僕の私の話題まとめ

いつも気になるあんな事やこんな事をまとめています。

*

まぶたが乾燥する原因とその対処法

      2015/03/21

まぶたは乾燥しやすいところですね・・・その乾燥するのを何とかしたいと
思うこともあると思います。
ここではまぶたが乾燥する原因についてとその対処法についてお話します。

  こんな記事もよく読まれています

15_03_08_20_07_50_1
歯周病にならないために、歯茎の健康を守る食事について

歯茎を健康に保つために、歯周病にならないために

口腔内を清潔に保つとともに、毎日の食事も大切になってきます。

今一度、歯茎の健康を考えるために、食事を見直してみましょう。

15_06_07_01_50_08_1
痩せ型でも高血圧になる原因とは?

高血圧といえば、基本的に太っている人がなる症状と思い込んでいませんか?
実は、痩せ型の人でも高血圧になる可能性があったのです!高血圧になると、脳卒中や腎不全など
重大な病気になってしまう可能性があります。今回は、痩せ型の人でも高血圧になる原因と対策をまとめました。

15_03_01_18_16_21_1
ブリーチをしたときの頭皮のケアについて

ブリーチすると頭皮もいためるし・・・

けれど、おしゃれはしたいし・・・と悩むことがありますよね?

ここではブリーチしたときに頭皮に与える影響とそのケアについてお話しますね。

15_03_17_19_45_03_1
毎日ビールを飲むことが健康に与える影響のまとめ

毎日飲むと太いやすいとか、病気になりやすいと悪いイメージを持たれがちなビールですが、実は毎日適量のビールを飲むことが健康に良い影響を与えるそう。毎日ビールを飲むことが健康に与えるいい影響をまとめました。

15_04_02_20_46_41_1
【必読】アルコール 血圧低下レポート!

アルコールを飲むと血圧が低下する!?

お酒を飲むと逆に心拍数が上がって血圧が上がったように感じますが、実は

血圧を下げることもあるそうです。

今回はアルコールによる血圧低下についてまとめてみました!

15_06_03_01_01_16_1
女性も糖尿病に!?原因と対策まとめ

糖尿病といえば主に男性がかかる病気と思いがちではありませんか?
実は、女性も糖尿病になる可能性は充分にあります!
女性の糖尿病には女性特有の症状や原因がありました。
今回は、女性の糖尿病の原因と対策についてまとめました。

15_06_27_01_00_25_1
切迫流産について。その出血量

切迫流産ときくと流産と書いているので悲しいイメージが
ありますがじつは妊娠の継続が可能!
よく聞く言葉ですが、妊娠していない人からするといまいちピンとこないです。
今回はそんな切迫流産について。そして出血は関係あるのかまとめてみました。

15_05_14_00_57_13_1
子供が鼻血をよく出す理由は?

子どもってよく鼻血をだすイメージがありますよね?
そもそも鼻血ってよく出ても大丈夫なのか心配。
大人になっても出やすい人もいるけど何か病気なのか不安!!
今回はそんな鼻血に関してどうして鼻血が出るのか、正しい鼻血の止め方をまとめてみました!

15_05_22_23_59_04_1
ピルをいつから飲み始めれば旅行に間に合うのか?まとめ

楽しい旅行なのにその日は生理が来る予定日・・・なんとかしてずらしたい!
そうだピルがあった!ということで、今回は旅行中の生理を回避するための
飲み始めのタイミングや、副作用に関する体験談などまとめました。
いつもより多めにまとめています!

15_03_03_21_32_04_1
肥満にはホルモンが関係しているの?

食事のとりすぎ、運動不足などいろいろ重なって肥満気味に

でもちょっと待って。。。肥満ってホルモンって関係しているの?

というあなたに、肥満の原因にホルモンが関係しているのか、ここでご紹介しましょう。

15_06_16_02_20_58_1
うつ病の方への対応としてメールは大丈夫なの?

