僕の私の話題まとめ

いつも気になるあんな事やこんな事をまとめています。

*

45歳女性の生き方

   

現代女性の生き方は多様化しているといわれていますが本当のところはどうでしょうか?毎日家事育児、仕事に追われるなど立場はさまざま。そんな中ふと不安になるのが将来のこと。今回はライフステージでも一つの分岐点になる45歳にスポットをあて生き方を見ていきたい。

  こんな記事もよく読まれています

wpid-2015_08_01_11_51_10.jpg
厚生年金など扶養に入る手続き

結婚したり、退職したり環境の変化で

パートナーの扶養に入ることがあります。

その際の手続きなどについて調べました。

15_06_29_23_59_27_1
大学の勉強は難しい?

大学はより専門的にレベルの高い勉学のイメージでしたが、
三流大学なんて言葉もあるほどレベルもさまざま。
実際のところはどうなのか?今回はそんな大学の勉強は果たして難しいのか!?まとめてみました。

wpid-2015_07_15_01_37_3.jpg
映画のジャンルと種類について – もっと映画を楽しもう!

まずは映画のジャンルと

種類の違いを知って、

より映画を楽しむ方法を調べました。

15_03_17_19_40_45_1
社会人のお金の使い道についてのまとめ

社会人はもらった給料をどのように使っているのでしょうか。社会人のお金の使い道をまとめました。

15_06_11_23_42_04_1
同年代の男性が苦手…何が原因なの!?

年上の男性なら話すことができるのに、同年代の男性だけどうしても苦手!
そんな場合は、どうしたらいいのでしょう?同世代の男性を克服するために
原因と対処法をまとめてみました!

15_06_03_00_59_25_1
Facebookの電話を拒否する方法まとめ

Facebookはみなさんご利用されてますか?実はこのブログもFacebookをやっています!
そんなFacebookで電話機能が使用できるようになったのですが、友達であれば
見境なく電話ができてしまい迷惑されてる方が急増しているそうです。
今回はFacebookの電話が来てしまったとき拒否する方法などをまとめました!

15_06_13_01_36_20_1
帽子をかぶると髪型がつぶれる!どうしよう!

おしゃれアイテムの一つとして帽子は欠かせない!でも帽子をかぶるときって髪型が気になりますよね。せっかくヘアスタイルを整えても髪型がつぶれてしまったらおしゃれも台無し!今回はそんな帽子と髪型に対する対策がないのかまとめてみました。

wpid-2015_07_19_02_21_2.jpg
社会人になって趣味の時間取れてる?趣味の時間の作り方

社会人になると仕事や人間関係のストレスが増えてきます。

そんな時、趣味でストレス発散できたらゆとりある時間が持てるのではないでしょうか、

調べてみました。

no image
先生に怒られるのが怖い人へ

先生に怒られるとやっぱり怖いですよね。
でもなぜ怖いのか?とかそういうことってなかなか分かりにくいことですね。
先生に怒られるということがいったいどういうことなのか
トラウマになったという話のまとめを交えながら根本的なところからご紹介しましょう。

15_06_16_02_20_22_1
社会人の女性におすすめの趣味とは?

あなたは趣味がありますか?社会人になって仕事ばっかり…休みの日は寝てるだけ。
もっと生活にメリハリが欲しい!そんな方には新しい趣味を見つけるのがオススメです。
今回は、社会人女性におすすめの趣味をまとめてみました!

wpid-2015_08_01_11_51_2.jpg
シングルマザーが彼氏と同棲する時に気をつけたいこと

シングルマザーは大変ですよね。

一人で家事も育児も仕事もしなければなりません。

新しい彼氏を見つけて同棲する場合に気をつけることなどを調べてみました。

wpid-2015_08_01_12_29_3.jpg
産休や育休取得における会社負担とは

産休や育休をとることって会社負担があるのか調べてみました。

wpid-2015_07_23_09_40_6.jpg
お部屋掃除のやり方!基本ルールを覚えて汚部屋から脱却!

忙しくて部屋が片付かない、

部屋の片付けが苦手だ・・・という方もいらっしゃるかと思いますが、

実は、親は掃除にはやり方の基本ルールが存在します!

基本ルールを覚えて汚部屋から脱却しましょう!

