僕の私の話題まとめ

いつも気になるあんな事やこんな事をまとめています。

*

卵のアレルギー、原因は一体なに??

      2015/06/04

アレルギーとはアレルゲンによって引き起こされる症状ですが、その中でも食物アレルギーが多く、
さらに卵のアレルギーが日本ではかなり多いそうです。ちなみに、食物アレルギーの場合、頑張れば食べれるとか、
たくさん食べて慣れるという事はありませんので誤解しないでくださいね!
今回は卵アレルギーの原因をまとめてみました。

  こんな記事もよく読まれています

15_03_13_22_26_10_1
オリーブ油とバターはどちらがいいの?またそのカロリーは?

バターもオリーブ油も油脂に変わりないけど、一体どちらが健康にいいの?

どちらがカロリー多いの?とかいろいろな疑問が浮かんできそうですね。

ここではバターとオリーブ油について、カロリーの話も交えながらご紹介します。

15_04_13_18_53_24_1
枝豆の効能と栄養

ビールのおつまみにGOODな枝豆、いいですよね。

ビール片手に枝豆をつまむというのは至福のひと時でもありますね。

その枝豆、そういった栄養、効能があるのでしょうか?

それを知りたいというあなたにご紹介します。

15_03_08_20_10_12_1
大豆のたんぱく質は筋肉を作るのに役に立つのかどうか

大豆のたんぱく質が植物性のたんぱく質だということはご存知でしたか?
肉や魚に含まれる動物性たんぱく質には筋肉をつくるこうかがあるといいますが、
果たして大豆のたんぱく質にはその効果があるのかどうか?
ここではたんぱく質についてと大豆に含まれる植物性たんぱく質について
ご紹介します。

赤ワイン 白ワイン 料理
赤ワインと白ワイン、どう料理で使い分けてる??

ワインを飲む時、どんな料理を合わせますか?

ここではワインをいろいろな角度から調べてみました。

15_06_24_00_12_39_1
糖質制限中の方へ!赤ワインと白ワインの糖質はどちらが高い?

糖質制限中だとお酒の糖質も気になりますよね?
お酒の中でもワインは糖質が低めのものがあるので、しっかりとチョイスして飲めば大丈夫なんだそうです!
赤ワインと白ワインでの糖質の比較や糖質制限中でも飲めるワインをご紹介します!

15_03_08_20_11_47_1
豆腐と納豆は良質な蛋白源?

肉はあまり食べないほうがいいよね・・・

さかなはどうなんだろう?ほかに大豆製品は?

そんな疑問を持つあなたに。

ここでは大豆製品の代表格といえば豆腐と納豆について、たんぱく質の食品としては

どうなのか?ということをお話します。

15_03_13_22_31_09_1
みかんにカビが生える理由と保存方法

みかんにカビが生えてしまって、食べられなかったという経験はありませんか?

箱のみかんを買ったけれど、長持ちするにはどうすればいいのだろう?

そう悩んだことはありませんか?

ここではみかんにカビが生える理由と保存方法についてご紹介します。

15_03_20_20_12_57_1
グリーンスムージーは危険なのでしょうか?

健康に疋ゥダイエットに良いとされているスムージーですが、本当は危険性もはらんでいるといいます。

健康のために飲んでいるはずなのに、体にとってよくないこともあるようなのです。

グリーンスムージー本当に危険性があるのでしょうか?

ここでは本当に危険性があるのか?についてご紹介します。

15_03_13_22_33_12_1
飲みかけのワインの保存方法について

ワインで一息つく時間って貴重でとても楽しいものですね。

けれど一晩のうちにワインというのは飲みきらないといけないのでしょうか?

ワインが残っちゃった。どうしよう?という経験はありませんか?

