僕の私の話題まとめ

いつも気になるあんな事やこんな事をまとめています。

*

夫婦の生活費、管理はどうするのが正しいの?

   

夫婦生活で一番困る問題、それがお金。いわゆる生活費の管理ですね。
お金の管理が上手く行っていないと喧嘩の発端にもなりかねません。
今回は、そんな夫婦の生活費管理についてまとめました!

  こんな記事もよく読まれています

wpid-2015_08_01_12_29_3.jpg
産休や育休取得における会社負担とは

産休や育休をとることって会社負担があるのか調べてみました。

2015090901
ラインで友達と楽しく会話できてる??

今やスマホでコミュニケーションをとるのに欠かせないアプリ『LINE(ライン)』。

スマホユーザーにとっては友達や家族と簡単に会話ができてとっても便利ですよね。

そんなラインで皆さん楽しく会話できてますか??

15_06_02_00_50_59_1
twitterでの友達の作り方

今やSNSでいろんな人と繋がれる時代!懐かしいあの人だけではなく、リアルではなかなか出合えないような趣味の合う人と出会えるのも一つの魅力!だけど安易に友達として交流してもいいか不安。今回はtwitterをメインに友達の作り方をまとめてみました。

15_05_25_01_25_20_1
店員の態度にクレームを入れたことありますか?

人は感情の生き物なのでふとした瞬間にイラッとしちゃうことはありますよね?
店員の態度が悪くてクレームを入れてしまったり。やる気がない日に態度にでてしまって
クレームを入れられてしまったり。今回は、そんなクレームに関するエピソードや、
クレームに関する法律についてまとめてみました。

15_06_03_00_59_25_1
Facebookの電話を拒否する方法まとめ

Facebookはみなさんご利用されてますか?実はこのブログもFacebookをやっています!
そんなFacebookで電話機能が使用できるようになったのですが、友達であれば
見境なく電話ができてしまい迷惑されてる方が急増しているそうです。
今回はFacebookの電話が来てしまったとき拒否する方法などをまとめました!

15_03_17_19_40_45_1
社会人のお金の使い道についてのまとめ

社会人はもらった給料をどのように使っているのでしょうか。社会人のお金の使い道をまとめました。

wpid-2015_08_01_11_51_10.jpg
厚生年金など扶養に入る手続き

結婚したり、退職したり環境の変化で

パートナーの扶養に入ることがあります。

その際の手続きなどについて調べました。

15_06_08_00_48_43_1
アパートのベランダでバーベキューをしても大丈夫?

夏といえばバーベキュー!炭火で焼いたお肉は最高ですよね!
ですが、ここで気をつけたいのが隣人とのトラブル。とくにアパートのベランダでバーベキューをすると
クレームを入れられてしまいことも・・・今回はアパートのベランダでバーベキューをすることについてまとめました。

wpid-2015_07_23_09_40_6.jpg
お部屋掃除のやり方!基本ルールを覚えて汚部屋から脱却!

忙しくて部屋が片付かない、

部屋の片付けが苦手だ・・・という方もいらっしゃるかと思いますが、

実は、親は掃除にはやり方の基本ルールが存在します!

基本ルールを覚えて汚部屋から脱却しましょう!

女性 生き方 不安 Suus Wansink
女性が感じる生き方への不安とは?

生きるとはなんでしょう?

自分らしいとはなんでしょう。

女性の生き方についての不安を調べてみました。

wpid-2015_07_21_09_58_4.jpg
社会人の趣味としてのバンド活動はどうすればいいの?

社会人になると、自由な時間が増えますよね。

そこで趣味のバンドに力を入れてみませんか?

社会人が趣味でバンドをするポイントやコツをまとめてみました!

wpid-2015_08_01_11_51_3.jpg
パスポート変更は結婚後どのタイミングでするべき?

パスポートの変更って時間がかかりますよね。

結婚後、どのタイミングでするべきなのでしょう。

調べてみました。

15_03_03_21_30_23_1
家族葬の参列者はどこまで呼ぶべきか | 何親等まで?

葬式の参列、どこまで参列するべきか迷うことがありますね。

親しい人とのお別れはしたいけど、こういう場合って私は参列してもいいのか?

悩むことも多いと思います。

そういうあなたに、ここでは葬式どこまで参列すべきなのかをご紹介します。

15_02_18_10_00_06_1
共働き夫婦、家事効率を上げるためには

現代は共働きが当たり前の時代になってきていますね。

そうなると、家事の効率が上がればいいのになぁと思うことありませんか?

夫婦家事分担も同じように当たり前の時代になってきているけど、お互いに家事が負担になるということもでてくるかもしれません。

家事の効率を上げるにはどうしたらいいのか?まとめてみました。

wpid-2015_07_15_10_00_3.jpg
主婦にとっての異性の友達はあり?なし??

主婦が異性の友達を求める気持ちは

どのようなものなのか?

調べてみました。

15_06_13_01_36_20_1
帽子をかぶると髪型がつぶれる!どうしよう!

