僕の私の話題まとめ

いつも気になるあんな事やこんな事をまとめています。

*

38歳、女性の仕事と生き方!まだまだこれからなあなたへ!

      2015/07/16

38歳という年齢を重ねてきた女性が

仕事に対することや生き方などについて

調べました。

  こんな記事もよく読まれています

15_06_08_00_49_16_1
バイトのシフトの断り方!どうしても休みたい!まとめ

バイトのシフトを断りたい時ってありますよね?例えば、バイトのシフト交換を急に頼まれてしまったとか、
シフト当日になって行きたくないという気分になってしまったりとか。そんな方に必見!上手にバイトのシフトを
断る方法をまとめました!有効活用して自由な人生を謳歌しましょう!

15_05_21_01_08_02_1
子育てと仕事が辛い・・・そんな方へ!

子育てしながら仕事・・・辛いですよね。
そんな子育てを頑張るママへ、仕事とうまく両立させる方法や気分転換の方法、
子育てしながら子供とのコミニュケーションの取り方などまとめてみました。

15_06_16_00_34_29_1
デスクワークに腰痛はつきもの!?椅子で解消!!

デスクワークをしていて姿勢が悪いと腰痛などの引き金に。気をつけていてもなかなか解決できない。どうしたらいいの?と思う方も多いでしょう。今回はデスクワークと腰痛について。果たして椅子で解決できるか?まとめてみました。

新卒 介護 退職
新卒介護職員が退職する理由と介護現場

平均寿命が長くなり、少子化が進むにつれ、

社会の中で高齢者の占める割合が増えている今日。

高齢者のサポートをする介護職員の現状を調べてみました。

wpid-2015_07_23_09_40_5.jpg
仕事を辞めたいけど、まだ二ヶ月・・・。どうすればいい?

頑張ろうと決心して入った会社や仕事が

想像していたものと違うってことありますよね。

二ヶ月という早期に辞めたいと思った時どうすればいいのか調べました。

wpid-2015_08_10_08_55_6.jpg
退職の手続きは郵送でも可能か?

退職の手続きはどのようにするのか。

また郵送でも可能なのか調べました。

wpid-2015_07_09_09_42_2.jpg
告白に失敗!!ここからの逆転する方法はあるか?

告白って緊張しますよね?

勇気を振り絞って告白したのに失敗したあなた。

逆転する方法を調べてみました。

wpid-2015_07_11_08_33_9.jpg
職場の後輩が可愛いと思う瞬間

あなたの職場には可愛いと思う後輩はいますか?

どんな瞬間に可愛いと思うのか調べてみました。

15_06_15_01_37_06_1
保育園の仕事が辛い!対処法をまとめました

保育園では子供たちと触れ合って仕事ができる…というメリットがありますが、
実は、人間関係であったり意外と多い仕事量であったりと辛い面もたくさんあります。
今回は保育園の仕事がつらい場合の対処法をまとめてみました。

15_03_31_02_03_29_1
仕事で怒られたときの対処法

仕事で怒られるのって嫌ですよね?

誰でもそれは嫌なはず。

でも避けて通れないこともあります。

そういうときのために、それに対する対処法をご紹介します。

15_04_02_20_51_28_1
社会人なら押さえておきたい自分 性格 就職

自分の性格に合った就職先の見つけ方や、

面接で自分の性格について聞かれた時の対処法など、

自分の性格と就職に関する事についてまとめました。

wpid-2015_07_15_01_37_5.jpg
なんで?職場で好きな人がそっけない態度!その原因とは!?

好きな人から

そっけない態度をされたら辛いですよね。

理由と対応についてしらべてみました。

15_05_29_23_57_29_1
仕事が辛くて辞めたいです

働いているとどうしても辛いと感じる時がありますよね?そんな時はどうしたらいいのでしょうか?このまま続けるべきか、それとも辞めてしまうか。生活していくのもどうしたらいいか心配になりますよね。今回はそんな仕事が辛く辞めたいときをまとめてみました。

15_04_23_22_56_05_1
仕事のミスを隠す人の心理&ミスをしたときの対処法

あなたは仕事でミスをしたときにどうしますか?

隠しますか?きちんと明かしますか?