ここではワインは飲みきらないといけないのか?ということと保存方法について

ご紹介します。

15_03_08_20_07_23_1
冷凍ほうれん草をお浸しにしよう

ほうれん草が多くて、どうしよう?となった経験はありませんか?
でもほうれん草は冷凍しておくと、のちのちお浸しに変身させたりできるんです!
この機会にほうれん草を冷凍保存してみませんか?
ちょっとしたときに一品としてお浸しを作ることができます。

15_03_08_20_07_01_1
にんにくを醤油で保存すると長持ちします

にんにくの保存に困ったことはありませんか?

にんにくというのは醤油に漬けて保存しておくと長持ちする上に、重宝します。

あなたもにんにく醤油作ってみませんか?

ここではにんにくについて、にんにく醤油の作り方、にんにく醤油を使ったレシピについてお話します。

15_03_08_20_06_03_1
B2とB6の多い食べ物とその作用について

食べ物を摂るにあたって、栄養のバランスを考えることは大事ですよね?

そこで、ここではB2とB6にスポットを当て、それらがどんな栄養素なのか?

どの食べ物に含まれているのか?どんな働きをするのか?

ここでご紹介したいと思います。

wpid-2015_08_10_08_55_8.jpg
炭水化物って太りやすい?!炭水化物のカロリーは1gで何kcal??

炭水化物抜きダイエットがあるように、

炭水化物は太りやすいと思われてますよね。

カロリーなどから本当にそうなのか調べてみました。

15_03_13_22_36_53_1
豚ホルモンの部位を知ろう!

焼肉屋にいっていざホルモンを頼もうとして

「はて、コレってどこの部位?」なんて疑問に思うことありませんか?

店員さんにもなかなか聞けないというあなたに・・・

ここでは豚ホルモンについてご紹介しますね

15_03_08_20_06_39_1
MEC食とは?肉、卵、チーズなどを食べてもよい・・・食事法に迫る

MEC食とは?聞いたことありませんか?

糖質を制限して・・・蛋白源をよく噛んで食べる。

ダイエット効果もあるといわれますか、果たしてそうなのかどうか?

ここでは、MEC食について、チーズをはじめどの種類の食べ物を食べたらいいのかなど

ご紹介しますね。

15_03_13_22_34_19_1
ワインの味が分からないというあなたに・・・

ワインを楽しむのは好きだけど

味が分からないんだけど・・・・という悩みを持っていませんか?

ワインの味が分かるようになると

もっと楽しめますよね。

ここではワインの種類や味について、楽しみ方などについて伝授します。

卵のアレルギー、原因は一体なに??

この記事はおよそ 18 分くらいで読めます。

私ってもしかして卵アレルギー?

最近、(卵アレルギー?)で、生卵などを食べると、右頬に2.3個ほど、小さな蕁麻疹がでます。これは人生で今年が始めてです。そして、今朝たらこと納豆とキムチをたべたのですが、それが原因か分
かりませんが、腹痛がおき、気づけばまた右頬に2個蕁麻疹が出てしまいました。これもやはりアレルギーではないのかなと思います。19歳なのですが、この数ヶ月でこんなに一気にアレルギーになるものでしょうか?

また、右頬だけに少量出るというのは一体なんなのでしょうか?

引用元-Yahoo!知恵袋

今日の人気記事ランキング

卵アレルギーの症状って?

たまごのアレルギーには、どんなものがありますか?

「皮膚症状」としては、アトピー性皮膚炎、じん麻疹など、「消化器系症状」としては、
下痢、嘔吐、そして「呼吸器系症状」として気管支喘息などがあります。
たまごアレルギーは小児によく見られますが牛乳アレルギーなどとは少し異なり、
成人になっても見られるのが特徴です。

引用元-日本一こだわり卵 セーラー

卵アレルギーの原因ってなに?