15_02_18_10_00_06_1
共働き夫婦、家事効率を上げるためには

現代は共働きが当たり前の時代になってきていますね。

そうなると、家事の効率が上がればいいのになぁと思うことありませんか?

夫婦家事分担も同じように当たり前の時代になってきているけど、お互いに家事が負担になるということもでてくるかもしれません。

家事の効率を上げるにはどうしたらいいのか?まとめてみました。

15_03_17_19_45_35_1
冷蔵庫のお掃除は重曹におまかせ!!

食べ物のカスや調味料をこぼして固まってしまった汚れなど、掃除の仕方に困る冷蔵庫を、重曹を使って綺麗にする方法をまとめました。

15_03_03_21_32_28_1
一人暮らしの食事作り、めんどくさいですよね?だけど・・・

新入生、新社会人 春になると一人暮らしが始まりますね。

でも、そうなると食事作りがめんどくさそう・・・。

そういう思いにも駆られる人もいそうです。

ここでは自炊と外食、どちらがいいのか?どうやって料理を作ればいいのか?

ご紹介しますね。

15_06_18_02_23_56_1
アパートで防音したい方へ!防音方法5つのポイントとは?

アパートでの暮らしは、必ず部屋が隣同士くっついているので生活音が伝わりやすいものです。
そこで、他の部屋の方から苦情が来ないよう、アパートでの防音方法のポイントを5つにまとめました。
これを読めば、防音対策間違いなしです!

wpid-2015_07_15_10_00_3.jpg
主婦にとっての異性の友達はあり?なし??

主婦が異性の友達を求める気持ちは

どのようなものなのか?

調べてみました。

wpid-2015_08_01_11_51_3.jpg
パスポート変更は結婚後どのタイミングでするべき?

パスポートの変更って時間がかかりますよね。

結婚後、どのタイミングでするべきなのでしょう。

調べてみました。

45歳女性の生き方

この記事はおよそ 19 分くらいで読めます。

45歳の女性の現実

2010年度国勢調査では35歳から39歳の女性の独身率は約30パーセント、40〜45歳の女性の独身率は約26パーセントでした。つまり、アラフォー女性の4人に1人が独身だったのです。
では、5年前にさかのぼって、2005年度国勢調査ではどういう結果だったのでしょうか。40歳から44歳、45歳から49歳の女性の未婚率と比較すると、40歳から45歳の女性が5年後に結婚した確率は4.1パーセント、45歳から49歳の女性が5年後に結婚した確率は1.3パーセントとなります。
これは、独身アラフォー女性が5年後までに結婚する確率は、ほぼゼロ。つまり、かりに結婚したいとアラフォー女性が望んでいても、現実的に結婚することは不可能に近いことを表しているというのです。
もちろん、女性の年齢上昇にともなって、同世代の独身男性たちが周囲からいなくなり、結婚したくてもできないと言うこともあるかもしれません。
ですが、熟女好き芸人のピース綾部さんのように20代の男性で、30代や40代の女性と付き合いたいと思っている者が多くなっているといわれていることを考えると、恋愛対象となり得る男性がすくないだけでは、なかなかこの結果を考えるわけにはいきません。
?

引用元-「いつかは結婚できる」と信じる独身女性が結婚できない理由【前編】 – エキサイトニュース(1/2)

今日の人気記事ランキング

45歳というライフステージの生き方。体の変化

18〜19歳から44〜45歳くらいまでの時期が成熟期です。
女性ホルモンの一つ、エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が順調になり月経周期が安定し、
心身ともに安定する時期といえるでしょう。体つきが女性らしくなるだけでなく、
結婚や妊娠、出産育児や、仕事や趣味などにも積極的に関わっていける、
人生のなかでいちばん充実した時期かもしれません。
とくに成熟期の前半はカラダが妊娠や出産にもっとも適した状態になりますし、
体力もあるので、パワフルに人生を楽しむことができます。ただし、この時期に自分を過信して
モデルのような体型を目指して無茶なダイエットをしたり、仕事も家庭も完璧にこなそうとして
がんばりすぎたりて、ココロやカラダに負担がかかる状態が続くと、ホルモンバランスが崩れ、
年齢を重ねたときに体調不良の原因になることもあるので、気をつけましょう。
子宮顎がんは20歳から検診が必要です。
また胸にしこりや違和感があったら乳がんの検診を、受けておくようにしましょう。
一方、成熟期の後半は責任のある仕事を任されたり、仕事と子育ての両立をしていたり、
何かと慌ただしい時期です。ただ充実した生活とはうらはらに卵巣機能は少しずつ衰えてきて、
エストロゲンの分泌が低下していきます。
それとともに乳がん、子宮がん、子宮筋腫や、肥満や糖尿病などの生活習慣病にもかかりやすくなります。
この時期になったら定期的に健康診断を受けることが大切です。
外見上の変化としては少しずつシワ・シミ・白髪などが出てきます。