うつ病になってしまった場合、会話を楽しむことが出来ず、逆にふさぎこんでしまう場合もあります。
そんな場合の手段として、メールを送るという方法があります。うつ病の方へ負担にならないよう、
軽いメールから始めてみてはいかがでしょうか?
今回はうつ病の方へのメールの方法をまとめました。

wpid-2015_08_10_08_01_4.jpg
健康診断の結果が遅いって大丈夫?

健康診断の結果が来るのが遅いのは

何かあるのでしょうか?

調べてみました。

15_04_02_20_54_14_1
吐き気 下痢 腹痛という病気

吐き気、下痢、腹痛の症状を伴う病気についての原因や改善法、

予防法などについてまとめました。

いま、お腹がいたい方必見です!

wpid-2015_08_01_12_29_2.jpg
左胸の痛みがある男性の病気とは?背中の痛みもともなって

普段の生活で左胸や背中が

痛むことはありますか?

男性のQ&Aなど調べてみました

15_03_24_00_21_56_1
【畑の青魚】エゴマ油とその効果とは

【畑の青魚】と呼ばれるエゴマ油。
エゴマの葉にはEPAやDHAの元となるαーリノレン酸が豊富に含まれています。
今回は、エゴマ油の効果・効能についてまとめてみました。

15_03_13_22_35_01_1
子供にコーヒーいつから飲ませてもいい?子供に与えるカフェインの影響とは?

子供がコーヒーを飲みたがったとき、飲ませていいものか

何歳からコーヒーを飲ませてもいいか

考えちゃうときありませんか・

ここでは子供にカフェインがどういう影響を及ぼすのかをお話します。

wpid-2015_08_01_11_51_4.jpg
”健康診断の結果はどのくらいの期間でわかるもの?健康診断のあれこれ

普段なにげなく受けている健康診断の

結果が来るまでの期間や

本当の意味など調べてみました。

15_06_09_00_30_31_1
遠視の場合もコンタクトは処方されるよね?

遠視の人がコンタクトを使用しているイメージってあまりないですよね?
実際にコンタクトレンズも遠視用ってあるのか疑問。いざ作るとなったらすぐもらえるの?今回はそんな遠視とコンタクトレンズについてまとめてみました。

15_07_02_00_42_57_1
特に夕方に頭痛が多いです。前頭部が痛む

頭痛ってけっこう突然なりますよね。頭が痛い箇所や頭が痛くなる時間帯、頭の痛くなる頻度によっては心配になることも。病院に行った方がいいかもしれないけど、しばらくすれば治るし・・・。今回はそんな頭痛。特に夕方と前頭部の痛みについてまとめてみました。

まぶたが乾燥する原因とその対処法

この記事はおよそ 13 分くらいで読めます。

まぶたが乾燥する原因とその対処法

今日の人気記事ランキング

まぶた(瞼)の乾燥の原因とケア方法

まぶたの皮膚はとても薄い

ただでさえデリケートな顔の皮膚の中でも、最もデリケートだと言えるのがまぶたの皮膚です。まぶたの皮膚は頬に比べると1/3ほどの薄さであるため、外部からの刺激にとても敏感です。

にもかかわらず、まぶたは日常生活の中で刺激を与えられやすい場所でもあります。ただ生活しているだけでも紫外線の刺激がありますし、マスカラやクレンジング剤も敏感なまぶたにとっては非常に大きな刺激です。目の疲れもまぶたへの影響を及ぼします。さらに、花粉症持ちの人であれば、なおさら刺激を受ける機会は増えてしまうでしょう。

まぶたが乾燥してしまう原因

まぶたの皮膚には皮脂腺が少ないため、もともと乾燥しやすい部分です。その上に刺激を受けやすい部分ですから、乾燥してしまうのはある程度仕方のない部分もあります。

乾燥を進行させる大きな原因は、洗い方です。アイメイクを落とす際に洗浄力の強いクレンジング剤を選んでしまうと、保湿成分であるセラミドまで一緒に洗い流してしまうため、乾燥に繋がります。

