僕の私の話題まとめ

いつも気になるあんな事やこんな事をまとめています。

*

地球の自転の速度ついてのまとめ

   

地球の自転の速度はどれくらいか?
そんなすごい速さで自転している地球についてまとめてみました。
地球の自転の始まりから、地球の自転が今の倍速だったらどうなるのかまで。
どうぞご覧ください。

  こんな記事もよく読まれています

15_05_15_01_03_39_1
地球の自転が止まる可能性とその現象

もし、地球の自転が止まると世界はどうなるのでしょうか?
シミュレーションでは、世にも恐ろしい大惨事が起こるとか・・・
今回は地球の自転が止まった場合と、その可能性、また、
地球の自転が止まってしまった場合の動画をまとめてみました。

15_05_12_23_50_24_1
宇宙で地球の大きさどれくらい?

宇宙・・・それは最後のフロンティア。宇宙の大きさを知ると、地球の小ささを知り、
更に日々の悩みの小ささを知ることとなります。今回は、宇宙の中で地球の大きさは一体どれくらいなのか?
についてまとめてみました。覚悟してご覧ください・・・!

2015090902
死後の世界とは?守護霊は存在するのか?

あなたは死後の世界を信じますか??

人生の最後には、必ず死が訪れます。

その死後いったいどのような世界が待っているのでしょうか?

また誰しも守護霊がついているのでしょうか?

ちょっと気になる死後の世界や守護霊について調べてみました。

15_05_14_00_41_47_1
月の裏側の真実にせまる!

月は夜晴れた日であればほぼ観測することが可能です。
ですが、月の裏側は地球上からは見ることが出来ません。
今回は、月の裏側の真実に迫ってみたいと思います。
信じるか信じないかはあなた次第です・・・!!

地球の自転の速度ついてのまとめ

この記事はおよそ 16 分くらいで読めます。

地球の自転はどうやって始まったの?

 およそ300年前
アイザックニュートンは同じ問に対して
「(地球は)神の最初の一撃(で回転、公転し始めた。)」
と言ったといいます。

引用元-教えて!goo

この場合、原始地球が仮に静止しているとします。地球と微小天体のあいだの相対運動で、原始地球の方が圧倒的に質量が大きいからです。

二つの微小天体は、公転の進む方向、前にある天体と、その反対の後ろにある微小天体です。原始地球が静止しているとすると、地球より外側の軌道は、公転速度がより遅いので、同じ瞬間に地球へと、衝突軌道を進み始めた二つの微小天体は、公転の速度の違いで、異なる軌道を描いて、地球の表面に衝突します。

前の微小天体は、「原始地球引力による速度+公転速度の差」で、原始地球に衝突します。後ろの手微小天体は、「原始地球引力による速度−公転速度の差」で、原始地球に衝突します。見かけ上では、前の微小天体の方が激しく地球に衝突し、結果的に、地球を、太陽系公転の逆方向に回転させるように見えます。

しかし、これは衝突速度だけを考えた場合で、衝突軌道を考えると、前の微小天体は、より鋭い楕円軌道を描き、太陽系の外に向けた地球の表面にではなく、もっと、公転方向の前進方向当たりに、垂直に近い形で落下衝突します。

それに対し、後ろの微小天体は、ゆるやかな楕円軌道で、太陽系の外に向けた地球の表面近くで、地面に平行に近いような形で、落下衝突します。

前の微小天体の落下は、速度は大きいですが、落下位置と角度から、偶力としての力は弱く、むしろ、後ろの微小天体の落下の方が、速度は小さくても、落下位置と角度から、地球を公転と同じ向きに自転させる偶力として作用するように見えます。

これは、様々な軌道の微小天体について、前と後ろで、結果的に、どちらの回転モメンタムの寄与が大きいのか、計算してみないと分かりません。しかし、直観的には、少々の速度があっても、回転偶力として作用しにくい前の微小天体の衝突は、後ろの微小天体の衝突の影響に消されるように思えます。

原始地球よりも、内側の軌道にある微小天体の衝突落下では、丁度、これと逆のことが起こります。原始惑星の持つガス大気が、この衝突運動を緩和しますが、それは、前向き、後ろ向きの微小天体共に働く影響です。

原始地球を、公転と同じ向きに回転させようとする偶力と、その反対の方向に回転させようとする偶力と、全体としてどちらが大きくなるかは分かりませんが、「均衡する」という可能性はまずありません。

外側の軌道にある微小天体の数が圧倒的に多いためか、また、ガス雲が、はるか外側から、引力圏内に、微小天体を供給するためか、結果としては、地球は、公転と同じ方向の自転モメントを得ています。

いずれにしても、このシミュレーションは、どの惑星でも成り立ち、公転と同じ向きに回転させようとする偶力が、総和として大きくなるのだと考えられます。

これが、原始地球、そして最終的に、惑星地球が、公転と同じ向きの自転の回転モメントを獲得する過程です。この過程は、原始地球が形成される初期にも、ありえると考えられます。

引用元-教えて!goo

今日の人気記事ランキング

地球の自転の速度は?