引用元-女性のライフステージとカラダの変化 | 産婦人科ならセイントマザークリニック

45歳のライフステージの生き方。仕事

20代から30代前半の年齢で、「プライベート」「家庭」「結婚」といったキーワードが上位に現れている。一方、「ワークライフバランス」に関係するキーワードは、年齢が上がるにつれて少なくなっている。また、「体調」「ノルマ」「体力」といった「ハードワーク」に関するキーワードが、20-25歳でいくつか挙がっているものの、26歳以降の年齢では上位に現れていない。まだ慣れぬ仕事のハードさと共に、ライフステージの変化によるプライベートとの両立に悩む若い世代の姿が浮かび上がる結果となった。

引用元-4万人に聞いた「会社を退職した理由」TOP3は、キャリア、待遇、ワークライフバランス (@DIME) – Yahoo!ニュース BUSINESS

業績悪化などによる「会社都合」だが、若手社員では上位に登場することはない。年齢が高くなるほど、「リストラ」「希望退職」といったキーワードが上位に登場。業績悪化のしわよせが、まず中高年層の社員の退職に向けられている現実が見えてくる。

引用元-4万人に聞いた「会社を退職した理由」TOP3は、キャリア、待遇、ワークライフバランス (@DIME) – Yahoo!ニュース BUSINESS

また、退職理由の6大要因を男女別で比べると、各要因に対する男女の意識の違いが現れている。まず、女性の方が男性よりも重視している項目についてみると、「ワークライフバランス」「人間関係・社風」が約2倍、「ハードワーク」が約5倍、男性よりも女性による出現率が高くなっている

引用元-4万人に聞いた「会社を退職した理由」TOP3は、キャリア、待遇、ワークライフバランス (@DIME) – Yahoo!ニュース BUSINESS

今の女性の生き方

若い女性にとって、「専業主婦になりたい」と言うことは、後ろめたいとまではいかなくても少し憚られるようなことであるらしい。

専業主婦になることは、仕事を持って社会に出ようと努力している女性たちの足を引っ張ることになるらしいので、「申し訳ないですが、私には子育てしながら仕事もするというのは難し過ぎるのです。自分だけラクな道を選ぶようで本当にスミマセン」と言い訳しなければならない圧力を感じるようなのである。

考えてみれば、「女性の第一義的な役割は母親になって家庭を守ること」と、専業主婦の生き方を推奨している保守系の女性政治家自身が専業主婦ではないのである。自らの信条や価値観を実践するなら、専業主婦として充足して生きてゆけるはずであり、政治家になどなるはずがない。

「母になって子育てもして、思い余って政治家にもなってしまった」のなら、「敢えてラクではない道を選んだ」ことになるので、「ラクをしてスミマセン」と言うことはできない。

女性にとって「ラク」とは何かを問う番組があった。NHKスペシャル「シリーズ日本新生 仕事と子育て 女のサバイバル2013」である。

2012年現在、専業主婦になりたいと答える女性は44%いるという。その3年前は28%だった。「普通に働いて普通に子どもを育てたい」。

それができないのなら――実際できないのであるが――仕事と子育てのうち子育てを選ぶと女性たちは答える。当然の選択だと思う。

子どもを育てる間に育児休暇を取ることも現実には難しい。あるメーカーは「リストラで既に余裕がないのに育児休暇を取る人員を抱えている余裕はない」と答えており、ある上司は個人的に「実績がないのに小休止する権利ばかり主張されても……」と嘆いている。

1階に長時間労働の人がいて、2階に育児休暇を取得する人がいる。1階の住人であるフルタイムの男性とフルタイムで子どものいない女性はずっと働き、2階のフルタイムで子どものいる女性とパートタイムの女性は小休止しながら働いている。