おしゃれアイテムの一つとして帽子は欠かせない!でも帽子をかぶるときって髪型が気になりますよね。せっかくヘアスタイルを整えても髪型がつぶれてしまったらおしゃれも台無し!今回はそんな帽子と髪型に対する対策がないのかまとめてみました。

15_06_20_01_39_59_1
45歳女性の生き方

現代女性の生き方は多様化しているといわれていますが本当のところはどうでしょうか?毎日家事育児、仕事に追われるなど立場はさまざま。そんな中ふと不安になるのが将来のこと。今回はライフステージでも一つの分岐点になる45歳にスポットをあて生き方を見ていきたい。

15_03_29_12_59_50_1
面白い遅刻の理由をあつめてみました。

学校、会社遅刻するときもたまにはあると思いますが、

そういうときに笑いを取れる理由があるといいなぁと思いませんか?

遅刻をする理由で面白いものあつめてみました。

wpid-2015_08_01_11_51_2.jpg
シングルマザーが彼氏と同棲する時に気をつけたいこと

シングルマザーは大変ですよね。

一人で家事も育児も仕事もしなければなりません。

新しい彼氏を見つけて同棲する場合に気をつけることなどを調べてみました。

夫婦の生活費、管理はどうするのが正しいの?

この記事はおよそ 19 分くらいで読めます。

夫婦の生活費、こんな管理だとお金は貯まらない?

パターン1:2人の関係はスマート、役割分担夫婦

相談にいらっしゃる共働き夫婦で、最も多いのがこのパターン。生活費の支出項目別に、夫と妻のどちらが負担するかを予め決めて、家計管理をする方法です。新婚生活を始める時に、分担方法を決め、それがそのまま固定化されるケースがほとんどです。

一般的に、マンションなどの家賃、水道光熱費など毎月固定的に支出する費目を夫が負担し、食材料費や日用雑貨などの生活関連の支出を妻が負担するケースが多いです。

引用元-All About

パターン2:見かけの家計簿は完璧、生活費精算型夫婦

「生活費は2人で平等に負担しよう」ということで、お互いに使った生活費を毎月合算して、後で自分が支払った分との差額を精算するというパターンです。後で精算する必要性から、2人もしくはどちらか一方が担当して、詳細な支出の記録をつけているケースが多いです。

精算の対象となる項目は、家賃や水道光熱費、食費など、日常生活に必要な出費と、旅行や外食など2人で行動した教養娯楽費など、夫婦で事前に決めています。

引用元-All About

パターン3:2人で仲良く家計を管理? 仮面共通財布型夫婦

夫婦で予め決まった金額を出し合って共通財布(口座)を作り、そこから生活費や教養娯楽費などを出すパターンです。ガイド平野は、特にこの共通財布型をオススメしているのですが、共通財布型を採用していても上手くいかないケースもあります。

引用元-All About

パターン4:人生は楽しく、ライフスタイル重視型夫婦

比較的若い共働き夫婦に多く、夫婦2人、あるいはお互いの趣味やライフスタイルを尊重するパターンです。日々の生活は充実していて楽しい反面、ある程度収入があるため、家計管理には、お互いに関心はありません。

引用元-All About

今日の人気記事ランキング

夫婦の生活費の管理はどうしてる?

あなたが家計をぜんぶ管理する場合は?

あなたがすべての家計を管理するメリットは、家庭でお金のスペシャリストがひとり、出来上がることです。

私はファイナンシャルプランナーですが、家計を担当している女性に話を聞くと、毎月の収入がいくら入ってきて、生活費にいくら出ていくのか、すぐに答えてくれます。

こういうカップルの家計を診断すると、ムダ遣いがあったらすぐにわかるので、改善策も提案しやすいです。

しかし、場合によっては家計を管理しつづけることが、難しくなってしまうことも。

あなたがお金の流れを把握しやすい制度にすると、もう一方の人間は、いっさいお金に関わらなくなります。

「今月はもうおこづかいは渡せないよ」と言っても、相手はおこづかいが増えない理由がわからないので、喧嘩になりがりです。

従順な夫なら大丈夫ですが、相手によってはお財布の持ち方を検討したほうがいいかもしれません。

引用元-ANGIE

ふたりのお財布を別にする場合は?

ふたりがそれぞれでお金を管理するメリットは、お互いが経済的に自立できることです。

経済的に相手に依存していない関係だと、精神的にもフェアな関係でいられます。

ただし、この場合はいざというときに困ることもあるので、気を付けなければいけません。

たとえばマイホームを買おうと思ったときに、互いの貯蓄がないと頭金が出せなくなったりします。ほか、パートナーが急に病気になったり、仕事を辞めたりなど緊急の対応が必要な場合に、急に家計が苦しくなってしまいます。

引用元-ANGIE

夫婦のお財布事情は?生活費はどっちが管理する?