また、念入りに落とそうとしてついついゴシゴシとこすって洗ってしまうこともあるかもしれませんが、これは角質層を傷つけることになります。濡れたお肌は特に傷つきやすいのです。

本来皮膚がもっているはずのバリア機能や保湿機能を自ら傷つけてしまっては、乾燥しやすくなるのは当然です。

まぶたの乾燥への対策

クレンジング方法を見直す

すぐにとれる対策としては、クレンジング方法を見直すことです。まずは洗浄力が弱めのクレンジング剤を選ぶようにしましょう。保湿成分をしっかりとキープしておくためには、お肌に優しいものを選ぶことが欠かせません。また、こすらないで落とせるタイプのものもオススメです。

「それだとしっかりとメイクが落ちないのではないか」という心配をする人もいるかもしれませんが、それは本末転倒です。だとしたら、それはメイクの仕方に問題があるのです。薄めのメイクにするか、落ちやすい化粧品を選ぶかといった対応をすべきでしょう。

アレルギー体質の人はかゆみ止めの使用も

洗顔の際にこすってしまうことがまぶたの乾燥の原因の1つですが、これは洗う場合だけに限りません。たとえば、花粉症などアレルギー体質の人であれば、ダメだとわかってはいてもついついこすってしまうということもあるでしょう。

そういった場合には、かゆみを緩和する薬を使用することも有効です。

保湿にはワセリンを

まぶたの場合、保湿ケアにも一工夫が必要です。あまりにもデリケートな部分ですので、化粧水を使っての保湿もあまり望ましくないからです。

まぶたの保湿には、ワセリンのような添加物がなく、しっかりと表面に定着してくれる保湿剤を利用するようにしましょう。

引用元-スキンケア大学

まぶたがカサカサしていてかゆみがある!原因と対策は?

なんだかまぶたにかゆみがある…と思ったらカサカサしていたり。かゆいのは不快ですし、とても目立つ場所ですよね。

まぶたのかゆみとカサカサは何故起こるのか、原因と対策をご紹介します。実際には炎症を起こしていることが多いので、そのメカニズムをご紹介しますね。

まぶたは目立つ?
人間の第一印象はどこで決まるのかといいますと、やはり髪型や顔から受ける印象はとても強いです。にも関わらずまぶたがカサカサになっていたら、あまり良い印象は受けません。どんなに素敵な女性でも、素敵だと思う前にまぶたの方が気になってしまうのです。

?アイシャドウによるかぶれ
女性の場合は毎日お化粧をしている方も多いかと思います。そこで注意していただきたいのがアイシャドウです。成分にもよるのですが、安価なものだと結構危険な成分が入っているものもあります。それが原因でかぶれてしまう方が多いそうです。

見た目にもカラフルですので、プチプライスの物をコレクションしている方も多いですよね。しかし、成分にはこだわりましょう。

?乾燥によるかさつき
次に、やはり乾燥によるかさつきです。まぶたの部分は案外皮膚が薄いのでとてもデリケートな場所です。それに、目の上なので化粧水などを塗る時には手のひらではなく指で行いますよね。この指の隙間が問題です。

隙間ができてしまうことで、その分保湿できていない可能性もあります。スキンケアを行う際には、指を重ねたり揃えたりしてまんべんなく保湿するようにしましょう。

?炎症によるかゆみ
少しでもかゆみがあるということは炎症を起こしているということです。アイシャドウのかぶれもそうですし、眉毛をカミソリで整えた際に傷ができてしまい、そこから雑菌が入り込んでいる可能性もあります。常に清潔に保つようにしましょう。