人はミスをすると隠したがると思います。

その心理ともし自分が仕事でミスをしてしまった場合

いったいどう対処すべきかをご紹介します。

15_06_11_00_30_20_1
35歳のシングルマザーが就く仕事

シングルマザーは一家の大黒柱なので家事に仕事に毎日大変!特に仕事は生活がかかっているので何としてもよい条件で働きたい。でも現実はなかなかうまくいかない。今回はそんなシングルマザーが抱える問題、仕事についてまとめてみました。

15_03_17_19_42_55_1
妊娠中でも仕事をしたい人の為の在宅で出来る仕事まとめ

妊娠がきっかけで働きに出られない人でも仕事を出来る、在宅勤務や在宅ワークについてまとめました。

15_05_21_00_20_13_1
仕事を辞めたいのに引き止められる!どうしたらいい!?

仕事がつらい時ふと頭を過るのが転職です。うまく転職先を見つけたら今の職場は辞めなければいけません。円満に退職できるのか、それとも引きとめられ退職が長引くのか?今回はそのような辞めたい!でも引き止められるをまとめてみました!

15_06_11_00_56_28_1
会社の先輩が嫌いだ!!そんな時の対処法とは?

会社で働くのは生活のために必須なのですが、その会社にいる先輩が嫌い!ということはよくある事ですよね。
そんなこれからを築き上げていく社会人ルーキーの方々のために、今回は会社の嫌いな先輩への対処法をまとめました!
上手に対処して、会社に行くのが楽しくなるよう願っています!

wpid-2015_07_25_10_31_4.jpg
仕事を辞めたい!派遣社員の悩み・・・解決方法まとめ!

思っていた仕事や職場環境が違う・・・

派遣社員は不安定などの悩みから辞めたいと

思った時の行動などを調べてみました。

38歳、女性の仕事と生き方!まだまだこれからなあなたへ!

この記事はおよそ 17 分くらいで読めます。

38歳での仕事の悩み ~正社員~

●30代後半「仕事に対するスタンスが分かれる」

 35歳からアラフォーまでは、職場ではすっかりベテラン、働き盛りの時期。育児との両立に奮闘する女子あり、残業必至でフォローする独身女子もあり…。管理職、事務系職ともにベテランならではの悩みがあり、解決しなくてはならない悩みが山積みに!

<子育て奮闘中!世代>

「ママの転職活動について知りたい。履歴書・職務経歴書では通過し、面接まではいけるものの、最終面接で落とされる。ほかの人と比較されたとき、子どもがネックになっている気がする」(35歳)

「現在産休中です。育休後もずーっと仕事は続けたいのですが、住んでいる市では0歳児の待機児童が100人超えで、フルタイム勤務の方でも入園の抽選に落選している現状があります。通勤に1.5時間かかること、第2子が欲しいこと、など出産前から不安になっています。みなさんどうやって乗り越えているのでしょうか…」(36歳)

「育休から復帰したものの、やりたいことと違うと感じています。かといって、やりたいことが見えている訳でもない。待遇は申し分ないのですが、今の職場では面白みを感じません。やりたいことは何だろうと常に模索中です」(37歳)

「現在、2人目の子供の育児休業中です。来年には上の子が小学生になるので、実家の助けがない状態でフルタイムで職場復帰してやっていけるか心配です」(38歳)

<独身者にはシワ寄せ?>

「周りが結婚して、子育て世代になると、独身でいるとどんどん仕事がきつくなっていく気がします。専門職なので、出産後はパートに変わる人も多く、私たちの中間管理職世代が非常に少なくなりつつある中、新人研修などする人間も限られるため、業務のしわ寄せが来ています。社員でいることのメリットが全く感じられません」(37歳)

<管理職の悩み、事務職の悩み>

「管理職へのレールが敷かれているなかで、管理業務よりも実践的な業務のほうが面白く、このまま管理職になるほうが良いのか、職場を変えたほうがいいのか悩んでいる」(38歳)

「昇進すると重責でストレスフルになる。上手なストレス回避の方法はないか」(38歳)

「事務職はあくまでも他人のフォローがメイン。目に見える成果がないため、モチベーションが下がることが多い。書類の不備も本人ではなく、こちらへ降ってくるのが納得できない。気にしてもストレスが溜まるだけなので適当にやり過ごし、お給料分の仕事をするように心掛けています」(38歳)

引用元-20代30代女性に聞いた「仕事の悩み」:日経ウーマンオンライン【トレンド(キャリア)】

今日の人気記事ランキング

38歳での仕事の悩み ~派遣・契約社員~

30代「ライフイベントを乗り切るために」

 30代ではワークライフバランスを考え「非正規社員」の道を選ぶ人も。とはいえ、家族の生活を支えたり、おひとり様のライフプランのためにも「長く続けられる」「やりがいのある仕事」を求める声は多い。

