手助けのみ」してやれば良いのではないか?そう感じました。

twitterの反応


https://twitter.com/Amireitoujours/status/614241760479305728

 - 学校・勉強