地球はコマのように1日に1回転していますから、1日に動く距離(きょり)を計算することはかんたんです。この距離を地球の1番大きいところ、赤道ではかってみましょう。
地球をピンポン玉にたとえると、まん中のつなぎ目のところが赤道になります。ここの長さは約4万kmあります。地球は1日に1回転して、1日で元のところにもどってきますから、24時間で4万km動いたことになります。これを時速に直すと、 時速約1700kmになります。 つまり、赤道の上の地点は、いつも時速1700kmで動いているというわけです。
新幹線の最高速度はだいたい時速280kmですから、地球はその6倍以上のスピードでまわっていることになるのです。
こんなスピードでまわっているにもかかわらず、わたしたちは、それをまったく感じていません。なぜならば、地球といっしょに、わたしたちや、まわりの空気が同じスピードで動いているからなのです。

引用元-学研サイエンスキッズ

地球が速い速度で自転しているのになぜ大丈夫なのか

「スピード」を感じるのは主に『目』からの情報です。

目が相対的な比較をすることで、スピードを感じます。
新幹線に乗れば、周りの景色の動く速さで相対的にスピードを感じます。
飛行機に乗っても、雲の動きとか陸地の動きなどでスピードを感じます。

でも、地球の上にいる(つまり地面に立っている)だけだと、目から入ってくる情報はすべて自分と同じに動いている景色しか入って来ないために、相対的な比較ができずにスピードを感じることができないだけです。空気も一緒に動いているので余計に感じることができない。

つまり、新幹線に乗って時速200kmで走っているときに、外の景色を見るとスピード感が味わえますが、自分の座席のテーブルに乗っているコーヒーカップを見ても、スピード感が味わえないのと同じことです。

想像でも構いませんが、宇宙ステーションにスペースシャトルがドッキングするときのことを想像してみてください。(・・・我々には想像しかできないですが)
お互い秒速10km程度の速度で飛んでいるにもかかわらず、ドッキング時にはお互いの相対速度は秒速数十センチとか数センチのレベルのスピードになるでしょ。
お互いの船の動きが、彼らの環境でのスピード感になるわけです。

「動いている」と言う感じを味わう原因は主に『加速度』であり、耳の器官や体全体の神経などで感じることができます。
自転も公転も円運動なので、常に加速度が発生しています。(常にベクトルが変化しているから)
所謂、一般に『遠心力』と言われているものですが。
ただ計算するとわかりますが、この加速度は大変小さく、人間が「動いている」と感じることはできないレベルのものです。

引用元-OKWave

地球の自転の速度が今の2倍だったら?

  1. 1日は12時間 午前・午後という概念はない
  2. 1年が730日あるので、1ヶ月あたりが平均30日の場合は24ヶ月となる。
    • 1年を12ヶ月とすると1ヶ月あたりの日数は60日になる。
      • 閏年は2年に1回ある。
  3. 新聞のテレビ欄には夕刊並みの番組一覧しかない。
  4. 日の出は3時 日没は9時(春と秋) 正午は6時
  5. 短針1周で一日が終わるので、結構簡単かな。
    • 腕時計の短針を太陽に向けると”12″のある方向が南になる(北半球の場合)。
  6. トワイライトエクスプレスや北斗星といった寝台列車は丸1日かけて走る。
    • 場合によっては到着が翌日ではなく、翌々日になることも……
  7. 週刊誌の年間発行部数は104〜106部
  8. コンビニなどの営業時間は24時間営業ではなく12時間営業
  9. 日中の時間も夜間の時間も短くなるので、一日の寒暖の差は今より小さくなる・・・のかな?

引用元-chakuwiki

地球の自転が今の逆回転だったら?

まず
自然現象としては台風などの向きが変わりますよって大規模な地殻変動などが起こるのではないでしょうか?
プレートの沈み方や向きなども変わるでしょう。

人間の生活では、左利きが増えるのではないでしょうか。
現在例えば、学校のグラウンドのまわりは右
時計も右
ドアノブも右
など右回りが多く存在します。

逆に左回りは、・・・あまりありません。

これは人間が生活している上で地球の大きな回転と人間にかかる力などの関係で自然にこうなったのでしょう。
逆回りになると聞き手なども逆が多くなるのではないでしょうか。

引用元-Yahoo!知恵袋

twitterの反応

 - サイエンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です