卵アレルギーの原因と症状

卵アレルギーの原因
卵アレルギーの場合、主な抗原(アレルゲン)は卵白(白身)に含まれている。
「オボアルブミン」というアレルゲンだが、このオボアルブミンが体内で悪さをして
アトピー性皮膚炎等を引き起こす。
卵アレルギーは子どもの頃に多く見られる。
子どもの頃は消化器官が弱い事が一因となっているので、ある程度年齢を重ねると
消化器官が強くなり卵アレルギーは自然に治ってしまうことも多い。
卵アレルギーの症状
食べてから発症、消失するまでの時間、症状などは、アレルゲン(卵)へのアレルギーの
強さと本人の抵抗力とで、かなり差が出る。
アレルギーの度合いがものすごく強ければ、食べて数分で呼吸困難やじん麻疹を起こす
場合(即時型反応)もある。
軽ければ、半日〜数日後に湿疹が出て、その後卵アレルギーが消失するケースもある。

引用元-日本一こだわり卵 セーラー

なぜ食べ物でアレルギーを起こすの?

食物は私たちが生きていくのに欠かせないものですが、個人の体質、食物の種類によって身体に不利益な症状が起きることもあります。その原因となるもの=アレルゲンは食物に含まれているたんぱく質です。そのたんぱく質に反応する免疫グロブリンE(IgE抗体)をつくりやすい体質の人に食物アレルギーは起こりやすいといわれています。卵アレルギーの人は卵のたんぱく質に反応するIgE抗体を、牛乳アレルギーの人は牛乳のたんぱく質に反応するIgE抗体を持っています。食物アレルギーが1歳未満の乳児に多く発症する理由はよく分かっていませんが、消化吸収能力が未熟なことや、アトピー性皮膚炎との合併などが推測されています。また最近の研究では、荒れた皮膚からアレルゲンが侵入することで食物アレルギーにつながる可能性があるという報告もあります。

引用元-怖がらないで!食物アレルギー|教えて!!食物アレルギー|キユーピー

卵アレルギーで気をつけなければならないことって?

鶏卵アレルギー

 鶏卵アレルゲンの大部分は卵白に含まれるタンパク成分で、卵黄よりも卵白の方がアレルギーが強く出ます。卵のアレルゲンは加熱によって大きく変化します。温度が高いほど、高温時間が長いほど、アレルギーは起きにくくなります。
 アレルギーを起こす力の強いオボムコイドというタンパクは、水に溶けやすい性質があります。そのために、溶き玉汁の固まりを避けてスープだけ飲むことは、アレルギーを起こす可能性が高いと言えます。
 マヨネーズは、生卵に準じた対応をしますが、プリンやババロアは、加熱が不十分な鶏卵と考えます。鶏肉は、鶏卵アレルギーとは関係がないため鶏肉を除去する必要はありません。また、イクラ、タラコといった魚卵も、鶏卵アレルギーとは関係ありません。
ウズラの卵の反応の強さは鶏卵より少し弱い傾向がありますが、鶏卵アレルギーの方の約半数がウズラの卵にも反応すると言われているため、鶏卵と同じレベルで除去することが必要です。
 中には、鶏肉やイクラにアレルギーの人がいますが、イクラアレルギーの子どもが鶏卵アレルギーや魚アレルギーを持っているとは限りません。
卵殻カルシウムは、卵の殻から作られたカルシウムです。大部分の鶏卵アレルギーの人は摂取可能です。

引用元-アレルギー支援ネットワーク

卵アレルギーの人が飲んではいけない薬ってあるの?

卵アレルギーの人が飲んではいけない薬

卵アレルギーの人が気をつけなければいけないのは、食べ物、予防接種に加え、薬です。

今回は、卵アレルギーの人が避けるべき薬についてご紹介します。

いくつかの薬は鶏卵の卵白から作られます。

「塩化リゾチーム」という成分が卵白から作られるのですが、これはさまざまな薬に使われており、卵アレルギーの人は避けなければいけません。

「塩化リゾチーム」とは、炎症を抑える、膿や痰を排出するという作用があります。この成分が入った薬は。抜歯後に処方される、耳鼻科で処方される場合がありますので、医者にあらかじめ伝えておきましょう。

街の薬局などで、買う事の出来る風邪薬、目薬、軟膏などにも含まれていますので注意しましょう

引用元-卵アレルギーの原因と対策

twitterの反応


https://twitter.com/aoisevens/status/603564945045737472

 - 食品

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です