■4割強の夫婦で、妻が家計管理を担当していた

Q.家計は、夫と妻どちらが管理していますか?
1位 妻(46.1%)
2位 夫婦共同(31.7%)
3位 夫(20.9%)

約半数の夫婦で、奥さまが家計を管理しているという結果に。一方で、3組に1人が共同、5組に1人は旦那さまによる管理だそう。意外と別れましたね。それぞれの理由を見てみましょう。

■妻が管理派は、「妻がしっかりしている」「妻に任せた方が楽」

奥さまが家計管理をする家では、「銀行のカードはすべて私(妻)が持っていて、夫にはお小遣いをあげている」(女性/30歳/結婚4年目、以下年数のみ)、「妻が完全に管理していて夫は貯蓄額も知らないと思う」(女性/31歳/3年目)、「給料も通帳も預かって管理する。旦那は少しお金の管理が甘いので」(女性/27歳/1年目)など、旦那さまにはお小遣いだけ渡すという奥さまが多数。

男性の意見としては、「嫁さんの方がきちんとしているから」(男性/30歳/3年目)と奥さまの管理能力を称える声の他、「妻が家計簿をつける。稼ぎのすべてを渡すのは気が引けるが、共通の費用などを管理してもらえるならその方が楽」(男性/28歳/2年目)、「自分では時間がない」(男性/40歳/10年目以上)など、任せた方が負担が少ないといった意見も。

■夫婦共同の管理は「生活費を折半」

夫婦共同で家計管理をする家では、「食費など日々のものは妻が、光熱費や、保険などは夫が管理」(女性/25歳/2年目)、「食費は自分、それ以外を旦那さんが払っています。繰り上げ返済についてはほぼ半々くらいです」(女性/30歳/3年目)など、食費関連とそれ以外で支払いを分担している夫婦が多めでした。

具体的な分担としては、「決められた生活費をおたがい出し合い、生活費は妻の私が管理し、残りはそれぞれのお小遣い」(女性/26歳/3年目)、「共同通帳に毎月決まった額を入れ、二人の生活費はそこから捻出する」(女性/29歳/3年目)、「だいたい半分ずつ出しあっている」(男性/30歳/1年目)などのように、一定割合をそれぞれ出し合い、共有口座・財布で管理するパターンが一般的。

この他にも「共通のお財布は私が持ち、基本日常的な買い物は自分が会社帰りに行うが、旦那が使うときは旦那に渡すし、家計簿も手が空いてる方がつけるので、おたがい把握出来ている」(女性/30歳/1年目)のように、家計簿への記帳も手分けして行うといった夫婦も。奥さまも助かりますね。

引用元-マイナビウエディング

夫婦でどっちが生活費を管理するの?メリットとデメリットは?

夫(稼ぎ手側)が管理をする場合のメリットとデメリット

メリットは、稼ぐ本人が直接お金を管理することで、自分のお金を自らの裁量で使えている、という気持ちになれる点だと思われます。

また、収入の額を伴侶に知らせないでおくこともできます。

伴侶が納得の行く生活費を渡すことさえ出来れば、それ以外のお金を好きなように使えるのが強みです。

デメリットは、毎月の固定費以外の出費がある毎に、いちいち手を煩わせなければならない点が挙げられます。

冠婚葬祭や、電化製品の買い替え、家族の通院や入院、帰省等、不定期でかかってくるお金は意外と多いものです。その度に伴侶から要求され、銀行やATMへ行って下ろすという手間が発生します。

また、伴侶の監視の目がないと、貯蓄と自分で好きに使えるお金の境界があいまいになりがちです。思ったように貯金が溜まっていかない可能性もあります。もしそれが後々発覚したら、大変な衝突を招きます。

妻(主夫)が管理をする場合のメリットとデメリット

メリットは、稼ぎ手側も主婦(夫)側も無駄な手間を省ける点にあります。

妻が家事を担う場合は、各人が好きに使うお金以外のほぼ全ての支払いを、主婦側がすることとなります。

先述しました不定期の出費の度に、稼ぎ手に申請しお金をもらうのよりは効率的です。

また、お金の管理を一手に任せられているという信頼感は、主婦(夫)のモチベーションを高めますし、それはそのまま稼ぎ手への信頼へと繋がります。

デメリットとしては、生活費の予算オーバーを起こしやすくなるといった点が挙げられます。

特に食費等は計算して使わなければ、いくらでも予算をはみ出せます。赤字家計を繰り返した結果、貯蓄が全然できない、といった展開にもなり得ます。

引用元-アラサー・アラフォー婚活支援。理想の結婚を招くさかなのブログ

夫婦の生活費をクレジットカードで一元管理がおトク?

夫婦で共通で持つクレジットカードを家族カードで作る

夫婦共通で持つクレジットカードとして、私はリクルートカード*1を作り、さらに家族カードも合わせて作ってそれを妻に使ってもらっている。

そして(ここが一番大事なポイント)

原則、夫婦共通の費用の支払はこの共通クレジットカードで行うことにしている。

そうすることで、夫婦共通のコストにも一律ポイントが付与されるほか、明細が一本化されるため、利用金額の見える化が可能となる。

スーパーや生活必需品の買い物は意外に馬鹿にならない。現金ではなく、共通のクレジットカードで支払うことによるポイントの恩恵は大きい。

引用元-そういうことブログ

twitterの反応

 - ライフハック

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です