2階の住人は家に帰ると子育てと家事があり、トータルすると1階の住人と同じくらいの時間働いてはいるが、2階のフルタイムの女性住人には保育所のサポートが必要である。しかし、保育所一揆が起こるほど、保育所確保は難しい。

ここから先はNHKの番組ではなく、私が勝手に考えたことである。

「普通に働いて普通に子どもを育てたい」と女性が言う時の「普通」とは、フルタイムで子どもを保育所と学童保育に預けながら働くか、結婚しないか、結婚しても子どもを持たないという選択肢の中には存在しない。「専業主婦」こそ「普通」の生き方なのである。

できれば3人は子どもを産みたい。夫は尊敬できる人であってほしい。

一番下の子が幼稚園の年長になった頃から仕事への復帰を考える。できれば週に何回か趣味や資格を活かした短時間の仕事を始めたい。夕方には帰れる仕事で、土曜日は絶対に休みたい。

そういうとても「常識的」なものである。

NHKは「オランダモデル」を日本新生の鍵と結論づけていたが、フルタイムもパートも同じ賃金になって、結婚後も全員が「中時間労働」することを女性が望んでいるとは思わない。妻の人生には充電のために中休止が必要であるが、夫には家族のため、世の中のために必死で働いてほしい。夕方から家にいる人を尊敬できるだろうか。

引用元-心理学者・小倉千加子氏「専業主婦こそ“普通”の生き方」 〈週刊朝日〉|dot.ドット 朝日新聞出版

45歳の女性が美しくなるには

45歳が勝負!と言ういうのは、テキトーに言っちゃったわけですけども、

ちょうど女性のホルモンバランスが崩れる年とも言われています。

プレ更年期がはじまる年代でもありますし、ホルモンの関係か、

基礎代謝率も相当低くなっていくので、今までと同じ量を食べていても、

動いていても、太るようになってくる年代でもあります。

また、この40代半ばというのは、そういうことも関係してか、

ご自身に手をかけている人と、かけていない人の差が、

あっちゅー間に開く年代でもあります。

この年代で美しく引き締まったボディをしている人で、

何もしていない、という人はまずいません。

ですので、40代に突入する時には、何らかのエクササイズや、

またはストレッチでも何でもいいので、筋肉を鍛えることをしていないと、

簡単にポヨンポヨンになっちまいます。

ですので、本当に、女性が美しく見えるか?そうでないか?

の分かれ目となるのです。本当にまわりと差がつく年頃ですよ。

ま、ここでも極論言いますが、差がついたっていいんだけどね(^∀^;)

でも、それを認めちゃったら、どんなこわいことになるか、

お分かりですよね?あんなことになったり、そんなことになったり、

はたまた、マジで?って形になっちゃったり・・・(^∀^;)

私は、同窓会とか行ったことがないのですが、

私の同年代の友人で、美意識の高い女性がいるんですけれども、

同窓会に行ったとき、めっちゃびっくりした、って言っていました。

オジサンとオバサンが多くてって・・・。

その方確か、44歳だったかな?45歳かな?

彼女は、ヨガやっていたりジムに通っていたり・・・

いろいろと鍛えていますし、フェイシャルなどにも定期的に

通っていらっしゃる女性ですから、やっぱ見た目年齢は、

マイナス10歳くらい。後ろから見たら、20代。

そんな感じですので、同年代の何も体に手をかけていない

女性たちを見たときに、驚いたって言っていました。

もちろん、中には「若いーー!」って思える人もいらっしゃいましたが、

やはり、いろいろとご自身に手をかけていらっしゃる女性だったそうです。

こんな風に、分かれ目は40代半ばからと言えるかもしれません。

それまでずっと美人と騒がれてきた人たちと同じ土俵に立てるのもこの年代。

自分を慈しみ、かわいがり、優しく扱い、ボディに手をかけてあげるなら、

きっと体はこたえ応じてくれることでしょう。

さぁ、一緒にがんばりましょう。体のラインを整えるには、

「ちょっとしんどい」くらいがちょうどいい。

引用元-脱オバサン化!!女は45歳から勝負: 美人になる方法

twitterの反応

 - ライフハック

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です