実は悩んでいる方がとても多いトラブルです。安価な化粧品には注意したいところですね。

目元の保湿をしっかりしていないと、しわやたるみなどの原因になってしまいますね。もちろん老けて見られてしまいますので、なんとか改善したいポイントです。

なぜたるみやしわができやすい場所なのかはもちろん、保湿の方法もまとめてご紹介させていただきます。いつまでも若々しい芸能人の方も気をつけているポイントなんですよ。

2

目は酷使されている
基本的に、現代人の目は酷使されていることが多いです。プライベートでスマートフォンなどを使っているのはもちろんですが、仕事でもパソコンに向かっている方が多いのではないでしょうか。

実はケアしにくい場所
目の周りというのは、実はケアしにくい場所なんです。特に乳液などで保湿をする時は、ほおなどに注意してしまいがちですよね。凹凸が多い部分でもあるので、一気にやりにくいのです。特に、面倒でパシャパシャとスキンケアをしている人は注意が必要ですね。

?日頃から紫外線対策を忘れない
まずは保湿をする前に、しっかり紫外線対策をするようにしましょう。紫外線は皮膚の中にあるコラーゲンを破壊してしまいます。コラーゲンを失ったお肌は支えを失ってしまいます。筋肉だけでは皮膚を支えるのは難しいのです。そのため、しっかりケアしましょう。

といっても目の周りは日焼け止めなどを塗るのがちょっとこわい場所でもあるので、UVカット成分の含まれた乳液などを使うと良いですね。

?コットンパックをする
ちょっと乾燥してしまっている、という時はコットンパックを使ってみましょう。これは、乳液などをコットンに染み込ませてそれをしばらく置いておくだけ。お肌の水分量にも影響を与えるのでぜひやってみてください。

?保湿の基本は指で
まず、保湿をする時は指でやるように心がけてみましょう。手のひらだと、細かなところを逃してしまう可能性があるんです。指なら目の周りも綺麗にできますね。

しっかりケアすることで、若々しい目元を保つようにしましょう。

引用元-オーデュ ナチュール

まぶたの乾燥やかゆみはアトピーが原因?

.

まぶたが乾燥してカサカサしたり、赤く炎症を起こしてかゆくなったり・・・。
これもアトピー性皮膚炎の症状の一つです。

私も顔のアトピーがひどかった時期は、
まぶたが乾燥し、とても痒かったのを覚えています。
掻くのはダメとわかっていても、
痒さに耐えきれず、何かに取り憑かれたかのように
うわ〜っと掻いてしまうんですよね・・・。
お風呂で熱いお湯をかけたりもしていました。
熱いお湯が刺激になって、その時だけは痒みが和らぐからです。
更に、赤みを消すために、メイクもしてましたので、
良くなるはずがありません。

まぶたは顔の中でも特に皮膚が薄くデリケートなので、
とても敏感で外部からの刺激に弱い場所でもあります。
なので、痒みを抑えるために掻いたり叩いたりすることで、
更に刺激が加わり、デリケートな皮膚を余計傷つけてしまうのです。

また、アトピー性皮膚炎は病気!合併症にも注意!でも
説明しましたが、瞼を叩いたり擦ったりすることで、
眼瞼下垂や結膜炎、白内障、網膜剥離などを併発してしまう可能性もあります。
掻かないことが一番の改善への近道だということがわかりますね。

そうは言っても、痒みをどうにかしない限り、
掻かずにはいられませんよね。
我慢できるような痒みではないことは、よくわかります。

では、痒みを抑えるためにはどうすれば良いでしょうか。

まず、極力刺激を与えないことが大切ですので、
痒みや炎症がある時はアイメイクを控えます。
そして、十分な保湿をすることです。

ちなみに、どうしても痒くて我慢できない!という時は、
冷やしたタオルで優しく瞼を押さえると、
痒みが和らぐので、試してみて下さいね。

引用元-ママと子供の肌トラブル大作戦

twitterの反応

 - 健康

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です