<やっぱり産んで、働きたい!>

「子どもの成長の大切な時期に(生まれてから3年くらい)、子育てを優先しながらも、どのような形なら仕事と両立できるのか。今は出産前で体調を見ながら派遣の仕事をしていますが、出産後、子どもを優先するなら6時間や8時間勤務は難しいと感じている。子どもが寝ている間に家でもできる仕事はどんなものがあるのか。どうやって探せばいいかよくわからない」(30歳)

「契約社員でも、育児休暇をきちんと取り復帰するにはどうしたらいいか。職場での前例だと、子供が1歳になるまで待たずに0歳児で保育所に預けて復帰というケースが多い。これから出産を迎える身としては、できれば1歳まではしっかりそばで育児したいと思っているので悩みます」(33歳)

「子どもを育てながら仕事をしているので、なんとなく両者ともに中途半端な印象もあります。正直、仕事よりは子供を優先したいという思いがあるのも事実ですが、子育てがひと段落したら、キャリアアップのために必要な資格(または転職に有利な資格)を知りたいです」(34歳)

「現在1歳の子供を預け、派遣で働く34歳です。2人目を考えていますが、今の生活で手いっぱいなので、妊娠、出産、その後が上手く回るかとても心配です。2人目、3人目を35歳過ぎで産み、仕事も両立されている方のお話を聞いてみたいです」(35歳)

「派遣社員です。出産後、仕事につきたくてもスムーズにまた再就職というわけにはいかないので、企業に託児を設けたり、再就職斡旋する団体がもっと増えればいいのにと感じています」(37歳)

<惰性で過ぎる毎日が悩み>

「パートでもキャリアアップ、昇給は可能かなどを知りたい!」(31歳)

「派遣を始めて一年。現状維持でいいのか迷い中です」(33歳)

「現在、派遣社員として働いています。それほど仕事に情熱も無く、淡々と過ぎる毎日です。派遣社員なだけに給料も安く、今のところ結婚の予定も無いので、先のことを考えると不安に感じることが多くなりました。同じような女性が多いのではないでしょうか?」(35歳)

「アラサーと言われるようになったと思っていたら、あっという間に35歳。今後のことが不安です。皆さん、お一人様で老後計画を立てているのか? 気になります」(35歳)

「スキルUPしたいけど、何をしていいかわからない。結婚せずに1人でも食べていける資格を見つけたいと思っている今日この頃。みなさんどういった資格を持っているのか知りたいです」(35歳)

引用元-20代30代女性に聞いた「仕事の悩み」-~派遣・契約社員・アルバイト編~:日経ウーマンオンライン【トレンド(キャリア)】

仕事で輝く女性になるには?

仕事に行き詰まったとき、能力に限界を感じて「もういい年齢だからキャリアアップはムリ」なんてため息してない?

女性が長い期間働く最近は、30代はもちろん40代以降で活躍をする人も珍しくないと話すのは、女性の生き方や働き方について研究している有川真由美さん。

「年齢を理由にあきらめてしまうマイナス思考な人は、努力してもムダだと決めつけてしまうのがほとんど。結果がどうなるかなんて誰にもわからないものだし、思考をプラスにチェンジして、仕事に対して意欲的になることが大事です」(有川真由美さん)。

そこで、ビジネスシーンにありがちなマイナス思考をプラス思考に置き変える、4つの例を有川さんから教わった。

◯“前例がないからできない”→“前例は自分で作る”

「過去に成功例がないから、この仕事は上手くいくはずがない」とあきらめるのは少し早すぎるのかも? 過去の成功経験からものごとをうまく進めるためのポイントを思い出し、それを応用してみると新しい道が切り開けるかも。

◯“仕事は好きでなければできない”→“好きな仕事に変えてモチベーションの底上げ”

嫌だなと思う仕事でも、見方やとらえ方を変えてみると好きになれる要素が見つかるもの。“好きな要素”を周りの同僚や後輩にも伝えていけば、部署内全体の仕事へのモチベーションアップにもなるはず。

◯“ビジネスライクな考え方”→“なにげない気配りや優しさでフォローアップ”

30代からは、周りの仕事の状況に気を配ることが大切。後輩の業務の達成状況や進捗、結果などを聞いて、経験を活かしたフォローやアドバイスを。

引用元-30代からでも輝く、必要とされる女性になるため、できること – OZmall

女性が30代でやっておくべきこと

心の危機を乗り切る自分を若いうちに作っておく

 「まずは、30代後半あたりから、自分らしさや価値観が揺らぐ『ミッドライフクライシス』という心の危機が訪れる可能性があると知っておくこと。その年代から見える世界が変わってくるとわかっていれば、必然的に『自分は今、何をしておくべきか』が見えるはず。何をしておくべきかは、人によってそれぞれ異なります。だからこそ、自分自身で考えなければいけないのです」

 ただし、自分らしさとは何かを自分に問いかけ、組み替え・立て直しをするには、「健康的な自我」と「柔軟性」が欠かせないそう。

 「自我とは、自分の心を支えている元締めのようなもの。自分を認識するのも、行動を統制するのも、周囲の人とうまくつきあっていくのも、自我の働きです。自我が弱いと我慢ができませんから、食べたい時にところかまわず食べたりしてしまいます。また、超自我(親によって育てられた良心・道徳律)が強すぎる人もいます。この場合、1分でも遅れたら取り返しのつかない失敗をしたように感じるなど、自分に厳しくなりがち。健康的な自我の強さとは、自分をきちんと統制しながら他の人とうまく付き合い、自分を押し殺さずに主張できる状態を言います」

引用元-ハッピー中年になるため、30代でやっておくべきこと  :日本経済新聞

ミッドライフクライシスは親子関係の問題を解消するラストチャンス

 ミッドライフクライシスを迎える前には、もう一つやっておくべきことがある、と話す岡本さん。

 「自分と親との関係でやり残している課題があるなら、早めに解消しておくといいでしょう。例えば、進学も就職も親の言う通りにしてきた人が、自分の意志で何も選んでこなかったことに気付き、親の呪縛から逃れようとする、といったケースは多いですね。20~30代であれば、親もまだ若いですから、親と物理的にも心理的にも距離を取ることができます。しかし、自分がミッドライフクライシスを迎える頃に親の呪縛から逃れようとしても、親も年を取っていますから、『私は自立します。はいさようなら』というわけにはいきません」

 最近メディアなどで取り上げられる機会が増えた、親離れ・子離れできない母と娘の問題も、ミッドライフクライシスには少なからず関係しているようです。

 「男の子の場合、3歳頃には母親との肉体的な違いに気付き、母親から分離せざるを得なくなります。しかし、女性は母親と同じという意識が強いため、なかなか母親から自分を切り離しにくいと言われています。だからこそ、中年期まで親に絡めとられてきた娘が親の面倒を見なければいけない状況で、相手と距離を取るのは非常に難しいのです。また、この時期は、自分の子どもとの親子関係にも問題が生じやすい時期。個人の問題と子どもとの問題、さらに親との問題が重なりやすいのがミッドライフクライシスの難しさでもあります」

引用元-ハッピー中年になるため、30代でやっておくべきこと  :日本経済新聞

30代イライラや落ち込みの対処法

更年期前に知っておきたい心の変化

更年期の心の変化として

  • イライラ
  • パニック症状
  • 落ち込み
  • 不安
  • 攻撃的になる

などがあげられます。

これは、女性ホルモンの変化によるものと同時にその人の環境や生まれ持った性格(気質)が大きく影響しています。

女性ホルモンの分泌量が減少することで、自律神経が乱れて精神的に不安定な状態が起こります。よく生理前はイライラしたり、攻撃的になったりしますよね?更年期だとその状態が続くということです。

環境の面では、舅や姑との人間関係、育児、職場やママ友との人間関係などでストレスがあると不安感やイライラや落ち込みなどが起こります。

夫婦仲が悪い場合「他の男性だったら良かったのに…」という後悔や「離婚したい」という思いなどがストレスとなって体や精神面でマイナスの影響を受けるケースがあります。

そして、気質的な面で更年期に精神的にダメージを受けやすいのが 真面目で責任感の強い人、几帳面で融通のきかない人と言われています。

更年期前から更年期にかけては、精神的に不安定になることから「第二の思春期」と呼ばれることもあります。毎日少しずつ精神的に変化していくので、気持ちの変化に気がつきにくいケースが多いようです。

「今までとは何かが違う」と思ったら、更年期に起こる精神的な変化と気がついてほしいですね。早めに気が付くことで、気持ちの大きなダメージや深刻な心の病を防ぐことができるからです。

引用元-プレ更年期のしわざ?アラフォー女性イライラや落ち込み対処法 | 女性の美学

まとめ

女性はいくつになっても

美しく楽しくいたいものですね。

twitterの反応

 - 仕事